お召

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お召(おめし、御召)または御召縮緬(おめしちりめん)は、主として和服に用いられる絹織物の一種。羽二重などとともに最高級の素材として、略礼装洒落着に好まれる。

解説[編集]

先染めの糸を用いた平織りの織物で縮緬の一種。江戸幕府第11代将軍徳川家斉が好んだところから「御召」の名がある。

縮緬は、経糸には撚りをかけず、緯糸に右撚りと左撚りを交互に用いることで独特のシボを出すが、御召の場合、経糸に強い撚りをかけた「八丁撚り」という糸を用い、緯糸にも一般の縮緬よりも撚りの強い「御召緯」(おめしぬき)という糸を使うことによって、縮緬独自のシボがより大きく、はっきりとあらわれるところに特色がある。また、一般的な縮緬のように、織りあげた後に精錬するのではなく、織る前の糸の状態で精練するため、絹のセリシンが除かれ、織りあがりが硬く、コシのある地風となる。

通常の縮緬よりもコシが強くハリがあるが、よりはしっとりと馴染む独特の風合いがあり、着崩れしにくく裾さばきがよいために、洒落着に向くとされる。また一般に和服では織りよりも染めのほうが格が高く、礼装に用いられるが、そのなかにあって御召は織物中一二を争う格を持ち、今日でも略礼装として用いられることが多い。江戸時代には礼装として用いられることも多かった。

徳川家斉が好んで御止め柄(お納戸色に白の細格子縞)を定めた桐生産がそもそもの発祥であるが、そのほか西陣十日町米沢などの品が有名。また縦糸、横糸を二重の袋状にして織った「風通御召」は、軽く、皺になりにくいところから、御召のなかでも特に高級品とされる。

新潟県塩沢産(現南魚沼市)の「塩沢御召」は、1976年(昭和51年)に経済産業大臣指定伝統的工芸品{に指定されている。

御召の中でも特殊なものに「マジョリカ御召」がある。銀糸を用いて、主にアラベスク風の洋柄を織り出したもので、マジョリカ陶器(マヨリカ焼き)をイメージして作られたという。十日町を中心に1959年(昭和34年)から4年間のみ生産されたものである[1]が、当時広く流行したため、現在でも中古市場でしばしば見られる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 十日町御召とは”. きもの用語大全 Powered by 創美苑. 2020年11月30日閲覧。

関連項目[編集]