ペンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Knipex 03 01 200

ペンチとは、先端同士が噛み合う構造の2つの金属製ステーをピボット(軸)で結合し、自由に開閉できる構造をした工具である。

語源は、pinch(挟む)がペンチに聞こえたからだと言う説がある[要出典]英語では pliers(プライヤ、常に複数形)乃至は"cutting pliers"(カッティングプライヤ)と呼び、ペンチは pliers の一種であるが、逆に日本プライヤと言うとペンチの一種を指すほど、ペンチはモンキーレンチと同じように一般家庭に汎用工具として普及している。

概要[編集]

先端の裏側

ペンチは刃先の平らな部分で銅線・針金を曲げる、挟む、引っ張る、ねじるなどの作業を行うことができる[1]。また、刃口の奥には切れ刃が付いているため銅線・針金・釘の切断も行うことができる[1][2]。このほか細かい作業では材料の固定にも用いられる[2]

ナットなどのネジを回すこともできる。料理ではギンナンを割るのに非常に便利なため、この部分を「ギンナン」と呼んでいる[要出典]

電気工事の用途では電工ペンチとも呼ばれる。英語では、Lineman's pliers架線工事士用プライヤ)または Side-Cutting pliers と呼ぶ。

JISでは、プライヤは、

  • ■ JISB4623ペンチCutting pliers
  • ■ JISB4614コンビネーションプライヤ Slip joint combination pliers with cutters
  • ■ JISB4631ラジオペンチRound nose chain pliers with side cutters
  • ■ JISB4626ウォータポンププライヤ Water pump pliers

に分類して規格化されている。

JISについては、1951年6月にフジ矢がペンチの指定工場(認可番号No.651)となったのが最初である。

主要メーカ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 雇用・能力開発機構『三訂 木工工作法』2007年、52頁
  2. ^ a b 雇用・能力開発機構 職業能力開発総合大学校 能力開発研究センター『造園用手工具・機械及び作業法』2011年、34頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]