イートンジャケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
着こなし例

イートンジャケット(Eton jacket)

  • イギリスの有名な学校「イートン・カレッジ」の制服として用いられる丈の短い上着、またはそれに似せたジャケットのこと。
  • 日本の学校制服の一種。カラーレスジャケットの形状で、主に濃紺色で児童・生徒用に用いられる。

ファッションとしての「イートンジャケット」[編集]

ラペル幅は広く、ウエストを絞った、ヒップの最上位ぐらいまで丈の短いジャケットで、前ボタンははめないならわしがある。イートンキャップ(制帽)、イートンカラー(広い衿付き)のシャツ、衿付きベストネクタイ等と共に着用されることが多い[1]

日本の学校制服界における「イートンジャケット」[編集]

日本の学校制服界では、衿が無い(カラーレス)ジャケットを「イートン服」「イートン型」「イートンタイプ」「イートンジャケット」と呼んでいる。主に男女小学生や女子中高生の通学服に採用されているが、男子中高生の制服に採用されている例もごく少数ながら存在する(聖光学院等)。また同じく少数であるが、女子事務員企業の制服として用いられているケースもある。

昭和30年代に新しいタイプの通学服を広めるために、英国の名門学校であるイートン校の名を流用し名付けたといわれる[2][3]

なお、被服学用語では「カラーレスジャケット」と呼ばれている(ただし、これはイートンジャケットのみを指すのではなく、それも含めた衿のないジャケットの総称である)。

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]