スカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
巻きスカートから転送)
移動先: 案内検索
The Evoltion of the skirt, Harry Julius, 1916

スカート: skirt)は、腰より下を覆う筒状の衣服である。単に「スカート」と言うと女性用のスカートをさすことが多い。ズボンと異なり、筒が股の所で分かれておらず、両脚が1つの筒に包まれる(ただし、股の所で分かれているキュロットをスカートに入れることがある)。

テニスなどのスポーツで着られる短いスカートのようなものはスコートと呼ばれるが、語源はスカートと同じである。

スカートの分類[編集]

長さによる分類[編集]

その丈により、ロングスカートミニスカート、ミディスカートに分けられる。スカートの長さの流行と景気の動向との関連などが取り上げられることもある。

ロングスカートは着用者の膝よりも丈が長くなるもので、総丈70cm以上あるものを呼ぶことが多い。ロングでも更に丈が長く、くるぶし以上のものはマキシスカートと呼ばれる。

ミニスカートは総丈が膝より上までのもので、総丈45cmから50cmのものが多い。更に丈の短いミニスカートはマイクロミニスカート(マイクロミニ)と呼ばれる。

総丈がちょうど膝程度の長さのものがミディスカート(ニーロングスカート、膝丈スカートなど)である。

  • マイクロスカート: microskirt、別名:マイクロミニスカート)
    ちょうど尻を覆う程度の極端に短いスカート[1]。膝上20 cmから30 cmの太腿があらわになる丈のものを指す。股下ギリギリ丈のものは、ウルトラマイクロミニや超マイクロミニなどとよばれる。
  • ミニスカート: mini skirt
    膝よりも上の丈のスカート。一般には膝上10cmから20cm程度の太腿丈のものを指す。若さ、自由、大胆さ、冒険を表現する女性たちに支持され、1962年ごろから1970年代まで大流行した[1]。1986年ごろから再び流行し、スカート丈の一表現として定着した[2]
  • ミディスカート: midi skirt
    膝が隠れるくらいの膝下丈のスカート。ミニスカートとマキシスカートの中間で、丈としては標準的な普通丈のものいう。呼び名は、1960年代末に少しずつ浸透し広まり、一般的な名称として受け入れられた[1]
  • ミモレ丈スカート(ミモレスカート)
    ふくらはぎの中間丈のスカート。ミモレ (mi-mollet) はフランス語である。
  • マキシスカート: maxi skirt
    足首から床に届くほどのくるぶし丈のロングスカート。1960年代に流行したミニスカートに対抗するものとして誕生した。多くはたっぷりと広がるスカートで、ブーツと合わせることが多かった[1]

着用法による分類[編集]

ラップスカート
  • ラップスカート: wrapped skirt、別名:巻きスカート)
    1枚の布を巻き付けてウエストで留めた単純な物。1枚の長方形の布で作られ、体に1回巻き付けて前で布を重ね合わせて留める[2]パレオスコットランドキルトなどもこの分類に入る。
  • サスペンダースカート: suspender skirt、別名:吊りスカート
    ウエスト部分に取り付けた左右一対の細紐(吊り紐)で肩から吊り下げるようにしたスカートの総称。紐は共布で作られ、背中では十文字に交差されるものが多い。日本では戦前に流行して以来、学校の制服など主に少女服を中心に多く用いられた。
  • サロペットスカート(胸当てスカート)
    サロペットスカートは英語のsalopetteとskirtを合わせた和製英語で、サロペットのボトムがスカートになったもの[3]。胸当ての付いた吊りスカートのことをいう。ジーンズで作られたオーバーオールのスカートもサロペットスカートといわれるが、サロペットとは本来は吊り紐が背中で交差された物をいい、現在主流のハイバックタイプはサロペットには分類されていなかった。
  • ジャンパースカート
    ジャンパースカートは英語のjumperとskirtを合わせた和製英語で、吊りスカートと混同されがちだが、こちらは前後共に身頃の付いた袖のないワンピース状のスカートのこと。下にブラウスシャツを着ることが多い[3]。学校や企業の制服、マタニティドレスとして幅広く用いられている。袖が無いという点においてワンピースとは異なる。
  • フープスカートパニエスカート)
    鯨の髭やプラスチックなどでできた張り骨で傘のように大きく広げたスカート。一般にロングスカートであり、ドレスの一部をなすことが多い。衛生的な便所が完成する以前の中世の欧州では、上流階級の女性は一般的にフープスカートを着用したまま立位で排尿していた。なお、このため当時は下腹部に密着する下着(パンティーなど)が着用される習慣はなかった。
  • ロースラングスカート: low-slung skirt
    ロースラングは「低い位置で引っ掛ける」の意味で、腰の低い位置に引っ掛けるように穿くスカート。ファッションデザイナーの高田賢三が1976年春夏コレクションで発表した腰の低い位置に巻き付けたスカートを、『ウィメンズ・ウェア・デイリー (WWD)』誌が名づけた[2]

形状による分類[編集]

シルエットに特徴があるスカート[編集]

フレアスカート
  • タイトスカート: tight skirt
    タイトは「ぴったり合った」の意味で、ウエストから腰にかけてフィットし、ヒップの寸法がそのまま裾までストレートに採られているスカート。ストレートスカートとほぼ同意[4]。タイトスカートよりも裾のシルエットがやや広いモデルはセミタイトスカートとなる。
    • ペンシルスカート: pencil skirt):腰部から裾まで、鉛筆のように真っ直ぐな細身のシルエットを持つタイトスカートのなかの一種。1940年代に、使用する布地が少なく経済的であることから普及し始まったスカートで、1950年代からこの名でよばれるようになった[1]
  • フレアスカート: flared skirt
    ぴったりしたウエストから裾へ波打ってアサガオの花びらのように広がりのある形のスカート[5]。フレアに比べて広がりの抑えられたものはセミフレアとなる。
  • バブルスカート: bubble skirt
    ウエストからギャザーを寄せて腰部を膨らませて、裾で細くつぼめた膝上丈のスカート。チューリップのような形からチューリップスカート: tulip skirt)ともよばれる[5]
  • トランペットスカート: trumpet skirt、別名:リリースカート: lily skirt〉)
    リリースカート
    ストレートラインの裾に大きなフラウンス(ひだ飾り)やプリーツで裾広がりにしたスカートで、裾の形がラッパのトランペットのようであることからよばれている[4]。また、裾がユリの花弁(はなびら)のような形に見えることから、別名を「リリースカート」ともよばれる。
  • ハイウエストスカート: high waistline skirt
    一般のスカートのウエストラインよりもさらに高い位置にウエストラインがあるスカート。腰位置を高く見せることで、脚を長く見せる効果が期待される。英語では、ハイ・ウエストライン・スカートという[4]
  • バルーンスカート: ballon skirt
    バルーンは「風船・気球」の意味で、1960年代以降に登場した風船形のスカート。全体にボリュームの有るシルエットで、ギャザーを入れたウエストから膝までの部分が風船のような形になるように、裾をベルト状の布をつけて絞ったスカート[5]。流行によりロングからミニ丈まで様々なバリエーションがある。
  • マーメイドスカート(マーメイドラインスカート〈: mermaid line skirt〉)
    人魚の下半身に似た形状からこう呼ばれる。ウエストからタイトスカートのように身体にそったまま、膝〜膝下あたりで裾に向かって人魚の尾ひれのように広がったシルエットのスカート。裾はフレアやプリーツ、ギャザーなどの形状になっている[1]。タイトスカートのパターンにフレアなデザインを複合したもの。女性らしいシルエットなので、ドレスなどに多用される。
  • アンブレラスカート: umblella skirt、別名:パラソルスカート〈: parasol skirt〉、パラシュートスカート: parachute skirt〉))
    ウエストが絞られ、裾にフレアが入ったボリューム感を持たせた裾の広がり方が、ちょうどを開いた時のようなシルエットをもつスカート。何枚かの三角形の布を縦に縫い合わせてつくられる。パラソルパラシュートの形にも似ることから、パラソルスカート、パラシュートスカートともよばれる[5]
  • キュロットスカート
    一見、普通のスカートのように見えるズボンのように股の分かれた膝丈のスカート。キュロット (culotte) はフランス語で、英語のスカートとの合成語[6]。実際にはパンツの形態だが、静止している状態はスカートのように見えることからスカートにも分類される[3]。別名、スプリットスカート、パンツスカート、ディバディットスカートなど様々な呼び方がある[3]
  • Aライン・スカート(エーライン・スカート、: A-line skirt
    アルファベットのAの形のように末広がりの膝下丈のスカート。クリスチャン・ディオールが発表して以来、1960年代初めに流行した[6]
  • ホブルスカートen:Hobble skirt
    裾を極端に絞って、腰と裾の間にギャザーを寄せたスカート。

縫製に特徴があるスカート[編集]

サーキュラー
複数箱襞のボックスプリーツスカート
  • ゴアードスカート: gored skirt
    数枚の襠(まち=ゴア)を接ぎ合わせて仕立てたスカート。ウエストはフィットし、裾にかけて広がりを持つ。フランス語で襠を意味するゴデ(godet)から派生したゴディトスカート(: godet skirt)と同意[3]
  • ティアードスカート
    ウエスト切り替えを用いているスカートの総称。多くはウエスト・裾と並行に一本~数本の段が入れられた切り替えを持つスカート。
  • サーキュラースカート: circular skirt
    サーキュラー(: circular)は「円形・丸い」を意味し、その名の通りウエストを中心に広げたときの生地が円形になるように縫製して作るスカート。フレアスカートの中の一つに分類される[3]。90度生地を4枚バイアス裁断しているため、着装するとウエストからたくさんのフレアが入り波打ち方が大きい。
  • プリーツスカート: pleated skirt
    プリーツ(: pleats、ひだ)を付けたスカート(オール・アラウンド・プリーティド・スカートの略)。プリーツの数は、1~全体のプリーツまで。プリーツ加工の種類によって、箱襞(ボックスプリーツ)スカート、車襞(ワンウェイプリーツ)スカート、前襞スカート、アコーディオンプリーツスカート、サンバースプリーツスカートなどに分類される。また、襞の位置によって、サイドプリーツ、バックプリーツなどと区分されることがある。
    • アコーディオン・プリーツスカート: accordion pleated skirt):楽器のアコーディオンのように均一に細い幅のプリーツで折られた全円裁ちのスカート[6]
    • インバーティッド・プリーツスカート: inverted pleated skirt):前後の中心線、あるいは前後のどちらかで、インバーティッド・プリーツ(ひだ山を突き合わせたプリーツ)が入ったスカート[6]
    • ボックスプリーツスカート(ボックスプリ―テッドスカート、: box pleated skirt):ボックスプリーツ(箱ひだ)をたたんだスカート[1]
  • ギャザースカート: gather skirt
    長方形に裁った布を縫い合わせて、ウエスト部を絞って縫い縮めたスカート[6]。ギャザーとは寄せる、集める、縮めるという意味。ウエスト部分を絞り、裾の部分がタップリとしているスカート。
    • フレアーギャザースカートギャザーフレアスカート: gatherd and flared skirt):フレアを入れた布を縫い合わせたギャザースカートの一種で[6]、一般のギャザースカートよりも裾周りが広い。
  • ヒップボーンスカート(別名:ヒップハンガースカート)
    本来のウエスト位置よりも下、腰骨上にスカートの上端がフィットするようにデザインされているスカート[5]。ウエスト位置にウェストベルトを作らず、裏に見返しを縫い合わせて仕立てることが多い。丈の長短を問わず、ウェストのディテールで分類される。

素材による分類[編集]

  • 羊毛
    • 純毛、混紡、ウールサージ
  • 綿
    • デニム、コーデュロイ、別珍
  • 合繊
    • ポリエステル、レーヨン、アクリルなど
  • 皮革
    • 豚革、牛革、ワニ革など

用途による分類[編集]

  • 正装
    • タイトスカート、フレアースカートなど
  • 学校制服
    • プリーツスカート、吊りスカート、ジャンパースカートなど
  • 企業制服
    • タイトスカート、ジャンパースカートなど
  • 作業服
    • サロペットスカートなど
  • 運動着
  • その他、衣装など

文化[編集]

ズボンを男性服の象徴とし、スカートを女性服の象徴とする観念は、中世から近世以後になって西洋で生まれた後天的な慣習にすぎない[7]

民族衣装や西洋の服装にその反例(男性が着用するスカート類)が認められる[7]

  • スコットランドキルト(kilt)[7]
    キルトはゲール族・ケルト族の歴史的スカートであり、スコットランド民族服の一つである。フォーマルな場で着られ、インフォーマルな場で着られることは少ない。
  • ギリシャフスタネーラ(英語ではファスタネラ、fustanella)[7]
  • サロン(sarong)[7]
    サロンはスカートのように腰回りを覆う衣類である。サロンは様々な文化において多々の名前で呼ばれており、ハワイ島とポリネシア(サモア・トンガ・タヒチ・フィジー)ではパレオラバーラバ、インドではドウティルンギー、南インドでは mundu などである。
  • ゴは、ブータン男性が着る膝まで長さのあるローブである。国民服として政府機関・学校・公的な場においては終日着用することが求められる[8]

西洋[編集]

西洋の服装では中世中期以前にはスカートの着用についての本質的な性差はみられなかった[7]

ローマ時代の末期になると男性の服装では北方の衣装に由来するズボン形式が浸透し始めた[9]。一方、ロマネスク末期になると女性の服装では「ひも締め」を用いてウェストを細くする形式、男性の服装ではズボン形式が採用されるようになった[9]。この男性の衣装と女性の衣装の形式的な対称性は、ゴシック期からルネッサンス期を経て、近世になるにつれて明白になり、現代に至るまで影響を与えている[9]

ゴシック期にはゴアード・スカートの一種である長い引き裾のスカートが出現している[9]。また、ルネッサンス期にはファーズィンゲール(farthingale)により大きく膨らませたような形式のスカートが出現した[9]

日本[編集]

スカートをめぐる文化[編集]

ダブルボトム
スカート+スパッツ

以前の日本では女性のほとんどがスカートを着用し、成人女性の一般的服装として広く見られていた。しかし1980年代以降、女性はスカートを穿くものだという固定観念が崩れた。

一方で男性で単にスカートが好きな場合であっても女装とみなされてしまう可能性が高い、ただしドン・キホーテや通販などでコスプレとして売られているセーラー服メイド服において男女兼用もしくは男性用コスチュームと明記されていることもあり、単なる遊びのための服装としては認められる可能性がある。[10]

日本の若い人には、おしゃれの一環として寒くても「痩せ我慢」をしてスカートを穿くことを好む文化があるが、外国人には日本の若い女性が真冬でも素足にスカートを穿いているのは奇異に見えるようである[11]。特に制服を採用している学校では依然スカートが主流であり、零下10度以下に冷え込む真冬の北海道でも、素足を剥き出しにしている女子高校生はしばしば見受けられる(防寒用にストッキングまたはタイツの着用を義務づけている学校もある)。しかし、近年はスカートではなくスラックスを採用(日本では北海道に少なくとも1校ある。厳寒対策目的による)、あるいはスラックスを選べるところも出てきている。

ダブルボトム[編集]

スカートは通常、パンティーガードルの上か、ストッキングタイツの上に穿く。つまり下着の上に直接穿くもので、防寒などの目的で下にショートパンツブルマースパッツ等を穿く場合もスカートより丈の短いものが使用されてきたが、2000年以降より、スカート丈より長いレギンス(丈の長いスパッツ)・ズボンスキニージーンズなど)などとの重ね着が広まっている。

また女子高生などが制服のときに行うファッションとして、寒い屋外などで一時的にスカートの下にジャージを重ね穿きする、通称「はにわルック」もこの一種である。

2007年には『日刊ゲンダイ』に『街で目に付く若い女の超ヘンなファッション』としてミニスカートやショートパンツの下にレギンスやスパッツを合わせたファッションについて言及された[12]

近年では、ズボン、特にジーンズなど厚めのボトムスで太く見えがちなヒップラインや下腹部に密着するクロッチラインを隠すための目的で、ズボンと合わせて着用することを前提として丈が非常に短い「ヒップカバースカート」と呼ばれるスカートも作られている。チュニックの丈が短めでヒップが覆いきれない場合にチュニックの下にさらに重ね着として、あるいはウエストのラインを強調する場合に細身のトップスおよびズボンと合わせて着用されることが多い。

メンズ・スカート[編集]

ズボンの上から男性が身に着けるためのいわゆるメンズ・スカートと呼ばれるアクセサリーがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 文化出版局編 1999, p. 42.
  2. ^ a b c 文化出版局編 1999, p. 43.
  3. ^ a b c d e f 文化出版局編 1999, p. 39.
  4. ^ a b c 文化出版局編 1999, p. 40.
  5. ^ a b c d e 文化出版局編 1999, p. 41.
  6. ^ a b c d e f 文化出版局編 1999, p. 38.
  7. ^ a b c d e f 石山彰 編『日英仏独対照服飾辞典』ダヴィッド社、1972年、375頁
  8. ^ Gho & Kira: The National Dress”. Bhutan's Culture. RAOnline. 2010年7月31日閲覧。
  9. ^ a b c d e 石山彰 編『日英仏独対照服飾辞典』ダヴィッド社、1972年、376頁
  10. ^ http://purecos.net/view/62
  11. ^ <在日中国人のブログ>冬でもナマ脚丸出しの日本女性、ホントに寒くないの?蒋豊・日本新華僑報編集長、レコードチャイナ2010年1月10日
  12. ^ 2007年6月26日号 街で目に付く若い女の超ヘンなファッション(阿修羅掲示板より全文コピー)

参考文献[編集]

  • 文化出版局編 『ファッション辞典』第1刷、大沼淳、荻村昭典、深井晃子(監修)、文化出版局1999年3月31日

関連項目[編集]