第一学習社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社第一学習社
Daiichi Gakushusha Corporation.
Daiichi Gakushusha Corporation.JPG
本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
733-8521
広島県広島市西区横川新町7番14号
設立 1960年
業種 出版
法人番号 6240001005753 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役 松本洋介
資本金 1,665万円
従業員数 222名
外部リンク http://www.daiichi-g.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社第一学習社(だいいちがくしゅうしゃ)は、日本にある教科書を扱う出版社。本社は広島市にある。

沿革[編集]

  • 1948年 広島市荒神町にて「中国人事通信社」として創業,広島県職員録の出版を始める。
  • 1951年 「西日本加除式法規出版社」に商号変更し,加除式法規集の出版を始める。
  • 1957年 高校用理科副教材「高校理科表」の出版を始める。
  • 1958年 社名を「第一学習社」に改称する。
  • 1960年 「株式会社第一学習社」を設立し,本格的に高校理科副教材の出版販売を始める。
  • 1963年 東京営業所開設。
  • 1965年 高校用教科書「理科」の発行,供給を始める。
  • 1965年 札幌営業所を開設
  • 1966年 大阪,名古屋,福岡,仙台に営業所を開設。
  • 1968年 高校用副教材「国語」「社会」「英語」「数学」の出版を始める。
  • 1970年 NECホストコンピュータを導入し,通信教育の成績管理システムを稼動させる。
  • 1972年 文部省学習指導要領の改訂に伴い,新たに高校用教科書「英語」「国語」「理科」「社会」の発行,供給を始める。
  • 1973年 文部省学習指導要領準拠コンピュータによるデータ集計・分析システム「スポーツテスト」を開発する。
  • 1974年 北関東営業所を開設。
  • 1982年 文部省学習指導要領改訂に伴い,新たに高校用教科書「数学」の発行,供給を始める。
  • 1983年 小論文講座を開講する。
  • 1984年 広島,東京,大阪,仙台間のオンライン化を実現する。
  • 1987年 第1回毎日カップ「中学校スポーツテスト」コンテストを開催する。(毎日新聞社主催,第一学習社協賛)
  • 1989年 横浜営業所を開設。
  • 1989年 広島教育システムセンターを開設。
  • 1989年 進路適性診断テストを開発し,販売を開始。
  • 1990年 東京支社を千代田区一番町に移転し,東京編集部を設置。
  • 1992年 IBMホストコンピュータを導入し,新システム(データベース,LANネットワーク)を構築する。
  • 1993年 広島市西区横川新町に新本社ビルを竣工し移転する。
  • 1993年 金沢出張所を開設。
  • 1995年 新潟出張所を開設。
  • 1999年 通信教育部を改組し,教育部として小論文指導に特化する。
  • 2000年 デジタル商品開発のためのデジタルメディア部を設立する。
  • 2000年 神戸営業所を開設。
  • 2002年 沖縄出張所を開設。
  • 2005年 新潟出張所を新潟営業所に改組。
  • 2006年 小山営業所を東京営業所と統合。
  • 2007年 つくば営業所を開設

教科書[編集]

  • 文部科学省検定済教科書の発行者番号は183。
  • 高等学校向けに9教科(国語,地理歴史,公民,数学,理科,英語,保健体育,家庭,情報)の検定教科書を発行している。
    • 2015年度発行者別高校教科書採択冊数では、3,394,257冊で発行38社中第4位(シェア10.6%)であった。
    • 国語に強みを持つ。2015年の教科書採択での発行者別占有率は、国語総合(23.4%),古典B(27.2%)が採択シェア第1位を占めている。

不祥事[編集]

  • 2016年7月26日、文部科学省より高校の教科書会社4社が全国の高校140校に対し、1冊あたり数万円にもなる高額の教師用指導資料や教材を無償提供するなどの行為が計187件あったと発表があった。第一学習社においては各都道府県教委の調査の後、文部科学省より発表のあった学校以外でも無償提供の事実が発覚、教材の提供を受けた学校に対しては、同一教科書発行者の教科書を選定しないように指示があるなど厳しい措置が取られた。他に無償提供が確認された会社は教育芸術社、新興出版社啓林館、大修館書店である。

主な出版物[編集]

主に学校採用向けの副教材を発行している。

  • 主な問題集
    • 『セミナー』(物理・化学・生物)
  • 図説・資料集
    • 『スクエア最新図説』(化学・生物)
    • 『総合国語便覧』

外部リンク[編集]

株式会社 第一学習社