カーゴパンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カーゴパンツ

カーゴパンツ(cargo pants)とは貨物船(カーゴ)で荷役作業などに従事する人たちの間で使われるようになった、作業用のズボンである。生地の厚い丈夫な綿布で作られ腰をかがめた時にも物の出し入れがしやすい、膝上の左右に大きなポケットが付けられているのが特徴である。1942年にアメリカ陸軍の空挺部隊のM-42パラトルーパーパンツとして採用されたのを皮切りに、各国の軍隊で戦闘服のズボンとして採用されはじめ、1951年のアメリカ陸軍で採用されたM-51戦闘用ズボンでほぼ現在の姿になった。のちに、作業服やカジュアルウェアとして一般にも普及した。6つポケットがあるため6ポケットパンツとも言う。

ジーンズチノ・パンツミリタリー・パンツなどとともにカジュアルなズボン、とくにアウトドア用のファッションとして人気が高い。チノ・パンツと同じく綾織りが多いがジーンズと同じくサテンコーデュロイ製のカーゴパンツも存在する。

色はカーキ色や深緑などのくすんだ色が多いが、迷彩色のものや派手な色のものも出ている。脚の部分は太め「だぶだぶ」のものが普通だが、テーパードスキニーのようなスリムな形のものもある。また本来は荒っぽい仕事をするためのもので男子用しかなかったが、現在では婦人用も出回っている。

一覧[編集]