服装規定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドレスコードから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

服装規定(ふくそうきてい、英語: dress code)とは、社会の中の様々な場所と機会、また行事や催し物、パーティディスコなどの場面で当然、その場面でしかるべきとされる服装のことをいう。

概要[編集]

周囲への配慮から始まったエチケットである。行事によっては主催者側でフォーマル、インフォーマルなどと指定されることも少なくない。

英語の表現をそのまま使ってドレスコードと表現されることもある。

こうした服装の規定は、個人の生活の中では冠婚葬祭において最も顕著に現れてくる。レストランホテルカジノで、短パンサンダル・ノーネクタイを禁止するのも、ドレスコードの一種。クルーズ客船の中でも、時間帯によって服装を選ぶ必要がある。

また国家のレベルでは、国家元首・その関係者・首相閣僚特命全権大使特命全権公使軍人など、その役職や格式により、歓迎の儀礼や晩餐会などでもその都度の服装が細かく規定されており、欧米社会では「ホワイトタイ」や「ブラックタイ」などの礼式区分がある。

日本では、天皇の名の下に授与させる勲章褒章の授与式における服装を規定した「総理府告示:勲章等着用規定」において、女性が勲章等を着用する場合の服装はローブ・デコルテであることが規定されている[1]。また、背広はフォーマルウェア(礼装)ではなくビジネス用の服装であるが、日本では略礼装として扱われることが多い。

フォーマルウェア[編集]

結婚式[編集]

  • 本来は準礼服以上が基本であるが、日本では「平服でお越しください」と招待状に記載されていることが多く、背広(略礼装)が着用されることが多い。

葬儀[編集]

  • 日本以外の国や地域で葬儀に参列する場合は、日本で一般的なブラックスーツ、黒ネクタイの組み合わせは一般的ではないので、現地の衣服習慣に合わせる。通常は濃い色のスーツと地味なネクタイで事足りる[2]

スポーツ[編集]

各種スポーツで、特に公式の試合における服装規定が制定されている場合がある[3]。また試合に関する諸規定の中に実質的に服装に関する規定が含まれている場合がある[4]

柔道では競技者の柔道衣[5]、審判の服装に規定がある。加えて国際柔道連盟主催大会ではコーチのドレスコードがある[6]。決勝ブロックではジャケット、フォーマルシューズ着用である。男性コーチはネクタイ着用である。

制服との関係[編集]

学校・職場などにおける服装規定にあっては、実質的に制服に関する規定の場合(名称が「制服規定」の場合がある[7])、制服と制服以外の衣装(ワイシャツ、靴下など)を包括的に定める場合[8]、制服を定めずに服装のあり方を規定する場合[9]、などがある。

脚注[編集]

関連項目[編集]