堀内まり菜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほりうち まりな
堀内 まり菜
プロフィール
愛称 まり菜ちゃん[1]
まりっぺ[1]
まりまり
生年月日 1998年4月29日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 B型[2]
公称サイズ(2017年[3]時点)
身長 155 cm
所属グループ ミニパティ
(2009-2011)
さくら学院
(2010-2014)
マボロシ☆ラ部
(2014)
HGS(2014)
ライブレボルト
(2018-2020)
IDOL舞SHOW(2019-)
ヒーラーガールズ
(2021-)
事務所 Apollo Bay
アイドル: テンプレート - カテゴリ
堀内 まり菜
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年4月14日 -
ジャンル 音楽トーク
登録者数 8000人
総再生回数 約44万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年4月1日時点。
テンプレートを表示

堀内 まり菜(ほりうち まりな、1998年4月29日 - )は、日本女優[2]声優アイドル[1]モデル[1]東京都出身。Apollo Bay(アミューズ系列)所属。さくら学院の元メンバー[4]。愛称は、まり菜ちゃん[1]、まりっぺ[1]、まりまり。

略歴[編集]

2007年
ちゃおガール2007オーディション」で入賞(スマイル賞)[5]。2009年春、アミューズによる食育と農業をテーマに発足した「ららら農業プロジェクト」の一環としてユニット、ミニパティ飯田來麗、杉﨑寧々と共に結成[注 1][1][6]
2010年
4月より、アイドルユニットさくら学院のメンバーとしての活動を開始[3]。同年12月、さくら学院のメンバーとしてシングル「夢に向かって / Hello ! IVY」でメジャーデビュー。派生ユニット「バトン部 Twinklestars」、「帰宅部 sleepiece」、「テニス部 Pastel Wind」、「科学部 科学究明機構ロヂカ?」のメンバーとしても活動[1]
2012年
5月、さくら学院生徒会副会長に就任[注 2]。2013年5月5日に開催された『さくら学院 2013年度 〜転入式〜』にてさくら学院の3代目生徒会長に任命される[1][7][8]。2014年3月30日に渋谷公会堂で行われた卒業公演[注 3]「The Road to Graduation Final 〜さくら学院 2013年度 卒業〜」内の卒業セレモニーでは、卒業生を代表して答辞を読み、「私たちもそれぞれの夢に向かって頑張ります。いつか恩返しできる日が来ますように」と述べた[10][9]
2014年
4月よりタカラトミーリカちゃんが結成したアイドルユニット「HGS」に「香山リカ」の歌唱担当、及び先輩という設定で参加[11][12]
また、同月開始のアニメ『くつだる。』(NHK Eテレ)のメインキャストである「猫田カオル」の声優を担当[13][14][15]。同アニメの声優を担当する4名(堀内まり菜、金井美樹佐藤日向島ゆいか)でユニット「マボロシ☆ラ部」を結成し、同年11月19日に主題歌と挿入歌を収録したシングル『Merry Go World』を発売[16]
2016年
1月に開催された、舞台『カードファイト!! ヴァンガード〜バーチャル・ステージ〜』に飛田マイ役として出演。また、同年8月から9月にかけて開催された、舞台『秋桜学園合唱部』には櫻井明日香役として出演した。
2018年
5月13日に開催された、ライブレボルト2ndライブ『LiveRevolt RE:VOLT』に時音ひなた役の追加キャストとして登場。同年12月に行われる同グループの東名阪ツアーへ出演。
10月よりテレビ東京系列「きんだーてれび」にて曜日別エンディングテーマの歌唱を担当。同番組金曜コーナー「きん☆モニ」にレギュラー出演中。
同月、声優アーティストを目指す「ボイたまプロジェクト」の結成メンバー8名のうちの一人に選ばれ、2019年よりネット配信番組などでの活動を開始した[17]
2019年
9月より音楽バトルプロジェクト「IDOL舞SHOW」にてNO PRINCESS・明瀬亜美役を担当。同年10月に行われたライブイベントへ初出演。2020年1月にはNO PRINCESSとして1st SINGLE CDを発売し、同リリースイベントにも出演。
12月、武蔵野芸能劇場小劇場で開催された舞台「地図から消されたウサギ島」に出演。
2020年
4月1日、堀内を含む「ボイたまプロジェクト」メンバー6名全員がアミューズから傘下のライブ・ビューイング・ジャパンが運営するApollo Bayに移籍[18]
4月29日、22歳の誕生日を迎えると同時にYouTubeチャンネルを開設。オリジナル楽曲「ナノ・ハナ」を公開し、音楽活動を開始する。
7月、シアターサンモールにて開催された舞台「殺し屋にくびったけ」に二宮役として出演。
10月2日、Lantisレーベルよりアーティストデビューが決定、2021年3月10日にはデビューアルバム「ナノ・ストーリー」の発売が発表された[19]
2021年
1月には舞台「勇者セイヤンの物語〜ノストラダム男の大予言〜」へ出演した。
また、同月より礒部花凜熊田茜音吉武千颯と共にコーラスユニット「ヒーラーガールズ」を結成[20]。同年3月にはデビューミニアルバムを発売。同年4月、オンライン開催した1stライブにてカバーミニアルバム第2弾のリリース及び4人がメインキャストを担当する完全新作オリジナルTVアニメ「ヒーラー・ガール」の制作決定が発表された[21]
6月19日、自身が新型コロナウイルスに感染した事が自身が所属する事務所のホームページで公表された[22]。6月28日に新型コロナウイルスから回復し、29日から活動再開。[23]
9月、自身主催によるゲストを招いたオンラインイベントを初開催、同年11月5日には第二弾を開催した。
10月からBS11にて放送が開始された新番組「アプリ学院!」にて自身初となる番組ナレーションを担当中。
2022年
2月、初の有観客ワンマンライブ「堀内まり菜 1st LIVE ナノ・ストーリー 〜第一章〜」を開催。また、同年3月には朗読イベントへの出演も予定されている。
5月、初の舞台化が決定した「ヲタクに恋は難しい」に、桃瀬成海役として主演を務める[24]
7月より放送される「はたらく魔王さま!!」2期のエンディングテーマを担当することが発表された[25]

人物[編集]

漫画及びアニメ[2]好きであり、声優アーティストを目標としている[16]水樹奈々を敬愛しており、「自分の中で水樹さんは神。」としている。一番好きな水樹の楽曲は「残光のガイア[26]

趣味はアニメ・ミュージカル鑑賞、イラストを描くこと、弾き語り、ギター、チーズナン巡り、モノレールに乗ることで、モノレールに関しては特に東京モノレールが好みで、好きな駅は昭和島駅天王洲アイル駅[27][28]。特技は歌、ダンス、ブラインドタッチ短距離走[3]。好きな食べ物は梅干しマドレーヌ、マシュマロトースト[29]

さくら学院の先輩である武藤彩未は「まり菜ちゃんは本当に周りに気を遣うタイプで、何でも心に抱え込んじゃうタイプ。(中略) あの独特な動きからは想像もつかないでしょ?」と述べている[30][注 4]

2021年3月に、自身のツイッターアカウントにて大学を卒業したことを報告した[31]

ディスコグラフィ[編集]

さくら学院関連[編集]

その他[編集]

  • HGS
    • 『ミニヨン☆パピヨン』(2014年4月16日、配信限定)
    • 『ONE CHECK SWEETNESS』(2014年7月16日、配信限定)
    • 『ミニヨン☆パピヨン/ONE CHECK SWEETNESS』(2014年8月2日、CDシングル
  • マボロシ☆ラ部
    • 『Merry Go World』(2014年11月19日、CDシングル)
  • ゆいま〜る ふぁみり
    • 『ヤッホー!ねこざかな』(2018年10月31日、配信限定)
    • 『アロハッピー』(2018年10月31日、配信限定)
    • 『ねこざかな☆エクササイズ』(2018年10月31日、配信限定)
    • 『コロムビアキッズ ゆめいっぱい!ハッピーいっぱい! こどものうた』(2019年6月5日、アルバムCD、きんだーてれびテレビオリジナル音源収録)
    • 『ザ・ベスト キャラクターソング(コロムビア創立110周年記念)』(2019年11月27日、アルバムCD、オリジナル音源収録)
  • 金子みすゞ子どもうたプロジェクト
    • 『子供の時計』(作詞/金子みすゞ 作曲・編曲/岩崎貴文)(2019年8月7日、配信限定)
    • 『星とたんぽぽ』(作詞/金子みすゞ 作曲/中川ひろたか 編曲/籠島裕昌)(2019年12月25日、配信限定)
    • 『コロムビアキッズ キラキラSmile☆ えがおあふれるこどものうた♪』(2020年1月22日、アルバムCD、「子供の時計」オリジナル音源収録)
    • 『私と小鳥と鈴と』(作詞/金子みすゞ 作曲・編曲/黒須克彦)(2020年3月18日、配信限定)
    • 『コロムビアキッズ うたって!あそんで!おぼえる 九九・英語・県庁所在地(暗記赤シートつき)』(2020年6月3日、アルバムCD、「私と小鳥と鈴と」収録)
    • 『コロムビアキッズ 令和もどっかーんっ!ミラクルパワー☆こどものうた』(2020年11月18日、アルバムCD、「子供の時計」収録)
  • きんだーてれび
    • 『コロムビアキッズ 2021 うんどう会(2) えがおのまほう』(2021年4月7日、アルバムCD、「みらくる☆エブリデー」収録)
    • 『コロムビアキッズ ドキドキ☆とびだすびっくりばこ!こどものうた』(2022年1月19日、アルバムCD、「チェック チェック たいそう」「みらくる☆エブリデー」収録)
    • 『コロムビアキッズ エブリバディ まいにちキッズソングス』(2022年4月20日、アルバムCD、「みらくる☆エブリデー」「チェックチェックたいそう」収録)
  • オリジナル楽曲
    • 『ナノ・ハナ』(2020年4月29日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『ヴァイオリン幻想曲』(2020年5月29日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『ねぇ星よ』(2020年6月26日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『空っぽの私』(2020年7月24日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『優しい人』(2020年8月20日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『ココロインク』(2020年9月24日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『Welcome to Nanoland』(2020年10月26日、YouTubeチャンネル、DEMOver.公開)
    • 『ナノ・ストーリー』(2021年3月10日、デビューアルバム)
    • 『さくら色のメロディー』(2021年11月26日、配信限定リリース)
    • 『水鏡の世界』(2022年7月27日、1stシングル)
  • ボイたまプロジェクト「せいゆうろうどくかい図書館」
    • 『去年の木』(2020年4月29日、SoundCloud公開)
  • ヒーラーガールズ
    • 『Voices vol.1 ~アニソンコーラスカバーアルバム~』(2021年3月26日、デビューミニアルバム)
    • 『Voices vol.2 ~アニソンコーラスカバーアルバム~』(2021年7月30日、セカンドミニアルバム)
    • 『TV アニメ「ヒーラー・ガール」劇中歌 アルバム「Singin’ in a Tender Tone」』(2022年6月22日)
  • IDOL舞SHOW  楽曲音源
    • 『NO PRINCESS 1stSINGLE「Truth or Dare」』(2020年1月8日、CDシングル) 
    • 『NO PRINCESS 2ndSINGLE「MUST BE GOING!」』(2020年10月7日、CDシングル)
  • リカちゃん公式Youtubeチャンネル
    • 『にじキュンカールリカちゃん』(2022年4月29日)


出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ドラマCD[編集]

  • IDOL舞SHOW エピソードZERO(2020年) - 明瀬亜美 

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • IDOL舞SHOW〜天下旗争奪ラジオ〜(2019年 - 2020年)
  • 堀内まり菜の菜(2021年4月7日 - 、FM NACK5「FAV FOUR」内)

映画[編集]

舞台[編集]

春公演(2010年3月19日 - 24日@天王洲銀河劇場
夏公演(2010年7月16日 - 25日@ル テアトル銀座 / 2010年7月31日 - 8月2日@新神戸オリエンタル劇場

CM[編集]

商品販促PV[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • GLAY疾走れ!ミライ」(2014年10月) - Short Shorts Film Festival & Asia 2015 AWARDミュージックショート部門シネマチックアワード特別賞受賞作品

ライブ[編集]

  • TOKYO IDOL FESTIVAL 2014(2014年8月3日、お台場・新大陸 Great Summer スタジアム) - さくら学院のステージに卒業生としてサプライズ出演[39]
  • Lantis & Purple One Star New Generation LIVE 2020(2020年11月26日、Mix Boxによるリモートライブ)
  • 日清食品 POWER STATION[REBOOT] presents virtual anisong power JAM!!! Produce By Lantis(2021年3月13日、オンラインライブイベント)※ソロ及びヒーラーガールズとして出演
  • ヒーラーガールズ 1st LIVE 『Voices』@harevutai(2021年4月30日)※無観客による有料生配信
  • Animelo Summer Live 2021 -COLORS-@さいたまスーパーアリーナ(2021年8月29日)※森口博子のバックコーラスとしてシークレット出演
  • ヒーラーガールズ 2nd LIVE 『Feel You,Heal You』@浜離宮朝日ホール(2021年12月5日)
  • 堀内まり菜 1st LIVE ナノ・ストーリー 〜第一章〜@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(2022年2月20日)

WEB番組[編集]

  • 『STOLABO TOKYOゴロ寝系トーク番組 スピカの夜 #6』(2014年10月16日)※ゲスト出演
  • 『LoGiRL さくら学院の放課後!〜学んdeマンデー!〜』(2016年10月31日)※サプライズ出演[40]
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!Lesson.1」LINE LIVE』(2019年2月5日)
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!Lesson.3」LINE LIVE』(2019年3月18日)
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!Lesson.5」LINE LIVE』(2019年8月21日)
  • 『「れな*show ~れなでしょう~Vol.3」SHOWROOM』(2020年2月21日)※ゲスト出演
  • 『ファーベルとルーデンス「舞台『五感』に関する大切なお知らせ」YOUTUBE LIVE』(2020年4月5日)※生出演
  • 『ファーベルとルーデンス「五感だヨ!全員集合」YOUTUBE LIVE』(2020年6月13日)※リモート配信
  • 『舞台「殺し屋にくびったけ」zoom座談会第三弾 YOUTUBE』(2020年6月15日)※24時間限定配信
  • 「Anison Days × L」(2020年9月 - 、YouTube)
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!」Lesson.7 Youtube Live』(2020年9月10日)※生配信
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!」Lesson.9 Youtube Live』(2020年11月17日)※生配信
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!」Lesson.10 Youtube Live』(2020年12月15日)※生配信
  • 『「ナノ・ハナ」先行配信記念生放送 Youtube Live』(2021年1月7日)※生配信
  • 『「空っぽの私」先行配信記念インスタライブ 』(2021年2月12日)※生配信
  • 『「Lantis Info Station」第8回生配信 』(2021年2月16日)※コメント出演
  • 『樋口楓のTHE CATCH』(2021年2月19日)※代打パーソナリティとして出演
  • 『さくら学院の顔笑れ!! FRESH!マンデー』(2021年3月15日)※ゲスト出演
  • 『くるみらTV YouTube大喜利』(2021年4月20日)※ゲスト出演
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!」Lesson.13 Youtube Live』(2021年7月19日)※生配信
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!」Lesson.15 Youtube Live』(2021年9月16日)※生配信
  • 『STOLABO TOKYO ボイたまプロジェクト「ボイトレっ!」Lesson.18 Youtube Live』(2021年12月15日)※生配信
  • 『Apollo Bay YouTubeチャンネル Youtube Live』(2022年2月22日)※生配信
  • 『TVアニメ「ヒーラー・ガール」キャスト生特番 Healing Program Vol.1 ニコニコ生放送』(2022年4月4日)
  • 『TVアニメ「ヒーラー・ガール」キャスト生特番 Healing Program Vol.2 ニコニコ生放送』(2022年5月9日)
  • 『TVアニメ「ヒーラー・ガール」キャスト生特番 Healing Program Vol.3 ニコニコ生放送』(2022年5月29日)


WEBメディア[編集]

  • 『HUSTLE PRESS』(2019年10月30日)※インタビュー記事
  • 『アキバ総研 【特集】ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」開催記念連載! 第5回「堀内まり菜」インタビュー!』(2019年10月30日)
  • 『アキバ総研 【特集】新人声優5人の魅力と演技力が爆発! 熊田茜音、堀内まり菜ら「声優のたまご」が挑戦したボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 「white Swan+」レポート!』(2019年11月25日)
  • 『OKMusic 舞台「地図から消されたウサギ島」堀内まり菜・近藤里奈が意気込み語る』(2019年12月3日)
  • 『OKMusic 多田愛佳・堀内まり菜 舞台「殺し屋にくびったけ」見所と意気込みを語る』(2020年6月30日)
  • 『音楽ナタリー 堀内まり菜「ナノ・ハナ」MVフルサイズ公開、デビューアルバムのジャケットも』(2021年1月7日)
  • 『音楽ナタリー 礒部花凜、熊田茜音、堀内まり菜、吉武千颯がアニソンカバーアルバムでデビュー』(2021年1月8日)
  • 『リスアニ!WEB 堀内まり菜、初のオリジナル楽曲「ナノ・ハナ」「空っぽの私」を先行配信!待望の1stアルバムへ向けた想いを語る』(2021年2月3日)
  • 『音楽ナタリー 堀内まり菜「さくら色のメロディー」インタビュー|枯れないさくらの木、消えない絆』(2021年12月7日)
  • 『音楽ナタリー 堀内まり菜、さくら学院カバーも披露した1stワンマンでファンと対面「皆さんの存在が私にとっての希望」』(2022年2月21日)

イベント[編集]

  • 「マボロシ☆ラ部『Merry Go World』発売記念イベント@タワーレコード新宿店」(2014年11月22日)※生写真お渡し会
  • 「マボロシ☆ラ部『Merry Go World』発売記念イベント@アキバソフマップ」(2014年11月23日)※ミニライブ、トークイベント(2部制)
  • 「マボロシ☆ラ部『Merry Go World』発売記念イベント@ららぽーと横浜・屋外イベントエリア」(2014年11月24日)※フリーライブイベント(2部制)
  • 「STOLABO TOKYOゴロ寝系トーク番組 スピカの夜 最終回イベント@STAR RISE TOWER Studio Earth」(2017年9月9日)※ゲスト出演(1回目・12時回のみ)
  • 「ボイたまプロジェクト朗読劇vol.1 『white Swan』@恵比寿天窓.switch」(2019年3月27日)
  • 「ミキハウスランド2019 きん☆モニステージ@さいたまスーパーアリーナ」(2019年6月1日) ※11時45分、15時15分、2回出演
  • 「ボイたまプロジェクト朗読劇vol.2 『white Swan + 』@アミューズカフェシアター」(2019年11月2日〜3日)※3公演出演
  • 「デビューアルバム発売記念 無料配信ミニライブ&チェキサイン会」(2021年3月14日)※オンライン開催
  • 「デビューアルバム発売記念 無料配信アコースティックライブ」(2021年4月3日)※オンライン開催
  • 「デビューアルバム発売記念 オンライントークイベント」(2021年4月4日)※オンライン開催
  • 「デビューアルバム発売記念 個別おしゃべり会」(2021年4月4日)※オンライン開催
  • 「オンライントークイベント みんなでナノハナを咲かせようの会」(2021年4月18日)※オンライン開催
  • 「【Online Live】堀内まり菜 Presents Awesome Station ~芸術の秋、開幕なんだ菜~」(2021年9月2日)※無観客配信イベント
  • 「【Online Live】堀内まり菜 Presents Awesome Station ~紅葉のメロディ、お届けなんだ菜~」(2021年11月5日)※無観客配信イベント第二弾
  • 「ソフボ祭Vol.6〜和道ノ阿修羅〜@SHIBUYA TAKE OFF 7」(2021年12月16日)
  • 「日曜日はオフレコでお願いします!第14回@セブンパーク天美3F AMAMI PLUS」(2022年2月27日)※有料配信有りトークイベント
  • 「 TVアニメ「ヒーラー・ガール」朗読イベント「Healing Theater」@サイエンスホール」(2022年3月6日)
  • 「Apollo Bay Presents Reading Live「シスターズ4〜この世界は平和かもしれない〜」@R´sアートコート(労音大久保会館)」(2022年3月12日〜13日)
  • 「Girls Reading Aloud in Yokohama -童話シリーズ vol.5-@横浜ランドマークホール」(2022年3月20日)
  • 「 TVアニメ「ヒーラー・ガール」OP/EDテーマシングル発売記念オンラインおしゃべりイベント」(2022年7月3日)※オンライン開催

その他[編集]

  • メディアミックスプロジェクト「 ライブレボルト (2018年 - 2020年、時音ひなた)
  • 音楽バトルプロジェクト「IDOL舞SHOW 」(2019年 - 、明瀬亜美)

書籍[編集]

雑誌[編集]

  • 『Pure2』
  • 『BIG ONE』(近代映画社
  • 『BIG ONE GIRLS』(2014年11月27日発売、近代映画社)
  • 『ネクストブレイク アイドルNo.1 2011』(扶桑社)
  • 『ぷっちぐみ』
  • 『ちゃお』(小学館
  • 『ポ☆プリ』(麻布台出版社)
  • De☆View』2012年12月号 (2012年11月1日発売、 オリコン・エンタテインメント)
  • 『グラビアザテレビジョン vol.31・vol.43』(2013年12月17日・2015年12月28日発売)
  • 『モーニング』(2014年3月27日・5月8日・11月13日・11月20日発売)
  • 『アニカン FREE vol.141 』(2014年11月14日発売)
  • 『BIG ONE GIRLS 2021年3月号 NO.061』(2021年1月29日発売、近代映画社)
  • 『声優アニメディア 2022年 05月号』(2022年4月8日発売、学研プラス

ムック本[編集]

デジタル写真集[編集]

  • 『声優トモ写! 堀内まり菜フォトブック「ガチ恋。」』(2022年3月15日、週プレ プラス!)※デジタル限定


脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2010年4月以降は、さくら学院のクラブ活動ユニット「クッキング部」として「見習いパティシエユニット」をコンセプトに活動を継続し、2011年7月までミニパティ初代メンバーとして活動した[6]。さくら学院 2011年度 NEW〜Departure〜 in duo MUSIC EXCHANGE(1部)にて、ミニパティの引き継ぎ式が行われ、初期メンバーの飯田、杉崎も卒業した。
  2. ^ 2012年5月6日に開催されたイベント、『さくら学院 転入式』にて発表された。
  3. ^ さくら学院は中学校を卒業すると同時にグループからも卒業となる[9]
  4. ^ 武藤とは誕生日が同日である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 堀内まり菜”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c 堀内まり菜のプロフィール”. ORICON STYLE. オリコン株式会社. 2015年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c 堀内 まり菜”. アミューズ オフィシャル ウェブサイト. 株式会社アミューズ. 2017年11月12日閲覧。
  4. ^ https://www.sakuragakuin.jp/graduates/
  5. ^ 『ちゃお』2007年11月号(第31巻第16号 通巻479号)、小学館、10頁
  6. ^ a b ミニパティ(さくら学院 クッキング部)”. CDJournal. 音楽出版社. 2015年8月4日閲覧。
  7. ^ さくら学院に2人の転入生!新制服も披露”. 日刊スポーツ新聞社 (2013年5月5日). 2015年8月4日閲覧。
  8. ^ 【Kawaii girl Japan/ライブレポート】さくら学院 2013年度 新生徒会長は堀内まり菜に決定。「今年度のさくら学院も大きな桜を咲かせます」”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2013年5月13日). 2015年8月4日閲覧。
  9. ^ a b さくら学院、12人の“絆”が見えた卒業式”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年3月31日). 2015年8月4日閲覧。
  10. ^ さくら学院・堀内まり菜「いつか恩返しできる日が来ますように」”. サンケイスポーツ. 株式会社産経デジタル (2014年3月31日). 2015年8月4日閲覧。
  11. ^ 新生アイドルユニット「HGS」のメンバーが語るリカちゃんの思い出”. エンタメNEXT. 株式会社 徳間書店 (2014年7月16日). 2015年8月4日閲覧。
  12. ^ 堀内まり菜がリカちゃんの歌声担当”. 株式会社デイリースポーツ (2014年4月29日). 2015年8月4日閲覧。
  13. ^ さくら学院・堀内&佐藤「くつだる。」で声優に挑戦”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年3月14日). 2015年8月4日閲覧。
  14. ^ 堀内まり菜、金井美樹、佐藤日向、島ゆいかの“あるある話”とは!?新アニメ『くつだる。』スピンオフ企画決定”. テレビドガッチ. 株式会社プレゼントキャスト (2014年3月31日). 2015年8月4日閲覧。
  15. ^ a b 新作TVアニメ「くつだる。」キャストに金井美樹、島ゆいか、堀内まり菜、佐藤日向”. CDJournal. 音楽出版社 (2014年3月10日). 2015年8月4日閲覧。
  16. ^ a b 元さくら学院・堀内まり菜、佐藤日向が参加するマボロシ☆ラ部が、「NO MUSIC, NO IDOL?」ポスターに初登場!”. エンタメNEXT. 株式会社 徳間書店 (2014年11月11日). 2015年8月4日閲覧。
  17. ^ ボイたまプロジェクト AMUSE MOBiLE 特設ページ アミューズ
  18. ^ Twitter 堀内まり菜公式アカウント 2020年4月1日
  19. ^ さくら学院2013年度卒業生・堀内まり菜がランティスよりアーティストデビュー”. ナタリー. 株式会社ナターシャ. 2020年10月2日閲覧。
  20. ^ 礒部花凜、熊田茜音、堀内まり菜、吉武千颯がアニソンカバーアルバムでデビュー”. 音楽ナタリー. 2021年1月8日閲覧。
  21. ^ コーラスユニット「ヒーラーガールズ」が声優を担当する完全新作オリジナルTVアニメ『ヒーラー・ガール』制作決定!”. アニメイトタイムズ. 2021年4月30日閲覧。
  22. ^ 堀内まり菜の新型コロナウイルス感染に関するご報告 | Apollo Bay(アポロベイ)” (日本語) (2021年6月19日). 2021年6月21日閲覧。
  23. ^ 堀内まり菜に関するご報告 | Apollo Bay(アポロベイ)” (日本語) (2021年6月28日). 2021年7月4日閲覧。
  24. ^ 「ヲタクに恋は難しい」5月に舞台化!二藤宏嵩役に土井一海、桃瀬成海役を堀内まり菜”. コミックナタリー. 2022年2月14日閲覧。
  25. ^ 夏アニメ『はたらく魔王さま!!』EDテーマは堀内まり菜さんが歌う「水鏡の世界」! 堀内さん&楽曲制作を担当するnano.RIPE・きみコさんからのコメントが到着!”. アニメイトタイムズ. 2022年5月10日閲覧。
  26. ^ さくら学院「ライブ・ビューイング」体験レポート - #8 堀内まり菜”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2014年10月22日). 2015年8月4日閲覧。
  27. ^ ボイたまプロジェクト朗読劇、堀内まり菜インタビュー!”. アキバ総研. kakaku.com (2019年10月30日). 2022年5月1日閲覧。
  28. ^ モノレールくん”. アメーバブログ. 堀内まり菜 さくら学院オフィシャルブログ「学院日誌」 (2013年12月21日). 2015年8月4日閲覧。
  29. ^ さくら学院 生徒紹介 - 堀内 まり菜”. さくら学院. 株式会社アミューズ. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月4日閲覧。
  30. ^ 『大切なFRIENDS①』さくら学院オフィシャルブログ 学院日誌” (2012年). 2012年8月27日閲覧。
  31. ^ horimari_429のツイート(1373559045563424769)
  32. ^ GLAY 20th Anniversary SPECIAL -MUSIC LIFE-”. MTVジャパン. バイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社. 2015年8月4日閲覧。
  33. ^ ブルーシールアイス全面協力、TVアニメ「iiiあいすくりん」PV&キャスト12人公開”. コミックナタリー. 2021年2月5日閲覧。
  34. ^ Character”. TVアニメ「ヒーラー・ガール」公式サイト. 2022年4月4日閲覧。
  35. ^ “ブルーシールアイス×シンエイ動画、アニメ「iiiあいすくりん」7月から新シリーズ放送”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年5月9日). https://natalie.mu/comic/news/476978 2022年5月10日閲覧。 
  36. ^ IDOL舞SHOW:劇場版アニメ化 2022年初夏公開 2年ぶりCDも”. MANTANWEB. MANTAN (2022年3月1日). 2022年3月1日閲覧。
  37. ^ 舞台「カードファイト!! ヴァンガード〜バーチャル・ステージ〜」”. 株式会社ネルケプランニング. 2015年10月30日閲覧。
  38. ^ “さくら学院が初の本格舞台、卒業生の堀内まり菜&佐藤日向が日替わりで登場”. ステージナタリー. (2016年7月25日). http://natalie.mu/stage/news/195812 2016年7月26日閲覧。 
  39. ^ TIF2014、卒業生堀内まり菜、飯田來麗も助っ人に駆けつけたさくら学院!!最高に輝いたステージで希望の華をいっぱい咲かせる!!”. GirlsNews. 株式会社レゾリューション (2014年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  40. ^ @sakura_shokuin 2016年10月31日のツイート2017年6月23日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
中元すず香
さくら学院 生徒会長
2013年度
次代:
菊地最愛