スフィア (声優ユニット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スフィア
sphere
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソングゲームソング
活動期間 2009年2月 -
レーベル GloryHeaven
事務所 ミュージックレイン
公式サイト Pl@net sphere スフィア offial website
メンバー
寿美菜子
高垣彩陽
戸松遥
豊崎愛生

スフィア(sphere)[注 1]は、ミュージックレイン所属の女性声優4人による声優ユニット。所属レーベルはGloryHeaven

概要[編集]

ミュージックレインに所属する、寿美菜子高垣彩陽戸松遥豊崎愛生の4人で構成されており、それぞれが個別で声優としても歌手としても活動している。

  • 結成までの経緯

メンバーは全員、2005年から2006年にかけて開催された『ミュージックレイン スーパー声優オーディション』の合格メンバーで、そのオーディションの最終審査では、高垣と戸松が同組で、寿と豊崎が同組だった[1]2007年以降、ミュージックレインgirlsとして、4人でイベントやライブ活動を行っており、それらのイベントの中で4人でカバー曲を歌う場面も見られた[注 2]が、その後、2009年2月15日に開催された『ミュージックレインgirls 春のチョコまつり』にてユニットを結成し、活動していくことが正式に発表された。

  • ユニット名の由来およびイメージカラー

ユニット名の「スフィア(sphere)」とは、『天球』や『円』を意味し、4人の歌声をひとつの円のように『調和』させるように、との願いを込めて名付けられた[2][注 3]。このため、ユニットのロゴは、「土星」をモチーフにしたものになっている。また、このロゴに描かれている4つの光は、4人のメンバーを表している。なお、ユニットとしてのイメージカラーは青色である[注 4]

スフィアポーズという自己紹介の時にするポーズがある。これは、手のひらを広げて親指の先と中指の先をくっつけるものである。

メンバー[編集]

名前 生年月日 出身地 並び順 イメージカラー(ソロ) イメージカラー(ユニット)
寿美菜子(ことぶき みなこ) 1991年9月17日 兵庫県 戸松と高垣の間
高垣彩陽(たかがき あやひ) 1985年10月25日 東京都 寿と豊崎の間 ピンク
戸松遥(とまつ はるか) 1990年2月4日 愛知県 ステージ下手 オレンジ
豊崎愛生(とよさき あき) 1986年10月28日 徳島県 ステージ上手
  • 表記や自己紹介の順番は名前順である。
  • 並び順は身長のバランスを考えて決まった。[1]
  • イメージカラーはカラオケボックスでそれぞれの好きな色を基に決めた。[1]
  • ユニット内のリーダーは特に決められていない。

来歴[編集]

2009年

2010年

  • 4月18日7月25日 - スフィアにとって初めてのライブツアー『〜Sphere's rings live tour 2010〜』を合計8公演開催(追加公演含む)。
  • 7月25日 - 『〜Sphere's rings live tour 2010〜』の最終公演を全国8箇所の劇場で3D生中継する[注 6]『スフィア in 3D スクリーン 〜Sphere's rings live tour 2010〜 FINAL』を開催[3]
  • 8月28日 - さいたまスーパーアリーナで行われる『Animelo Summer Live 2010 -evolution-』に初参加。
  • 11月17日 - 1stフォトブック『天体観測』を発売。
  • 11月23日 - ライブ『スフィア ライブ2010「sphere ON LOVE,ON 日本武道館」』を開催。声優ユニットが武道館で単独ライブを開催したのは今回のスフィアが初であり、またメジャーデビューから1年7か月での武道館単独ライブ開催というのは、声優アーティストとしては史上最速である[4]

2011年

2012年

2013年

2014年

  • 2月15日 - 結成5周年の記念日に、ミュージックレインモバイル会員限定の招待イベントを行った。
  • 2月26日 - 14thシングル「Eternal Tours」を発売。これが初めてのノンタイアップシングルとなる。
  • 7月13日11月16日 - ライブツアー『〜Sphere's eternal live tour 2014〜』を埼玉を皮切りに合計12公演開催予定。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

タイトル リリース 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 期間限定盤
1st Future Stream 2009年4月22日 LASM-34001/02 LASM-4001 - 23位
2nd Super Noisy Nova 2009年7月29日 LASM-34017/18 LASM-4017 14位
3rd 風をあつめて/Brave my heart 2009年11月25日 LASM-34030/31 LASM-4030 15位
4th REALOVE:REALIFE 2010年4月21日 LASM-34051/52 LASM-4051 12位
5th Now loading...SKY!! 2010年7月28日 LASM-34060/61 LASM-4060 9位
6th MOON SIGNAL 2010年10月20日 LASM-34080/81 LASM-4080 8位
7th Hazy 2011年5月11日 LASM-34095/96 LASM-4095 10位
8th LET・ME・DO!! 2011年7月27日 LASM-34105/06 LASM-4015 8位
9th HIGH POWERED 2011年10月26日 LASM-34114/15 LASM-4114 7位
10th Non stop road/明日への帰り道 2012年4月25日 LASM-34134/35 LASM-4134 LASM-34136/37 6位
11th Pride on Everyday 2012年11月7日 LASM-34150/51 LASM-4150 - 8位
12th GENESIS ARIA 2013年5月1日 LASM-34155/56 LASM-4155 7位
13th Sticking Places 2013年11月27日 LASM-34157/58 LASM-4157 LASM-34159 15位
14th Eternal Tours 2014年2月26日 LASM-4160/61 (Type A)
LASM-4162/63 (Type B)
LASM-4164/65 (Type C)
LASM-4166/67 (Type D)
- 6位
15th 微かな密かな確かなミライ 2014年5月14日予定 LASM-34168/69 LASM-4168 LASM-34170

アルバム[編集]

タイトル リリース 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤 数量・完全限定盤
1st A.T.M.O.S.P.H.E.R.E 2009年12月23日 LASM-35026/7 LASM-5026 - 19位
2nd Spring is here[注 9] 2011年3月16日 LASA-35085/6 LASA-5085 LASA-35089〜91 8位
3rd Third Planet 2012年7月11日 LASA-35134/5 LASA-5131 LASA-35131/2 3位
4th 4 colors for you 2014年6月25日予定 LASA-35155/6 LASA-5153 LASA-35153/4

映像作品[編集]

ライブ[編集]

タイトル リリース 規格品番
BD DVD
1st 〜Sphere's rings live tour 2010〜 FINAL 2011年1月1日 LACM-8004/5 LASD-7013/4
2nd スフィア LIVE 2010 sphere ON LOVE, ON 日本武道館 2011年8月31日 LASX-8013/4 LASD-7019/20
3rd スフィアライブ2011「Athletic Harmonies-デンジャラスステージ-」 2012年3月14日 LASX-8015/6 LASD-7024/5
スフィアライブ2011「Athletic Harmonies-クライマックスステージ-」 LASX-8017/8 LASD-7026/7
4th 〜Sphere's orbit live tour 2012 FINAL SPECIAL STAGE〜 2013年3月27日 LASX-8021/2 -
5th スフィアライブ2013「SPLASH MESSAGE!-サンシャインステージ-」 2014年4月30日 LASX-8023/4
スフィアライブ2013「SPLASH MESSAGE!-ムーンライトステージ-」 LASX-8025/6

PV集[編集]

タイトル リリース 規格品番
1st Sphere Music Clips 2009 - 2012 2013年2月27日 LASX-8019

ゲスト出演[編集]

タイトル リリース
Animelo Summer Live 2010 -evolution- 8.28 2011年4月20日
true tears×花咲くいろは×TARITARI ジョイントフェスティバル LIVE BD 2014年2月26日
Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-8.25 2014年3月26日

フォトブック[編集]

タイトル 発売日 ISBN
1st 天体観測 2010年11月17日 ISBN 978-4054047556

ライブ写真集[編集]

タイトル 発売日 ISBN
1st スフィア1stLIVE写真集 Sphere is Ring 2011年3月9日 ISBN 978-4072736203
2nd “〜Sphere's orbit live tour 2012〜”メモリアルフォトブック Orbit 2012年9月
3rd スフィアライブ 2013「SPLASH MESSAGE!」E-RAVEL写真集 2013年10月15日

コンピレーション参加作品[編集]

規格 作品 アーティスト名 リリース 備考
シングル dear-dear DREAM マイサンシャイン(高垣彩陽
meets スフィア
2009年6月3日 テレビアニメ『バトルスピリッツ 少年突破バシン』2代目エンディングテーマ
アルバム Lantis 10th anniversary Best -090927- スフィア 2009年9月9日 1st Single「Future Stream」を収録
ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜 2011年8月10日 トリビュートカバーアルバム「glory colors 〜風のトビラ〜」をカバー

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ 収録CD
Future Stream テレビアニメ『初恋限定。』オープニングテーマ
テレビ埼玉他『Run Run LAN!』2009年4月・5月度エンディングテーマ
1st Single「Future Stream」
Treasures!! オンラインゲーム『トリックスター』イメージソング
Super Noisy Nova テレビアニメ『宙のまにまに』オープニングテーマ
テレビ埼玉他『Run Run LAN!』2009年7月・8月度エンディングテーマ
2nd Single「Super Noisy Nova」
Dangerous girls PSPゲーム『剣と魔法と学園モノ。2』(アクワイア)イメージソング
風をあつめて オンラインゲーム『ラグナロクオンライン』7thアニバーサリーソングス 3rd Single「風をあつめて / Brave my heart」
Brave my heart
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E AT-X『Club AT-X だぶるあ〜る』2010年冬エンディングテーマ 1st Album『A.T.M.O.S.P.H.E.R.E』
REALOVE:REALIFE テレビアニメ『いちばんうしろの大魔王』オープニングテーマ 4th Single「REALOVE:REALIFE」
Now loading...SKY!! テレビアニメ『あそびにいくヨ!』オープニングテーマ 5th Single「Now loading...SKY!!」
かってな成長期 PS3/PSPゲーム『剣と魔法と学園モノ。3』(アクワイア)オープニングテーマ
MOON SIGNAL テレビアニメ『おとめ妖怪 ざくろ』オープニングテーマ 6th Single「MOON SIGNAL」
クライマックスホイッスル パチスロ『シスタークエスト2〜魔剣の騎士と白銀の巫女〜』オープニングテーマ
夢奏レコード パチスロ『シスタークエスト2〜魔剣の騎士と白銀の巫女〜』エンディングテーマ 2nd Album『Spring is here』
Hazy テレビアニメ『花咲くいろは』エンディングテーマ 7th Single「Hazy」
LET・ME・DO!! 日本テレビ『スフィアクラブ』オープニングテーマ 8th Single「LET・ME・DO!!」
HIGH POWERED テレビアニメ『侵略!?イカ娘』オープニングテーマ 9th Single「HIGH POWERED」
優しさに包まれるように テレビアニメ『夏色キセキ』イメージソング 夏色キセキBD&DVD第1巻限定盤特典CD
Non stop road テレビアニメ『夏色キセキ』オープニングテーマ 10th Single「Non stop road/明日への帰り道」
明日への帰り道 テレビアニメ『夏色キセキ』エンディングテーマ
Pride on Everyday テレビアニメ『バクマン。』第3シリーズエンディングテーマ 11th Single「Pride on Everyday」
GENESIS ARIA テレビアニメ『アラタカンガタリ〜革神語〜』オープニングテーマ 12th Single「GENESIS ARIA」
Sticking Places テレビアニメ『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』エンディングテーマ 13th Single「Sticking Places」
微かな密かな確かなミライ テレビアニメ『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』エンディングテーマ 15th Single「微かな密かな確かなミライ」

出演[編集]

テレビ[編集]

冠番組

アニメ

バラエティー

ドキュメンタリー

  • うたたね♪(TOKYO MX:2009年9月12日、特集アーティスト)
  • スフィア SPECIAL(MUSIC ON! TV、特集アーティスト)

情報番組

ラジオ[編集]

太字は現在放送中

ラジオドラマ

  • 私立ハコ入り女学園(ニッポン放送『ミュ〜コミ+プラス』内コーナー『アニコボ』木曜日「ラジメーション」:2010年1月14日 - 2010年3月25日)

インターネット[編集]

  • Ustream特別番組『みえる Pl@net Sphere』(2011年3月20日、Ustream)[注 12]
  • スフィア緊急ミーティング ~みんなで!5周年企画会議~(2013年11月17日、JAMBORiii STATION または Ustream)

雑誌[編集]

太字は現在連載中

その他[編集]

ライブ・主なイベント[編集]

公演年 形態 タイトル 公演日・会場
2009年 デビューイベント ミュージックレインgirls 春のチョコまつり 全1公演:2月15日 浜離宮朝日ホール東京都
ワンマンライブ スフィア 1st Stream 〜スフィアとアニメの音楽会〜 全1公演:5月17日 日本青年館大ホール(東京都)
ワンマンライブ Shake X Sphere 〜夏の夜の夢〜 全1公演:8月30日 JCBホール(東京都)
ゲスト出演 ランティス祭り 全1公演:9月27日 富士急ハイランド コニファーフォレスト山梨県
ゲスト出演 TOKYO ASIA MUSIC MARKET アニメソングライブ[注 13] 全1公演:10月23日 品川ステラボール(東京都)
ゲスト出演 RAGNAROK World Championship 2009 全1公演:11月1日 パシフィコ横浜神奈川県
2010年 ワンマンライブ スフィア Colorful Concert
ライブツアー 〜Sphere's rings live tour 2010〜
ライブ生中継 スフィア in 3D スクリーン 〜Sphere's rings live tour 2010〜 FINAL
ゲスト出演 Animelo Summer Live 2010 -evolution- 全1公演:8月28日 さいたまスーパーアリーナ埼玉県
ワンマンライブ スフィア ライブ2010「sphere ON LOVE,ON 日本武道館」[注 14] 全1公演:11月23日 日本武道館(東京都)
イベント スフィアと過ごす“一日遅れ”のプレミアムクリスマスパーティー[注 15] 全1公演:12月26日 SME乃木坂スクエア (東京都)
2011年 ゲスト出演 おとめ妖怪 ざくろ〜春、爛漫と〜 [注 16] 全2公演:1月16日 横浜BLITZ(神奈川県)
ワンマンライブ スフィア『Spring Party is HERE!』 全1公演:4月17日 幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール千葉県[注 17]
公開録音 スフィアのオールナイトニッポンR! 史上最大の公開録音スペシャル!![注 18] 全1公演:7月31日 大宮ソニックシティ(埼玉県)
ワンマンライブ スフィアライブ 2011「Athletic Harmonies」
ゲスト出演 東日本大震災復興祭2011〜子供たちの未来のために〜[注 19] 全1公演:10月29日 国立代々木競技場 第二体育館(東京都)
イベント スフィアと一緒に東京の海をクルージングしようじゃなイカ!?[注 20] 全2公演:11月12日 東京湾(東京都)
ゲスト出演 リスアニ! LIVE 2011 全1公演:12月4日 日本武道館(東京都)
2012年 出演 夏色キセキ 制作発表会 全1公演:1月29日 日本青年館大ホール(東京都)
サプライズゲスト出演 ミュ〜コミ+プラス presents アニメ紅白歌合戦 [注 21] 全1公演:2月19日 東京国際フォーラム ホールA(東京都)
ライブツアー 〜Sphere's orbit live tour 2012〜
出演 夏色キセキ フェスティバル 全1公演:8月29日 東京国際フォーラム ホールA(東京都)
ゲスト出演 Anime Festival Asia[8] 全1公演:11月11日 シンガポールエキスポ(シンガポール
ゲスト出演 ミュ〜コミ+プラス presents アニメ紅白歌合戦vol.2 [注 22] 全1公演:12月16日 国立代々木競技場 第一体育館(東京都)
2013年 ゲスト出演 リスアニ! LIVE 3 SUNDAY STAGE 全1公演:1月27日 日本武道館(東京都)
ゲスト出演 true tears×花咲くいろは×TARI TARI ジョイントフェスティバル 全1公演:4月13日 舞浜アンフィシアター(千葉県)
ゲスト出演 Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE- 全1公演:8月25日 さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)
ワンマンライブ スフィアライブ 2013「SPLASH MESSAGE!」
2014年 ゲスト出演 ミュ〜コミ+プラス presents アニメ紅白歌合戦vol.3 [注 22][注 23] 全1公演:1月19日 国立代々木競技場 第一体育館(東京都)
ゲスト出演 リスアニ! LIVE 4 SATURDAY STAGE 全1公演:1月25日 日本武道館(東京都)
ワンマンライブ スフィア LIVE 2014
「スタートダッシュミーティング Ready Steady 5周年! in 日本武道館」
公開録音 『ラジオPl@net Sphere』公開録音2014 ~5周年チョコまつり~ 全2公演:2月15日 TSBSマルチホール(東京都)
ライブツアー 〜Sphere's eternal live tour 2014〜
ゲスト出演 ランティス祭り2014 全1公演:9月14日 潮風公園・太陽の広場・野外特設ステージ(東京都)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 表記については公式サイトをはじめ、各作品、各メディアにおいて、クレジット上ではカタカナ表記『スフィア』が主に用いられるが、英語表記『sphere』と併用・併記されることも少なくない。
  2. ^ 2007年11月25日の『ミュージックレイン秋の感謝祭 inこまば』(東京大学駒場地区キャンパス東京大学学園祭駒場祭』にて開催、東京大学アニメーション研究会主催)が初トークイベント、2008年11月3日『ミュージックレインgirls 秋の収穫祭』(サンシャイン劇場)が初のライブイベント。
  3. ^ なお"sphere"が『円』を意味するというのは厳密には違い、"sphere"は『球』であり『円』を意味するのは"circle"である。
  4. ^ Webラジオ「Pl@net Sphere」第19回配信にて、イベントで観客が使用するサイリュームの色についての話題が語られた際、各メンバーのイメージカラーが決められた。これに伴い、2009年8月30日開催された、『Shake X Sphere(シェイクスフィア)〜夏の夜の夢〜』で、スフィア全体と各メンバーのイメージカラーの計5色のサイリュームが発売された。
  5. ^ 13日にはNTTドコモ携帯電話のみに対応。14日にはソフトバンク、15日にはauの携帯電話へと徐々に拡大。
  6. ^ 音楽ライブの劇場3D生中継は、Sound Horizonに続いて、2例目。国内女性アーティストとしては初。
  7. ^ 第10話でも同様の役柄で出演。
  8. ^ クレジットは「戸松遥:戸松遥」のように同名併記の形になっている。
  9. ^ 収録曲の「キミが太陽」をメンバーの高垣がファーストソロコンサートツアーでコンサートver/クラシカルverとして披露し、メンバーがそれを会場で聞いて号泣したと12/1/21のスフィアのオールナイトニッポンRで語っている。
  10. ^ 広島テレビを除く基幹局各局では2011年秋より2話連続放送された。
  11. ^ 出演回は、スフィアが番組を乗っ取ったという設定で『あにてれ Presents スフィアえっくす×』と題された。
  12. ^ 東日本大震災の影響により中止となった2ndアルバム発売記念イベントの代替として放送。
  13. ^ 戸松も別途ソロ出演。
  14. ^ スフィアの単独ライブとしては初めての生バンド演奏となった。
  15. ^ ミュージックレインモバイル会員限定で抽選による招待。
  16. ^ 主要キャラクターを演じた豊崎はメイン出演者の一人だった。
  17. ^ 2011年3月11日に発生した東日本大震災による、幕張メッセ周辺の液状化現象による被害、震災後の電力不足に伴い実施されていた計画停電などの影響で、3月20日に中止となった2ndアルバム発売記念イベントの代替として生放送されたUstream特別番組『みえる Pl@net Sphere』では開催の可否を協議中と告知していたが、予定通り開催された。開演前には出演者・スタッフ・観客が全員で犠牲者に黙祷を捧げ、終演後には募金の呼びかけも行われた。このライブ以降、キーボード担当の籠島裕昌もスフィアのライブおよびソロツアーにもほぼ参加しており、イメージカラーは青となっている。[1]
  18. ^ 『LET・ME・DO!!』購入者から抽選で招待。
  19. ^ チケット代金は全額が東日本大震災で被災した子供たちのために募金された。また大規模フェスとしては初の大トリを勤めた。
  20. ^ 『HIGH POWERED』購入者から抽選で招待。
  21. ^ 豊崎は紅組司会を担当。別イベントと被ったため、当初は出演予定に無かった戸松が終盤に登場したことで、4人全員が揃ったことによるものである。
  22. ^ a b スフィアは紅組の司会を担当。
  23. ^ ももいろクローバーZとの混成ユニット『ももいろスフィア』としても出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c スフィアのオールナイトニッポンR 14/2/15放送分、Planet Sphere第244回放送分より。
  2. ^ 『ミュージックレインgirls 春のチョコまつり』での発言および、『鷲崎健の超ラジ!』第111回放送より。
  3. ^ プレスリリース『MRA スフィアのツアーファイナルを国内女性アーティスト初!3D映像でスクリーン生中継決定!』” (2010年6月14日). 2013年9月10日閲覧。
  4. ^ 声優「スフィア」初武道館1万2000人24曲 - 日刊スポーツー(2010年11月24日)2014年4月24日閲覧。
  5. ^ NEWS”. エンジェル ウォーズ 公式サイト. 2011年3月28日閲覧。
  6. ^ スフィア × トリックスター0 -ラブ- タイアップ決定!”. トリックスター公式サイト. Ntreev Soft, ジークレスト (2009年2月16日). 2009年11月7日閲覧。
  7. ^ 剣と魔法と学園モノ。2 sphereコラボレーション企画”. 剣と魔法と学園モノ。2. アクワイア, ソニー・ミュージックエンタテインメント (2009年). 2009年11月7日閲覧。
  8. ^ Anime Festival Asia 公式サイト、2012年8月3日閲覧。

関連人物[編集]

  • 田中理恵 - 4人を選出したオーディションの選考委員の1人。その後、自身のラジオ番組『有楽町アニメタウン』にデビュー当初の4人が出演していた時期があった。
  • 吉田尚記 - ニッポン放送アナウンサー。上記の『有楽町アニメタウン』のパーソナリティーを田中と共に務め、その後も自身のラジオ番組にゲストに招いたり、4人が出演するイベントの司会を務めることも多い。
  • 浅沼晋太郎 - 演出家として、セカンドライブ『Shake X Sphere 〜夏の夜の夢〜』内のコーナー「スフィア30分劇場『すぱのば!』」にて劇の作・演出を担当。『〜Sphere's orbit live tour 2012〜』の一部公演や、『スフィアライブ 2013「SPLASH MESSAGE!」』でも寸劇コーナーの脚本などを担当。また、高垣とは『ラジオ ダ・カーポII 〜初音島日記〜』でラジオパーソナリティとして共演していた(ほか4人との共演作あり)。

外部リンク[編集]