とある“ラジオ”の禁書目録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インターネットラジオ:
とある“ラジオ”の禁書目録(第1期)
とある“ラジオ”の禁書目録II(第2期)
劇場版 とあるラジオの禁書目録(劇場版)
とあるラジオの禁書目録III(第3期)
愛称 とあラジ
配信期間 第1期:
2008年9月19日 - 2009年5月1日
第2期:
2010年9月24日 - 2011年5月6日
劇場版:
2012年10月31日 - 2013年3月27日
第3期:
2018年12月14日音泉
2019年1月30日 - (Blu-ray&DVD特典CD)
配信サイト ジェネオンエンタテインメント公式サイト(第1期)
HiBiKi Radio Station(第2期 - 劇場版)
音泉(第3期)
配信日 第1期・第2期: 毎週金曜日(19:00頃更新)
劇場版: 毎週水曜日
配信回数 第1期: 全32回
第2期:全32回
劇場版:全16回
配信形式 収録
パーソナリティ 井口裕香インデックス役)
佐藤利奈御坂美琴役)
構成作家 三重野瞳
提供 PROJECT-INDEX(第1期)
PROJECT-INDEX II(第2期)
PROJECT-INDEX MOVIE(劇場版)
PROJECT-INDEX III(第3期)
その他 過去2回分の試聴可能
インターネットラジオ:
とある“ラジオ”の超電磁砲(第1期)
とあるラジオの超電磁砲S(第2期)
配信期間 第1期:
2009年9月18日 - 2010年4月30日
第2期:
2013年3月21日 - 12月26日
配信サイト HiBiKi Radio Station
音泉(第2期)
配信日 第1期: 毎週金曜日(19:00頃更新)
第2期: 毎週木曜日
配信回数 第1期: 全32回
第2期: 全35回
配信形式 収録
パーソナリティ 豊崎愛生初春飾利役)
伊藤かな恵佐天涙子役)
佐藤利奈(御坂美琴役)※第2期のみ
新井里美白井黒子役)※第2期のみ
構成作家 三重野瞳
提供 PROJECT-RAILGUN(第1期)
PROJECT-RAILGUN S(第2期)
その他 過去2回分の試聴可能
テンプレート - ノート
ポータル ラジオ

とある“ラジオ”の禁書目録』(とあるラジオのインデックス)は、テレビアニメ『とある魔術の禁書目録』を題材にしたインターネットラジオ番組。

概要[編集]

第1期の『とある“ラジオ”の禁書目録』が2008年9月19日から2009年5月1日まで更新され、アニメ第2期『とある魔術の禁書目録II』に合わせ、第2期『とある“ラジオ”の禁書目録II』(とあるラジオのインデックスツー)が2010年9月24日から2011年5月6日まで更新され、『劇場版 とあるラジオの禁書目録』に合わせ、『劇場版 とあるラジオの禁書目録』(げきじょうばん とあるラジオのインデックス)が2012年10月31日から2013年3月27日まで更新され、アニメ第3期『とある魔術の禁書目録III』に合わせ、第3期『とあるラジオの禁書目録III』(とあるラジオのインデックススリー)が2018年12月14日(SP回)に配信された。

外伝アニメ『とある科学の超電磁砲』を題材に2009年9月18日から2010年4月30日まで更新されていた『とある“ラジオ”の超電磁砲』(とあるラジオのレールガン)および、アニメ第2期『とある科学の超電磁砲S』を題材に2013年3月21日から12月26日まで更新されていた『とあるラジオの超電磁砲S』(とあるラジオのレールガンエス)についてもここで述べる。タイトル中の引用符は、ロゴ画像では「“ラジオ”」(曲線型開き引用符・閉じ引用符)となっているが、テキストでは「"ラジオ"」(直線形引用符×2)となることもある[1]。また、『とあるラジオの超電磁砲S』および『劇場版 とあるラジオの禁書目録』、『とあるラジオの禁書目録III』にはそれが付いていない。

番組進行は、それぞれのアニメに出演する女性声優2人をパーソナリティとした、メールコーナー中心のトーク。コーナーの一部は、タイトルのみ変更して、番組を超えて引き継がれている。

とあるラジオの禁書目録[編集]

とある“ラジオ”の禁書目録[編集]

2008年9月19日から2009年5月1日まで、ジェネオンエンタテインメント→ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント RONDO ROBE サイト内のアニメ『とある魔術の禁書目録』公式サイトで、毎週金曜日に更新された。全32回。

ラジオ中のBGMはアニメラジオでは珍しく作中BGMではなく、ACIDのフリー素材(サンプリングループ)を編集したものが使われている。

パーソナリティは、インデックス役の井口裕香、御坂美琴役の佐藤利奈。略称は「とあラジ」。

主な内容は、コーナーを中心としたトーク、メールの紹介などの他、原作小説、コミックス、テレビアニメなど作品展開のプロモーションおよび最新情報の提供など。また番組中、主題歌やキャラクターソングといった楽曲が1曲流される。

番組の提供読みは、オープニングで井口、エンディングで佐藤がそれぞれ担当し、使用されるジングルは1つで固定されている。

第29回(2009年4月10日配信)にて、第32回の配信を以って番組が終了することが発表された。これにより、第32回(2009年5月1日)の配信で最終回を迎えた。

2009年1月から、配信ファイルフォーマットがwmaからwmvに変更になり、要求されるマシンスペックが上がった。

コーナー (INDEX)[編集]

「ビリビリアタック25」「不幸さんいらしゃーい」は偶数回、「能力判定いたしますっ」「届け!私のシェオールフィア」は奇数回(第1回を除く)に行われる。なお、コーナーではないが、原作やテレビアニメ、番組などの感想を募集する「ふつおた」がある。

ビリビリアタック25(第2回 – 第32回)
リスナーからクイズやなぞなぞを募集し挑戦。正解できなければ、美琴の能力に因んだビリビリする罰ゲームを受けなければならない。
ビリビリする罰ゲームとは、「メカブ茶」、「ゴーヤ茶」、「ノニジュース」、「センブリ茶」(第30回時点)。以前は「ビリビリアメ」や「アロエ茶」などがあったが、品切れとなったため登場しなくなった。
タイトルの元ネタはABC朝日放送アタック25である。
不幸さんいらしゃーい(第2回 – 第32回)
『とある魔術の禁書目録』の主人公・上条当麻のような不幸話を募集して笑い飛ばそうというコーナー。
最終回となった第32回(2009年5月1日)では、最後に不幸が幸せになるように願うメッセージが発せられた。
タイトルの元ネタはABC朝日放送の新婚さんいらっしゃい!である。
能力判定いたしますっ(第3回 – 第31回)
リスナーの能力(特技)を報告してもらい、パーソナリティの2人がその能力を「無能力(レベル0)」から「超能力(レベル5)」[注 1]で判定(詳しくは用語解説「超能力」を参照)。そして、その能力を勝手に命名していこうというコーナー。
届け!私のシェオールフィア(第3回 – 第31回)
リスナーのささやかな、小さな、どうでもいいような悩み事について、インデックスの『魔滅の声(シェオールフィア)[注 2]のようなアドバイスで解決に導こうというコーナー。
楽曲オンエア
毎回、作品に関する音楽(主題歌、キャラクターソング)が1曲流された。

ゲスト (INDEX)[編集]

原則として2回連続で出演している。

  • 第4回(2008年10月10日[注 3]) - 阿部敦(上条当麻役) ※ 公開録音
  • 第11・12回(2008年11月28日・12月5日) - 能登麻美子(姫神秋沙役)
  • 第15・16回(2008年12月26日・2009年1月9日) - ささきのぞみ(御坂妹役)
  • 年末スペシャル(2009年1月16日[注 4]) - 阿部敦 ※ 公開録音
  • 第19・20回(2009年1月30日・2月6日) - 伊藤静(神裂火織役)
  • 第23・24回(2009年2月27日・3月6日) - 日高里菜(打ち止め役)
  • 第29・30回(2009年4月10日・4月17日) - 阿澄佳奈(風斬氷華役)

エピソード (INDEX)[編集]

  • 井口がパンダに似ているという事が話題になったのがきっかけで、番組の挨拶は「パンダパンダ〜」で定着した。
  • 第3回(10月3日配信分)において、テレビアニメのオープニングテーマである川田まみの「PSI-missing(サイ ミッシング)を流す際、第1回・第2回(9月19日・26日配信分)でパーソナリティ2人は曲名を誤って紹介していたことが判明し、番組冒頭で謝罪した。第1回では2人とも「ピーエス アイ ミッシング」と紹介し、第2回では井口は正しく紹介したものの、佐藤は「ピーエスアイ ミッシング」と紹介していた。
  • 収録・放送期間中にボジョレー・ヌヴォーの解禁があり、これをきっかけにパーソナリティの2人が酒を所望したことから、番組中にワインが登場。以後、何かしらにつけて酒類が登場した(公開録音除く)。
    • 年末年始の配信となった第15回(2008年12月26日)は忘年会、第16回(2009年1月9日)は新年会となり、ゲストのささきのぞみとともに飲み合った。
    • 1月半ばには「飲酒は封印しよう」との発言が一旦あったが、第19回(2009年1月30日)、第20回(2009年2月6日)のゲストが酒豪で知られる伊藤静であったことから、またしても酒が登場。遂には「宴会ラジオ」と銘打つまでになった。そのため、当時14歳の日高里菜が登場した第23回(2009年2月27日)には、リスナーから「飲酒目録」と評され、日高に配慮して「禁酒目録」となるよう促された(その代わりに成人の際に飲み合おうという話になった)。
    • 第32回(2009年5月1日)では、番組が最終回を迎えるということでワインが登場。これにより、ワインで始まり、ワインで終わることとなった。
  • 第17回(2009年1月16日)において、井口と佐藤の間で阿部敦のゲスト出演は公開録音に限定された。実際、番組開始から最終回までスタジオ収録に参加することは無く、井口と佐藤の取り決め通りとなった(2人は阿部のことを「お祭り(イベント)男」と称した)。

公開録音 (INDEX)[編集]

第1回[2]
2008年10月5日に秋葉原UDXで第4回(10月10日配信分)の公開録音が行われた。
番組初のゲストに上条当麻役の阿部敦を迎えて、「ビリビリアタック25」「不幸さんいらしゃーい」などが行われた。なお、「ビリビリアタック25」のコーナーで阿部は正解したにもかかわらず、罰ゲームを受けていたパーソナリティ2人の道連れにされて罰ゲームを受けた。
第2回[3]
2008年12月30日に秋葉原・アソビットシティにて、2回目となる公開録音が行われた。
当初、ゲストは秘密とアナウンスされ、パーソナリティの2人も当日まで知らず、阿部も事務所から「シークレット」と言い渡されていた。しかし事前に調べたら、ゲストが自分であることは公表されていた。
「ビリビリアタック25」のコーナーでは、前回と同じく阿部も挑戦し正解を答えるも、パーソナリティ2人による裁量で再び罰ゲームを受けた。
番組中、阿部のことは「べし」と呼ぶはずが、井口が呼び間違えて、以降は「あべし」で定着した。

とある“ラジオ”の禁書目録II[編集]

2010年9月24日から2011年5月6日まで、『とある“ラジオ”の超電磁砲』と同じHiBiKi Radio Stationで配信された。全32回。

パーソナリティは、第1期に引き続きインデックス役の井口裕香、御坂美琴役の佐藤利奈。略称は1期と同様に「とあラジ」または「とあラジII」。

主な内容は、第1期と同様。

第30回(2011年4月22日配信分)にて、5月6日の第32回で番組を終了することが発表され、第32回(5月6日)の配信で最終回を迎えた。

コーナー (INDEX II)[編集]

続!能力判定検査いたしますっ
第1期のコーナー「能力判定いたしますっ」と同様。
魔道書への挑戦…
国語辞典を使って作成された問題に答えるコーナー。
今度こそ届け!私のシェオールフィア
第1期のコーナー「届け!私のシェオールフィア」と同様。
もぐもぐごっくん
視覚と嗅覚を塞いだ状態で食材を食べて、その食材に新しい名前を付けるコーナー。
楽曲オンエア
毎回、作品に関する音楽が1曲流されている。

ゲスト (INDEX II)[編集]

  • 第7・8回(2010年11月5日・11月12日) - 遠藤綾(オルソラ=アクィナス役)
  • 第11・12回(2010年12月3日・12月10日) - 新井里美(白井黒子役)
  • 公開録音(2011年3月11日[注 5]) - ささきのぞみ(御坂妹役)、日高里菜(打ち止め役)、阿部敦(上条当麻役)、岡本信彦(一方通行役)
  • 第30・31回(2011年4月22日・4月29日) - ささきのぞみ、日高里菜、岡本信彦

エピソード (INDEX II)[編集]

  • 第30回(2011年4月22日)では、公開録音を除けば最多となる5人での収録となり、アニメの収録が終わっていた事もあり、終始打ち上げのような雰囲気で行われた。また、「もぐもぐごっくん」では女性陣の「チョコレートクッキー」に対し、岡本だけは「納豆」を食べさせられた。

公開録音 (INDEX II)[編集]

2011年3月6日に東京・科学技術館で公開録音が行われた(3月11日配信)[4]

当初、ゲストはささきのぞみ、日高里菜、阿部敦の3名とされていたが、岡本信彦がサプライズゲストとして参加し、過去最多の6人での収録となった。とあるお題について、佐藤の考えていることを当てる「まさかまさかのミサカネットワーク」や、右手だけで様々なことにチャレンジする「右手の能力」、レギュラーコーナーの「もぐもぐごっくん」などが行われた。

劇場版 とあるラジオの禁書目録[編集]

2012年10月31日から2013年3月27日までHiBiKi Radio Stationにて配信された。2012年は隔週水曜日更新だったが、第5回(2013年1月9日)から毎週の更新になった。パーソナリティは第1・2期同様、インデックス役の井口裕香と御坂美琴役の佐藤利奈が担当する。

ゲスト (INDEX M)[編集]

  • 第0回(2012年10月31日) - 阿部敦(上条当麻役)※公開録音
  • 第9回(2013年2月6日) - 新井里美(白井黒子役)

とあるラジオの禁書目録III[編集]

レギュラー配信は行われず、2018年12月14日に音泉にてスペシャル回が配信された。以降は『とある魔術の禁書目録III』Blu-ray&DVD Vol.2以降に付属する特典CDにて収録される。パーソナリティは、第1期・第2期・劇場版に引き続きインデックス役の井口裕香、御坂美琴役の佐藤利奈。

コーナー (INDEX III)[編集]

平成最後の能力判定検査いたしますっ
第1期・第2期のコーナー「能力判定いたしますっ」「続!能力判定いたしますっ」と同様。
魔道書への挑戦…
第2期のコーナー「魔道書への挑戦…」と同様。
届いてる?私のシェオールフィア
第1期・第2期のコーナー「届け!私のシェオールフィア」「今度こそ届け!私のシェオールフィア」と同様。
もぐもぐごっくん
第2期のコーナー「もぐもぐごっくん」と同様。

ゲスト (INDEX III)[編集]

  • Blu-ray&DVD Vol.2特典CD(2019年1月30日発売) - 松風雅也(垣根帝督役)
  • Blu-ray&DVD Vol.3特典CD(2019年2月28日発売予定) - 新井里美(白井黒子役)
  • Blu-ray&DVD Vol.4特典CD(2019年3月27日発売予定) - 伊藤静(神裂火織役)

とあるラジオの超電磁砲[編集]

とある“ラジオ”の超電磁砲[編集]

2009年9月18日から2010年4月30日まで、HiBiKi Radio Stationに配信サイトを移して配信された。全32回。

パーソナリティは、初春飾利役の豊崎愛生、佐天涙子役の伊藤かな恵

配信スケジュールや番組の進行、内容などはほぼ『とある“ラジオ”の禁書目録』と同じである。

第29回(2010年4月9日)の配信分にて、4月いっぱい(2010年4月30日)の第32回で番組を終了すると発表し、第32回(4月30日)の配信で最終回を迎えた。

コーナー (RAILGUN)[編集]

能力判定検査いたしますっ! リターンズ!!
『とある“ラジオ”の禁書目録』のコーナー「能力判定いたしますっ」と同様。
第1回では手探り状態だったため、パーソナリティの伊藤かな恵を判定した(結果はレベル1、命名「うっかりん ぴっかりん」)。
(『とある“ラジオ”の禁書目録』でもあったことだが)度々パーソナリティ2人のネーミングセンスが問われている。また、リスナーから送られてきた能力(特技)によっては、上限である「超能力(レベル5)」を無視し、それを超える判定をすることもある。
放課後お悩み相談室!
リスナーが抱える悩みに対して、パーソナリティの2人がリスナーと友達になってアドバイスを送るコーナー。『とある“ラジオ”の禁書目録』のコーナー「届け!私のシェオールフィア」に相当。
ジャッジメント参上!
世の中の納得できないことや曖昧なことに対して、ジャッジを下してゆくコーナー。冒頭で豊崎が白井黒子の声マネを行う(後述)。
ぎもんしつもん知ってるもんっ
どんな小さな質問に対しても、パーソナリティが誰にもでも分かるように優しく説明するコーナー。ただし、匙を投げることもある。
目指せ! 絶対能力レベル6
原作(『とある魔術の禁書目録』・『とある科学の超電磁砲』)において、最高とされる超能力レベル5以上の存在・絶対能力レベル6にパーソナリティの2人がなるため、必要なチャレンジを募集するコーナー。
明言はされていないが、ゲストが来た週のみ行われた。
宣伝告知
コーナーではないが、初春と佐天の会話の中で作品に関連した情報を提供する。
楽曲オンエア
毎回、作品に関する音楽が1曲流された。

ゲスト (RAILGUN)[編集]

原則として2回連続で出演している。

  • 第11・12回(2009年11月27日・12月4日) - 佐藤利奈(御坂美琴役) ※ 豊崎欠席により代行パーソナリティを兼任
  • 第17・18回(2010年1月15日・1月22日) - 新井里美(白井黒子役)
  • 第23・24回(2010年2月26日・3月5日) - 南條愛乃(泡浮万彬役、OP主題歌ヴォーカル)
  • 第31・32回(2010年4月23日・4月30日) - 佐藤利奈、新井里美

エピソード (RAILGUN)[編集]

  • 第11回(2009年11月27日)の配信分にて、『とある“ラジオ”の禁書目録』と同じくボジョレー・ヌーヴォーの解禁を祝してワインが登場し、伊藤とゲストの佐藤で飲酒した。なお、第15回(2009年12月25日)の配信分でもスパークリングワインが登場し、豊崎と伊藤が飲酒した。
  • 第12回(2009年12月3日)の配信分にて、伊藤が「トナカイはピエロのような鼻をした、空を飛ぶ空想上の生物」と思っていたことも判明。幸いにもその回に佐藤や制作の方々、第13回で豊崎が説明したことで実存する生物だと認識した。
  • 豊崎は番組中でよく「ジャッジメントですの!」等をはじめとした白井黒子の声マネをよく行う。また、第18回放送(2010年1月22日)で白井黒子役の新井がゲストとして登場した際、「黒子はもうちょっと上品に演じてほしい。」と豊崎に注文をつけた。

公開録音 (RAILGUN)[編集]

2009年10月4日に幕張メッセで開催された「電撃キャラクターフェスティバル2009」にて公開録音が行われた(2009年11月16日配信)[5]

とあるラジオの超電磁砲S[編集]

2013年3月21日から12月26日、HiBiKi Radio Station[6]音泉で配信された[7]。配信サイトや配信スケジュールが、第1期から変わっている。

御坂美琴役の佐藤利奈、白井黒子役の新井里美パーソナリティの『とあるラジオの超電磁砲S 〜常盤台放送部〜』と、初春飾利役の豊崎愛生、佐天涙子役の伊藤かな恵がパーソナリティの『とあるラジオの超電磁砲S 〜柵川中学放送部〜』の2番組が2回づつ交互に配信される。

コーナー (RAILGUN S)[編集]

能力判定いたしますGT
絶対能力レベル6バトル!
どうやららしいよ伝説
むか~しむかしのアレなお話
秘密の変ジュ部

DJCD[編集]

発売日 タイトル 品番
2013年3月27日 「劇場版 とあるラジオの禁書目録」Vol.1 INDEX-0001
2013年9月25日 「劇場版 とあるラジオの禁書目録」Vol.2 INDEX-0002 2013年9月25日 とあるラジオの超電磁砲S〜常盤台放送部〜 Vol.1 RGST-1
2013年9月25日 とあるラジオの超電磁砲S〜柵川中学放送部〜 Vol.1 RGSS-1
2014年6月25日 とあるラジオの超電磁砲S〜常盤台放送部〜 Vol.2 RGST-0002
2014年6月25日 とあるラジオの超電磁砲S〜冊川中学放送部〜 Vol.2 RGSS-2

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レベルの数値を決定する際、平均値で決定する場合があるため小数点が付いたケースがある(例:レベル2.5)。
  2. ^ ちなみに、『魔滅の声(シェオールフィア)』はテレビアニメ第1期では未使用。
  3. ^ レギュラー放送の公開録音(10月5日収録)。
  4. ^ レギュラー放送(第17回)と同時配信された特別編の公開録音(12月30日収録)。
  5. ^ レギュラー放送(第24回)と同時配信された特別編の公開録音(3月6日収録)。

出典[編集]

  1. ^ HiBiKi Radio Station [1][2]
  2. ^ “当麻”の叫びが轟いた!! 「とある魔術の禁書目録」公録&イベントレポ”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2008年10月5日(日)). 2009年8月8日閲覧。
  3. ^ またまた阿部氏が不幸なことに!? 「禁書目録」Webラジオの公録が開催!”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2008年12月31日(水)). 2009年8月8日閲覧。
  4. ^ 「木ィ原くゥン!!」のあの人も!! 阿部さんがやっぱり不幸な『とあラジ』公録レポ!”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2011年3月11日(金)). 2011年3月12日閲覧。
  5. ^ 『とあるラジオの超電磁砲』公開録音の回が配信スタート!”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2009年11月16日(月)). 2012年2月27日閲覧。
  6. ^ 番組紹介:とあるラジオの超電磁砲S”. HiBiKi Radio Station. 2013年3月1日閲覧。
  7. ^ TVアニメ「とある科学の超電磁砲S」のラジオ配信決定!”. 音泉トピックス. 音泉 (2013年2月28日(木)). 2013年2月28日閲覧。

外部リンク[編集]