音泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
音泉
Gthumb.svg
URL http://onsen.ag/
営利性 営利
タイプ インターネットラジオ
登録 原則、無料・無登録で聴取できる。
※ 有料会員制度「音泉組合」の場合は登録と料金が発生する。
使用言語 日本語
運営者 タブリエ・コミュニケーションズ株式会社
設立日 2004年4月
収益 有料会員制度「音泉組合」の月額料金 ほか
現状 現在、運営中

インターネットラジオステーション〈音泉〉(インターネットラジオステーションおんせん)は、コスパ関連会社であるタブリエ・コミュニケーションズ運営のインターネットラジオ配信サイト。アニメ連動、関連番組を多数配信している。

特徴[編集]

配信される番組は無料で最新週分を聴取できる(有料会員制で高音質による配信や一部の番組を除き過去の放送などを提供する場合もある)。番組によっては、映像・音楽メーカー等のインターネットラジオサイトで同時配信されている。一時期、番組を聴取する際には20秒間スキップ出来ないCMが放送されることもあった(不定期CMの欄参照)。

番組の更新は、毎週もしくは隔週が基本であり、一部に月に1度もしくは2度だけ更新されるものがある。平日毎日更新という番組も『LuviniaSagaラジオドラマ』のようにわずかながら存在する。[1]

かつて各番組でお題・当選者等を決定する際は「忌まわしき黄金ボックス[注 1]」と呼ばれる金色の抽選箱が使用されることが多い。これは『インターネットラジオ カレイドスター そらとレイラの すごい ○○』で大原さやかによって命名されたもので、様々な番組で使い回していたため壊れやすく補修・交換を繰り返していたが、2006年10月頃からは使い回しが減少。あまりにも使い回されたため『ほめられてのびるらじおPP』にてリスナーにプレゼントされた。

視聴は、PCスマートフォンiPhoneiPadAndroid)で可能。

沿革[編集]

コーズ・プランニングが「四ッ谷式Cyber Project」として、インターネットラジオを有料配信していたが、コーズ社の倒産を受けてほぼ全ての番組がラムズの展開するアニスタ.TVへ移行。その後、2004年4月にコスパの元デザイナーやまけんこと山本健司がアニスタより独立する形で〈音泉〉を立ち上げ(アニスタに移行した四ッ谷式の番組も移動)、キュアメイドカフェを運営するタブリエ(現:タブリエ・コミュニケーションズ[注 2])へ運営会社を移し、インターネット配信を開始した。サイトオープン時は、Windows Media PlayerRealPlayerから番組視聴形式を選択できていた。

開始時の番組
不定期CM
2004年
6月 - 有料会員制度「音泉組合」開始。
2005年
7月23日・24日 - 東京キャラクターショー2005出展。
8月3日 - トップページがリニューアル。
9月18日 - 東京ゲームショウ2005に出展。新番組発表スペシャルステージなどが催された。
10月10日 - 複合イベント「インターネットラジオステーション〈音泉〉 秋の大感謝祭スペシャル2005」が開催。
2006年
4月3日 - サポーターズコミュニティサイト「BEWE」にて音泉サポーターズクラブ「音泉組合」スタンダードサポーター受付開始。しばらくの間は過去ログ放送などが無料で聴取・閲覧できた(音泉組合は解散、掲示板は会員専用の掲示板も含めて廃止)。
5月1日 - プレミアサポーターを受付開始(過去ログ放送の聴取・閲覧が有料に)。
9月23日 - 東京ゲームショウ2006に出展。メインステージにて『うたわれるものらじお』に出演の柚木涼香をゲストに迎え、新番組発表スペシャルステージが催された。
10月上旬 - 番組の聴取が極めて困難な状態が2週間程度続き、全番組の配信を1週間強中止。音泉側は『うたわれるものらじお』のアクセス殺到の影響とそれによる不正なアクセスによりサーバーに高負荷がかかったためと説明している(実際にランティスウェブラジオでも同様の事態が発生した)。後に配信中止期間中前後の番組は各々配信期間の変更や延長で対応された。
2007年
3月25日 - 東京国際アニメフェア2007に出展。メインステージにて「インターネットラジオステーション〈音泉〉 春の新番組スペシャル」が行われた。司会はやまけんと福井裕佳梨
2008年
3月31日 - 全ての番組紹介内のデザインがリニューアル。新たにパーソナリティ紹介欄の宣材写真・名前・誕生日が追加。画像が週ごとに上書きされるように変更。それに伴い、旧番組ページ、並びに画像の削除がサーバー上で行われた。
7月14日 - デザインをリニューアル。Microsoft Silverlightを導入。Microsoft Silverlight非対応パソコン(Intel製ではないx86互換CPU・旧型のIntel製CPUを搭載したもの、Windows以外のOSを使用するものなど)用の簡易版ページが登場。
2010年
7月28日 - 〈音泉〉公式Twitter開始(告知自体は8月24日)[2]
8月24日 - 簡易版が廃止され、Adobe Flashで表示されるタイプにリニューアル[2]
2011年
11月1日 - パーソナリティ・川上とも子の逝去により事実上終了した『川上とも子のうさぎのみみたぶ』が番組表から外され、特設サイトとして残る[注 3]。500回を記念したOP曲・ED曲のmp3データの無償ダウンロード配布を開始。
12月29日 - Android向け音泉アプリを先行リリース。[注 4]
2014年
3月22日 - AnimeJapan 2014に出展。オープンステージにて、「インターネットラジオステーション<音泉>10周年企画発表ステージ」が行われた。同ステージにて、2004年~2014年の10年間でもっともインターネットラジオステーション<音泉>に貢献したパーソナリティとして、下野紘が音泉キングに就任。
4月26日 - ニコニコ超会議3にて、「インターネットラジオステーション<音泉>10周年記念「中二病でも恋がしたい!」ラジオ VS 「悪魔のリドル」ラジオ ガチンコバトルステージ」が行われた。
4月29日 - character1 2014に出展。
5月3日 - マチ★アソビVol.12にて、「彼女がフラグをおられたらじお」や「未確認で進行形~うまく言えないのでラジオで確認してください~」の公開録音が行われた。
6月26日 - サイトを大幅リニューアル。検索機能、情報ページのタブ化、番組リスト表示機能、土日更新枠が追加された。
7月5日 - 7月6日 - 設立10周年企画として、ニコニコ生放送にて『インターネットラジオステーション<音泉>10周年記念24時間生放送』を配信した(タイムスケジュールは後述参照)。生放送参加声優の他、多くの声優から応援コメントが寄せられた。
7月12日 - 11月24日 - TMSアニメ制作50周年×音泉10周年記念番組「マダ、ナイ、ラジヲ。」配信開始。
8月15日 - 8月17日 - コミックマーケット86に出展。
10月11日 - マチ★アソビvol.13にて、「<音泉>秋の新番組祭りステージ」が行われた。
12月28日 - 12月30日 - コミックマーケット87に出展。月刊アニメージュとコラボした、記念ムック本「インターネットラジオステーション<音泉>× Animage -10th Anniversary Memorial Photo & Media Book-」を発行。音泉キングこと下野紘、音泉プリンセス(仮)こと内田真礼のグラビアをはじめ、総勢40名以上の番組パーソナリティ撮り下ろし写真&インタビュー、スタッフインタビュー、<音泉>10年の軌跡などを収録。
2015年
3月21日 - AnimeJapan 2015に出展。REDステージにて、「インターネットラジオステーション<音泉>春の新番組発表会&TVアニメ「えとたま」放送直前祭にゃ!」が行われた。同ステージにて、音泉キングこと下野紘が、引き続き音泉キング(仮)として活動していくことを発表。また、オープンステージにて、アニラジアワード実行委員会(インターネットラジオステーション<音泉>、響-HiBiKi Radio Station-、文化放送アニメイトTV)により「第1回アニラジアワード」が開催された。「ラジオ「結城友奈は勇者である」勇者部活動報告」が「BEST FEMALE RADIO 最優秀女性ラジオ賞」、「イワトビちゃんねるES」が「BEST FUNNY RADIO 大笑いラジオ賞」を受賞。
4月 - CG、VFXの製作会社である白組と、運営元であるタブリエ・コミュニケーションズがタッグを組んだオリジナルアニメ作品「えとたま」がTOKYO MX、サンテレビ、BS11などで放送開始。
5月2日 - character1 2015に出展。

番組[編集]

現在放送中の番組[編集]

※ 未放送ながらホームページのトップに表示されている番組も含む

月曜日[編集]

火曜日[編集]

水曜日[編集]

木曜日[編集]

金曜日[編集]

土・日曜日[編集]

  • くりぎむ!!〜クリームソーダとギムレット〜(隔週)

その他[編集]

終了した番組[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

インターネットラジオステーション<音泉>10周年記念24時間生放送[編集]

出演者[編集]

赤﨑千夏浅倉杏美浅野真澄阿澄佳奈綾部結花石川界人井ノ上奈々井上麻里奈上坂すみれ内田真礼桜川未央おおしたこうた大坪由佳大原さやか荻原秀樹小野涼子かかずゆみ風音金元寿子河原木志穂木村良平黒沢ともよ小暮英麻斎藤桃子酒井伸和佐倉綾音島﨑信長下野紘城樹翔白月かなめ新谷良子諏訪彩花関智一たみやすともえ月城真菜照井春佳なかせひな夏野こおり夏峰いろは名塚佳織南條愛乃西村ちなみ橋本ちなみ葉月絵理乃花江夏樹檜山修之bamboo日高里菜広橋涼松井恵理子緑川光村川梨衣桃井いちご桃井穂美柚木かなめ吉田尚記吉田有里若林直美 ほか(五十音順)

配信スケジュール[編集]

7月5日(土)[編集]

時刻 番組名
22:00 インターネットラジオ カレイドスター そらとレイラの すごい ○○
22:50 音泉キングin 熱海 キングの休日 ~オープニング~
23:00 音mart presents 声優バラエティ ベッドの上からお届けします!
23:40 モンスターハンター4 24時間チャレンジクエスト! ~オープニング~
24:00 TVアニメ未確認で進行形『夜までみんなで╭( ・ㅂ・)وぐッ!』
~うまく言えないのでラジオで確認してください。~ コラボスペシャル
25:00 音泉キングin 熱海 キングの休日 ~おやすみなさい~
25:10 ノイタミナラジオ
26:20 もし声優業界のマネージャーが音泉でも『ラジオ番組』を持ったら
27:00 メーカー横断アニメ宣伝マンナイト in 音泉
28:00 祝・<音泉>10周年 輝け!オールスターゲーム声優大集合スペシャル ~今夜は寝かさnight~
29:00 nbkz・bambooのPCゲームあぶない話

7月6日(日)[編集]

時刻 番組名
6:00 良子と佳奈の カミングバック・トゥ・ジ・アマガミPart3
6:50 音泉キング in 熱海 みんな一緒に音泉体操!
7:00 かかずゆみと名塚佳織の朝からグッモーニン♪
8:00 モンスターハンター4 24時間チャンレンジクエスト!
8:30 音泉キング in 熱海 キングの休日 オリジナルノベルティ
9:00 檜山修之のあにめじ湯
9:50 後半戦 オープニング
10:00 ARIA The STATION
11:00 ブラック・ブレット ~延珠&ティナの天誅ラジオ~
11:45 音泉キング in 熱海 キングの休日 花とゆめ 前半
12:00 僕は友達が少ない on AIR RADIO
12:40 モンスターハンター4 24時間チャンレンジクエスト!
13:40 音泉キング in 熱海 キングの休日 花とゆめ 後半
14:00 「悪魔のリドル」ラジオ~黒組通信~
14:45 音泉キング in 熱海 キングの休日 視聴者プレゼント
15:00 SoltyReidio -復活編-
16:00 リトルバスターズ!R
17:00 帰ってきた!ささら、まーりゃんの生徒会会長ラジオ for ToHeart2
18:00 飛空士ラジオ!恋ジョルノ☆歌ジョルノ♪
18:50 音泉キング in 熱海 キングの休日 エンディング
19:00 中二病でも恋がしたい!~闇の炎に抱かれて聴け~ 最終回
20:00 モンスターハンター4 24時間チャンレンジクエスト!
21:00 のんのんびよりうぇぶらじお のんのんだより!どうがなのん!

〈音泉〉ANNEX[編集]

2006年4月から2007年月まで一部の番組を地上波AMラジオ局ラジオ関西アニたまどっとコム枠内、金曜日26:30から27:30を「〈音泉〉ANNEX」枠として2番組(1時間)放送していた。ちなみにANNEXは、「付加する」「別館」という意味を持つ。

26:30-27:00
  • 2006年4月から2007年3月 - Radio ToHeart2
27:00-27:30
  • 2006年4月から同年9月 - Splash Candy's Trico Station
  • 2006年10月から2007年3月 - うたわれるものらじお

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 、「インターネットラジオ カレイドスター そらとレイラの すごい ○○」では単に「黄金ボックス」と呼ばれていた。
  2. ^ なお、2011年現在のキュアメイドカフェは、関連会社のタブリエ・マーケティングが運営している。
  3. ^ a b 詳細は該当項目を参照。
  4. ^ 扱いは正式版ではなくベータ版
  5. ^ 2010年12月10日(#1) - 2011年6月10日(#14)までは「もえせんらじお☆げんだいばーん!」、2011年6月24日(#15) - 9月16日(#21)までは「かえってきた☆もえせんらじお7」

出典[編集]

外部リンク[編集]