チア男子!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チア男子!!
Cheer Boys!! logo.png
ジャンル チアリーディング青春群像劇
小説
著者 朝井リョウ
出版社 集英社
レーベル 集英社文庫
発売日 2010年10月5日(単行本)[1]
2013年2月20日(文庫本)[2]
巻数 全1巻(単行本、文庫本共)
漫画:チア男子!!
原作・原案など 朝井リョウ
作画 まつもとあやか
出版社 集英社
掲載誌 CooKie
レーベル りぼんマスコットコミックス
発表号 2011年8月号[3] - 2013年5月号
発表期間 2011年6月25日 - 2013年3月26日
巻数 全4巻
話数 全18話
漫画:チア男子!! -GO BREAKERS-
原作・原案など 朝井リョウ
作画 近藤憲一
出版社 集英社
掲載サイト 少年ジャンプ+
レーベル ジャンプ・コミックス
発表号 2016年18号[4] - 49号[5]
発表期間 2016年4月5日 - 11月8日
巻数 全2巻
話数 全18話
その他 監修:大澤雅仁
アニメ
原作 朝井リョウ
監督 吉村愛[6]
シリーズ構成 吉田玲子[6]
キャラクターデザイン 浅田弘幸(原案)[6]
鶴田眸[6]
音楽 TAKAROT[6]
アニメーション制作 ブレインズ・ベース[6]
製作 チア男子!!製作委員会[6]
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2016年7月 - 9月
話数 全12話
ラジオ:チア男子!!〜RADIO BREAKERS〜
放送期間 2016年6月20日 - 2016年10月10日
放送局 音泉
放送時間 毎週月曜日(7月4日より)
放送回数 プレ放送+全15回+SP回
放送形式 ストリーミング
パーソナリティ 米内佑希
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

チア男子!!』(チアだんし)は、朝井リョウによる日本の青春小説作品。『桐島、部活やめるってよ』に続く作者の第2作目で[7]2010年集英社より刊行されている。朝井の母校である早稲田大学に実在する男子チアリーディングチーム「SHOCKERS(ショッカーズ)」より着想を得ている[8]

あらすじ[編集]

柔道一筋に打ち込んできた晴希は限界を感じ、怪我をしたのを機にやめてしまう。そんな時、幼馴染でやはり柔道を断念した一馬に誘われ、男子によるチアリーディンググループ「BREAKERS」(ブレーカーズ)を結成しようとする。

登場人物[編集]

※ 声はテレビアニメのキャスト、演は舞台版のキャスト。

主要人物[編集]

坂東 晴希(ばんどう はるき)
- 米内佑希[6] / 演 - 本田礼生[9]
主人公の大学生。肩を壊して柔道を辞めていたところに一馬にチアリーディング部に誘われる。人見知りで高所恐怖症。柔道で相手を投げ飛ばす際には自分が投げられたかのような表情を見せるほど心優しく、一馬からは「人の気持ちがすごくよく分かるヤツ」と評価されていた。柔道一家に生まれたため、幼い頃から柔道をやっていたが、姉の晴子や一馬のようにインターハイに出場した経験がなく、自身に才能がないことを感じている。肩を壊した際には口実が出来て柔道を辞められると安心していた。誕生日は5月9日
橋本 一馬(はしもと かずま)
声 - 岡本信彦[6] / 演 - 古田一紀[9]
晴希の幼馴染で良き理解者。晴希のことを常に気にかけており、成長を信じて見守っている。彼をチア部に誘う。亡き両親はチアリーディングをしていた。高校時代に柔道でインターハイに出場した経験がある。誕生日は8月10日
溝口 渉(みぞぐち わたる)
声 - 杉田智和[6] / 演 - 平田雄也[9]
BREAKERS結成メンバー3人のひとり。20歳。理屈っぽい性格で、偉人の格言を引用するのが趣味。リズム感に乏しく、身体も堅い。家は料亭を営む。高校までは陸上で長距離走をやっていた。少々変わっている性格なため、高校時代まではまともな友人付き合いがなく、一人でひたすら走っていた。また、本番に弱く、成績は常にトップを独走していたものの、試験当日に体調を崩して二浪している。誕生日は12月25日
徳川 翔(とくがわ しょう)
声 - 小野友樹[6] / 演 - 高野洸[9]
イケメンでリーディングの経験者。晴希たちのデモンストレーションを見ており、素人同然の彼らのパフォーマンスに厳しい意見を述べていた。7人目として加わるが、高校で加入していたSPARKSでの3年時の夏の決勝戦でコーチの妹である高城さくらを落として怪我させてしまったという責任感、また落としてしまうのではないかという恐怖感から、入部の条件としてスタンツには加わらないことを提示する。しかし、BREAKERZを信頼していき、スタンツにも加わるようになる。私服のセンスが絶望的になく、絵心もない。CMキャラクターのリスジロー(声 - 小桜エツコ)が好きで、リスジローのTシャツやスマホのカバー、ストラップなどを身につけている。待ち受け画像もリスジローである。また、男子チア部の入部時にはヒマワリ食堂にあったフィギュアを入部祝いでもらっていた。晴希と同じバイトをしている。誕生日は10月31日
遠野 浩司(とおの こうじ)
声 - 林勇[6] / 演 - 皇希[9]
通称「トン」。体重100キロを超える巨漢で、いつもニコニコしている。まともな運動経験がなく、自分を変えるために男子チア部に入ることを決意する。メンバー唯一の彼女持ち。バレンタインデーの日にDREAMSの千裕が彼女であることが判明した。千裕からは「浩司」と呼ばれている。誕生日は3月14日
鈴木 総一郎(すずき そういちろう)
声 - 桑野晃輔[6] / 演 - 才川コージ[9]
通称「イチロー」。高校まで野球をしていた。関西出身で、関西弁を使う。運動神経がよく、なんでもそつなくこなしてしまうため、野球でも入部してすぐにレギュラーを勝ち取っていた。出来ない人の気持ちが分からず、デリカシーのない発言が目立つが、バク転の練習に打ち込む晴希たちのためにバイトを早めに切り上げるなど仲間思いな一面もある。誕生日は4月2日
長谷川 弦(はせがわ げん)
声 - 小西克幸[6] / 演 - 福澤侑[9]
総一郎と同じく関西出身で、いつも彼とふたりでつるんでいる。総一郎とは幼馴染みであり、中学までは一緒に野球をしていた。なんでもそつなくこなしてしまう総一郎に敵わないと感じており、高校からはサッカーをやっていた。誕生日は9月27日

BREAKERS[編集]

森 尚史(もり ひさし)
声 - 畠中祐[6]
根は真面目なのだが、少々口が悪い。誕生日は8月24日
佐久間 龍造(さくま りゅうぞう)
声 - 村瀬歩[6]
愛称は「サク」。威厳のある名前とは裏腹に、可愛らしい容姿を持つ。誕生日は3月3日
安藤 タケル(あんどう タケル)
声 - 沢城千春[6]
アフロヘアのお調子者。誕生日は6月7日
金田 保(かねだ たもつ)
声 - 勝杏里[6]
通称「金」。金髪のリーゼントがトレードマーク。誕生日は12月12日
染谷 夏生(そめや なつき)
声 - 木村隼人[6]
通称「銀」。保を兄貴と慕う。誕生日は1月25日
乗田 大地(のりた だいち)
声 - 広瀬裕也[6]
通称「銅」。夏生同様、保を慕う。誕生日は5月5日
鍋島 卓哉(なべしま たくや)
声 - 木島隆一[6]
ブレイクダンスを得意とする、鍋島兄弟の兄。誕生日は6月18日
鍋島 卓巳(なべしま たくみ)
声 - 弓原健史[6]
卓哉の2歳下の弟。誕生日は6月24日
陳 子軒(チン・ズーシェン)
声 - 文曄星[6]
中国からの留学生。怪しい京ことばを話す。誕生日は3月21日

SPARKS[編集]

堂本 仁(どうもと じん)
声 - 安元洋貴[6]
全国でも強豪に属する、男女混成チアリーディングチーム「SPARKS(スパークス)」のキャプテン。
花咲 薫(はなさき かおる)
声 - 山谷祥生[6]
アニメオリジナルキャラクター。SPARKSのルーキー。男子だけでチームを作ろうとしていた晴希たちにチアリーディングが甘いものではないと現実を突きつけるが、それが晴希がチアをやるきっかけになった。高校時代の翔とさくらのチアに憧れチアを始める。

その他[編集]

高城 さつき(たかぎ さつき)
声 - 甲斐田裕子[6]
晴希が通う「命志院大学」の女子チアリーディングチーム「DREAMS」のOGでコーチ。冷静で威厳のある外見とは裏腹に笑いの沸点が低い。
酒井 千裕(さかい ちひろ)
声 - 宇山玲加[6]
DREAMSの現役メンバー。早朝練習中に晴希と出会ったことをきっかけに彼とたびたび言葉を交わすようになる。バレンタインデーに遠野の彼女であったことが発覚した。遠野の「今年は」という言葉から付き合って1年以上経っているものと思われる。遠野からは「ちーちゃん」と呼ばれていた。
坂東 晴子(ばんどう はるこ)
声 - 藤村歩[6]
晴希の姉で、女子柔道全国優勝の実力を持つ。晴希が柔道を辞めてチアリーディングをやることに反対している。晴希が柔道を辞めて以降、試合で勝つことができず、もっと強くならなければならないと自分を追い込んでいくが、自身とは違う道を選んだ晴希の謝罪と応援によりスランプを脱している。その後はチアリーディングをやる晴希を応援するようになった。
ヒマワリ食堂店主
声 - 佐々木睦
晴希たちが行きつけにしている食堂のマスター。リスジローのフィギュアを2セットも持っており、男子チア部に入部した翔に入部祝いとしてプレゼントした。
高城 さくら(たかぎ さくら)
声 - 伊瀬茉莉也
さつきの妹で、SPARKSのメンバーだった。ポジションはトップで、翔とはパートナーのような関係だったが、演技の最中に落下したことで車椅子生活を余儀なくされる。
鈴木 きらり(すずき きらり)
声 - 白石涼子
総一郎の妹で年が離れている。兄思いで総一郎に内緒で誕生日プレゼントを用意しようと弦に協力を頼んだ。

書誌情報[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年7月より9月までTOKYO MXBS11他にて放送された。浅田弘幸がキャラクター原案を担当しているが、この事は浅田の作品『テガミバチ』の単行本第20巻にて告知されていた[19]。作内では公式スポーツドリンクとして「ポカリスエット」が登場する[20]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 朝井リョウ
  • 監督 - 吉村愛
  • シリーズ構成 - 吉田玲子
  • キャラクター原案 - 浅田弘幸
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 鶴田眸
  • サブキャラクターデザイン・総作画監督 - 小倉典子[6]
  • アクション作画監督 - 谷津美弥子[6]
  • プロップデザイン - 佐久間康子[6]
  • 美術監督 - 保木いずみ[6]加藤浩[6]
  • 美術設定 - 加藤浩、米川信悟
  • 色彩設計 - 歌川律子[6]
  • 3D・撮影監督 - 織田頼信[6]
  • 編集 - 池田康隆[6]
  • 音響監督 - 木村絵理子[6]
  • 音楽 - TAKAROT
  • 音楽制作 - ランティス[6]
  • 音楽プロデューサー - 大久保隆一
  • チーフプロデューサー - 藤澤宜彦
  • プロデューサー - 加戸裕子、平山亜希子、金子広孝、大久保隆一、高橋博、雪田雅人
  • アニメーションプロデューサー - 齋藤弥生
  • アニメーション制作 - ブレインズ・ベース
  • 製作 - チア男子!!製作委員会(バンダイビジュアルNASTOKYO MX、ランティス、集英社、ブレインズ・ベース、ソニーPCL

主題歌[編集]

オープニングテーマ「初めの一歩」[6]
作詞・作曲 - PON / 編曲 - ラックライフ、TAKAROT / 歌 - ラックライフ
第1話ではエンディングで使用。
エンディングテーマ「LIMIT BREAKERS」[6](第2話 - 第4話、第5.5話 - 第11話)
作詞 - 結城アイラ / 作曲・編曲 - TAKAROT / 歌 - BREAKERS[坂東晴希(米内佑希)、橋本一馬(岡本信彦)、徳川翔(小野友樹)、溝口渉(杉田智和)、遠野浩司(林勇)、鈴木総一郎(桑野晃輔)、長谷川弦(小西克幸)]
挿入歌「Special Night」(第7話) / 「Cheer to the Sky」(第8話)
作詞 - Kanata Okajima / 作曲・編曲 - TAKAROT / 歌 - PON

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
EPISODE 01 幕が上がる 吉田玲子 吉村愛 鶴田眸、小谷杏子 鶴田眸
EPISODE 02 始まりのチアスマイル 三上喜子 松下郁子、高原修司
重本和佳子、徳田夢之介
小倉典子
EPISODE 03 七人目のリスジロー 相澤伽月 高橋謙仁 服部一郎、大森英敏
小笠原優、松下純子
鶴田眸
EPISODE 04 壊したいもの 國澤真理子 すずきたかとし 高橋敦子 小倉典子
EPISODE 05 LET'S GO BREAKERS! 内海照子 川崎芳樹 小谷杏子 鶴田眸
EPISODE 05.5 七人で見た景色 - - - - -
EPISODE 06 RE.START 吉田玲子 大畑清隆 井之川慎太郎 斎藤大輔、重本和佳子
本橋秀之
小倉典子
EPISODE 07 歪み 國澤真理子 すずきたかとし 長谷川一生、松岡秀明 鶴田眸
EPISODE 08 絆のご来光 吉田玲子 河村智之 高原修司、鈴木信一
重本和佳子
小倉典子
EPISODE 09 太陽の涙 川口敬一郎 山口美浩
鄭泳勲
金濟享、中屋了
丹羽恭利、服部益実
鄭泳勲、保村成
手島勇人、藤木泰史
鶴田眸
EPISODE 10 君に伝えたかったこと 内海照子 川崎芳樹 西村彩、三井麻未
佐藤このみ、たかおかきいち
小倉典子
EPISODE 11 ビタースイート・バレンタイン 吉田玲子 三上喜子 粟井重紀、青野厚司
田中宏紀、松下純子
鶴田眸
EPISODE 12 チアダンシ!! 吉村愛
すずきたかとし
小谷杏子、小倉典子
高原修司、荻原みちる
鶴田眸、石上ひろ美
重本和佳子、菅野利之
小倉典子

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[21]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [22] 備考
2016年7月5日 - 9月27日 火曜 23:00 - 23:30 TOKYO MX 東京都 製作委員会参加
2016年7月6日 - 9月28日 水曜 0:00 - 0:30(火曜深夜) サンテレビ 兵庫県
水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) KBS京都 京都府
水曜 3:05 - 3:35(火曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2016年7月7日 - 9月29日 木曜 0:30 - 1:00(水曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2016年11月5日 - 2017年1月28日 土曜 22:30 - 23:00 アニマックス 日本全域 BS/CS放送 / 字幕放送[23][24]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[25]
配信期間 配信時間 配信サイト
2016年7月7日 - 9月29日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 バンダイチャンネル / ひかりTV / bonobo
木曜 23:00 - 23:30 ニコニコ生放送

Blu-ray / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD特装限定版 DVD特装限定版
1 2016年9月27日 第1話 - 第2話 BCXA-1146 BCBA-4789
2 2016年10月26日 第3話 - 第4話 BCXA-1147 BCBA-4790
3 2016年11月25日 第5話 - 第6話 BCXA-1148 BCBA-4791
4 2016年12月22日 第7話 - 第8話 BCXA-1149 BCBA-4792
5 2017年1月27日 第9話 - 第10話 BCXA-1150 BCBA-4793
6 2017年2月24日 第11話 - 第12話 BCXA-1151 BCBA-4794

Webラジオ[編集]

チア男子!!〜RADIO BREAKERS〜』のタイトルで2016年6月20日にプレ配信、同年7月4日より10月10日まで通常回、11月28日にイベントに伴う特別回が配信された。配信サイトは音泉で、更新は月曜日[26]。パーソナリティは米内佑希(坂東晴希 役)[27][26]。以下、特記の無い限りは公式サイト[26]の案内に基づく。

ゲスト[編集]

  • 第0、1、2、15回:岡本信彦(橋本一馬 役)
  • 第3、4、14回:林勇(遠野浩司 役)
  • 第5、6回:小西克幸(長谷川弦 役)
  • 第7、8回:畠中祐(森尚史 役)
  • 第9、10回:杉田智和(溝口渉 役)
  • 第11、12回:桑野晃輔(鈴木総一郎 役)
  • 第13、CD録りおろし回:小野友樹(徳川翔 役)

コーナー[編集]

  • ふつおた - 出演者への質問、作品や番組への感想など、特定のテーマに属さないメールのコーナー。
  • ぶち壊せ! BREAKERS! - リスナーから、壊したいこと、打ち破りたいことを募集し、出演者がそのための方法などについてアドバイスを展開するコーナー。
  • 2分30秒にかける挑戦! - チアリーディング大会の競技時間である2分30秒になぞらえ、チアリーディングに必要な要素を踏まえつつ出演者にリスナーが挑戦させたいことを投稿、2分30秒という時間の中で出演者がチャレンジするコーナー。
  • バイト男子! - キャラクターがアルバイトをしていることになぞらえ、メンバーに似合いそうなアルバイトをテーマとして募集。また、面白いバイトの紹介などから、どのキャラクターに適切なのかを考えたりするコーナー。

ラジオCD[編集]

  • ラジオCD「チア男子!!〜RADIO BREAKERS〜」 - 2016年12月28日発売。CD2枚組、1枚目は新規録り下ろしのオーディオCD、2枚目は、MP3形式で配信分のラジオを全て収録。「ブレイカーズ 男祭り2016」で先行販売された。

舞台[編集]

音楽朗読劇『SOUND THEATRE チア男子!! 〜GO! 音劇男子!!〜』
2016年10月1日・2日に舞浜アンフィシアターで上演。アニメ版キャストによる朗読に加え、早稲田大学の男子チアリーディングチームSHOCKERSによるパフォーマンスも披露される[28]
Live Performance Stage『チア男子!!』
2016年12月にAiiA 2.5 Theater Tokyoで上演。主演は本田礼生古田一紀[29]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b チア男子!!|朝井 リョウ|単行本|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年7月17日閲覧。
  2. ^ a b チア男子!!|朝井 リョウ|集英社文庫|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年7月17日閲覧。
  3. ^ a b Cookieでコミカライズ2作始動!怪盗ロワイヤル&チア男子”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2011年6月26日). 2016年7月17日閲覧。
  4. ^ a b チアリーディングにかける大学生の青春、「チア男子!!」コミカライズ始動”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年4月5日). 2016年7月17日閲覧。
  5. ^ a b 近藤憲一 2016年11月7日のツィート2016年11月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an STAFF&CAST”. TVアニメ「チア男子!!」公式サイト. 集英社・チア男子!!製作委員会. 2016年7月17日閲覧。
  7. ^ 朝井リョウ原作の『チア男子!!』アニメ化決定に「こりゃあ見るしかないな」とファン興奮!”. ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA (2016年4月4日). 2016年5月23日閲覧。
  8. ^ 日経エンタテインメント!』2016年8月号106頁。
  9. ^ a b c d e f g “「チア男子!!」配役発表!本田礼生、古田一紀らBREAKERS集ったビジュアルも”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年8月31日). http://natalie.mu/comic/news/200096 2016年8月31日閲覧。 
  10. ^ 【3月15日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年3月15日). 2016年7月17日閲覧。
  11. ^ 【7月25日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2012年7月25日). 2016年7月17日閲覧。
  12. ^ 【2月15日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年2月15日). 2016年7月17日閲覧。
  13. ^ 【12月13日付】本日発売の単行本リスト”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年12月13日). 2016年7月17日閲覧。
  14. ^ ザ マーガレット8月号、本日発売!”. 集英社 クッキー編集部のブログ〜投稿者向けアドバイスもあります!〜 (2013年6月24日). 2016年7月17日閲覧。
  15. ^ クッキー9月特大号、本日発売!”. 集英社 クッキー編集部のブログ〜投稿者向けアドバイスもあります!〜 (2013年7月26日). 2016年7月17日閲覧。
  16. ^ チア男子!! -GO BREAKERS-/1|近藤 憲一|ジャンプ・コミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年7月17日閲覧。
  17. ^ 男子だけのチアチーム結成した大学生の青春「チア男子!!」コミカライズ1巻”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年7月4日). 2016年7月17日閲覧。
  18. ^ チア男子!! -GO BREAKERS-/2|近藤 憲一|ジャンプ・コミックス|BOOKNAVI”. 集英社. 2016年12月2日閲覧。
  19. ^ 浅田弘幸がキャラ原案手がけるTVアニメプロジェクトが始動”. コミックナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月7日). 2016年7月17日閲覧。
  20. ^ ポカリスエットがアニメ『チア男子!!』公式ドリンクに決定!”. TVアニメ「チア男子!!」公式サイト. 集英社・チア男子!!製作委員会 (2016年7月5日). 2016年7月17日閲覧。
  21. ^ ON AIR”. TVアニメ「チア男子!!」公式サイト. 2016年10月1日閲覧。
  22. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  23. ^ アニマックスにて『チア男子!!』の放送が決定!”. TVアニメ「チア男子!!」公式サイト. 2016年10月1日閲覧。
  24. ^ チア男子!!”. アニマックス. アニマックスブロードキャスト・ジャパン. 2016年10月1日閲覧。
  25. ^ ON AIR”. TVアニメ「チア男子!!」公式サイト. 2016年10月1日閲覧。
  26. ^ a b c チア男子!!〜RADIO BREAKERS〜”. 音泉 公式サイト. タブリエ・コミュニケーションズ株式会社. 2016年8月14日閲覧。
  27. ^ WEBラジオ「チア男子!!〜RADIO BREAKERS〜」配信決定!”. TVアニメ「チア男子!!」公式サイト. 集英社・チア男子!!製作委員会 (2016年6月10日). 2016年6月16日閲覧。
  28. ^ “五感を刺激する朗読劇「チア男子!!」に米内佑希&岡本信彦、演出はキムラ真”. ステージナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年6月29日). http://natalie.mu/stage/news/192638 2016年6月30日閲覧。 
  29. ^ “「チア男子!!」舞台化!本田礼生、古田一紀のW主演で12月に上演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年7月20日). http://natalie.mu/comic/news/195180 2016年8月31日閲覧。 

外部リンク[編集]

TOKYO MX 火曜 23:00 - 23:30枠
前番組 番組名 次番組
チア男子!!