ハクメイとミコチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハクメイとミコチ
ジャンル ファンタジー
日常劇
漫画
作者 樫木祐人
出版社 KADOKAWA
掲載誌 Fellows!
ハルタ
レーベル BEAM COMIX
HARTA COMIX
発表号 Fellows! volume 22 - 26
ハルタ volume 2 -
発表期間 2012年4月14日 -
巻数 既刊6巻(2018年1月現在)
アニメ
原作 樫木祐人
監督 安藤正臣
シリーズ構成 吉田玲子
キャラクターデザイン 岩佐とも子
音楽 Evan Call
アニメーション制作 Lerche
製作 ハクメイとミコチ製作委員会
放送局 AT-XTOKYO MXほか
放送期間 2018年1月 - 3月
話数 全12回(全25話)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ハクメイとミコチ』は、樫木祐人による日本漫画作品。身長9センチメートルのこびとであるハクメイとミコチ、二人の女の子の日常を綴った物語。KADOKAWAの漫画誌『ハルタ』で連載中。TVアニメが2018年1月から3月まで放送された[1]

概要[編集]

本作の原型は樫木が大学の課題で制作した漫画であり、小さな人たちの目線がどのようなものかという考えから執筆された[2]。樫木が担当編集者にその作品を見せたところ、雑誌への掲載を持ち掛けられ、エンターブレイン刊の隔月誌『Fellows!』volume16D(2011年4月発売)に「きのうの茜」のタイトルで読みきり作品として掲載された[2]。「きのうの茜」に対する反響が良かったために同誌の兄弟誌『Fellows!(Q)』Quiet(2011年11月発売)に「足下の歩き方」のタイトルで新作読みきりが2話分掲載された[2]。その後『Fellows!』volume22(2012年4月発売)より「こびと日和」のタイトルで連載を開始し、『Fellows!』volume26(2012年12月発売)掲載分からは現在のタイトルへと改題され、同誌が年10回刊『ハルタ』へと誌名を変更した2013年以降も連載中である。

『Fellows!(Q)』Q.E.D.(2012年9月発売)には「足下の歩き方」が「こびと日和 -side A-」「こびと日和 -side B-」と改題して再録されており、その柱には文字による世界観設定が書かれている他、巻末には更に詳細な作者描きおろしによる世界観設定が2ページ掲載されている。また『ハルタ』volume50(2017年12月発売)には、同誌掲載作家18人が本作を題材に執筆した1ページのイラストもしくは漫画を収録した綴込み小冊子『はくみこころころ』が付属している[注 1][3]。これらは2018年現在、いずれも単行本未収録である。

表現技法[編集]

ストーリー・世界観[編集]

一話完結の本作は、回によってストーリーの作り方が異なるが、樫木によると一番多く取られる手法は「言葉にできない『面白いこと』を起点とし、それを掘り下げて面白い理由を突き詰める」ということである[2]。この方法について樫木は、「『面白いこと』を見つけるまで執筆できない上、面白さの本質を見つけてもそのまま伝えられないため、打ち合わせに時間がかかる。だから、とにかく伝わるよう丁寧に書くよう心掛けている」としている[2]。樫木は、この方法を使用した回の一つとして第32話『廃墟と雑草』を例にあげており、「雑草の中の廃墟というイメージに、子どものころ祖父母の家の裏にあった納屋を妹と二人で内側からハンマーで壊すときに感じた面白さをくっつけた。その面白さについて考える中で、引っ越すときに『世話になった』と空っぽの部屋に対して思う気持ちといった家に対する畏敬の念が思い浮かび、登場人物たちが実行したらその感覚が伝わるかもしれないと思って執筆した」と振り返っている[2]

また、本作は墨ツボから蒸気機関車まで多数の道具が登場する[2]。樫木は、道具を多数登場させた理由について「道具そのものが好きであり、それに関する楽しい思い出がたくさんあったので、描きたかった」からとしており、登場基準について「感覚で登場させる道具を決めているが、判断がつかない場合は、1900年代前半ぐらいの文明レベルで判断するほか、調べることもある。どうしても出したい場合は、矛盾点に目をつぶることもある」と述べている[2]

単行本の表紙イラストの塗りを担当しているのは、本人ではなく妹であるとのこと。[4]

キャラクター造形[編集]

樫木は子どものころから生々しく描写されたキャラクターを好んでおり、描く側になった後もキャラクターが生々しいほうが良いと考えて実践しているとebookjapanとのインタビューの中で述べている[2]

樫木は前述のインタビューの中で、「ハクメイとミコチは自然に任せながら描くことが多く、描く中で彼女たちの言動に驚くこともある」と述べており、キャラクターがつかみにくい時はストーリーとは直接関係のない日常の様子を想像するとうまくいくと語っている[2]

本作のキャラクターには具体的な人物はいないものの、出会った人を観察して感じたことの中からその人の魅力を見つけ出し、それをキャラクターに反映するという手法がとられており、大工組合「石貫會」の会長ナライはその一人である[2]。ナライの基になった人物について、樫木は「職人気質というわけではなく、すごく明るい性格だが『圧』のある人物」としており、「自身の持つ魅力に甘えると失ってしまう」という考えからナライを造形したとインタビューの中で述べている[2]

世界観[編集]

ハクメイとミコチの他にも多数のこびとやこびとの町も登場し、日常生活を営んでいる。小動物や昆虫などこびと以外の生物の多くは人型化されない本来の形態のまま擬人化されて、こびとたちと普通に会話し、仕事に就くなどして一緒に社会生活を送っている。小動物は異類同士の夫婦も存在する。魚類は食料であり住人と交流している様子はみられず、登場した猛禽のトンビとフクロウは多少の意思を交わしているような描写もあるが会話はなく、フクロウはこびとを捕食する可能性について言及されたエピソードがある。

こびとは耳が尖っており[5]、特徴的な帽子を被っている者もいる。この帽子は「種帽子」と呼ばれ、同じ形のデザインだが模様や色が異なっており、こびとが故郷を旅立つ際に長老(エルダー)の帽子を模したものが与えられ、旅先で定住するとその者が新たな長老となり、子孫に帽子を与えるというものである[6]。こびとの大きさの描写は、他の動植物と比較される形で描かれている。

ハクメイとミコチは、山間の街マキナタの北西にある森の大の根元に作られた家に住んでいる。この家はミコチが全財産を使って自分の理想の家を作ったもの[6]だが、作中のエピソードで大破し、後にこびとのセンの協力で、センの趣味を勝手に取り入れられた上で再建している。

ファンタジー作品で、センの研究など魔法のようなものも登場するが、魔法とは明言されていない。付喪神が実在しており、作中で街に登場したものはその住人に普通に受け入れられている。

灯りは給油によるランプ、水道は最寄りの水場からの引き込み、キッチンの火力は竈で、バスはあっても自動車ではなく動物に客車を引かせる形式であるが、乾板カメラが使用され、蒸気機関による汽車が走っている程度には、機械文明は進んでいる。

通貨単位はで、価値もほぼ現代日本と同等。

単行本第6巻現在までいわゆる通常サイズの人間は登場しておらず、人間が居る世界観なのかも言及されていない。2018年1月15日発売の副読本『ハクメイとミコチ ワールドガイド 足元の歩き方』において、こびと達はすべて「ヒト」と表記されている。

作中の地理[編集]

『ハクメイとミコチ ワールドガイド 足元の歩き方』のワールドマップによると、主人公たちが暮らすマキナタは「旅人の国・ヒノチ」のほぼ中央にあり、ヒノチは南方にあるひとつ島、または大陸になっている。ヒノチには、マキナタのすぐ西隣りにアラビがあり、そこから時計回りにヒロムタ、カノカン、キオウで、カノカンの真反対の位置にヤシロがある。

ヒノチから海を挟んで地続きに4国からなる島、または大陸があり、西から順に「坂の国・ハルハン」、「大木の国・ケイ」、「平原の国・カナンカ」、「崖の国・ムカク」とあり、そして海を挟んで北方の島、または大陸が「洞の国・ガダイ」となっている。

登場人物[編集]

特筆がない限り、すべてこびとである。

主人公[編集]

ハクメイ(薄明)
- 松田利冴
本作の主人公のひとり。23歳。性別は女性。出身地はムカク。
引っ越し先の住所を間違えてミコチの家に転がり込んだ。そのためミコチとは元は赤の他人[6]ではあるが、共に生活をしていく内に、お互い大切なパートナーとなっていく。
言葉遣いや行動が非常にボーイッシュな女の子で、外はねくせっ毛の赤毛を、普段はざっくりとした二つお下げの三つ編みにしている。作品中では2度、美容師のジャダにベリーショートにしてもらっている。
行動派[6]で、野宿の経験も多く、の葉を使った即興でのテント作りやを使った露天風呂作成など、関連した知識は豊富。修理屋を仕事としており腕は良いが、あまり繁盛していない。
肉体派のガテン系だが、愛書家でもある。運動能力は優れている方であるが泳ぎが苦手。また自覚するほどの音痴。
漢字名の『薄明』は空の名前から。[7]
ミコチ(美東風)
声 - 下地紫野
本作の主人公のひとり。24歳。性別は女性。出身地はケイ。同居はしていないが家族に姉のアユネと弟のハルカがいる。
黒髪ストレート姫カットの女の子。突然自宅に押し掛けたハクメイを“餌付け”[6]、以降はハクメイと一緒に住んでいる。
インドア派[8]で理論派[6]。仕事として、保存食や日用品を作って商店に卸しており、市場に買い物に行くと店主たちから売り物の調味料や料理のアドバイスを次々に頼まれるほどの料理上手。また、裁縫も得意で手ざわりで布の素材と配合を当てられる特技を持つ。歌も祭りの歌姫に選ばれるほど上手だが、本人は自覚がない。
感性はとても女性らしいのだが、乙女心には疎く、服のサイズ計測や値切り等、自身の自信や矜持が関わると、鰯谷(イワシ)やナライ達「石貫會」の偉丈夫さえ怯む迫力を持つ。
漢字名の『美東風』は風の名前から。[7]

ハクメイとミコチの友人・家族[編集]

コンジュ(胡飲酒)
声 - 悠木碧
マキナタの多層集合住宅「蜂蜜館」に住む吟遊詩人。26歳。性別は女性。出身地はカナンカ。
ウェーブがかった髪を緩く結んだツインテールにしている。職業は歌手で、竪琴を胸元にブローチのように付けている。言葉使いは丁寧な方で、一人称は「わたくし」、語尾が「ですわ」・「ますわ」といったお嬢さま口調で話す。
自分の歌に対する高いプライドと、やや高慢で気ぜわしい性格のため、初対面の相手とはトラブルになるケースが多いが、殆どの場合すぐに和解している。収穫祭の歌姫に同票で選ばれたミコチに対抗心を持っていたが、徐々に親しくなっていく。女子力は高いが料理が苦手。眠る時は全裸。
好奇心旺盛で、珍しい事にはすぐ首を突っ込むが順応性は高く、蜂蜜館古参に拐かされた際にも、おにぎりを分けてもらったり、蜂蜜館攻防戦時後半は、誘拐状態を逆に楽しんでいたりしている。運動神経は少々鈍く、若干不運なところがあり、1回目はリモンチェッロ絡みで、2回目はお団子絡みでジャダにカットしてもらえていない。なお1回目はミコチのおかげでリモンチェッロ改良に携わったお礼に、ヘアアレンジはしてもらえている。
漢字名の『胡飲酒』とは古い舞の名前とのこと。[7]
セン(泉)
声 - 安済知佳
マキナタの東の沼に住む研究者。19歳。性別は女性。出身地はガダイ。
ストレートのロングヘアを普段は大雑把に後ろで一つに結んでいる。瞳孔が縦長。独自で「生命」の研究をしており、研究成果である骨になった亀の「ジョージ」に住んでいる。研究者らしくインドア派で凝り性。
研究で開発した音に反応する特殊なガラスの「音ランプ」で骨たちを操り、収れん火災が原因で爆発して崩壊したミコチの家を丸1日でリフォームしてみせるほどの技能を持つが、「骨」にこだわるのが玉に瑕。研究の他に川魚の卸しを生業としている[9]
操られる「骨」には意識らしきものがあり、各々趣味や性格がある模様。
漢字名の『泉』は、水の名前から。[7]
ミミ
声 - 高橋李依
ヨツユビトビネズミで、旅のカメラマン。21歳女性で、出身地はカナンカ。
マキナタから次の街に旅立つところ、偶然ミコチの家の樹の下にテントを張って二人と出会い親しくなる。
被写体がカメラを意識しない自然な写真を撮るスタイル。笑いながらミコチ達と一緒に写った写真は、本人曰く「失敗」作で、自ら被写体になるのを極力避けるために、この写真を除き自身を撮影した写真が存在していない。
コハル
声 - 小倉唯
雌のコクワガタ。16歳女性。出身地はヒノチ。左側の触角にリボンを結んでいる。
ハクメイとミコチの家がある大楠の樹上に、いつの間にか勝手に住み着き、2人と友だちになっている。現在は遊学中だが[10]、マキナタに来る前はもっと田舎にいて、都会的な生活に憧れを持っている。
自室を都会的にしようと古道具屋で食器棚とベッドと高脚ストールを購入しているが、食器棚はデザイン優先で、引き出しの不具合についてのハクメイの忠告を無視して購入したもので、そのために彼女は一時食料が取り出せなくなって飢餓状態に陥り、心配して訪れたハクメイたちに事情を説明し、結果的に食器棚と寝ていると悪夢を見るというベッドは返却、部屋のレイアウトも元に戻している。ストールだけはハクメイに頼んで脚を切断してもらって使用している。
アユネ
声 - 生天目仁美
ミコチの実姉。28歳。出身地はケイ。
劇作家で仕事以外は何もしないため、ミコチの料理技術と自立心はアユネと一緒に暮らしていた頃に培われたらしい。左利き。喫煙者でパイプ煙草を愛用している。劇団員と結婚の予定がある。
緑尾老(りょくびろう)
声 - 榊原良子
ヤシロ地方の商人たちで構成されたキャラバン(隊商兼治安部隊)の総隊長。年齢不詳。性別は女性。出身地はヒノチ。
キャラバンの全てを取り仕切る雌の老隻眼で左目に眼帯をしている。名前通り、白灰色の体毛の尻尾の毛先だけを緑色に染めている。
ハクメイがミコチと知り合う以前、行き倒れていたハクメイを助けてマキナタまで送ってくれており、その理由をハクメイの赤い髪が気に入ったからと答えている。別れ際に切って贈られたハクメイの赤い髪をいつでも見られるようにと、エクステにして頭部の毛に編み込んでいる。

ハクメイの仕事関係者[編集]

鰯谷(いわしだに)
声 - 松風雅也
ニホンイタチの大工。32歳の男性。出身地はヒノチ。通称「イワシ」[11]。こびとと比べると体が非常に大きい。頭にタオルを巻いて咥えタバコが基本スタイル。ハクメイの師匠的な存在。ぶっきらぼうではあるが仕事は丁寧。押しに弱い一面もある。用事がないと外出しない出不精であり、ハクメイから飲みに誘われても断っている。
ナライ
声 - 津田健次郎
大工組合「石貫會(いわぬきかい)」の会長。50歳男性で、出身地はケイの外れ。
中年男性のような容姿で三白眼。仕事中でも常に煙管をくわえている。声がでかい。石貫會の仕事に加わるまではハクメイのことを男だと勘違いし、ミコチのことはハクメイの嫁だと思っていた。
ハクヨ
声 - 中原麻衣
ナライの奥さん。40歳女性で、出身地はムカク。
少しそそっかしいが、ミコチが感心するほどの料理上手。ナライも頭が上がらない。石貫會で一番怖い人物。しかし、本人は、ナライが一番怖い人だと思っている。[12]
カテン
声 - 土田大
ハクビシン[13]で、43歳男性。出身地はケイの外れ。
石貫會の副会長。イワシを含めた登場人物の中でも抜きん出て大きい。右耳に飾りを付けている。

ミコチの仕事関係者[編集]

スズミ
ヨーロッパアナグマで、36歳女性。出身地はヒノチ。
雑貨店「夢品(むじな)商店」の店長。鼻眼鏡をかけている。敏腕経営者だが書類を溜め込みがち。弟のケイトのことは自慢に思っており、ケイトから苦手にされていることには気がついていない。
ケイト
ヨーロッパアナグマ。35歳男性で、出身地ヒノチ。スズミの実弟だが、押しが強い姉のことは苦手。スズミと同じく鼻眼鏡をかけている。お菓子(カヌレ)作りが得意。ミツバチのシグレと一緒に森の奥に住んでいる。

マキナタの住人達[編集]

マヤ(マスター)
声 - 緒方恵美
港町アラビの積み木市場にある喫茶店兼呑み屋「ポートラウンジ小骨」の三代目マスター。33歳の女性で、出身地はヒノチ。先代のマスター(声 - 渡辺明乃)は彼女の母親。丸メガネにバンダナ、襟元にスカーフ。ミコチはこの店の常連。
シナト
田楽・炉端焼きの店「呑戸屋(どんどや)」を妹のミマリと共に営む28歳の女性。出身地はケイ。
ウェーブがかった長髪に三白眼。頭巾がトレードマーク。男勝りで姉御肌。喫煙者で煙管を愛用している。酒好きだがあまり強くない。ハクメイとは博打仲間。
ミマリ
「呑戸屋」を姉のシナトと共に営む。22歳女性。出身地はガダイ。出身地がシナトと違うのは、シナト誕生後に一家が引っ越した為[14]
外はねベリーショートにヘアバンド。礼儀正しく、暴走気味の姉のフォローに回ることが多い。泳ぎが得意。語尾が「ッス」。
ジャダ
声 - 新谷真弓
美容師。30歳の女性。出身地はハルハン。
ダチョウの卵の殻で出来た美容室「翡翠の卵」を営んでいる。黒髪のくせっ毛でベリーショート。腕は良いが、少々気まぐれで、気分とやる気次第で営業していない時がある。モヒカンが好きで、どの客にもとりあえずモヒカンを勧める。母親伝授のリモンチェッロを自分で作ったところ不味かったため、ミコチのアドバイスでレシピを改良して作り直している。
店である卵の殻は地面にネジ留めして立つのを保っていたのだが、ある日に暴風が原因で崩壊し、たまたま通り掛かったイワシがリフォームを手がけて修繕された。そして、そのお礼にイワシがモヒカンにされている。
ウカイ
声 - 岸尾だいすけ
なんでもありの集合住宅「蜂蜜館」の初代主人の 男性で、既に故人。享年57歳。出身地はカナンカ。酒で財をなした富豪で享楽家。死ぬまで楽しく生きるために蜂蜜館を作って美術家や無法者を囲い込んだ。
ヒガキ
声 - 竹内良太
蜂蜜館の館守(やかたもり)で2代目主人。最古参の一で72歳の男性。出身地はカナンカ。ウカイの残したミント・ジュレップのレシピの再現をミコチに依頼する。口髭も埋まるほど豊かなくせっ毛の持主。若い頃は一人称で「僕」と言っていたが、館守になってからは主に「私」と言うようになっている。
旋毛丸(ツムジマル)
声 - 諏訪部順一
蜂蜜館の住人で、トカゲ(レインボーアガマ)の35歳男性。出身地はヒノチ。ウカイを知る数少ない古参の一人。同種の爬虫類にはまるで萌えず、毛がフサフサの動物ほうが好きという変わった性癖。
ミキ
声 - 手塚ヒロミチ
蜂蜜館に店を構える「ミキ八百屋」の店主。23歳の男性で、出身地ヒノチ。
買い付け能力や、品物の鮮度、希少価値などは優れているのだが、宣伝の少なさ、悪立地、強気な価格設定といった理由からほとんどの商品を売れ残させてしまっており、貴重な果実を買い占めた上に無駄にするため同業者からの評判は著しく悪いが、商品に関しては「こいつらは食われてなんぼ」とは思っていたため、ミコチの提案により、ミコチの仕事である保存食作りの原材料の仕入れ先として契約する[15]
ライカ(雷火[16]
声 - 小松未可子
コンジュの隣人の24歳の女性。出身地ムカク。
同年代のコンジュとはそれなりに親しい隣人としての付き合いがある。昼間は郵便局で事務の仕事をしている。歌姫としてのコンジュの大ファンだが、隣人として彼女と親しんでも、ファンとしては一線は踏み越えたくないという思いがあり、彼女の歌を鑑賞するために、色々と葛藤しながら試行錯誤している。
シュンカ
蜂蜜館の最下層、「金」層の中央に有るバー「いかさまハルツ」のオーナー兼バーテンダーの女性。
若いながらも蜂蜜館の最古参であり、店名は当時の館主から贈られたもの。新参・古参とも彼女には頭が上がらないため、館内において数少ない安全地帯となっている。
キアン
マキナタ図書館の司書。37歳の男性で、出身地はハルハン。地元ハルハン特産の耳飾りを付けている。
図書館と書物をこよなく愛しており、仕事ぶりも優秀。ハクメイとミコチが訪れた際、本の捜索でハクメイにことごとく先を越され、以来彼女に一目置いている。
トレモ
声 - 竹内栄治
マキナタ市街の雨乞い通りにある古着屋【リ・ルナ】の店長。キイロマングースの37歳男性。出身地はカナンカ。
アイテムセレクトや接客もこなすワンマン経営。ファッションブランド「ナイトスネイル」のファン。
各国持ち回りで開催されるファッションコンテストがマキナタエリアで開催された際は審査員であったが、コンテストにエントリーしたミコチを応援する。
アニメ6話に登場したときは、「古着屋店長」とクレジットされていた。実は原作でも章間のコラムで明かされているだけで、本編で一度も名が出てきていない。
カーネリアン
旅劇団の役者。30歳、男性。美容学校でジャダの同期だった。
人好きのする性格で学生時代からジャダに話しかけ続けていたが、ジャダからは「やけに絡んできてすっごい苦手」と思われていた
ジャダが店を出したと聞きつけ、マキナタ講演の際に来店する。顔を合わせたくないジャダは「弟子のジェダ」を名乗り変装してヘアカットをするが、最終的にはバレていた。
観念したのか「いかさまハルツ」で二人で飲んでいる姿が、コミック欄外に描かれている。
渡りネズミ(ワタリ―――)
宿無しの渡りネズミの二人組。片方はサングラスをかけている。
その日暮らしで、コビトから詐欺同然の手口で食料を巻き上げるなど、チンピラのような生活をしているが、悪人になりきれない性格のためか、ハクメイとミコチには許されている。
とはいえ身に染み付いた風来坊のためか、目先の利益のために直前の約束を忘れるので、信頼はできない。
暗森の声(クラモリノコエ)
7年に一度マキナタで行われる「樹鎮の夕べ」という催事で祀られる、木を守る悪魔とされる人物。
暗森の声に扮した大人が子どもたちを脅かして回り、子どもたちが折れた斧のおもちゃを掲げるとお菓子を置いて逃げ出す、という行事だが、
ミコチの作ったケーキが美味しすぎたため、ハクメイ、コンジュと三人で子どもたちに追い回される羽目になった。
実際にはマキナタ開拓当時に開拓団と抗争になり、一人で開拓団を壊滅に追い込んだ現地住民。最期は木こりに斧で討ち取られたとされる。
ミコチとハクメイが住んでいる大楠に棲んでいたようだ。

書誌情報[編集]

評価[編集]

このマンガがすごい!』の加山竜司は、本作を「こびとたちはデフォルメされたようなデザインでありながらも日常生活が詳細に描かれており、それが彼女たちの息吹となっている」と評しており、「不思議な世界を舞台にした日常もの」とした[17]

テレビアニメ[編集]

映像外部リンク
TVアニメ「ハクメイとミコチ」PV第1弾
TVアニメ「ハクメイとミコチ」PV第2弾

2018年1月から3月まで AT-XTOKYO MXほかにて放送された[18][19]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「urar」[21]
歌・作詞・作曲 - Chima / 編曲 - Chima、高野寛
第1話・第6話・第7話・第12話では使用せず。
エンディングテーマ
「Harvest Moon Night」(第1話 - 第8話、第10話 - )[21][注 2]
作詞・作曲・編曲 - ミト / 歌 - ミコチ(下地紫野)&コンジュ(悠木碧
「水底のリズム」(第9話)
作詞 - 坂井竜二 / 作曲 - 髙橋乃意 / 編曲 - 川本新 / 歌 - コンジュ(悠木碧)

各話リスト[編集]