恋姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恋姫
対応機種 PC-9801VX以降(PC98)
Windows 95/98/98SE(Win)
開発元 シルキーズ(PC98)
エルフ(Win)
発売元 シルキーズ(PC98)
エルフ(Win)
ジャンル 恋愛アドベンチャー
発売日 1995年5月26日(PC98)
1999年12月24日(Win)
レイティング 18禁
キャラクター名設定
メディア フロッピーディスク:5枚(PC98)
CD-ROM:1枚(Win)
画面サイズ 640*400 4bit-COLOR(PC98)
640*480 16bit-COLOR(Win)
BGMフォーマット FM音源(PC98)
PCM音源(Win)
キャラクターボイス 無し(PC98)
有り(Win)
CGモード 有り
オートモード 無し
備考 Win版はXPの互換モードで動作可能

恋姫』(こいひめ)は、シルキーズアダルトゲーム(以降、「ゲーム版」)。及び、それを元にしたアダルトアニメ(以降、「OVA版」)及びパチンコ機。

概要[編集]

PC98版は、1995年5月26日にエルフのブランドの1つであるシルキーズより『恋姫 〜Mystic Princess〜』(こいひめ ミスティック・プリンセス)のタイトルで発売された。そのリメイク作であるWin版は、1999年12月24日にエルフより『恋姫 K・O・I・H・I・M・E』のタイトルで発売された。

サスペンス色の強かった過去のシルキーズ作品とは違い、開発チーム「しるきーず・すぴんあうと」によって全編にコメディ性が強調された作品。和風テイストが強く、テキスト表示部分は吹き出し表示かつ縦書きである。

PC98版からWin版へのリメイクに当たっては、シナリオや基本的なゲームシステムはそのままに、キャラクターデザイン原画にはアニメ版『下級生』のキャラクターデザイン・総作画監督を務めた渡辺真由美が起用され、グラフィックも一新された。テキスト表示も横書きとなり、マウスを用いたユーザーインターフェイスへの変更や、声優によるキャラクターボイスの追加などが行われている。また、このリメイクを機にOVA化もされた。

あらすじ[編集]

主人公の青年・佐々松小十郎(変更可能。Win版では佐々木小十郎、OVA版では佐々木武蔵)は大学の夏休みを利用し、十数年ぶりに生まれ故郷の山間の小さな村へ戻ってきた。

人里離れた辺鄙な土地で祖母と再会し、のんびりと休暇を過ごしていた。そんなある日、小十郎は4人の少女と出会う。何でも彼女たちは小十郎の幼馴染と言い張るが、彼にはまったく身に覚えがなかった。

この少女たちとの「再会」を期に、小十郎の過去の出来事や村自体の秘密が明らかに、そして彼自身の人生の行方も大きく変わってゆく。

登場人物[編集]

声優名はWin版・OVA版のいずれも非公開。

佐々松小十郎(ささまつ こじゅうろう)/ 佐々木小十郎(ささき こじゅうろう) / 佐々木武蔵(ささき むさし)
本作の主人公。都会の大学に通っているごく普通の青年。20歳過ぎ。
中肉中背の冴えない容姿で、能天気かつ八方美人な性格をしている。実は以前、幼少期に村へ訪れたことがあるが、その時の記憶はなぜか不鮮明である。
OVA版では、後ろ髪を結んだ容姿に変更。村に帰省した初日の夜、勢い余って那水と肉体関係を結んでしまい、童貞を脱したことが皮切りとなって[注 1]、他のヒロインたちとも関係を持っていくこととなる。
那水(なみ)
本作のメインヒロイン。村で唯一の商店「何でも屋」で店番をしている女性。
ヒロインの中で最年長者。センター分けにした長い黒髪が印象的な気品の漂う清楚美人。一見、スレンダーな体型をしているが、実はかなりの巨乳の持ち主[注 2]
最たる美貌や気品のために近寄りがたく見られるが、実際は包容力のある家庭的な人物で、少し天然ボケな一面を持つ。また、ヒロインの中で最も性欲が強い。
本来の姿は「水部」と呼ばれる龍族の長・龍王(りゅうおう)の娘であり、その際には頭から2本の角が生える[注 3]
OVA版では、欲情した主人公に押し倒されたことで、胸の奥底に抱き続けてきた彼への想いが抑え切れなくなり、自身の処女を捧げることを決意する。そして、主人公の初体験の相手となり、長年培ってきた彼への想いを成就させた[注 1][注 4]
あんず
本作のヒロイン。主人公の祖母宅へよく遊びにくる活発な少女。
ショートボブの似合う可愛らしい童顔に、小中学生と見間違うくらい小柄な体型をしているが、実年齢は主人公と同じ。しかし、主人公のことを「お兄ちゃん」と呼び、無邪気かつ一途に慕う。ヒロインの中では那水に次いで性欲が強く、性技にもかなり長けており、外見から軽視していた主人公を怯ませたほど。
本来の姿は「民部」と呼ばれる座敷童子族の族長・奈美貴(なみき)の娘であり、その際には髪が緑になっている。
OVA版では、ヒロインの中で最も早く主人公と再会を果たす。その後、那水から主人公と肉体関係を持ったことを聞かされ、奮起して入浴中だった主人公のもとへ訪れ、そのまま彼と結ばれる。
朱雀(すざく)
本作のヒロイン。村にある古びた神社の巫女であり、神主の祖父と暮らしている。あんずからは「雀」の一文字を取って、「すずめちゃん」と呼ばれている。
少年のように凛々しく勝ち気な性格のボク少女。腰まである長い髪を後ろで一本に結び、巫女装束を常時着用している。正義感が強く武術に長けているが、主人公を一途に想う乙女心も併せ持っている。
本来の姿は「森部」と呼ばれる天狗族の族長の孫娘であり、その際には髪が赤くなっている。
OVA版では、那水に続きあんずまでもが主人公と関係を持ったことで、少し焦りを感じていたが、雨宿りの際に自身の本心を彼に打ち明け、肉体関係を持つ。
まゆき
本作のヒロイン。儚げで可憐な美少女。
ヒロインの中で最年少者。虚弱体質な上に内気な性格に加え、極度の赤面症。気持ちが高ぶると泣き出してしまうため、主人公に想いを伝えられずにいる。
本来の姿は「氷部」と呼ばれる雪女族の族長・静氷(しずひ)の娘であり、その際には髪が青くなっている。族長である母は、病弱であった主人公の母に代わり、彼とまゆき両方に乳を与えた。
かつて主人公が村を去った際には悲しみのあまり、ゲーム版では日本国土の約半分の面積を、OVA版では村を丸ごと氷漬けにしている。
OVA版では、ヒロインの中で最も遅くに主人公と結ばれる。
たまも
OVA版オリジナルのヒロイン。金髪のポニーテールにグラマラスな体型をした美女。
明朗快活な性格で、幼少期の頃から主人公のことを一途に想い続けている。かなりグラマラスなスタイルをしており、特に胸は那水にも劣らぬほど豊満である。
本来の姿は「九尾」と呼ばれる「妖狐」族の族長の娘であり、その際には髪が橙色になる。

OVA版[編集]

スタッフ
原作 エルフ
監督 政木伸一
脚本 吉岡たかを
キャラクターデザイン
総作画監督
渡辺真由美
美術監督 長尾仁
撮影監督 本多稔裕
プロデューサー 大宮三郎
アニメーション制作 スタジオ雲雀
製作 ピンクパイナップル

2000年から2002年にかけ、ピンクパイナップルより『恋姫』全2巻と『続・恋姫』全2巻の計4巻で発売された。収録時間は各巻30分[注 5]、媒体はVHSDVD

内容はゲーム版のストーリーを踏襲しており、キャラクターデザイン総作画監督もWin版と同じく渡辺真由美が担当しているが、主人公の名前は佐々木武蔵に変更されている。また、後述の終盤や結末ゆえにヒロイン4人が全員ともメイン扱いとなっており、武蔵とのセックスシーンについてはゲーム版以上にアクロバティック性交体位で交わる様子や、それを経て絶頂を迎える様子がそれぞれ描かれる。

『続・恋姫』では、OVA版オリジナルの新ヒロイン・たまも九尾の狐に由来)も登場する。メインヒロイン4人に劣らない美しい顔立ち、ポニーテールにまとめた長い金髪、蠱惑的な肢体を併せ持つたまもが武蔵を誘惑してセックスに耽る姿は、物語に一層の華を添えている。

最終巻である『続・恋姫』の「長の巻」の終盤で、武蔵との複婚を果たしたメインヒロイン4人が彼の子を身籠るべく個別に耽る濃厚なセックスシーン[注 6]には、DVDでは「マルチエッチシステム」と名付けられたマルチアングル機能による趣向が凝らされている。

2014年4月25日には、計4巻をDVD1枚に収録した『恋姫&続・恋姫 ゴールドディスク』が発売された[1]

エンディングテーマ[編集]

「なぜ?」(『恋姫』)
作詞 - さいとういんこ / 作曲 - 山口美央子 / 編曲 - 安井歩 / 歌 - 寺田はるひ
「アイシテル…!」(『続・恋姫』里の巻)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲 - 鈴木雅也 / 編曲 - 上田益 / 歌 - Millio
「Forever Precious Love」(『続・恋姫』長の巻)
作詞 - 六ツ見純代 / 作曲 - UZA / 編曲 - 山中紀昌 / 歌 - Millio

サブタイトル[編集]

恋姫
続・恋姫

パチンコ[編集]

2003年に、高尾より『CR恋姫』のタイトルでリリースされた[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 原作ではどのルートを選択したとしても、主人公の初体験の相手は必ず那水である
  2. ^ "続・恋姫"では、その豊満な胸を巧みに活かし、見事なパイズリを披露してみせた。
  3. ^ OVA版では、角が性感帯という設定が追加されており、本来の姿でのセックスにはそれが活かされている。
  4. ^ その際、原作以上に肉感的かつ躍動的な性行為の描写がなされた。また、ヒロインの中で最多となる3回の性行為が描かれた。
  5. ^ ただし、『続・恋姫』の「長の巻」だけは、終盤に武蔵とメインヒロイン4人のセックスシーンを「マルチエッチシステム」で描くため、総尺が33分へ延長されている。
  6. ^ その快感と頻度の板挟みにやつれ始めながらもメインヒロイン4人と共に都会への帰路に就いたところ、それぞれが複数人の子を作るよう熱望してきた一同の父母たちからの重圧に、堪らず走り出した武蔵を追いかけていくメインヒロイン4人の姿で、物語は締め括られる。

出典[編集]

関連項目[編集]

  • ビ・ヨンド - 本作の発売から1年3か月後の1996年8月30日に発売された、シルキーズ作品。内容と設定に一部、本作との繋がりがある。

外部リンク[編集]