ふしぎの国のバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ふしぎの国のバード』(ふしぎのくにのバード)は佐々大河による日本漫画作品。KADOKAWAの月刊漫画雑誌『ハルタ』にてvolume2より不定期連載、volume31以降は隔月連載中。

19世紀に実在したイギリスの女性冒険家イザベラ・バードの著書『日本奥地紀行』を下敷きに、主人公のイギリス人女性イザベラ・バードが通訳ガイドの日本人男性・伊藤鶴吉と共に、横浜から蝦夷地へと旅する姿と、旅先で出会った明治初期の日本の文化や人々をフィクションを交えて描く。史実においてバードが日本を訪れたのは46歳のときだったが、本作においてバードは若い女性として描かれている。また、日本語を理解できないバードの視点に立って描かれており、バードが理解できない日本語によるセリフは、ぼかされた表記として表現されている[1]

2018年1月にはバードと伊藤が会話している言語は本来ならば英語である。この会話部分の台詞を英語に翻訳した「バイリンガル版」が刊行された[1]。バードが目にした日本の風俗に質問し、伊藤がそれに答える様子を、2020年の東京オリンピックに向けて訪日外国人が増えることに重ねて、日本のことを英語でどう紹介するか学ぶこともできる[1]。佐々は、このバイリンガル版に対し、本来の自分の意図に合致するものであり、本作とは相性が良いとインタビューで答えている[2]

あらすじ[編集]

主な登場人物[編集]

イザベラ・バード
本作の主人公。イギリス人女性で、世界的に著名な冒険家。明治初期、開国により遠からず失われるであろう日本の“江戸”文化を記録すべく日本を訪れ、“未開の地”である蝦夷を目指す。
伊藤鶴吉(いとう つるきち)
バードが横浜にて通訳兼旅の案内人として雇った日本人青年。バードからは「伊藤(イト)」と呼ばれる。
実在の伊藤は、研究が進んでいないこともあり実像が不明瞭であるが、機嫌が良いときには冗談を言って周りを笑わせたというようなこともあったとされる[2]。本作では伊藤はクールで寡黙さを全面に押し出しているキャラクター造形となっているが、「酒は飲まない」「煙草が好き」「お菓子は大好き」「料理ができる」といった実像は漫画でも描かれている[2]
ジェームス・ヘボン
横浜に居住する医療伝道宣教師。バードに協力する。
サー・ハリー・パークス
駐日イギリス全権公使。パスポート発行などでバードに便宜を図る。
ファニー・パークス
ハリーの妻(公使夫人)。バードに好意的。
チャールズ・マリーズ
イギリス人のプラントハンター。伊藤の前の雇い主。

書誌情報[編集]

出典[編集]