伊藤鶴吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊藤鶴吉

伊藤 鶴吉(いとう つるきち、1858年1月31日安政4年12月17日) - 1913年大正2年)1月6日[1]は、明治時代に活躍した日本の英語通訳者。死去時の新聞報道では「通弁の元勲」と評されている[2]

生涯[編集]

相模国三浦郡菊名村(現・神奈川県三浦市)の生まれ[1]横浜で外国人から英語を学び[3]1877年より横浜で通訳業を始める[1]1905年、アメリカの実業家エドワード・ヘンリー・ハリマン来日の際(このとき桂・ハリマン協定が結ばれた)に通訳を務め、その働きぶりからハリマンが経営する鉄道・汽船の一等乗車券をプレゼントされた[1]。またマイソール王国王子、バローダ王国国王、植物学者チャールズ・マリーズなどが来日した際も通訳を務めた[1]イザベラ・バードの日本旅行でも通訳を務め[1]、『日本奥地紀行』に名が出てくる[3][4]。1882年に世界一周旅行をしたフランス、ランス (マルヌ県)シャンパン財閥の御曹司ウーグ・クラフトの日本滞在記にも通訳イトーとしてその名が現れる[5]。日本初のガイド組織「開誘社」の設立にも関わっている[3]1913年1月6日、胃癌により横浜市松影町の自宅で死去[1]。享年54。葬儀は蓮光寺で行われ、根岸の墓地に埋葬された[1]戒名は「凌雲院繹鶴集居士」[1]

登場する作品[編集]

小説[編集]

  • 中島京子 『イトウの恋』 日本奥地紀行をモチーフとした作品。英国人女性の通訳として「伊藤亀吉」という男が登場。

漫画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 近代名士之面影.
  2. ^ 日本と西洋-イメージの交差 第2部 開国以降、19世紀後半”. National Diet Library, Japan. 2013年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月5日閲覧。
  3. ^ a b c 伊藤鶴吉”. National Diet Library, Japan. 2013年6月5日閲覧。
  4. ^ ジェームス・カーティス・ヘボンの召使いと知り合いだった伊藤は通訳を探していたバードを訪れたが、バードは伊藤について「これほど愚鈍に見える日本人を見たことがない。しかし、ときどきすばやく盗み見するところから考えると、彼が鈍感であるというのは、こちらの勝手な想像かもしれない」「私はこの男が信用できず、嫌いになった」と記しているが、早く旅行に出るため伊藤を雇った。イザベラ・バード 『日本奥地紀行』 高梨健吉訳〈平凡社ライブラリー〉、2000年、46-47頁。ISBN 4-582-76329-4
  5. ^ 『ボンジュール ジャポン―フランス青年が活写した1882年』ウーグ・クラフト、朝日新聞社 (1998/05)

参考文献[編集]

  • 『近代名士之面影』第1集、矢部信太郎 編、竹帛社、1914年、3頁。NDLJP:967109