虫送り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
虫送りの人形(富山県南砺市)

虫送り(むしおくり)又は虫追い(むしおい)は、日本伝統行事のひとつ。農作物の害虫を駆逐し、その年の豊作を祈願する目的で行われる。

春から夏にかけての頃(おもに初夏)、夜間たいまつをたいて行う。また、藁人形をつくって悪霊にかたどり、害虫をくくりつけて、鉦や太鼓をたたきながら行列して村境にいき、川などに流すことが行われるところもある。地域によっては七夕の行事と関連をもって行われる。

平家物語」に斎藤実盛が討たれる際、乗っていた馬が稲の切り株につまずいたところを討ち取られたために、実盛が稲を食い荒らす害虫(稲虫)になったとの言い伝えがある。そのため、稲虫(特にウンカ)は実盛虫とも呼ばれ、虫送りのことを実盛送りまたは実盛祭ともいう[1]

農薬が普及するまで全国各地で見られたが、現在は火事の危険などから行われなくなったところが多い。

各地の虫送り[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]