八坂刀売神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

八坂刀売神(やさかとめのかみ)は神道の女で、建御名方神の妃神である。

概要[編集]

神階正一位諏訪大社他、各地の諏訪神社などに祀られている。記紀神話には見られない神であり、諏訪固有の神とも考えられる[1]

諏訪湖御神渡は、上社に祀られている建御名方神が下社の八坂刀売神の下を訪れる際にできたものであるという伝説がある。

八坂は一説に弥栄にも通じるとされる。

系譜[編集]

父は神産巣日神の6世孫である長白羽神の子天八坂彦命であり、妹に八坂入姫命がいるとされる[2]。また綿津見命の娘であり穂高見命の妹とする伝承もある。[3]

建御名方神に娶られ、22柱もしくは23柱の御子神を生んだとされる。

脚注[編集]

  1. ^ 「大法輪」第72巻1号、法藏館、90頁、2005年
  2. ^ 信濃史料編纂会「諏方舊跡史」『信濃資料叢書 第三』1913年12月25日
  3. ^ 川合神社の社伝。