北川町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 宮崎県 > 延岡市 > 北川町
きたがわちょう
北川町
廃止日 2007年3月31日
廃止理由 編入合併
北川町 → 延岡市
現在の自治体 延岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 宮崎県
東臼杵郡
団体コード 45427-3
面積 279.91km2
総人口 4,374
推計人口、2007年3月1日)
隣接自治体 延岡市、西臼杵郡日之影町大分県佐伯市
町の木 カシ
町の花 ツツジ
町の鳥 ウグイス
北川町役場
所在地 889-0101
宮崎県東臼杵郡北川町大字川内名7250番地
北川町役場(延岡市北川町総合支所)
外部リンク 北川町
座標 北緯32度41分23.6秒
東経131度41分41.3秒
宮崎県北川町県内位置図.svg
拡大表示(SVGファイル対応ブラウザのみ)
 表示 ウィキプロジェクト

北川町(きたがわちょう)は、かつて宮崎県東臼杵郡におかれていた2007年3月31日延岡市に編入された。現在は旧町域に延岡市の地域自治区「北川町」(きたがわまち)が設置されている。

地理[編集]

宮崎県の北部に位置し、大分県と接する。日向灘に近い位置にあるが、日向灘沿岸地域は延岡市の市域となっており、北川町自体は日向灘に面していない。

  • 山 : 鏡山・大崩山(おおくえやま)・可愛岳(えのだけ)
  • 川 : 北川・祝子川(ほうりがわ)
  • ダム : 祝子川ダム

歴史[編集]

1877年の西南戦争では、町内が戦場になり、薩摩軍、野戦病院・西郷隆盛宿営地跡が存在する。

近現代[編集]

行政[編集]

防災[編集]

  • 台風が東シナ海から九州地方に上陸する進路をとると(熊本県水俣市付近→大分県大分市付近通過コース)町内は大きな被害を受ける。平成9年・16年・17年と水害に遭っている。
  • 北川町消防団音楽隊(ラッパ隊)

ラッパ隊の吹奏技術は、県内トップクラスで、宮崎県消防大会では、3位・2位と入賞を果たしている。隊員は、役場職員・町内団員で構成されている。

産業[編集]

特産品[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

中心駅は北川駅。しかし、列車は一日数本のみの運行である。

バス路線[編集]

一般路線バス

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]
一般県道[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 祝子川温泉・祝子川渓谷
  • ホタルの館・川舟の館
  • 森谷観音滝
  • 香花谷観音滝
  • 黒内滝
  • 和田越戦場跡
  • ホタルまつり(6月)
  • ふるさとまつり(8月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]