市棚駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
市棚駅
駅入口のトイレ(2007年10月)
駅入口のトイレ(2007年10月)
いちたな
Ichitana
宗太郎* (7.5km)
(4.7km) 北川
所在地 宮崎県延岡市北川町川内名[1]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 238.5km(小倉起点)
電報略号 チタ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
13人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1923年大正12年)7月1日[1]
備考 無人駅[1]
*この間に大分支社鹿児島支社との境界あり。(大分県側の最後のトンネル第四宗太郎トンネルと大分県・宮崎県の県境をまたぐ橋梁の間にある。)
テンプレートを表示

市棚駅(いちたなえき)は、宮崎県延岡市北川町川内名にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

起点(小倉駅)側から見て、宮崎県内に所在する最初の駅である[1]。また、当駅と宗太郎駅との間には大分と宮崎の県境と共に、JR九州の大分支社鹿児島支社との支社境界も存在し、駅単位では当駅から鹿児島支社管轄エリアに入る形となる[1]

延岡方面から来た普通列車の4本のうち、午前の1本が当駅で折り返す[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線のホームを有する地上駅[1]。互いのホームは跨線橋で連絡している。

無人駅で駅舎はなく、2003年(平成15年)にかつて駅舎のあった場所に木造の便所が建てられている[1]。また、簡素ながらも接近放送がある。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1996年 34
1997年 28
1998年 22
1999年 18
2000年 17
2001年 15
2002年 13
2003年 15
2004年 21
2005年 20
2006年 21
2007年 23
2008年 20
2009年 19
2010年 15
2011年 14
2012年 12
2013年 16
2014年 16
2015年 13

駅周辺[編集]

駅の裏に国道10号があり駅前は旧道である。国道10号沿いには商店がある[1]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
宗太郎駅 - 市棚駅 - 北川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、21頁。
  2. ^ 台風第18号による被害状況について(第1報) (PDF) - 国土交通省災害情報(2017年9月18日10:00現在)(2017年9月18日発表、9月19日閲覧。)
  3. ^ 鉄道代行輸送についてのご案内 (PDF) -九州旅客鉄道(2017年9月19日、同日閲覧)[リンク切れ]
  4. ^ “JR代行バス運行 利用者、早期復旧願う”. 大分合同新聞: p. 11(夕刊). (2017年9月19日) 
  5. ^ “台風第18号による被害状況について(第4報)” (pdf) (プレスリリース), 国土交通省, (2017年9月20日), オリジナル2017年9月22日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170922193949/http://www.mlit.go.jp/common/001202496.pdf 2017年9月24日閲覧, "鉄道関係" 
  6. ^ 日豊本線・豊肥本線の運転計画について(お知らせ) (PDF) -九州旅客鉄道(2017年9月20日発表、同日閲覧)[リンク切れ]
  7. ^ 【9 月 25 日(月)以降の運転計画】日豊本線・豊肥本線の運転計画について(お知らせ)- 九州旅客鉄道(2017年9月25日発表、同日閲覧。同日オリジナル (PDF) をアーカイブ化)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 市棚駅(駅情報) - 九州旅客鉄道