宗太郎峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道10号標識
国道10号(大分・宮崎県境)

宗太郎峠(そうたろうとうげ)は、大分県佐伯市(旧南海部郡宇目町)と宮崎県延岡市(旧東臼杵郡北川町)の県境にある。この峠を越えるルートは宗太郎越(そうたろうごえ)として広く知られており、峠自体の別称にもなっている。

概要[編集]

急峻な山中を北川水系鐙川(あぶみがわ)沿いにJR九州日豊本線国道10号とがほぼ並走しており、古くから交通の難所として知られている。

宗太郎の集落元禄6年(1693年)頃に始まったとされ、その名は岡藩から命じられて付近の管理にあたった洲本宗太郎に因むと言う。

日豊本線[編集]

日豊本線では、大分県側の重岡駅から宗太郎駅を経て宮崎県側の市棚駅までの区間が、一般に宗太郎越と呼ばれる。急峻な山地の中を1000分の20の急勾配の鉄路が、合計37のトンネルを抜けて続いている。ただし、県境にトンネルはない。

この区間の工事は難航を極め、日豊本線の宮崎市以北では最も遅れて1923年大正12年)12月に開通した。現在は、この区間を境に大分県側と宮崎県側がそれぞれ異なる運行系統とされているため、ほとんどの普通列車が大分県側は佐伯駅、宮崎県側は延岡駅でそれぞれ折り返しとなっており、佐伯駅と延岡駅の間を直通して運転される普通列車は1日3往復のみである。

国道10号[編集]

坂道の上り下りとカーブが続く厳しい山越えの道路である。標高266 m。

近年、西側を走る国道326号が整備されて、実質的に国道10号のバイパスとして機能しているため、この区間の交通量は少なくなっている。また、東九州自動車道のこの区間は、ずっと東側の海沿いに建設されており、宗太郎峠付近は経由しない。

関連項目[編集]