北川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北川駅
駅舎跡(2007年10月)
駅舎跡(2007年10月)
きたがわ
Kitagawa
市棚 (4.7km)
(3.5km) 日向長井
宮崎県延岡市北川町川内名[1]
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 243.2km(小倉起点)
電報略号 キワ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
24人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1949年昭和24年)5月1日[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

北川駅(きたがわえき)は、宮崎県延岡市北川町川内名字小畑にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

歴史[編集]

周辺住民の陳情により、用地買収と土地造成を地元で行うならという条件で設置された駅である[2]。周辺住民により奉仕隊が組まれ、駅の建設工事を行った[2]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅で、跨線橋を備える[1]

無人駅で駅舎はなく、かつて駅舎のあった場所にはトイレが設けられている[1]。上下線共通の、簡易な接近放送装置がある。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1996年 22
1997年 25
1998年 30
1999年 27
2000年 20
2001年 20
2002年 16
2003年 13
2004年 14
2005年 16
2006年 20
2007年 20
2008年 21
2009年 15
2010年 15
2011年 16
2012年 21
2013年 21
2014年 23
2015年 24

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
市棚駅 - 北川駅 - 日向長井駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、21頁。
  2. ^ a b “連載企画/みやざき駅のある風景/北川駅/住民自ら用地造成/(延岡市)”. 宮崎日日新聞(朝刊) (宮崎日日新聞社): p. 24. (2008年6月5日) 
  3. ^ 台風第18号による被害状況について(第1報) (PDF) - 国土交通省災害情報(2017年9月18日10:00現在)(2017年9月18日発表、9月19日閲覧。)
  4. ^ 鉄道代行輸送についてのご案内 (PDF) -九州旅客鉄道(2017年9月19日、同日閲覧)[リンク切れ]
  5. ^ “JR代行バス運行 利用者、早期復旧願う”. 大分合同新聞: p. 11(夕刊). (2017年9月19日) 
  6. ^ 日豊本線・豊肥本線の運転計画について(お知らせ) (PDF) -九州旅客鉄道(2017年9月20日発表、同日閲覧)[リンク切れ]
  7. ^ “台風第18号による被害状況について(第4報)” (pdf) (プレスリリース), 国土交通省, (2017年9月20日), オリジナル2017年9月22日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170922193949/http://www.mlit.go.jp/common/001202496.pdf 2017年9月24日閲覧, "鉄道関係" 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 北川駅(駅情報) - 九州旅客鉄道