中山香駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中山香駅
駅舎 (2008年8月21日)
駅舎 (2008年8月21日)
なかやまが - Nakayamaga
立石 (5.2km)
(8.8km) 杵築
大分県杵築市山香町大字野原字宮ノ原1772
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 90.4km(小倉起点)
電報略号 ヤカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
364,117人/年[1]人/日(降車客含まず)
-2013年[1]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員:365,466人/年[1]人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1910年明治43年)12月15日[2]
備考 業務委託駅

中山香駅(なかやまがえき)は、大分県杵築市山香町大字野原字宮ノ原にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

当駅から隣の杵築駅までは1978年(昭和53年)9月21日複線となった[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。下り側に向かって右側に駅舎がある。木造の駅舎は2007年(平成19年)3月に解体され、同年9月に新駅舎での営業を開始している。

JR九州鉄道営業が駅業務を受託する業務委託駅マルスは無いがPOS端末の設備があり、また近距離きっぷの自動券売機が設置されている。 ICカードSUGOCAは出入場とチャージのみ対応[要出典]

大分方面から折り返しの列車が、7本設定されている。大分発の上り最終の普通列車が当駅止まりで到着時刻が0時29分であり、大分駅・柳ヶ浦駅・臼杵駅・佐伯駅・庄内駅・三重町駅とともに大分県内の駅で普通列車の終電が日付を超える駅である。

夜間停泊がある[要出典]

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が364,117人(定期外:55,642人、定期:308,475人)、降車人員が365,466人で、手荷物(発送:514個、到着:308個)や小荷物(発送:1,553個、到着:3,705個)も取り扱っていた[6]

2013年(平成25年)度の乗車人員は98,638人(定期外:22,229人、定期:76,409人)、降車人員は101,048人である[1]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 364,117 55,642 308,475 - 365,466 [6]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 193,438 47,827 145,611 - 197,670 [7]
1991年(平成3年) 202,631 54,182 148,449 - 209,828 [8]
1992年(平成4年) 205,889 54,161 151,728 - 205,921 [9]
1993年(平成5年) 196,471 49,372 147,099 - 199,267 [10]
1994年(平成6年) 189,577 49,181 140,396 - 190,152 [11]
1995年(平成7年) 183,460 46,401 137,059 - 186,859 [12]
1996年(平成8年) 175,828 46,514 129,314 - 179,942 [13]
1997年(平成9年) 162,600 43,744 118,856 - 165,790 [14]
1998年(平成10年) 158,057 43,456 114,601 - 159,947 [15]
1999年(平成11年) 161,381 41,277 120,104 - 162,713 [16]
2000年(平成12年) 157,223 39,807 117,416 431 159,288 [17]
2001年(平成13年) 156,790 37,382 119,408 430 159,128 [18]
2002年(平成14年) 151,998 35,233 116,765 416 154,977 [19]
2003年(平成15年) 155,142 35,109 120,033 425 155,366 [20]
2004年(平成16年) 148,504 33,239 115,265 407 149,137 [21]
2005年(平成17年) 140,804 31,990 108,814 386 140,800 [22]
2006年(平成18年) 133,915 27,858 106,057 367 135,123 [23]
2007年(平成19年) 127,686 27,539 100,147 349 128,306 [24]
2008年(平成20年) 126,326 28,239 98,087 346 129,982 [25]
2009年(平成21年) 116,324 26,642 89,682 319 116,287 [26][注釈 1]
2010年(平成22年) 112,616 26,726 85,890 309 112,815 [28][注釈 1]
2011年(平成23年) 107,365 25,913 81,452 293 108,761 [29][注釈 1]
2012年(平成24年) 105,557 24,531 81,026 289 107,015 [30][注釈 1]
2013年(平成25年) 98,638 22,229 76,409 101,048 [1][注釈 1]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

山香町の中心部にあたる。駅前を県道42号線が通り、駅の裏手を国道10号が日豊本線に並行する形で通っている。

その他[編集]

  • 当駅と杵築の間は、二ノ尾トンネル付近は下り線が単線時代以来の急曲線で、上り線が複線化に伴う同トンネルによる直線のため、ダイヤ上、同区間の普通電車は上りの方が下りより1分速い。しかし、特急「ソニック」の場合は、西屋敷 - 立石間の新立石トンネルの影響で下りが速くなるため、上りも下りも宇佐 - 杵築間、あるいは中津 - 別府間の所要時間を見ても上りと下りに差がない[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c 大木孝 『土木社会史年表』 日刊工業新聞社、1988年11月。ISBN 978-4526024443
  3. ^ a b c 運輸政策研究機構 『日本国有鉄道民営化に至る15年』 成山堂書店、2000年7月28日。ISBN 978-4-425-30181-2
  4. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  5. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  6. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  7. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  8. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  9. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  10. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  11. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  12. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  13. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  14. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  15. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  16. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  25. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  26. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  27. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  28. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  29. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  30. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
立石駅 - 中山香駅 - 杵築駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]