海崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
海崎駅
駅舎(2008年8月31日)
駅舎(2008年8月31日)
かいざき
Kaizaki
狩生 (2.8km)
(3.0km) 佐伯
所在地 大分県佐伯市大字海崎[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 194.8km(小倉起点)
電報略号 カヒ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
42人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
84人/日
-2015年-
開業年月日 1923年大正12年)7月1日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示

海崎駅(かいざきえき)は、大分県佐伯市大字海崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[1]。木造駅舎は解体され現在は新しい簡易駅舎である[1]。駅舎には出札窓口もあるが使用されていない。

日替わり駅長の看板があるものの無人駅である。自動券売機が設備されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 日豊本線 下り 佐伯方面
2 上り 大分方面

利用状況[編集]

  • 2015年度の1日平均乗車人員は42人である。(前年度比-3人)
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 46
2001 54
2002 47
2003 53
2004 40
2005 38
2006 36
2007 29
2008 40
2009 36
2010 34
2011 45
2012 43
2013 49
2014 45
2015 42

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
狩生駅 - 海崎駅 - 佐伯駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、21頁。
  2. ^ 台風第18号による被害状況について(第1報) (PDF) - 国土交通省災害情報(2017年9月18日10:00現在)(2017年9月18日発表、9月19日閲覧。)
  3. ^ 鉄道代行輸送についてのご案内 (PDF) -九州旅客鉄道(2017年9月19日、同日閲覧)[リンク切れ]
  4. ^ “JR代行バス運行 利用者、早期復旧願う”. 大分合同新聞: p. 11(夕刊). (2017年9月19日) 
  5. ^ 日豊線臼杵-佐伯間運転再開 3カ月ぶり - 宮崎日日新聞(2017年12月19日朝刊掲載。(12月18日デジタル配信のネット版をアーカイブ化)
  6. ^ 佐伯のJR海崎駅待合所が燃える 日豊線特急などに遅れ - 2018年5月6日、大分合同新聞
  7. ^ “国内生産体制の見直しについて” (プレスリリース), 太平洋セメント株式会社, (2010年2月23日), http://www.taiheiyo-cement.co.jp/news/news/pdf/100223b.pdf 2016年9月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 海崎駅(駅情報) - 九州旅客鉄道