熊崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊崎駅
大正9年竣工の駅舎
大正9年竣工の駅舎
くまさき
Kumasaki
下ノ江 (3.6km)
(2.9km) 上臼杵
所在地 大分県臼杵市大字井村字塩入1983-2[2][3]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)[1]
所属路線 日豊本線[1]
キロ程 164.7km(小倉起点)
電報略号 クキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
352人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1920年大正9年)8月15日[2]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

熊崎駅(くまさきえき)は、大分県臼杵市大字井村字塩入にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[2]

歴史[編集]

運営するJR九州は、2016年度に予定される上場に向けて鉄道事業の赤字削減に取り組むとして、2015年(平成27年)3月14日のダイヤ改正に際して当駅を無人化した[1][4]

年表[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅[2]。駅舎とホームは跨線橋で連絡している。開業当初の駅舎が使用されている[2]

駅周辺[編集]

臼杵市の北端部で駅西側に線路と並行して熊崎川が流れている[2]

  • 国道205号[2]
  • 臼杵市立北中学校
  • 熊崎郵便局[2]
  • 仏舎利塔
  • 下山古墳[2](仏舎利塔近く 前方後円墳 石人あり)
  • 臼杵神社(臼と杵の石人あり)
  • 臼杵市総合公園[2]

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均乗車人員は352人(前年度比+34人)である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 357
2001 358
2002 368
2003 353
2004 341
2005 343
2006 351
2007 344
2008 334
2009 317
2010 303
2011 321
2012 318
2013 352

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
下ノ江駅 - 熊崎駅 - 上臼杵駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 小原擁(2015年3月7日). “JR九州:無人化、新たに20駅発表”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、20頁。
  3. ^ 大分支店内各駅”. JR九州鉄道営業. 2014年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月6日閲覧。
  4. ^ “JR九州の駅半数無人化、新たに8路線20駅”. 読売新聞. (2015年3月7日). http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/entame/railway/20150307-OYS1T50007.html 2015年3月7日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]