狩生駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
狩生駅
駅舎(2008年8月31日)
駅舎(2008年8月31日)
かりう
Kariu
浅海井 (3.8km)
(2.8km) 海崎
所在地 大分県佐伯市大字狩生[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 192.0km(小倉起点)
電報略号 リウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
22人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1959年昭和34年)4月15日[2][3]
備考 無人駅
テンプレートを表示

狩生駅(かりうえき)は、大分県佐伯市大字狩生にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である[1]

歴史[編集]

1953年(昭和28年)ごろから地元より設置運動がなされていたもので[3]、1958年(昭和33年)7月20日に着工した[2]。なお、設置に伴い並行する国道217号は470mにわたって海岸寄りに移された[2]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、駅本屋と反対側のホームとは跨線橋で結ばれている[1]。ホームの長さは200mある[2]。駅本屋(床面積66.5m2[3])は開業当時のもので、日曜の午前中のみ地元の農産品や魚介物の直売所として利用されている[1][4]

無人駅である[1]自動券売機は設置されていない。乗車時は車掌乗務列車の場合、車掌より乗車券を購入し、ワンマン列車の場合はそのまま乗車し、着駅で精算する(小倉 - 佐伯間のワンマン列車は車内精算を行っていない)。この形態は同路線の竜ヶ水駅にもみられる。

利用状況[編集]

  • 2013年度の1日平均乗車人員は22人である。(前年度比+1人)
乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 28
2001 28
2002 30
2003 27
2004 19
2005 17
2006 16
2007 12
2008 12
2009 11
2010 12
2011 14
2012 21
2013 22

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日豊本線
浅海井駅 - 狩生駅 - 海崎駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、21頁。
  2. ^ a b c d e f “狩生駅が完成 海崎-浅海井駅間 十五日に開業式など”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社): p. 6. (1959年4月12日) 
  3. ^ a b c “日豊線狩生駅が開業”. 大分合同新聞 (大分合同新聞社): p. 5. (1959年4月16日) 
  4. ^ おおいた農林水産直売所 ぱるちゃん|直売所・加工所 詳細”. 2016年9月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 狩生駅(駅情報) - 九州旅客鉄道