竜ケ水駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竜ヶ水駅から転送)
竜ケ水駅
Ryugamizu Station.jpg
駅舎正面(2005年12月19日)
りゅうがみず
Ryūgamizu
重富 (7.0  km)
(6.9  km) 鹿児島
所在地 鹿児島県鹿児島市吉野町10252番地
北緯31度38分50.53秒 東経130度36分14.68秒 / 北緯31.6473694度 東経130.6040778度 / 31.6473694; 130.6040778
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日豊本線
キロ程 455.7  km(小倉起点)
電報略号 リウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2人/日(降車客含まず)
-2015年-
乗降人員
-統計年度-
4人/日
-2015年-
開業年月日 1915年8月7日[1]
備考 駅員無配置[2]
テンプレートを表示

竜ケ水駅(りゅうがみずえき)は、鹿児島県鹿児島市吉野町(竜ヶ水)にある、九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線である。

駅名の由来[編集]

駅が設置された集落の名称に由来する。集落の正式な読み方は「りゅうがみず」だが、鹿児島の方言では「じがみ」と発音される[3]

駅構造[編集]

構内から駅舎の展望
2番線から駅構内の展望
「SUGOCA」利用不可を案内する看板

竜ケ水駅は相対式ホーム2面2線を有する地上駅であり、互いのホームは跨線橋で連絡されている。コンクリート造の駅舎が山側に設けられている。無人駅である[2]。海側ホームには土石流災害復旧の記念碑が建っている[4]

利用者が非常に少なく、券売機も設置されていない。また、当駅はSUGOCAの鹿児島エリア内だが、エリア内では当駅のみIC改札機や精算機などの類が設置されておらず、SUGOCAなどのICカード乗車券は利用できない[5]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 日豊本線 上り 隼人都城宮崎方面
2 下り 鹿児島中央方面

歴史[編集]

停車列車[編集]

竜ケ水駅は普通列車のみが停車する駅だが、客扱いを行わない列車や通過する普通列車も設定されている。2000年3月11日のダイヤ改正から一時期は、普通列車でも大半が客扱いを行わなくなったものの、その後、客扱いを行う列車が増加し、2013年3月16日改正時点では、一部を除いて、多くの普通列車が客扱いを行っている(運転間隔は20 - 90分おき)。ただし、415系で運行する普通列車は全て客扱いを行っておらず、列車交換のために当駅に停車してもドアは開かない。

隣駅である重富駅鹿児島駅との駅間が共に長いため[注釈 1]、当駅で列車の交換が頻繁に行われており、特急列車など客扱いを行わない列車でも運転停車がしばしば行われる。

1993年8月6日の水害による影響[編集]

災害復旧記念碑

駅舎および周辺地域は1993年に発生した平成5年8月豪雨で甚大な被害を受けた。その際の乗員乗客脱出劇は、NHKの『プロジェクトX』やフジテレビの『奇跡体験!アンビリバボー』、日本テレビの『奇跡の生還! 九死に一生スペシャル』を始め、複数のドキュメンタリー番組で取り上げられてきた。

被災時の有名なエピソードとして、停車中の車両を堤防代わりにして乗客を避難させた乗務員の話がある。被災したのは西鹿児島駅(現・鹿児島中央駅)行の普通列車(キハ200-1007)であり、竜ケ水駅に停車中に鹿児島駅方面の線路が、土砂崩れにより通行不能となった。運転士は国分方面へ引き返そうとしたものの、いつまで経っても指令室の許可が下りず、交渉中に国分方面の線路も遮断されため、列車は立ち往生した。この際に土石流の危険を感じた運転士は、自らの判断で崩れそうな箇所に敢えて列車を停車させ、乗客のいない車両を堤防代わりにして乗客を避難させた。この好判断により、避難の最中に構内を襲った土石流により亡くなった乗客3名を除き、全員助かった。なお当時、避難救助活動に従事した運転士1人が、3週間後に喘息発作により死亡し[4][9]、その後労災が認定された。

この際、脱出を指揮した乗務員らは、この年のシチズン・オブ・ザ・イヤーにて表彰された[9]。また、乗客や国道の避難者を最後まで誘導し続けた警察官2人もこの年の8月31日に警察庁長官賞詞を受賞し、9月1日付で1階級特進した。

被災後は鹿児島市の土石流災害対策のために、ほとんどの家屋が移転した[4]。なお、竜ケ水駅付近ではこれといった補強工事を行っておらず、現在でも大雨警報発令時には必ず避難指示が出されている。

利用状況[編集]

  • 2015年度の1日の平均乗車人員は2人である。
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2007 0.4 0.9
2008 0.4 1
2009 0.4 1
2010 0.4 1
2011 0.4 1
2012 0.3 1
2013 1人未満 1
2014 0.4 1
2015 2 4

駅周辺[編集]

構内から望む桜島

駅周辺は目前に迫る山と錦江湾の海岸線に囲まれており、まとまった平地は存在しない。線路下にはガソリンスタンドや飲食店が数軒点在し、日豊本線と並走する国道10号線の休憩所のような地点になっている。

人家は周辺に僅かに点在する程度であり、駅周辺に居住している住民はほとんどいない。

駅舎前の山肌はかつて竜ヶ水集落と呼ばれる小集落であったが、前述の豪雨災害で発生した土石流による家屋の流出などで集落は壊滅的な被害を受け、居住していた住民の大半は移転を余儀なくされた。この結果、放棄されて廃墟となった家屋や、流出した建物の土台などが駅周辺に散見され、豪雨災害の爪痕が現在でも生々しく残る。また、駅の周囲は草木が大量に生育しており、足元が悪い箇所も有る。

バス路線[編集]

最寄りバス停は、竜ヶ水バス停(国道10号線沿い)である。

  • 鹿児島交通
    • 磯仙巌園、天文館 経由
      • 鹿児島中央駅
      • [66][66-1][67][68-1][69-1]伊敷ニュータウン東
    • 重富、加治木、霧島市 方面
      • [66][66-1]姶良ニュータウン
      • [67][67-1]自動車試験場
      • [68-1]国立病院・隼人駅 経由 日当山・重久
      • [69-1]国立病院・自衛隊前 経由 国分・重久
      • 加治木団地・検校橋 経由 牧之原
      • 加治木団地・検校橋・牧之原・岩川 経由 志布志
  • 南国交通
    • [10] 蒲生・楠田
    • [10]帖佐駅 経由 蒲生・楠田
    • [10]重富麓上 経由 黒木三文字
    • [11]天文館・中央駅 経由 武岡ハイランド
    • [27]鹿児島中央駅

隣の駅[編集]

竜ヶ水駅の駅名標
九州旅客鉄道(JR九州)
日豊本線(一部列車が停車)
重富駅 - 竜ケ水駅 - 鹿児島駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 共に7kmほど。

出典[編集]

  1. ^ a b c 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、762頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b c “「通報」●日豊本線青井岳駅ほか5駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 2. (1979年9月27日) 
  3. ^ 今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部 谷謙二(人文地理学研究室)|Leaflet版”. ktgis.net. 2020年11月8日閲覧。
  4. ^ a b c “九州の駅 ゆったり紀行 JR日豊線 竜ケ水駅 安全を願う心とともに”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2007年12月28日). オリジナルの2012年10月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121009054717/http://qnet.nishinippon.co.jp/travel/station/2007/12/post_86.shtml 2020年11月7日閲覧。 
  5. ^ SUGOCA ご利用可能・発売エリア - JR九州. 2020年4月29日閲覧.
  6. ^ 大正4年鉄道院告示第68号(九州鹿児島本線龍ヶ水停車場設置一般運輸営業開始、Wikisource-logo.svg 原文
  7. ^ a b 『日本鉄道旅行地図帳 12 九州』 p.59 新潮社
  8. ^ “日本国有鉄道公示第90号”. 官報. (1979年9月27日) 
  9. ^ a b 1993年度受賞者 8/6 竜ヶ水駅災害救助活動グループ - シチズン・オブ・ザ・イヤー 2012年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]