月照

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
月照
文化10年 - 安政5年11月16日
Gesho.jpg
月照 肖像画
宗久、忍介、忍鎧、久丸
生地 摂津国大坂(現在の大阪府
没地 薩摩国鹿児島近在吉野村
宗派 法相宗
寺院 清水寺成就院
清水寺(京都市東山区
南洲寺鹿児島市

月照(げっしょう、文化10年(1813年)- 安政5年11月16日1858年12月20日))は、幕末期の尊皇攘夷派の僧侶。名は宗久、忍介、忍鎧、久丸。

生涯[編集]

文化10年(1813年)、大坂の町医者の長男として生まれた。

文政10年(1827年)、叔父の蔵海の伝手を頼って京都清水寺成就院に入る。そして天保6年(1835年)、成就院の住職になった。しかし尊皇攘夷に傾倒して京都の公家と関係を持ち、徳川家定将軍継嗣問題では一橋派に与したため、大老井伊直弼から危険人物と見なされた。西郷隆盛と親交があり、西郷が尊敬する島津斉彬が急死したとき、殉死しようとする西郷に対し止めるように諭している。

安政5年(1858年)8月から始まった安政の大獄で追われる身となり、西郷と共に京都を脱出して西郷の故郷である薩摩藩に逃れたが、藩では厄介者である月照の保護を拒否し、日向国送りを命じる。これは、薩摩国と日向国の国境で月照を斬り捨てるというものであった。このため、月照も死を覚悟し、西郷と共に錦江湾に入水した。月照はこれで亡くなったが、西郷は奇跡的に一命を取り留めている。享年46であった。「眉目清秀、威容端厳にして、風采自ずから人の敬信を惹く」と伝えられている。

墓は、月照ゆかりの清水寺(京都市東山区)と西郷の菩提寺である南洲寺鹿児島市)にあり、清水寺では月照の命日である11月16日に「落葉忌」として法要を行っている(新暦の毎年同月同日に実施)。

辞世の歌[編集]

  • 大君の ためにはなにか 惜しからむ 薩摩の瀬戸に 身は沈むとも
- 昭和17年(1942年)発表の「愛国百人一首」に選定された。
‐直筆は香川県の海岸寺宝物館に保管されている。

登場作品[編集]

テレビドラマ

参考文献[編集]

  • 蒲生重章「月照傳」:『近世偉人傳・初編』(明治10年)より
  • 友松円諦「月照」:吉川弘文館(1988年)

関連項目[編集]