間部詮勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
間部 詮勝
Manabe Akikatsu.jpg
時代 江戸時代末期 - 明治時代
生誕 文化元年2月19日1804年3月30日
死没 明治17年(1884年11月28日
改名 鉞之進、詮良、詮勝、松堂
別名 間部の青鬼、慈郷
戒名 顕勝院殿本壽詮量日勝大居士
墓所 正中山法華経寺(千葉県市川市
官位 従五位下下総守従四位下侍従
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行大坂城代
京都所司代西丸老中→老中
→勝手掛老中
主君 徳川家斉家慶家定家茂
越前国鯖江藩
氏族 間部氏
父母 父:間部詮熙、母:永田氏
兄弟 間部詮允間部詮包間部詮勝、峰(水野忠篤室)
敬(中西主水室)、慶(米倉昌寿室)、千重
弥、文
正室:松平康任の娘)
間部右京間部詮実大河内信古間部詮善間部虎之助
大河内正質菅沼定長杉浦正尹間部詮道
室賀正祥松平忠禎、常
通(市橋長和室)、正、泰、鉚(板倉勝弘室)
福聚(大沢基寿室のち浅野友三郎室)、薬
普(太田資美室)、誠
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
間部詮勝寓居跡、京都市中京区寺町通二条下る東側

間部 詮勝(まなべ あきかつ)は江戸時代後期の大名越前鯖江藩第7代藩主。間部家8代。幕末老中首座を務めた。

生涯[編集]

文化元年(1804年)2月19日、間部詮熙の五男として江戸の鯖江藩邸で生まれる。幼名は鉞之進(えつのしん)。

文化11年(1814年)に鯖江藩主となり、11代将軍・徳川家斉の側近として奏者番寺社奉行大坂城代京都所司代などを歴任する。天保11年(1840年)、家斉の推薦で西丸老中となったが、天保の改革を行っていた水野忠邦に、奢侈好みだった家斉の最晩年の側近だったと疎まれ、天保14年(1843年)に老中を辞任した。

その後、安政5年(1858年)6月に南紀派大老井伊直弼の下で再び老中に復帰し、財政を担当する勝手御入用掛と外交を担当する外国御用取扱を兼務する。その後、勝手掛老中に上った。同年9月には上洛し、朝廷から日米修好通商条約調印の勅許を得るとともに、京都所司代酒井忠義とともに一橋派尊皇攘夷派を弾圧する安政の大獄に奔走する。こうした動きに対し、吉田松陰は間部詮勝の暗殺を企てた。「井伊の赤鬼」に対して「間部の青鬼」といわれたが、粛々と政敵との対話を進めた姿勢は評価されている[要出典]

しかし、安政6年(1859年)3月、江戸に戻ると井伊直弼と対立するようになる。条約の勅許を得るといった成果をあげたことで、幕政の主導権を握ろうとしたようである。その結果、同年12月に免職となる。また、徳川慶喜らの復権にともない、詮勝が老中在任中に失政ありとして、文久2年(1862年)11月に隠居謹慎とともに1万石の減封を蒙った。慶応元年(1865年)5月、謹慎を解かれた。

明治元年(1868年)10月、明治政府から会津藩との内通を疑われて国許での謹慎を命じられる。同年12月、謹慎を解かれる。明治2年11月、東京及び京都へ立ち入ることを許可される。

明治17年(1884年)11月28日に死去。享年81(満80歳没)。

経歴[編集]

※日付は旧暦

  • 文化11年(1814年)
    • 7月、継嗣となる。 
    • 9月、家督相続し、鯖江藩主となる。
  • 文政元年(1818年)11月16日、従五位下下総守に叙任。
  • 文政9年(1826年)6月17日、奏者番となる。
  • 天保2年(1831年)5月28日、寺社奉行を兼帯。
  • 天保8年(1837年)7月20日、大坂城代に異動。同日、従四位下に昇叙、下総守は元の如し。
  • 天保9年(1838年)4月11日、京都所司代に異動。同日、侍従を兼任。
  • 天保11年(1840年)1月13日、西丸(大御所徳川家斉)老中に異動。城主待遇となる。
  • 天保12年(1841年)3月23日、将軍世子・徳川家祥(のちの家定)付老中に異動。
  • 天保14年(1843年)閏9月21日、西丸(家祥付)老中を辞職。
  • 安政5年(1858年)
    • 6 月23日、雁の間席より老中。勝手御入用掛と外国御用取扱を兼帯。 
    • 6月26日、幕府使者として上洛。
  • 安政6年(1859年)
    • 7月20日、勝手掛御役御免(外国御用取扱多忙に付き)。 
    • 7月23日、老中首座となる。
    • 11月28日、外国御用取扱兼帯解く。 
    • 12月24日、老中御役御免。
  • 文久2年(1862年)11月20日、石高1万石を減封し、隠居。4万石となる。


登場する作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK大河ドラマ

参考文献[編集]

  • 福井県鯖江市教育委員会文化課編集・発行 『間部詮勝と幕末維新の軌跡』 2015年3月

関連項目[編集]