プロジェクトX〜挑戦者たち〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロジェクトX〜挑戦者たち〜
PROJECT X 〜Challengers〜
ジャンル ドキュメンタリー
放送時間 火曜日 21:15 - 21:58(43分)
放送期間 2000年3月28日 - 2005年12月28日(191回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
プロデューサー 今井彰(制作統括)
出演者 国井雅比古
久保純子
膳場貴子
他 ゲスト2名
ナレーター 田口トモロヲ
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング 中島みゆき
地上の星
エンディング 中島みゆき
ヘッドライト・テールライト
テンプレートを表示

プロジェクトX〜挑戦者たち〜』(プロジェクトエックス ちょうせんしゃたち、英字表記:PROJECT X 〜Challengers〜)は、NHK総合テレビにて2000年3月28日から2005年12月28日まで放映されたドキュメンタリー番組である。通称は「プロジェクトX」である。全放送作品は191本(正式な放送回数としてカウントされた作品187本 + 特別編4本。[注釈 1])である。

概要[編集]

番組内容は、主として終戦直後から高度経済成長期までの、産業・文化等の様々な分野において、製品開発プロジェクトなどが直面した難問を、どのように克服し成功に至ったかを紹介するドキュメントである。身近な自動車家電を初め、当時の日本経済を牽引した重厚長大産業、地図に残る公共事業(ハコモノ、橋梁)などが多く見られる。無名の日本人リーダーと、それに従い支えた多くの人々による挑戦と努力、そしてその成果の紹介がテーマであるが、無名とは言えない本田宗一郎毛利衛が登場する回もあった。

技術開発(新幹線YS-11ロータリーエンジンなど)の話を中心に取り上げた他、地図(ゼンリン)、辞書(広辞苑)といった人文関係の話、人命救助や環境保護活動などの分野についても数多くの事例を取り上げている。

人気[編集]

放送2回目の日本ビクターVHS開発を取り上げた「窓際族が世界規格を作った〜VHS・執念の逆転劇〜」は東映によって2002年に『陽はまた昇る』として長編映画化された。放送7回目の島秀雄東海道新幹線建設を取り上げた「執念が生んだ新幹線 老友90歳・飛行機が姿を変えた」は、1998年8月22日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」内の『感動のアンビリバボー』コーナーで『レイルロード・オブ・ドリームス〜奇跡の弾丸列車計画〜』として短編ながら既にドキュメンタリードラマ化されていた。同作は更に『新幹線をつくった男たち〜夢よ、もっと速く〜』として2004年にテレビ東京2時間ドラマ化された。

2002年の『第53回NHK紅白歌合戦』には中島が番組オープニングテーマの「地上の星」で初出場し、放送14回目の「黒四ダム 断崖絶壁の難工事」の舞台となった黒部ダム内部からの生中継で歌唱を行うという事実上の番組タイアップを披露した。

本番組も『プロジェクトX21展』と称した特別展を開催した際、協賛企業から最高で3150万円の協賛金を集めていたことが衆議院総務委員会で取り上げられ[1]、一連の不祥事を受けて海老沢勝二がNHK会長を退任した後の2005年9月22日に、同年12月での番組の終了が発表された。4月の改編期を待たずの終了は打ち切りを示唆するものだった。後継番組は翌年1月から放送を開始した『プロフェッショナル 仕事の流儀』である。

打ち切りに際して、最終回では中島がスタジオに出演し、NHKの歌番組でそれまで歌われなかったエンディングテーマの「ヘッドライト・テールライト」を初披露した。

ビデオ・DVDの売上は80万本以上を記録した[2]。一方で、全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会は「現役を退いた後の“遅すぎる評価”」と評している[3]

演出パターン[編集]

本番組の演出パターンはその後、テレビ番組などで広く用いられており、テレビドキュメンタリーの一つの典型になっている。

冒頭。古い映像などをテーマソングが流れる中、短いカットで写す。細い明朝体でキーワードが表示される。

番組序盤。田口トモロヲの特徴のある淡々としたナレーションで、プロジェクトを成し遂げようとする主人公(複数)の境遇が描かれる。再現ドラマ(俳優はセリフを喋らない)が挿入されることもある。

番組中盤。プロジェクトはいよいよ佳境に入るが、困難が彼ら・彼女らを襲う。それを克服する過程が描かれる。このあたりでスタジオに放映当時に存命の主人公もしくは主人公の近縁者がゲストとして登場[注釈 2]し、司会からインタビューを受けて当時を回想する。

番組終盤。プロジェクトは成し遂げられる。ドキュメンタリー映像が終わった後でスタジオに戻り、主人公の顔が大写しとなり、司会から労いの言葉をかけられる。プロジェクトの成果物がスタジオに運ばれ、主人公が感慨深げにそれを手に取る。

エンディング。成功した主人公達のその後の栄光の人生が簡単に描かれ、テーマソングが流れる中終わる。

大半はハッピーエンドとなるが、日本初の生体肝移植プロジェクトを取り上げた「裕弥ちゃん1歳・輝け命〜日本初・親から子への肝臓移植〜」(移植手術は成功するものの、その後の生体拒絶反応で裕弥ちゃんは亡くなる)のように、ハッピーエンドとはならなかった回もある。

番組に対する抗議など[編集]

    • 2000年11月28日放送の「よみがえれ日本海」では、ナホトカ号重油流出事故に際して神戸から来た災害ボランティアが、地元の青年会議所を指導して「三国重油災害ボランティアセンター」を作ったことになっているが、実際には当初それぞれが受け入れ窓口を作り、話し合いで一本化したもの[4]
    • 2001年6月19日放送の「父と息子 執念燃ゆ 大辞典」は『広辞苑』を岩波書店から刊行した新村出親子に焦点を当てた内容だったが、『広辞苑』が同じ新村出を編者として1935年博文館から刊行された『辞苑』の改訂版であったことに一切触れず、新村親子の努力で『広辞苑』がいきなり発売されたかのような内容になっていたため、 同社の後身である博文館新社から抗議を受け、NHKは書籍版において、博文館および『辞苑』について加筆を行った[5][6]
    • 2001年7月10日放送の「白神山地 マタギの森の総力戦」では、青森秋田で別々に発生しのちに合同した反対運動が、秋田側の呼びかけで始まったかのように描写された。関係者の抗議を受け[7]、この回のビデオソフト化および書籍版への掲載は見送られている。
    • 2002年1月8日放送の「あさま山荘 衝撃の鉄球作戦」では、極寒の中で地元住民が機動隊員に対して毎日大量のおにぎりを作って協力した、と放送されたが、実際は極寒の中でおにぎりはすぐに凍り付いてしまう状況であり、温かい食事にありつけたのは外周警戒の者達だけだった。最も役に立ち、食されたのは、本番組でも前年に放送された「カップヌードル」である[8]
    • 2002年9月17日放送の「革命トイレ、市場を制す」では、住宅機器メーカーの東陶機器 (TOTO) が1980年に開発したウォシュレットが国内初の温水洗浄便座とされていたが、実際には1967年に同根同業の伊奈製陶(現在はLIXILINAXブランド)から発売された「サニタリーナ61」が国内初の温水洗浄便座[9]である[注釈 3]。また、番組内で「停車車両から伸びるアンテナを見て伸縮式ノズルを考え出した」、「の中でも故障なく動く信号機を見て防水仕様のハイブリッドICの使用を思い立った」ともあったが、これらの機構は「サニタリーナ」で既に実現しており、これらを参考にした可能性もある[注釈 4]。番組内では「サニタリーナ」の存在自体が全くなかったかのように描写された。
    • 2002年10月28日放送の「カーナビ 迷宮を走破せよ」では、音響機器メーカーのパイオニアが地図データの供給を巡り、住宅地図メーカーのゼンリンから「俺達はソニーと組む」と突き放された、と紹介されたが、実際にはカーナビゲーションソフトの規格統一を提言したゼンリンからの申し出をパイオニアが断って独立した歩みを選択した[注釈 5]ものである。さらに、パイオニアのカーナビゲーションが発売された時、既にマツダ・ユーノスコスモのオプションとして世界初のGPSカーナビゲーション(三菱電機との共同開発)が搭載されており、パイオニアは後付け型カーナビゲーションを最初に市販したことでしかなかった。
    • 2005年5月10日放送の「ファイト!町工場に捧げる日本一の歌」で、採り上げられた側の大阪府立淀川工業高等学校(現・大阪府立淀川工科高等学校)が、事実とは異なる点があるとして訂正・謝罪要求を申し入れた[10]。放送では「淀川工業高校は荒れていて音楽など全く縁がなかったが、新任の国語教師(高嶋昌二)が他の職員の反対を押し切りグリークラブ男声合唱部)を設立。合唱を通じて生徒を更生させ、合唱コンクールに出場する。しかし、コンクール会場にはパトカーが来ているなど、淀川工業高校の参加に対し主催者側が大きな警戒感を露にした」となっていたが、当時から淀川工業高校は荒れていない高校であり、前々から吹奏楽部があって全国大会で上位のレベルであった。グリークラブ設立の際も校長自ら早期に賛成している。合唱コンクール参加時も、主催側は数ある参加校のひとつとしてしか考えておらず、警戒する理由はなくパトカーも来ていなかったなど、事実とは異なる表現であった[10]。NHK側もこの回については行き過ぎた点があったとし、同年5月28日放送分の『土曜スタジオパーク』でこれまでの経緯を説明し、担当部長が生出演して謝罪した。また、5月31日の番組終了後にも国井雅比古が謝罪のコメントを行った。公式サイトからはこの回の紹介ページが削除され、書籍版への掲載も見送られた[注釈 6]

番組フォーマット[編集]

放映時間[編集]

  • 日本時間の毎週火曜日午後9時15分 - 午後9時58分。再放送は水曜日深夜(木曜日未明)午前1時10分から午前1時53分まで。BS2でも月曜日夕方(不定期)午後5時15分 - 午後5時58分に放送。
  • NHKワールドTVNHKワールド・プレミアムでも放送(NHKワールドTVは副音声英語による2ヶ国語放送)。
  • なお、最終回(2005年12月28日)は、通常の火曜日ではなく水曜日に移し、午後7時30分 - 午後10時(途中、午後8時45分 - 午後9時15分はニュースによる中断を挟む)での2部構成で放送。

アンコール[編集]

  • 2001年後期以後、過去に放映され再放送の要望が多かった作品が、3、4週おきにアンコールとして放送された。その際、オープニングの司会挨拶部分等、新たに収録や取材した物を交えた再構成版として放映される。番組後期にはこのアンコールが1ヶ月以上(時には2ヶ月)続いたこともある。2000年度は予告で「○○のドラマを再びお届けします」と、アンコール放送であることがわかる表現をしていたが、後期にはこれも一切なくなる。
  • 2004年度には、毎週日曜日にBS1で『特選 プロジェクトX〜挑戦者たち〜』と題して過去の物を放送していた。
  • また、2005年10月4日からは原則毎週火曜日午後4時5分〜午後4時50分にアンコールアワーとして、過去に放映された物から好評を得たテーマを再構成して放送していた。
  • NHK総合「NHKアーカイブス」でも2010年から年に1 - 2回の頻度で再放送されている。
    • 2010年11月14日「わたしが選ぶあの番組 (2) 〜安藤忠雄〜」にて2001年3月6日放送「えりも岬に春を呼べ〜砂漠を森に・北の家族の半世紀〜」を放送。
    • 2011年8月28日「世界自然遺産・屋久島 〜森と共に生きる〜」にて2000年12月5日放送「伝説の深き森を守れ〜世界遺産・屋久杉の島〜」を放送。
    • 2012年5月20日東京タワーからスカイツリーへ “希望”の時代からのメッセージ」にて2000年9月5日放送「東京タワー 恋人たちの戦い」の一部を放送。
    • 2013年12月22日「響け!歓喜の歌 “第九”に込めた思い」にて2003年10月14日放送「第九への果てなき道 〜貧乏楽団の逆転劇〜」を放送。
    • 2014年5月18日「ゴジラからのメッセージ」にて2001年1月23日放送「ゴジラ誕生 〜特撮に賭けた80人の若者たち〜」を放送。
    • 2014年10月12日「シリーズ1964 第4回 モノづくり大国への道〜新幹線を生んだ技術者魂〜」にて2002年6月18日放送「~新幹線〜執念の弾丸列車~」(2000年5月9日放送「執念が生んだ新幹線〜老友90歳・飛行機が姿を変えた〜」の再編集版)を放送。
    • 2016年2月28日北海道新幹線 開業へ~青函トンネルに懸けた情熱~」にて2000年4月11日放送の「友の死を越えて〜青函トンネル・24年の大工事〜」の再編集短縮版を放送。
  • 2011年11月4日には、青森放送局「開局70周年記念 NHKが伝えた青森」内で2000年4月11日放送の「友の死を越えて〜青函トンネル・24年の大工事〜」が放送された。

オープニング[編集]

  • 毎回異なるテーマを放送する番組であるため、『プロジェクトX』のタイトルのCGインフェルノで作られている)の後、各回のキーワードとなる映像が主題歌に合わせて流れる。オープニングは、映像と曲に合わせて文字(書体は写研の石井横太明朝体)が流れる、独特なものである。
  • 主題歌は、放映当初より変わらず中島みゆきの「地上の星」(第1回 - 11回、12回 - 45回、46回 - で、それぞれ微妙にメロディーが異なる)。中高年男性の支持[要出典]を背景に、記録的なロングヒット[要出典]となった。

エンディング[編集]

次回予告[編集]

  • 通常は30秒。一月分のラインナップの紹介を含めて60秒の場合もある。「日本初のマイカー てんとう虫町を行く」と、最終回スペシャルの次回予告は60秒であった。

司会者[編集]

  • 2000年3月 - 2001年9月:国井雅比古久保純子
  • 2001年10月 - 2005年12月:国井雅比古・膳場貴子
    • 久保が育児休暇を取るために降板し、代わって膳場が担当。
    • 全員、当時はNHKアナウンサー。

番組スタッフ[編集]

NHK以外での放送[編集]

DVD[編集]

複数の版が出ており、直近[いつ?]に発売されたのは30巻のものである。

放送一覧[編集]

各国での放送[編集]

放送は世界30ヶ国で行われている。 いままでに英語ロシア語アラビア語スペイン語に翻訳された。

  • イラクでは、地元の復興を願う地元のテレビ局がアラビア語版を2005年12月28日までに6本放送している。
  • ベトナムでは、映画館でも上映された。
  • 日本政府は2006年11月7日、本番組を始めとした360番組の放映権を中華人民共和国に無償提供する。

パロディ[編集]

本番組のタイトルの名前が漫画や個人ホームページのフラッシュなどでパロディとして使われることが多く、プロジェクト○(○の中には「×」(バツ)や「」(め)などが入る)などといった例が存在する。アダルトビデオですら用いられた例もある。

  • 2002年5月には、テレビ朝日系列『タモリ倶楽部』で「プロジェクトSEX 性の挑戦者たち」というパロディ(ダッチワイフの開発を特集)が行われた。なお、同回は「パロディの元となった番組(本番組)では、テーマとして到底取り上げられない開発物語に着目し、開発者の技術開発の情熱や秘話を見事なパロディ精神と取材力で演出した」として第39回ギャラクシー賞・奨励賞を受賞した[12]
  • フジテレビ系列『ココリコミラクルタイプ』では、コント内で『プロジェクトA』というパロディが行われた。
  • チャンネルBBで、『プロジェクトBB』という番組が放送された。
  • テレビ東京系列『空から日本を見てみよう』では、『くもジェクトX』というタイトルに変えられた。
  • 番組を演出するナレーター・田口トモロヲの語りが特徴的であったため、しばしばその語り口調もパロディとして使われる(NHK、民放問わず)。
  • 松村邦洋は、田口のものまねで自身の半生を振り返るという持ちネタがある。
  • テレビ番組でのパロディでは「地上の星」(まれに「ヘッドライト・テールライト」も)を流すことが多いようである。
  • アニメ『電光超特急ヒカリアン』49話(2003年3月9日放送)の劇中でトンネルをブラッチャーが掘削するというギャグシーンで「地上の星」のメロディラインを一部改変したインストゥルメンタルを流し当番組の演出を幾ばくか模倣していた。ビデオソフトではオリジナルサウンドトラックに差し替えられている。
  • 2008年8月より放送されたトミー・リー・ジョーンズが出演するサントリーBOSSコーヒーのCMでも、トンネルを建設する場面で「地上の星」を流すという、本番組を意識したものであった。
  • フジテレビ系アニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、読売テレビ制作・日本テレビ系アニメ『ヤッターマン』でも本番組のタイトルをパロディとして取扱ったストーリーがある。
  • アニメ『日常』19話(Eテレ版では4話)ではオープニングではなくエンディングのパロディがあった。エンディングの「ヘッドライト・テールライト」をBGMとして、最後に「後の魚雷跳びである――」というテロップが田口トモロヲを模したナレーションとともに登場して終了した。
  • ゲームセンターCX』では『プロジェクトCX 周辺機器たち』というファミコンなどの周辺機器を紹介するコーナーがある。
  • テレビ番組でも「地上の星」を流しナレーションを真似て、本番組のオープニング風の演出をする場合もある。
  • 日本テレビ系列『世界の果てまでイッテQ!』では、取材VTRが『プロジェクトQ』として放送され、田口本人がナレーションを担当した。
  • 2009年5月に放送されたTBSラジオ高樹千佳子のハイブリッドな週末」では『プロフェッショナルX』と題し、世界初のハイブリッド乗用車であるトヨタ・プリウスの3代目モデルを開発した責任者が出演し、開発エピソードを披露した。オープニングには「地上の星」、エンディングは「ヘッドライト・テールライト」が使用されており、それを聴いていたパーソナリティの高樹千佳子は「ノリが某国営放送の“なんとかX”みたい」と評していた。
  • 2013年8月2日放送、NHK連続テレビ小説あまちゃん』では劇中で『プロダクトA』とのパロディ番組が登場し、田口本人がナレーションを担当したほか、内容も本放送を彷彿とさせる内容であった。
  • 総合テレビ『あさイチ』で『あさイチX』とのパロディ企画が行われることがある。
  • 2013年12月22日と2014年5月7日に総合テレビで『プロジェクトQ』というクイズ番組が放送された。ヒット商品やブームの秘密を当事者に取材してクイズにするもので、問題VTRは田口トモロヲのナレーションで本番組と全く同じに作られた。

関連書籍・ビデオ[編集]

書籍
  • 「プロジェクトX 〜挑戦者たち〜(第1巻 - 第30巻(最終))」(NHK出版
  • 「プロジェクトX リーダーたちの言葉」(文藝春秋
  • 「プロジェクトX物語 〜THE MAKING OF PROJECT X〜」(ぴあ
  • 他にジュニア版(汐文社)、コミック版(宙出版)等が出版されている。
ビデオとDVD(第I期 - 第IX期) NHKソフトウェアから発売
  • ケータイパスワード方式DVD(ヴィジョネア株式会社)や、レンタルもされている。収録されていない回もあり、完全版ではない。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アンコール(「特選プロジェクトX」を含む)は除く。
  2. ^ 番組開始当初はプロジェクトとは無関係の人間がゲスト出演しており(例として、第1回放送での松坂慶子見城徹など)プロジェクトの主人公や近縁者がゲスト出演していなかった。
  3. ^ 「サニタリーナ61」は便器と一体化したモデルであるが、後付型温水洗浄便座にしても1976年に発売された同社の「サニタリーナF1」が先鞭をつけている。
  4. ^ ノズルの動作についてはウォシュレットが電動式、シャワートイレ(サニタリーナ)は水圧式の違いがある。
  5. ^ 書籍版ではパイオニア側がプロジェクトを抜けたという記述になっている。
  6. ^ ただし、『NHK年鑑2006[11]』では、当該回もきちんと紹介されている。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 火曜日21:15 - 21:58枠
前番組 番組名 次番組
NHKニュース9
21:00 - 21:30
【15分縮小して継続】
クローズアップ現代
21:30 - 21:59
【115分繰り上げて継続】
プロジェクトX〜挑戦者たち〜