×

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
×

×は、記号の一つ。読み方は「かける」「ばつ」「ぺけ」「たすきじるし」「ばってん」「ちょめ」「クロス」「バイ」など。読み物等を音読する上では「スラー」と読むこともある。

代用として、ラテン文字「x」や「X」が使われることもある。例えば、寸法表記の「100cm x 100cm」など。こちらはASCIIコードでも利用できるというメリットがあり、特に英語圏の電子文書(プレーンテキスト)などで広く代用されている。

形が似た記号に「」(ballot X, X mark, cross)があるが、日本語では「×」と「」を使い分けず共に「×」を使うことが多い。フォントによっては、両者の字形に違いがなく、ballot Xも左右対称な字形になっていることがある。

文字実体参照は「×」。TeXでは「\times」。timesは「かける」を意味する英語である。

乗算記号[編集]

「かける」と読むが、複数の乗算を区別する必要があるときは「クロス」と読む。

この記号の起源は聖アンデレ斜め十字架であるとされ、乗法の記号としてこの記号が使われだしたのは17世紀に入ってからであり、最初に使ったのはウィリアム・オートレッドの著書『数学の鍵』(1648年)だった[1][2]。ただし、ヨーロッパではあまり普及せず、ライプニッツが使用した「」が一般的である[2]。日本でも中等数学以降では「」が使われる。

コンピュータプログラミングの分野では、ASCIIコードでも利用可能なアステリスク*)が乗算記号として使用されることが多い。

バツ印[編集]

日本では否定的な意味としてバツ印が使用される。この場合は「バツ」「ペケ」と読む。逆の意味の記号は「」。

  • 不正解、誤り、不可、否定、無し、取り消し。
  • 公営競技の予想では、(勝つ可能性があると見られている中では最も見込みが薄い、選手や競争馬などの競技対象)を表す。

文字の出現以前、古墳時代の土器や埴輪にも×の印は見られ、「〆」と同様に封印の意味があったと考えられている。 平安時代以後、×は「阿也都古(アヤツコ)」と呼ばれた。アヤツコには異界とこの世の行き来を禁止する意味があり、初めて外出する乳幼児の額に書く、葬儀の際に死者の胸に書くなど魔除けの記号、呪符として用いられた。「凶」「胸」「兇」などの漢字はアヤツコの系列の字である[3]

なお、「言海」では、「ペケ」の由来は外来語の訛りとされている[4]。「不可」の中国語読みからという説も唱えられている[5]

韓国では正解と不正解にそれぞれ○と×の記号が使われることがあるが、日本とは異なりマルやバツに相当する読み方はされず、アルファベットのオーとエックスを模して「OX(오엑스)」と読まれる[6]

欧米では否定的な意味として、「」あるいは「」を使う。逆の意味の記号は「」。ただし、欧米でも肯定/否定(OK/キャンセルあるいはYes/No)の意味でチェックマークとバツ印の組み合わせがアイコンとして使われることもあり、しばしば tick and cross と呼ばれる。

カップリング[編集]

カップリング。原則として「×」「男性×女性」の形で表す。

「かける」、「クロス」などと読む。

  • 結婚交配
  • 雑種。たとえばDianthus caryophyllus × Dianthus plumariusは、Dianthus caryophyllusの雄とDianthus plumariusの雌の雑種という意味。またこの雑種の場合、雑種自体にも学名が付いており、Dianthus ×allwoodiiとも表せる。
  • カップリング (同人)。たとえば「太郎×花子」は太郎と花子がカップルとなる物語。「(攻め)×(受け)」として書かれることもある。
  • 共著コラボレーションなどを表すことがある。
野毛山公園柳宗理のデザイン)

その他の用法[編集]

記号[編集]

  • 対戦カードを表す。「○○×△△」で「○○対△△」の意味になる。
  • 野球ソフトボールなどでは、最終回の裏、3アウトになる前に、試合が終了した場合に、スコアボードの最終回裏部分にこの記号を書く。ただし本来は、「最後まで試合を続ければ何点入ったかわからない」ということから、「未知数」を表す「X」(エックス)である。
  • 伏字。「○」「●」「」「」などと同じだが、「×」を使ったときに限り「チョメ」「チョメチョメ(複数文字の場合)」と読むことがある[7]。また、X指定(XX指定、XXX指定)との連想からか、性的な意味あいを持つことがある。
  • 図表中の1点を示すのに使う。他の記号も使われるが、「○」等では中心が目立たず、「+」では格子線などに紛れやすい。
  • 地図上の目的地など。いわゆる「宝の地図」では、宝物が隠してある場所を示す。
  • 申請書類やアンケートなどの選択肢において、該当項目のチェックボックスに「×」を書く(本来は「」)。「」や「」や塗りつぶしと同じ。かつてはGUI要素のチェックボックスにも「×」が使われていた[8]
  • カレンダーなどで、済・終了した日を上から消す際に使う。
  • 歌詞などで、「 - ×2」という言葉は、「その部分を2回くりかえす」という意味。例えばモーニング娘。の「LOVEマシーン」ならば「♪日本の未来は(Wow×4)」という様に「Wow wow wow wow」と言う。
  • 家紋では「筋違紋(すじかいもん)」という。
  • 特捜戦隊デカレンジャーで、有罪(デリート許可)を表す。
  • SCEのゲーム機・PlayStationコントローラのボタンの一つ。動作の役割は文化圏によって異なる。日本では通例キャンセルボタンだが、欧米では決定ボタンとして使われる。
  • 違法薬物MDMAの俗称。

×を含む言葉[編集]

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
× U+00D7 1-1-63 ×
×
×
乗算記号
MULTIPLICATION SIGN
U+2715 - ✕
✕
MULTIPLICATION X
U+2716 - ✖
✖
HEAVY MULTIPLICATION X
U+2717 - ✗
✗
BALLOT X
U+2718 - ✘
✘
HEAVY BALLOT X
U+274C - ❌
❌
CROSS MARK
U+274E - ❎
❎
NEGATIVE SQUARED CROSS MARK

参考文献[編集]

  1. ^ 安藤洋美、『中学数学精義』、現代数学社、2005年、73頁。ISBN 978-4-7687-0292-5 C3041
  2. ^ a b 計算記号の歴史 日本文教出版、2019年6月28日閲覧。
  3. ^ 常光徹『しぐさの民俗学』ミネルヴァ書房 2006年、ISBN 4623046095 pp.198-210.
  4. ^ THE 歴史列伝〜そして傑作が生まれた〜|BS-TBS
  5. ^ 第35回 試験と「○×△」 | 漢字の現在(笹原 宏之) | 三省堂 ことばのコラム
  6. ^ 第36回 韓国には「×」がない? | 漢字の現在(笹原 宏之) | 三省堂 ことばのコラム
  7. ^ 起源は漫画「まことちゃん」とされるが、広く知れ渡るきっかけとなったのは、俳優山城新伍が司会を務めたテレビ番組「アイ・アイゲーム」と言われている(該当項目参照)。
  8. ^ ソシオメディア | ◯は正解か

関連項目[編集]