柳宗理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
柳宗理

柳 宗理(やなぎ そうり[1]1915年6月29日[2] - 2011年12月25日[3])は、20世紀に活動した日本インダストリアルデザイナー[4]。戦後日本のインダストリアルデザインの確立と発展における最大の功労者と言われる[5]。代表作は「バタフライスツール」[6]天童木工製作)[7]。ユニークな形態と意外な実用性を兼ね備えた作品が多く知られた。実父は芸術運動家で評論家の柳宗悦、祖父は柳楢悦。工業デザインの他に玩具のデザイン、オブジェなども手がけた。金沢美術工芸大学客員教授。本名は柳 宗理(やなぎ むねみち)。

来歴[編集]

  • 1915年東京都原宿に父・柳宗悦と母・兼子の長男として生まれた。次男に美術史家・柳宗玄、三男に園芸研究家・柳宗民がいる。
  • 1934年東京美術学校洋画科入学。バウハウスにいた水谷武彦の講義でル・コルビュジェの存在を知り、デザインに関心を持つようになった。
  • 1940年東京美術学校洋画科卒。商工省の水谷良一に誘われ、日本輸出工芸連合会の嘱託となり、当時輸出工芸指導官として来日していたシャルロット・ペリアンの日本視察に同行。日本各地の伝統工芸に触れる。
  • 1942年坂倉準三建築研究所の研究員となる。
  • 1943年太平洋戦争の下、坂倉が設計を進めていた日本文化会館の手伝いのために、研究員の身分のまま陸軍の報道班員として南方戦線の激戦の地フィリピンへ渡る。1946年に復員し、敗戦後は工業デザインの研究に着手する。松村硬質陶器シリーズのデザインをするも終戦直後の物資不足の中、焼成の燃料持参でなければ窯業所は生産を行わない為、海中に沈没した軍の徴用船から石炭を運びだし焼成にこぎつけた。1950年、柳宗理デザイン研究所を開設。
  • 1952年に第1回新日本工業デザインコンクールに出品し第1席「レコードプレイヤー」(日本コロムビア製作)、2席を併せて入選。この賞金で財団法人柳工業デザイン研究会を設立する。この頃、日本工業デザイン協会創設に参加した。
  • 1955年金沢美術工芸大学産業美術学科教授に就任。
  • 1956年松屋銀座で開催された第一回柳工業デザイン研究会個展にて「バタフライスツール」を発表。
  • 1957年第11回ミラノ・トリエンナーレに招待出品し、「バタフライスツール」及び「白磁土瓶」が金賞受賞。その後デザイナーとして国際的に活動。
  • 1977年日本民芸協会会長に就任、翌年には日本民芸館館長に。
  • 1980年イタリア在住のデザイナーでさえも推挙がなければ困難とされる「ミラノ市近代美術館」でデザイナー初の個展を開いた。
  • 1981年紫綬褒章
  • 2002年秋に文化功労者
  • 2003年「柳宗理エッセイ」(平凡社ライブラリー)を刊行。
  • 2011年12月25日、肺炎のため東京都内の病院で死去。96歳であった。[8]

主な仕事[編集]

主な作品収蔵先[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]