柳楢悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳 楢悦
Yanagi Narayoshi.jpg
生年月日 1832年10月8日
(旧暦天保3年9月15日
出生地 日本の旗 日本江戸
没年月日 (1891-01-15) 1891年1月15日(満58歳没)
死没地 大日本帝国の旗 大日本帝国東京都
出身校 安濃津藩藩校有造館長崎海軍伝習所
称号 海軍少将正三位勲二等錦鶏間祗候
配偶者 勝子(後妻・嘉納治五郎の姉)

在任期間 1888年4月18日 - 1890年10月20日
天皇 明治天皇

在任期間 1890年9月29日[1] - 1891年1月15日
テンプレートを表示

柳 楢悦(やなぎ ならよし、天保3年9月15日1832年10月8日) - 明治24年(1891年1月15日)は、日本海軍軍人・和算家[2]数学者測量学者政治家。最終階級は海軍少将錦鶏間祗候元老院議官貴族院議員

江戸(現・東京)生まれ。津藩の下級藩士・柳惣五郎の長男。嘉納治朗作希芝(嘉納治五郎の父)の娘を後妻としている。

略歴[編集]

栄典[編集]

海洋測量において[編集]

若き日より和算に熟達し、さらに長崎海軍伝習所ではオランダ式の航海術を学ぶとともに、西洋数学に基づく測量術も習得した。明治時代からはイギリス海軍と共同で海洋測量の経験を積み、海洋測量術の技術向上を目指した。柳は海軍での測量事業の創業当時より、日本人による測量を強く念頭に置き、他国の援助やお雇い外国人などを極力用いない方針を貫いた。日本における海洋測量の第一人者として測量体制を整備・統率し、日本各地の沿岸・を測量し、海図を作成した。その功績から「日本水路測量の父」「海の伊能忠敬」と称される。

著書・訳書[編集]

  • 『航海或問』(ピラール著)
  • 『量地括要』(全2巻)

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2182号、明治23年10月6日。
  2. ^ 「柳は、長崎海軍伝習所で幕末当時、日本で最高水準の西洋数学を学んだ人物であるが、本来は和算書を著すほどの和算家であった。写本『新巧算法』の第三編(1850)は柳の編となっている」(佐藤英二『東京数学会社訳語会における「算数学」と「算術」をめぐる論争』東京大学大学院教育学研究科紀要35、1995年、註18)
  3. ^ 海上保安庁水路部編『日本水路史 1871~1971』財団法人日本水路協会、1971年、25頁。
  4. ^ 『官報』第2195号、明治23年10月22日。
  5. ^ 『官報』第1473号「叙任及辞令」1888年5月30日。
  6. ^ 『官報』第1911号「叙任及辞令」1889年11月9日。
  7. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年11月30日。
  8. ^ 『官報』第2205号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 藍綬褒章下賜」1890年11月4日。
  9. ^ 『官報』第2263号「叙任及辞令」1891年1月17日。

関連項目[編集]