野毛山公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
野毛山公園
Nogeyama Park
Nogeyama Zoo.JPG
分類 都市公園(総合公園)
所在地
座標 北緯35度26分45秒 東経139度37分25秒 / 北緯35.44583度 東経139.62361度 / 35.44583; 139.62361座標: 北緯35度26分45秒 東経139度37分25秒 / 北緯35.44583度 東経139.62361度 / 35.44583; 139.62361
面積 90,793 m2
開園 1926年(大正15年)9月18日
運営者 横浜市(指定管理者:公益財団法人横浜市緑の協会[1]
駐車場 なし
告示 1925年1月26日
事務所 環境創造局 南部公園緑地事務所 都心部公園担当
事務所所在地 横浜市中区真砂町2-22(関内中央ビル)
公式サイト 横浜市のサイト

野毛山公園(のげやまこうえん)は、神奈川県横浜市西区に位置する都市公園(総合公園)。面積は約9.1ha、敷地内には野毛山動物園があり、約380本あるの名所としても有名である[2][3]。園内からはみなとみらい地区も一望できる。

沿革[編集]

古くから、野毛浦(現:野毛町)に面した標高50mの丘陵一帯を野毛山と称していた。

  • 1859年、横浜が開港すると、開港場より東に外国人が居住、西の野毛山は日本人の豪商たちの住宅地となり、原善三郎茂木惣兵衛らの邸宅が建てられた[4]
  • 1887年ヘンリー・スペンサー・パーマーによって野毛山に横浜水道の配水池が設置され、日本初の近代水道が始まる[5]
  • 1923年関東大震災で野毛山も被災。
  • 1926年、野毛山は避難場所も兼ねた公園となって一般公開される。開園当時は、回遊式日本庭園、西洋庭園、折衷庭園の三つの様式を持っていた[6]
  • 第二次世界大戦中は陸軍に使用され、戦後1947年までは米軍に接収されていた。
  • 1949年日本貿易博覧会が開催、野毛山が第一会場となる[7]
  • 1951年、日本庭園部分に動物園が、配水池に連なる洋式庭園部分に児童遊園が造られ、「野毛山遊園地」として開園。
  • 1964年、配水池の老朽化により配水池を地下に新設、児童遊園も含めた配水池地区を公園とした[8]。これにより、動物園地区は野毛山動物園となり現在の形となる。
  • 1971年、横浜市初のスロープ式歩道橋「野毛のつり橋」完成。
  • 1987年、横浜水道創業100年を記念して、パーマーのブロンズ胸像が除幕。
  • 2002年、動物園地区で1999年から改修工事が行なわれ、野毛山動物園が11月リニューアルオープン。
  • 2009年、配水池地区のバリアフリー化[9]、改修工事着工。
  • 2011年、二代目野毛山公園展望台が8月1日オープン[10]

施設[編集]

野毛のつり橋
野毛のつり橋
標識
標識
パーマー胸像
パーマー胸像
柳宗理によるデザイン
柳宗理によるデザイン
動物園地区
配水池地区
  • 野毛山配水池
  • ヘンリー・スペンサー・パーマー胸像
  • 展望台(二代目)[10]
  • 2階(こもれびテラス):高さ3.6〜5.1m 面積30m2
  • 3階(展望テラス):高さ6.3m 面積102m2(3階標高:約57m)
  • 付帯設備:エレベーター、多目的トイレ、男子トイレ、女子トイレ
散策地区
ラジオの聴取契約者が100万人を越えた記念に、日本放送協会1932年昭和7年)に全国の著名な公園や広場に建てる計画が進められ、1932年昭和7年)度から1933年昭和8年)度中に41カ所が完成して、その中に野毛山公園も選ばれ建塔された[11]

所在地・交通[編集]

神奈川県横浜市西区老松町63-10

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市指定管理者一覧
  2. ^ 野毛山動物園 | 野毛山動物園とは”. 横浜市立野毛山動物園. 2014年1月22日閲覧。
  3. ^ 野毛山公園 : 横浜市西区ホームページ”. 横浜市. 2014年1月22日閲覧。
  4. ^ タイムスリップよこはま - 桜木町周辺 - - 野毛山公園 -”. フューチャーネットワークス. 2014年1月22日閲覧。
  5. ^ タイムスリップよこはま - 桜木町周辺 - - 近代水道(建設者ヘンリー・スペンサー・パーマー工兵少将) -”. フューチャーネットワークス. 2014年1月22日閲覧。
  6. ^ 維持管理基本水準書 <野毛山動物園及び野毛山公園(野毛山動物園を除く)> 平成22年1月 横浜市環境創造局”. 横浜市. 2014年1月22日閲覧。
  7. ^ 野毛山動物園 | 沿革”. 横浜市立野毛山動物園. 2014年1月22日閲覧。
  8. ^ 野毛山動物園 | 沿革”. 横浜市立野毛山動物園. 2014年1月22日閲覧。
  9. ^ よこはまのどうぶつえん 野毛山公園(配水池地区) 再整備計画のお知らせ”. 横浜市緑の協会 動物園部. 2014年1月22日閲覧。
  10. ^ a b 横浜市 環境創造局 【記者発表】二代目野毛山公園展望台が新たにオープン!”. 横浜市. 2014年1月22日閲覧。
  11. ^ 園内の説明板を参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]