プロフェッショナル 仕事の流儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロフェッショナル 仕事の流儀
ジャンル ドキュメンタリー
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 茂木健一郎
住吉美紀(当時NHKアナウンサー)
他 ゲスト1名
(2010年3月まで)
ナレーター 橋本さとし
貫地谷しほり
音声 ステレオ放送(2013年10月以後は解説放送<ステレオ2>を実施)
字幕 文字多重放送
オープニング kōkuaProgress
エンディング 同上
外部リンク 公式サイト
第1期(2006年1月 - 3月)
放送時間 火曜日 21:15 - 21:58(43分)
放送期間 2006年1月10日 - 3月14日
第1期(2006年4月 - 2007年3月)
放送時間 木曜日 22:00 - 22:44(44分)
放送期間 2006年4月6日 - 2007年3月27日
第1期(2007年4月 - 2009年3月)
放送時間 火曜日 22:00 - 22:44(44分)
放送期間 2007年4月3日 - 2009年3月31日
第1期(2009年4月 - 2010年3月)
放送時間 火曜日 22:00 - 22:48(48分)
放送期間 2009年4月7日 - 2010年3月23日
第2期
放送時間 月曜日 22:00 - 22:48(48分)
放送期間 2010年10月18日 - 2011年4月4日
第3期
放送時間 同上
放送期間 2011年10月10日 - 2012年9月24日
第4期
放送時間 同上
放送期間 2013年4月1日 - 2016年3月21日
第5期
放送時間 月曜日 22:25 - 23:15
放送期間 2016年4月4日 -

特記事項:
語り:橋本さとし貫地谷しほり(2010年10月 - )
テンプレートを表示

プロフェッショナル 仕事の流儀』( -しごとのりゅうぎ)は、2006年1月10日に放送が開始されたNHK総合テレビジョン情報ドキュメンタリー番組である。

概要[編集]

番組概要
開始当初は脳科学者の茂木健一郎と出演当時NHKアナウンサーであった住吉美紀パーソナリティを務め、毎回ある仕事にスポットライトを当ててその仕事に情熱を傾ける“プロフェッショナルの中のプロフェッショナル”をスタジオに招き、その仕事振りや仕事における信念などをドキュメンタリー映像とインタビューで多角的に紹介する。プロの仕事の流儀を、専門である脳科学の観点で分析する茂木のコメントは、番組のスパイスになっている。ドキュメントコーナーの語り手橋本さとし。また、不定期特集として、茂木が注目したプロフェッショナル達に共通する仕事術や哲学を誰にでも使えるノウハウとして脳科学的に解説する「脳活用法スペシャル」も放送。茂木のCGキャラクターによる概要説明、特設スタジオでの質疑応答といったコーナーも設けられている。
住吉美紀
住吉の率直なリアクションも当番組の特徴となっている(第17回の清水市立商業高等学校サッカー部監督・大瀧雅良1998年サッカーワールドカップアジア予選を戦う教え子たちに送ったファクスのエピソードや第26回・第34回・「明日から使える“仕事術”スペシャル Part3」で涙を流した)。また、スペシャルの1つでありプロ達が持つ独自の仕事術を紹介する「明日から使える“仕事術”スペシャル」では制作にも関わり取材、ディレクターまでも担当する(エンディングクレジットではディレクターとしても明記される)。
住吉は当番組を降板させられた際、フジテレビ系列『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』に「不幸話」として電話しようとしたが止められたことを、フリーアナウンサー転身後に同じく明石家さんまが司会を務める日本テレビ系列『踊る!さんま御殿!!』スペシャル(2014年4月29日放送分)にゲスト出演した際に明かしている[出典 1]
番組開始までの流れ
プロジェクトX〜挑戦者たち〜』の後継番組である[出典 2]。当初は同番組が放送されていた火曜21:15 - 21:58に放送されていたが、2006年4月の改編で同月6日から木曜22:00 - 22:44に変更され、そして2007年3月27日から放送時間が火曜 22:00 - 22:44に再度変更となる。
なお、この番組は2006年からの定番化に先立ち、2004年12月17日に工業デザイナー・深澤直人を取り上げ、パイロット番組として単発で放送された。その際に培ったノウハウがあったからこそ、1月からという大河ドラマ以外では中途半端な時期に開始することが可能だったとも言える(NHKはこうした実験的番組群を「番組たまご」と総称している)。ちなみに、この時の司会は当時福岡局アナウンサー・岡野暁と当時松山局アナウンサー・首藤奈知子、ナレーションは外崎明彦が担当。オープニングとエンディングに「推薦人」という肩書きで大杉漣が出演した。またスタジオで視聴者が観覧する形式を採り、視聴者からの質問にも答えるコーナーが含まれていた。
2010年の番組改編
2010年春改編で火曜10時台に連続ドラマ枠ドラマ10(実質ドラマ8金曜ドラマの枠統合・移動)が新設されるため、3月で一旦終了。再開は10月16日(土曜日)で、この回は20時から新シリーズオープニング「プロフェッショナルが帰ってきた」、ついで21時から新シリーズの実質第1回となる「松本人志スペシャル」を放送。レギュラーはその2日後の18日から毎週月曜22時の放送を開始した[出典 3][出典 4][1]。それに先立ち8月19日にスペシャルが放送された。また、同スペシャルの最後でリニューアルと同時に茂木と住吉がレギュラー放送から退き、スペシャル版のみ出演することが発表された。レギュラー版は司会を置かず、現場のドキュメンタリーを中心とし、橋本さとしと、貫地谷しほりによるナレーションの構成になっている。2011年4月4日の放送をもっていったん番組を休止し、10月から再開。
2011年の番組改編
2011年秋改編で半年振りに、毎週月曜22時でのレギュラー放送を再開した。番組構成は、2010年秋改編と同様に司会を置かず、現場のドキュメンタリーを中心とし、橋本さとしと、貫地谷しほりによるナレーションの構成になっている。2012年9月24日の放送をもって終了した。
2013年の番組改編
2013年春改編で半年振りに、毎週月曜22時でのレギュラー放送を再開した。10月から解説放送(ステレオ2)を実施。
2016年の番組改編
2016年春改編で、月曜から木曜の19:30 - 19:56枠で放送されていた『クローズアップ現代』が、22:00 - 22:25枠に移動するため、当番組は放送時間を25分繰り下げの22:25 - 23:15枠に変更する予定。

放送時間[編集]

(以下、JST)

総合テレビ(2016年3月まで)
  • 月曜日 22:00 - 22:48
  • 同週土曜日(金曜深夜) 0:55 - 1:43
総合テレビ(2016年4月から)
  • 月曜日 22:25 - 23:15
  • 翌週月曜日 15:10 - 16:00
テレビジャパンアメリカ合衆国他)

いずれも特別番組などで休止・放送時間変更の場合がある。また、この時間以外に総合テレビとBS2で集中的に再放送を行う場合がある。その予定は、公式ページから確認できる。

総合テレビでは、2007年度に火曜 16:05 - 16:49の枠でも再放送されていた。また、2011年度までは木曜深夜の0時15分から再放送を行っていたが、2012年度から『NEWS WEB 24』開始及び『連続クイズ ホールドオン!』の再放送が開始されたため、深夜の再放送開始時間が35分繰り下がったが、「-ホールドオン!」の再放送が8月で打ち切りとなったため、9月以後は25分繰上げとなった。

2010年度は北海道地区・関西地区では総合テレビの再放送は休止(北海道は『世界ふれあい街歩き』、関西は『スポーツ大陸』放送のため)。

再放送は、同週金曜日(木曜深夜)0:25 - 1:13であったが、平成27年4月から変更された。

放送リスト[編集]

※ゲストの役職は放送当時のもの。スペシャルはSPと表記する。

2016年[編集]

2016年放送リスト
放送回 放送日 タイトル 職業 プロ
放送10周年SP 1月4日 そして、新たな闘いへ 星野佳路
佐藤章
吉田都
坂本幸雄
藤原茂
岡田倫代
伊東豊雄
1月11日 岡村隆史×プロフェッショナルPart2 岡村隆史
木村秋則
挾土秀平
坂東玉三郎
第284回 1月18日 主婦のリアルが、ヒットを生む 雑誌編集長
VERY」編集長
今尾朝子
第285回 1月25日 京都の冬、もてなしを究める 日本料理人
「未在」店主
石原仁司
第286回 2月8日 伝説の翼、まだ見ぬ空へ スキージャンプ日本代表
TEAM TSUCHIYAプレイングマネージャー
葛西紀明
第287回 2月15日 カクテルは、人生の味 バーテンダー
「STAR BAR GINZA」店主
日本バーテンダー&ミクソロジスト学院校長
日本バーテンダー協会会長
岸久
第288回 2月22日 “最後の職人”ニッポンを支える男たち 漆カンナ職人
選定保存技術保持者
中畑文利
やすり職人
「深澤やすり店」店主
深澤敏夫
第289回 3月14日 出会いが、力となる 国際災害ボランティア
CODE海外災害援助市民センター事務局長
吉椿雅道
第290回 3月21日 あがき続けろ それがメロディになる 作曲家 佐藤直紀
第291回 4月4日 一期一会、人生を運ぶ 引っ越し作業員
日本通運株式会社海外引っ越し担当シニアエキスパート
伊藤秀男
第292回 4月11日 己を追い込み、未到の味へ 焼き鳥職人
「鳥しき」店主
池川義輝
アンコール(井山七冠達成SP) 4月25日 盤上の宇宙、独創の一手
(2014年1月13日放送分)
囲碁棋士
九段
井山裕太
第293回[17] 5月2日 日本の未来を切り拓け!松岡修造×スーパー高校生SP 松岡修造
牛田智大
新垣比菜
山内奏人
松本圭佑
第294回 5月9日 どんな絶望にも、光はある 自殺対策NPO代表
NPO法人「あきた自殺対策センター蜘蛛の糸」理事長
社会福祉法人秋田福祉会副理事長
佐藤久男
第295回 5月16日 食べる喜びを、あきらめない 看護師
社会医療法人社団三思会東名厚木病院看護部主事
小山珠美
第296回 5月23日 空の革命児、逆風に立ち向かう ドローンパイロット
有限会社「Rave Project」代表取締役
請川博一
第297回 5月30日 命の医療チーム、母子の伴走者 産婦人科医
りんくう総合医療センター周産期センター産科医療センター長兼産婦人科部長
荻田和秀
第298回 6月6日 巨大港SP
第299回 6月13日 フォントデザイナー
フォントワークス株式会社
藤田重信
第300回 6月20日 保育士
幼保連携型認定こども園「聖愛園」園長
野島千恵子
第301回 6月27日 デジタルクリエーター
チームラボ株式会社代表取締役社長
猪子寿之
TEAM 最高の自分になれる場所
2012年9月17日に放送された、当番組の制作班が新たに企画したドキュメンタリー。プロフェッショナルが一人にスポットを当てるのに対し、TEAMでは複数構成によるチームにスポットを当てる。ナレーションも通常と異なり、長谷川博己が担当する。9月17日の放送では、パナソニックの美容家電チーム「Panasonic Beauty 美容部」を扱った。

テーマ曲[編集]

スタッフ[編集]

他番組でのパロディ[編集]

出版物[編集]

  • 書籍版
    • 「プロフェッショナル」シリーズ全15巻
    • 「勝負の決断はこうして下せ!」
    • 「失敗の数だけ、人生は楽しい」
    • 「きのうの自分をこえてゆけ」
    • 「ワンクリックで、世界を驚かせ」
    • 「人事を尽くして、鬼になる」
    • 「あえて、困難な道を行け」
    • 「リーダーは、太陽であれ」
    • 「明日から使える仕事術」
    以上の作品は全て茂木著、NHK番組制作班編 NHK出版
    • 「ディレクターズ ノート もうひとつのプロフェッショナル」 NHK番組制作班編 光文社
    • 「プロフェッショナルの言葉」 NHK番組制作班編 幻冬舎
    • 「 プロフェッショナル 仕事の流儀 2008-2009」 NHK番組制作班編 ポプラ社
  • コミックス版
    • 「『医療』の現場に立つ者たち」
    • 「『勝負』に挑む者たち」
    • 「『信念』の男たち」
    以上の作品は全てNHK番組制作班編 イースト・プレス
  • 新書版
    • 「NHK新生活人新書 プロフェッショナルたちの脳活用法1・2」(茂木著、NHK番組制作班編) NHK出版
  • DVD
    • 番組の各エピソードを収録した全6期(各10巻)
    • 「茂木健一郎の脳活用法スペシャル」
    • 宮崎駿の仕事」
    以上の作品は全てNHKエンタープライズ

脚注[編集]

出典
注釈
  1. ^ 放送再開日時は番組公式サイト参照。
  2. ^ 九州・沖縄地区では長崎市長射殺事件のため特別編成になり放送休止(4月24日 1:05からの再放送枠が初回放送)、その他の地域では『ニュースウオッチ9』放送時間延長のため22:45からの放送になった。
  3. ^ 番組として初の生放送(22:00 - 22:58)を行った。なお、星野と杉野は中継による出演となった。
  4. ^ a b 60分拡大版
  5. ^ 74分拡大版
  6. ^ 福山は番組後半で出演。
  7. ^ 当初は3月14日に放送予定だったが、東日本大震災関連のため『ニユースウオッチ9』が延長され、放送休止になった。なお、東北地方は別編成(『蒼穹の昴』最終回放送)となり、同地区のみ放送は4月1日22:20からとなった。
  8. ^ 茂木・住吉もロケーションで出演。当初は3月21日に放送予定だったが、東日本大震災関連報道のため放送休止になった。この回を以って半年間の中断期間に入る。
  9. ^ この回の直前の1月24日に石岡が死去したことから、急遽「言葉のチカラSP」を1週繰り下げ、追悼企画としてアンコール放送された。冒頭に、石岡の死とそれによる追悼放送である旨の15秒の告知が挿入された。
  10. ^ 奥田は2009年3月10日に続く再登場。今回は奥田の東日本大震災被災者支援活動を中心に放送。
  11. ^ 2013年2月11日の月曜日(建国記念の日)にも8:20 - 9:35に再放送されるが、北海道地方はプレミアムドラマ 札幌局発地域ドラマ「神様の赤ん坊」(8:20-9:20)、「しあわせ鉄道紀行」(9:20-9:30)、「のんびりゆったり路線バスの旅」(9:30-10:00、同年2月2日放送分。別番組差し替えに伴う振替放送)に差し替えた関係で3月3日の日曜日16:15-17:30に北海道ローカルで再放送。
  12. ^ 3月25日放送分に最新情報加え、再構成したもの。
  13. ^ 8月26日放送分を再構成したもの。
  14. ^ 新聞のラ・テ欄で「日本ガンバレW杯」と読める縦読みが仕込まれていた。
  15. ^ 10月5日に冒頭にラグビーワールドカップ2015の映像を加えてアンコール放送された。
  16. ^ 第254回の増強版。
  17. ^ 19:30 - 20:43放送の特別編。
  18. ^ このパロディでは、「File.24」と回数が振られていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合 火曜21:15 - 21:58枠
前番組 番組名 次番組
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2006.1 - 2006.3)
ニュースウオッチ9
※21:00 - 22:00
NHK総合 木曜22時台
NHKニュース10
※22:00 - 22:55
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2006.4 - 2007.3)
きよしとこの夜
【45分繰り上げ】
NHK総合 火曜22時台
クイズ日本の顔
※22:00 - 22:30
飛び出せ!定年
※22:30 - 23:00
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2007.4 - 2010.3)
ドラマ10
※22:00 - 22:43

※22:00 - 22:48
NHK総合 月曜22:00 - 22:25枠
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2010.10 - 2011.4)
ディープピープル
※22:00 - 22:48
ディープピープル
※22:00 - 22:48
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2011.10 - 2012.9)
ファミリーヒストリー
※22:00 - 22:48
ファミリーヒストリー
※22:00 - 22:48
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2013.4 - 2016.3)
クローズアップ現代+
※月曜 - 木曜22:00 - 22:25
NHK総合 月曜22:25 - 22:48枠
ファミリーヒストリー
※22:00 - 22:48
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2010.10 - 2011.4)
ディープピープル
※22:00 - 22:48
ディープピープル
※22:00 - 22:48
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2011.10 - 2012.9)
ファミリーヒストリー
※22:00 - 22:48
ファミリーヒストリー
※22:00 - 22:48
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2013.4 - )
-
NHK総合 月曜22:48 - 23:15枠
ニュース・気象情報
※22:50 - 22:55
サラメシ
※22:55 - 23:20
【火曜20:15 - 20:43枠に移動して継続】
プロフェッショナル 仕事の流儀
(2016.4 - )
-
NHK総合 月曜19:30 - 20:43枠
前番組 番組名 次番組
クローズアップ現代
※月曜 - 木曜19:30 - 19:56
【改題のうえ、22:00 - 22:25枠に移動して継続】
番組宣伝枠
※19:56 - 19:58
気象情報
※19:58 - 20:00
鶴瓶の家族に乾杯
※20:00 - 20:43
プロフェッショナル 仕事の流儀 特別編
(2016.4 - )
【「鶴瓶の家族に乾杯」を放送する場合あり】
-