ウォシュレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
初代ウォシュレット
TOTOウォシュレット(ユニットバス用モデル)
最新のウォシュレット一体型便器
ウォシュレットのボタン
38個ものボタンがあるウォシュレット操作パネル

ウォシュレットは、TOTOが販売する温水洗浄便座の商品名である。

1980年6月に発売以来、2011年1月には累計販売台数が3000万台を突破した。温水洗浄便座では高いシェアを誇り、INAX(現・LIXIL。同社の名称はシャワートイレ)や他社製の同種類のものも含め「ウォシュレット」と呼ばれるほど定着しているが、ウォシュレットの名称はTOTOの登録商標(日本第1665963号など)である。

概要[編集]

TOTOは1960年代に米国からの輸入によって温水洗浄便座(ウォッシュエアシート)の販売を行っていた。主に病院向けに医療用や福祉施設用に導入されていたものである。1969年にはこれを国産化したが当時は販売価格も高く、且つ温水の温度が安定しないために火傷を負う利用者もいた。

TOTOは独自に研究開発を進め、清潔好きな土壌を持つ日本での普及が見込めることなどから、1980年に2機種の設定によって発売を開始した。特に肛門位置などの数値データは存在していなかったので、社員などの協力を得てデータを収集し、噴出位置を設計するという工夫をこらした。

温水貯蔵式でおしり洗浄の他、乾燥と「ウォームレット」の機能である暖房便座機能を持つ「Gシリーズ」(Gはゴージャスの意)と水を瞬間式で温水にし、おしり洗浄と暖房便座機能に絞った「Sシリーズ」(Sはスタンダードの意)の2種類があり、以後現在まで基本モデルはこの2種類でこれにコンパクトシリーズが1993年以降追加されるようになった。また便器の大きさによってレギュラー(普通)サイズとエロンゲート(大形)が用意されていたが、2012年2月以降はホテル用など一部商品を除き大形普通共用便座になった(暖房便座の2012年以降に発売されたウォームレットも含む。共用便座は旧公団用のC417便器には取り付け不可。またアプリコットFについてはCS510BM便器には取付不可(いずれも普通サイズは取付可能だった。))。

1982年には当時話題を集めていた戸川純を起用したCMで、仲畑貴志による「おしりだって、洗ってほしい。」のキャッチコピー(第2弾コピーは「人の、おしりを洗いたい。」)、そして、その独特のCM中の歌によって一気に知名度を高めた。CMについては初回の放映時間がゴールデンタイムであったことより視聴者から「今は食事の時間だ。飯を食っている時に便器の宣伝とは何だ!」などとクレームが入り[1]、おしりという言葉を使用したことなどについても批判されたがそれを乗り越えるだけのインパクトがあった。

以後、全てのラインナップで着座センサーを導入した(それまでは着座していなくても温水が噴出した)。ふたの自動開閉や便器洗浄、さらには消臭脱臭芳香の機能の搭載にも成功した。ウォシュレットを装備した一体形便器(「ネオレスト」や「GG」など)の登場、また住宅用に限らず公共施設やオフィス、ホテル用のラインナップも整備された。

抗菌・防汚にも配慮がなされノズル部分は、肛門から跳ね返ってきた温水が周囲に掛からないような角度(43度、ビデは53度)に設定されており、格納時やおしり洗浄前にノズルを温水で洗浄する機能も付属している。また、おしり洗浄とビデ洗浄では吐水する配管も変えられている。他にも、省エネルギーにも配慮して節電機能を設けたほか、操作部も一部機種では壁付けの別体リモコンの採用で使いやすくするなどの改良が加えられている。また2005年10月には音楽のMP3再生機能が備わったウォシュレットが発売されるなど、多機能化が進んでいる。このようなトイレの多機能化は日本独特のものであり日本の水の安全性の高さや日本の水は軟水であるためなどの理由で世界的にはこのような便座はまだ普及しているとは言えない。マドンナが2005年に来日した時、「日本の暖かい便座が懐かしかった」とコメントしている。2006年10月現在、中国・香港・台湾・韓国・ベトナム・シンガポール・インド・ドバイなどの中東地域・アメリカ・カナダで販売されている[2]

また、変わったところでは1996年に和式便器用の機種も発売されていた[3]。しかし、和風便器では温水が命中しないなどで使用しにくいことや洋風便器への移行が進んだことから普及せずに2003年頃に生産が終わった)。一方で、旅行先などで使用できる携帯タイプは現在も発売されている。

1998年には累計販売台数1000万台を突破した[4]がこの頃から多くの便器で装備するようになり、以後7年で倍の2000万台に達した。他社製品も含めれば、普及率は6割程度まで伸び、新規に建設されるオフィスビルでも標準的に取り付けられるようになっている。

ウォームレットとウォシュレットでは説明書や便座の開閉ふたに便座や乾燥使用中は火傷への注意が記載されている。一部機種では清掃時の利便性を向上するために便ふた・便座または本体ごと外れる機能が搭載されているものもある。

歴史[編集]

  • 1964年 - 東洋陶器(現・TOTO)が、米国から温水洗浄便座「ウォッシュエアシート」を輸入、販売を開始
  • 1969年 - 「ウォッシュエアシート」を国産化
  • 1980年
    • 2月 - 商標「ウォシュレット」を商標登録出願する
    • 6月 - 初代ウォシュレット(G、S)を発売
  • 1982年 - 「おしりだって洗ってほしい」のキャッチコピーを使ったCMが話題に
  • 1983年
    • 7月 - ウォシュレットGII、SIIを発売 セルフクリーニング(ノズル洗浄)機能(GII)、水量調節(SII)
    • 11月 - ビデ機能追加(ウォシュレットGII)
  • 1984年3月 - 商標「ウォシュレット」が登録となる
  • 1985年4月 - ウォシュレットGIII、SIIIを発売 カラーバリエーションの追加、乾燥機能の追加(SIII)
  • 1987年11月 - ウォシュレットQueen(ウォシュレット一体型便器)、ホテル向け商品を発売
  • 1988年9月 - ウォシュレットGXI・II、SXI・IIを発売 ビデ標準装備(Sシリーズ)、消臭機能、着座センサー、便座ソフト閉止、リモコンなどを追加(Gシリーズ)
  • 1991年
    • 6月 - ウォシュレット(パブリック、オフィス向け)を発売
    • 12月 - ウォシュレット一体型便器ZGシリーズ(初代)を発売 オゾン脱臭を初搭載
  • 1992年2月 - ウォシュレットGαI・II、SαI・IIを発売 オゾン脱臭(Gシリーズ)、ムーブ機能・着座センサーを追加(Sシリーズ)
  • 1993年
    • 3月 - コンパクトシリーズとして、ウォシュレットCαI・IIを発売
    • 4月 - タンクレス便器・ネオレストを発売、ウォシュレットも装備
  • 1994年2月 - ZG(初代)に防露便器(結露を防ぐための断熱層を設けた便器)搭載機種追加、ZS(初代)発売
  • 1995年3月 - ウォシュレットGN・I・II、SI・II・IIIを発売 ワンタッチ脱着など清掃機能の充実
  • 1996年
    • 7月 - 和式便器用ウォシュレットWを発売
    • 9月 - ウォシュレット一体型便器ZG・ZS(2代目)発売
  • 1997年11月 - ウォシュレットGA・GBを発売 やわらか洗浄を追加
  • 1998年
    • 1月 - ウォシュレットSA・SB・SCを発売 便座の座面を拡大。パブリック用のPもこの機種をベースにモデルチェンジ
    • 9月 - ウォシュレットSSを発売 袖部分がなくなる。リモコンなしのウォシュレットGPも追加
    • 7月 - 累計販売台数1000万台を突破[4]
  • 1999年10月 - ウォシュレットアプリコットC1・C2・C3を発売 ワンダーウェーブ洗浄を導入、節水を実現
    ウォシュレットアプリコットシリーズ(現行モデル)
  • 2000年
    • 8月 - ウォシュレット一体型便器ZG・ZS(3代目)を発売
    • 9月 - ウォシュレットアプリコットC4を発売 室内暖房機能を装備
  • 2001年11月 - ウォシュレットSA・SB・SCをモデルチェンジ、節電機能を装備
  • 2002年
    • 7月 - ウォシュレット一体型便器ネオレストEXを発売 - 便器部にフチなしトルネード洗浄を装備
    • 9月 - ウォシュレットP(パブリック用)をモデルチェンジ 前年にモデルチェンジされたSシリーズがベース。
  • 2003年
    • 2月 - ウォシュレット一体型便器ネオレストSDを発売
    • 7月 - ウォシュレットアプリコットN1・N2・N3・N4を発売 便ふた自動開閉、自動便器洗浄機能を搭載
  • 2004年2月 - ウォシュレットS2・S1発売 - ワンダースピン洗浄を導入(これにより従来のSAは製造停止)
  • 2005年
    • 2月 - NEWネオレストシリーズを発売 上位機種に音楽機能、芳香機能を搭載
    •  3月- ウォシュレットアプリコットN5を発売 - ネオレスト同様シートタイプに初めて音楽機能搭載。同時にクリーンコート便座仕様を発売(大形サイズのみ)。同じ時期にパブリック用のPをマイナーチェンジ。下面施工(ボルト固定)タイプを追加。
    • 4月 - ウォシュレット一体型便器Zシリーズを発売
    • 6月 - 累計販売台数2000万台を突破
  • 2006年
    • 2月 - ウォシュレットSB・SCをモデルチェンジ
    • 8月 - ネオレストシリーズをモデルチェンジ、A・X・Dの3シリーズ、洗浄水量を大6L・小5Lに変更
    • 11月 - ウォシュレット一体型便器Zシリーズを仕様変更、洗浄水量を大6L・小5Lに
  • 2007年
    • 2月 - アプリコットシリーズをフルモデルチェンジ。デザインを一新し、清掃性を改善。「Nシリーズ」から「Fシリーズ」に
    • 5月 - 創業90周年、東陶機器株式会社は「TOTO株式会社」に社名を変更
    • 8月1日 - 「ハイブリッドエコロジーシステム」を搭載したネオレストハイブリッドAHを発売
  • 2009年
    • 3月31日 - Gシリーズの製造が停止される[5]
    • 8月3日 - ネオレストハイブリッドシリーズをマイナーチェンジ、新たにRHタイプを追加[6]
  • 2010年
    • 8月 - ウォシュレットS2・S1・SBをモデルチェンジ。S2・S1はワンダースピン洗浄をデザイン便器用を除き廃止され、袖付タイプはSC(脱臭なし、温風乾燥付)も廃止された。このモデルから本体形状が共通化された。
  • 2011年
    • 1月 - 累計販売台数3000万台を突破
    • 2月 - パブリック用のウォシュレットPをモデルチェンジ。男性用を廃止し、女性用だった音姫付の機種に一本化。あわせてリモコン式のPS(A)を発売。
  • 2012年
    • 2月 - アプリコットシリーズをフルモデルチェンジ。従来品よりさらに薄型になり、上位機種には瞬間暖房便座を採用。
    • 7月23日 - 日本機械学会は初代のウォシュレットGを機械遺産に認定した[7]
  • 2014年
    • 10月 - ウォシュレットP・PSをモデルチェンジ。PSにプレミスト、エコリモコンを採用。
  • 2015年
    • 2月 - ウォシュレットS2・S1・SBをモデルチェンジ。プレミストを搭載。
    • 7月 - 累計販売台数4000万台を突破

現在の製造機種[編集]

シートタイプ[編集]

  • ウォシュレットアプリコット(瞬間式)
    • グレード
      • F1A・F2A・F3A・F3AW(オート便器洗浄・リモコン便器洗浄機能付き)
      • F1・F2・F3・F3W(オート便器洗浄・リモコン便器洗浄機能なし)(F4系・F5系は2012年1月末で製造停止。これによってシートタイプから音楽再生機能付リモコン・部屋暖房機能付き機種は消滅した。)

ワンダーウェーブ洗浄を売りに現行品は2012年2月に発売。初代(1999年発売)はCαの後継品であったが2代目のN(2003年発売)からはシートタイプの上級機種(N1を除く)として2007年発売のFに至る。先代のFは途中、マイナーチェンジを2回行っており2009年発売品は断熱材を入れたダブル保温便座を採用。2011年2月発売品には電解除菌水ノズル洗浄を追加して2012年2月に新型(現行品)にモデルチェンジを行った。N以降の製品からバリアフリー(AC100Vリモコン)仕様(N2・F2のみ)も発売され、主に多目的トイレなどを中心に採用されている。なお2012年1月まではレギュラーサイズも用意されていた(現行品は大形・普通共用便座。2004年下期発売のN以降も大形サイズは共用便座になった)。

  • ウォシュレットS2・S1(貯湯式)
    • グレード
      • S2A・S1A(リモコン便器洗浄機能付き)
      • S2・S1(リモコン便器洗浄機能なし)

アプリコットとSBの中間に位置する。Sシリーズは袖スイッチ式が基本だが本製品はリモコン式でかつて1998年に発売されたSS以来のリモコン式Sシリーズである。現在の製品は2015年1月発売の3代目で先代は2010年8月発売、初代は2004年に発売された。現行モデルから「プレミスト」機能が搭載された。また、初代はおしり洗浄にスピン型のワンダースピン洗浄を採用していた。なお、バリアフリー(AC100Vリモコン)仕様(S2のみ)も先代まで発売されていたが現行品から特殊品対応になった。 また途中からデザイン便器専用(エバジオン・ロマンシア・デリシアシリーズ)の商品を発売した。ただしGシリーズで発売されていた製品と異なり若干形状が異なる。 なおデザイン便器用は初代のタイプを継続販売されていたが3代目のモデルチェンジに伴い生産終了した(特殊品で対応)。

  • ウォシュレットSB(貯湯式)
    • グレード SB  初代Sシリーズからの系譜を受け継いでいる本体スイッチ式。現行品は脱臭付で先代同様デザインはS2・S1と共通。かつては、温風乾燥・脱臭付きの製品(SA)や温風乾燥付き・脱臭無し(SC)の製品も発売されていた。 また、多目的トイレ向けのバリアフリー仕様も用意され、固定部分が金属製に変更されている(アプリコット・S2・S1、ホテル向けのHX、後述のP・PSにも用意されている。なおTOTOではアプリコットを推奨している)。
  • ウォシュレットG(2009年3月末で製造停止。後継品はアプリコット)
    • グレード GA・GB・GP(GPのみ本体スイッチ式、他はリモコン式)

アプリコットが登場するまでウォシュレットシートタイプ高級機種を長年支えてきたシリーズで大きい貯湯タンクを搭載しているのが特徴だった。最終モデルは1997年に発売され、この間アプリコットとSはモデルチェンジしている中で最後までデザインを変えずに発売されていた(ただしTOTOの社名変更時にウォシュレットのロゴ表記や注意表記の変更は行われている)。また通常品の他、デザイン便器専用も存在した。なお、この製品は最後まで大形・普通共用便座は採用されなかった。

  • ウォシュレットAR - ミドルシルエット便器(2005年10月発売)専用(機能はアプリコットNとほぼ共通。2009年頃製造停止。同じ時期に発売されたレストパルSXの初期タイプはこの機種がベースだった。)
  • ウォシュレットP/PS(パブリック・オフィス向け) - 2014年10月にモデルチェンジ。現行モデルから、プレミストと「エコリモコン」(PS2、PS2n)が設定された(先代に設定されていたAC100Vバリアフリーリモコン仕様は特殊品対応となった)。過去には男性用と女性用があった。男性用はおしり洗浄と脱臭機能、女性用はこれにビデと擬音装置(商品名「音姫」)が追加される。先代より男女兼用となった(特殊品でビデ洗浄・擬音装置のレス仕様が用意されている)。また先代のPが2011年2月にモデルチェンジした際、リモコンタイプのPSが追加された。デザインはそれぞれウォシュレットS1・S2・SBに準じる。オート洗浄タイプ、バリアフリー金属固定仕様も用意されている。
  • ホテル用ウォシュレット(HX・U・UD) - ホテル全体の給湯設備から温水の供給を受ける。洗浄機能のみの場合は電装がノズル駆動部分のみとなるため、バッテリ駆動が可能。HX・Uは2016年2月29日にモデルチェンジした。
  • トラベルウォシュレット・プチウォシュレット - 携帯用のウォシュレット。プチウォシュレットは女性用
  • 量販店向け製品 - 量販店で販売し取り付けはユーザーが自ら出来るよう、工具や接続用フレキホースを添付。賃貸住宅などでの設置にも対応する。なお上記の一般商品は総合カタログに掲載されるが、これら量販店用は掲載されない。また、専用カタログも別個に用意されている。
    • KFシリーズ(形状はアプリコットFの現行品に類似するがリモコン等一部機能が異なる。)
    • KMシリーズ(量販店用のオリジナルデザインでKVの後継品だが温風乾燥付商品はない。上位機種はKFと機能がほぼ共通する。)
      • 2007年のアプリコットシリーズのモデルチェンジ以前は、現行KF・KMシリーズに相当するクラスの量販店向け機種にも「アプリコット」のシリーズ名が付されていた。
    • K・KHシリーズ(形状はSBと共通で機能が異なる。またデペロッパー向けのBV(旧J)シリーズも形状が共通している。)
      • 上記の他にも家電量販店・ホームセンターのオリジナル商品も存在し、専用カタログが用意されている。

ウォシュレット一体型便器[編集]

ウォシュレット一体型便器 『ネオレスト』

ウォシュレット一体型の便器。従来は機能部の老朽化による取り替え時には便器も含めた取り替えが必要であったが、機能部のみの取り替えも可能になった。●印の機種はフチなし形状・トルネード洗浄を採用している。

ネオレストハイブリッドAH
ネオレストAシリーズをベースに水道直圧式(ボール内洗浄用)に小型タンク(ゼット穴洗浄用)を組み合わせ新開発のポンプで加圧して低水圧でも対応可能にし、更に洗浄水量を大3.8L・小3.3L(2012年2月までは大4.8L・小4L、2009年8月までは大5.5L・小4.5L)に引き下げた「ハイブリッドエコロジーシステム」を搭載した機種。現行モデルは2015年1月にモデルチェンジした。AH1・AH2Wの2機種。AH2Wは室内暖房・オートフレグランスを搭載。
なお、ワイヤレスリモコンに音楽再生機能を搭載したAH3は2012年1月いっぱいで製造停止。
●ネオレストハイブリッドRH
ネオレストハイブリッドAHシリーズをベースに丸みを帯びた形状とし、2009年2月モデル以降のアプリコットと同様に便座の蓋を断熱仕様としている。現行モデルはAHとともに2015年1月にモデルチェンジ。基本的にAHと同じ機能。RH1・RH2Wの2機種。
こちらも、AHと同じくRH3は2012年1月いっぱいで、RH0は2015年1月いっぱいで製造停止。
●ネオレストハイブリッドDH
先代のネオレストRH0とネオレストDシリーズを統合した後継機種。当モデルからハイブリッド仕様になった。リモコン・機能はAH・RHと異なる。当モデルからプレミスト、ノズルきれいが搭載(DH2のみ)された。また、ネオレストDシリーズで設定があったオート開閉機能が廃止された。DH1・2の2機種。
2015年1月から発売開始。
●レストパル/レストパルF
住宅用システムトイレ。タンク式洗浄。レストパルFは壁掛け式。ウォシュレットはアプリコットFシリーズを使用する。
ウォシュレット一体形取替機能部
旧型ウォシュレット一体型便器機能部の取り替えに対応(2005年8月29日発売)。現在はネオレストSDとZG・ZSの取り替え用を発売。
●GG/GG‐800
Zシリーズの後継機種、初代GGは2010年4月発売、初代GG-800は2010年8月発売。2014年5月にそれぞれ2代目にモデルチェンジした。現行モデルから、ネオレストにも搭載されている「お掃除リフト」、「プレミスト」が搭載された。基本機能はGG1・2はウォシュレットS1A・S2Aに準じ、GG3はS2Aにオート開閉とオート小洗浄がプラスされる。派生機種としてGG-800もあり、GGとの違いは、ローシルエット(タンク式)ではなく、手洗い付きのタンク式であること。
●パブリックウォシュレット一体形便器
2011年2月に発売したINAXのセンサー大便器の対抗品である。2015年2月に現行モデルにモデルチェンジした。基本仕様はGGに準じるため、タンク式である。ウォシュレット機能はPSAに準じ標準リモコンとエコリモコンが選べる。先代にあったバリアフリーリモコン(AC100V電源)は特殊品対応となった。なお、INAXのセンサー大便器とは違い、ウォームレット(暖房便座)タイプ、車いす仕様は用意されていない。価格は対抗のセンサー大便器と比べ、10万程度安い。


なお、競合他社製品については温水洗浄便座#各社の温水洗浄便座を参照。

普及率[編集]

1980年に発売され、18年後の1998年に国内・海外市場合わせて1000万台突破。その7年後の2005年に2000万台突破。さらに2011年には3000万台突破。なお、ウォシュレットに限らず国内温水洗浄便座市場全体での家庭での普及率は71.6%(2010年3月内閣府調べ)。

脚注[編集]

  1. ^ 2002年9月17日放送 NHK総合テレビプロジェクトX〜挑戦者たち〜』第97回「革命トイレ・市場を制す」
  2. ^ 荻上直子監督の『トイレット (映画)』は北米が舞台で全編英語だが、ウォシュレットがテーマになっている。
  3. ^ トリビアの泉』において“和式トイレ用のウォシュレットがある”として、この和式便器用の機種が紹介された(2004年1月14日放送分)。
  4. ^ a b (TOTO社サイト内検索結果)”. 2014年3月8日閲覧。メーカー調べ。
  5. ^ TOTO住宅向け商品総合カタログ 704ページ
  6. ^ TOTOニュースリリース 2009年6月23日
  7. ^ “ウォシュレット機械遺産に、開発は米企業だが…”. 読売新聞. (2012年7月23日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120723-OYT1T00050.htm 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]