ヤプーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤプーズ
別名 戸川純とヤプーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ニューウェーブ
テクノ
活動期間 1983年 -
レーベル テイチクエンタテインメント
(1987年 - 1991年)
東芝EMI/Pヴァインレコード(再発)
(1991年 - 1995年)
コロムビアレコード
(1995年)
メンバー 戸川純ボーカル
中原信雄ベース
ライオン・メリィキーボード
山口慎一 (データ
デニス・ガンギター
戸田誠司 (ギター)
新井田耕造ドラムス
旧メンバー 比賀江隆男 (ギター、シンセサイザー
吉川洋一郎 (シンセサイザー)
小滝満 (シンセサイザー)
泉水敏郎 (ドラムス)
河野裕一(ギター)
福間創 (データ)

ヤプーズYAPOOS)は、戸川純を中心として1983年に結成された日本の音楽バンド[1]。もともとは戸川純とヤプーズと名乗っていた。

概要[編集]

バンド名は沼正三長編小説家畜人ヤプー』に由来する[2]

当時アイドルとして人気を博していた戸川純の参加していたバンド「ゲルニカ」の活動休止にともなうソロ活動をきっかけに結成[3]。当初はゲルニカ活動休止中の1年間限定の活動予定だった[3][4]

ゲルニカを休止してソロ活動やヤプーズを始めたのは、戸川の中で何か志向性が固まってきたというわけでも「ゲルニカ」とは異なる音楽性を打ち出したかったというわけでもなく、あくまでゲルニカ・メンバーの都合とレコード会社との契約上の問題(作品リリース契約)によるものだった[3]。まず「ちゃんとしたバンドにしたい」という気持ちが先にあり、バンドのコンセプトはその後で考えた[3]。バンド名を変更したのも、「戸川純とヤプーズ」ではバック・バンド的なニュアンスが強いので、自身も一兵卒のひとりであるバンドにしたかったため[3]

「ゲルニカ」での戸川がメンバーの伝えたいことを表現する主演女優だとすると、「ヤプーズ」での戸川は歌詞を書いたりバンドのコンセプトを作ったりとバンドを牽引する立場にあり、主演女優でありながら監督を務める部分もある[3]

来歴[編集]

1983年、戸川純が参加していたゲルニカの活動休止を受け、その戸川がフロントに座る形で元ハルメンズの泉水敏郎らと結成[注 1][4]

1984年、「戸川純とヤプーズ」名義でライブアルバム裏玉姫』を発売してデビュー[4]

1985年から1986年にかけてライブ活動を行う。

1987年よりバンド名を現在の名称に変え、1stアルバム『ヤプーズ計画』と1stシングル「バーバラ・セクサロイド」をリリース。本格的に活動を開始する。

一旦活動を休止するが、1998年にメンバーを変えて活動再開する。

メンバー[編集]

戸川純
ボーカル担当。結成当初から参加。
中原信雄
ベースシンセサイザー担当。結成当初から参加。ヤプーズのサウンド・リーダー[3]
ライオン・メリイ
キーボード担当。1992年から1995年まで参加、2005年に復帰した。
山口慎一
データ担当。
デニス・ガン
ギター担当。
戸田誠司
ギター担当[5]
新井田耕造
ドラムス担当。2005年から参加。

過去に在籍したメンバー[編集]

泉水敏郎
ドラムス担当。結成当初から1991年まで参加。
比賀江隆男
ギター、シンセサイザー担当。結成当初から1989年まで参加。
吉川洋一郎
シンセサイザー担当。1985年から1991年まで参加。
小滝満
シンセサイザー担当。1985年から1989年まで参加。
河野裕一
ギター担当。1992年から1995年まで参加。
福間創
データ担当。2000年から2005年まで参加。

作品[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 1987年12月16日 バーバラ・セクサロイド 7インチシングルレコード 07BA-1 テイチクエンタテインメント/Baidis
2nd 1991年5月2日 Men's Junan CD TODT-2661 東芝EMI/Eastworld
1991年6月28日 CDV TOFF-7026
3rd 1995年3月1日 本能の少女 CD CODA-602 日本コロムビア

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1984年4月25日 裏玉姫 カセットテープ YLC-20004 アルファレコード/YEN 戸川純とヤプーズ名義。1984年2月19日ラフォーレミュージアム原宿でのライヴを収めたアルバム。
1993年8月21日 CD ALCA-513 アルファレコード 初CD化。販売元は日本コロムビア。
1994年12月21日 CD ALCA-9126 アルファミュージック 再発。販売元は東芝EMI。
2006年2月22日 CD MHCL-713 ソニー・ミュージックダイレクト デジタルリマスタリング。完全限定生産盤。紙ジャケット仕様。
2011年5月11日 Blu-spec CD MHCL-20133 2006年盤をBlu-spec CD化。完全限定生産盤。紙ジャケット仕様。
2016年12月21日 Blu-spec CD2 MHCL 30427
1st 1987年12月16日 ヤプーズ計画 カセットテープ 28TB-6 テイチクエンタテインメント
LPレコード 28BA-6
CD 30CH-276
1995年11月22日 CD TECN-15319
2012年10月24日 SHM-CD TECH-25316
2nd 1988年9月21日 大天使のように カセットテープ 28TB-24 テイチクエンタテインメント
LPレコード 28BA-24
CD 30CH-323
1995年11月22日 CD TECN-15320
3rd 1991年6月7日 ダイヤルYを廻せ! LP TOTT-6153 東芝EMI/Eastworld
CD TOCT-6153
2003年4月10日 CD PCD-7226 Pヴァイン
2018年6月13日 CD UPCY-9796 ユニバーサル・ミュージック
4th 1992年10月28日 Dadada ism CD TOCT-6716 東芝EMI/Eastworld
2003年4月10日 CD PCD-7227 P-VINE
2018年6月13日 CD UPCY-9797 ユニバーサル・ミュージック
5th 1995年1月31日 ヤプーズの不審な行動 CD AX-001 AXEL
6th 1995年6月21日 HYS CD COCA-12689 日本コロムビア

ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1st 2003年4月10日 CD-Y CD UNDO-002 いぬん堂/UNDO RECORDS 1999年の東京・大阪ツアーのライブ会場と一部のネット上でしか販売されなかった幻の作品をCD化。

ベストアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 レーベル 備考
1991年5月21日 ヤプーズベスト CD TECN-28086 テイチクエンタテインメント/BAIDIS

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 レーベル 備考
1986年4月25日 TOUR-LIVE '85〜'86 VHS アルファレコード 戸川純とヤプーズ名義。
LD SM058-3041
1991年5月21日 VHS ALVA-48 東芝EMI/Eastworld
1992年9月21日 LD ALLA-48
2006年2月22日 DVD MHBL-1065 ソニー・ミュージックダイレクト
1990年11月21日 ヤプーズ計画 LIVE&CLIP VHS TELN-38011 テイチクエンタテインメント/Baidis
2002年12月4日 ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2 DVD TEBN-35003 テイチクエンタテインメント DVD化のボーナスとして「大天使のように」「バージン・ブルース」の2本の未発売PVを追加収録。
2012年10月24日 DVD TEBN-30042
1991年10月16日 ヤプーズ・デ・ラ・クルスの犯罪的人生 VHS TOVF-1129 東芝EMI/Eastworld
2010年12月24日 ヤプーズ・デ・ラ・クルスの犯罪的人生〜96m巻・2枚重ねミシン目あり DVD UNDO-004 いぬん堂/UNDO RECORDS DVD化のボーナスとして当時VIDEO SINGLE DISCでのみ販売されてオリジナル盤には収録されなかった「Men's JUNAN」のP.Vを収録。
1995年11月10日 HYS NOISE VHS COVA-4630 日本コロムビア
2010年12月24日 DVD UNDO-005 いぬん堂/UNDO RECORDS

関連項目[編集]

  • 平沢進 - 戸川純と親交が深く、『ダイヤルYを廻せ! 』『dadadaism』に参加している。元メンバーの福間創はもともとは平沢のバンドP-MODELに在籍していた。
  • ハルメンズ
  • 8 1/2 - ハルメンズのさらに前身にあたるバンド。8 1/2時代の楽曲も持ち歌としている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ハルメンズの前身バンド、8 1/2(ハッカニブンノイチ)の追っかけをしていた戸川がハルメンズにゲストボーカルとしてライブ参加したことがきっかけだった。

出典[編集]

  1. ^ 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る”. CINRA.NET (2016年12月27日). 2018年11月3日閲覧。
  2. ^ 『家畜人ヤプー』出版45周年に康芳夫プロデューサーが「家畜人ヤプー倶楽部」を復活”. SPICE(スパイス). イープラス (2015年8月5日). 2018年11月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g テイチク在籍時の作品を編纂した究極のBOXセットに見る玉姫様の軌跡”. Rooftop (2009年8月1日). 2018年11月3日閲覧。
  4. ^ a b c カルト歌謡カルタ【れ】‪戸川純「レーダーマン」”. 全日本歌謡情報センター (2018年2月6日). 2018年11月3日閲覧。
  5. ^ テクノポップ/アーティストインタヴュー There She Goes Again〜戸田誠司さん”. All About (2005年9月12日). 2018年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]