ソニー・ミュージックダイレクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソニー・ミュージックダイレクト
Sony Music Direct
親会社ソニー・ミュージックレーベルズ
設立2022年4月1日
販売元ソニー・ミュージックソリューションズ
ジャンル音楽カタログ開発事業及び演歌歌謡曲落語
日本の旗 日本

ソニー・ミュージックダイレクトSony Music Direct)は、ソニー・ミュージックレーベルズ(SML)の社内レコードレーベル

概要[編集]

1996年ソニー・ファミリークラブの事業分割により株式会社ソニー・ミュージックハウスとして設立。ソニーミュージックグループが保有する音源や映像を活用した企画作品の製造・販売を手がける。過去に発売された作品の復刻盤に加え、レーベルの枠を越えたコンピレーション盤などを発売している。規格品番MH(Sony Music House)で始まるのはその名残である。

通信販売事業も行っており、登録した会員に毎月推薦盤を紹介する「CDクラブ」を運営している。ソニーミュージックグループのソフトを取り扱うネットショップ「Sony Music Shop」も行っていたが、2009年5月1日付でソニー・ミュージックディストリビューション(現:ソニー・ミュージックマーケティング)ソニー・ミュージックソリューションズへ移管となった。

この他、情報提供サイトとして「大人」の音楽ファンを対象とした「OTONANO」、洋楽復刻情報を主に扱う「HIGH HOPES」などを運営している。

また、レーベルとしてSony Music Direct(レーベルのCIの意匠は米国コロムビア・レコードのレーベルとほぼ同一のものが使用される)、およびGT music(旧:SMDR GT music)、DO THE TUNE、GREAT TRACKSがある。2009年には業界初の落語レーベル「来福(福は旧字体)」を立ち上げる。

これまでに、ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント(due)と共同で、「初音ミク ベスト(memories/impacts)」「初音ミクDVD(memories/impacts)」「VOCALOID BEST from ニコニコ動画(あか/あお)」「初音ミク 5thバースデー ベスト(memories/impacts)」「ボーカロイド超ベスト(memories/impacts)」をリリースした。それぞれ「memories」「あか」が当社発売分で、「impacts」「あお」がdue発売・当社販売分となるが、due発売分についても規格品番が当社と同じMHで始まることからも判る通り、当社発売分と同様の扱いを受けている。したがって、当社発売分の「memories」「あか」のみならずdue発売分の「impacts」「あお」についても、ブックレットには問い合わせ先としてdue( ← dme ← d-AGE)ではなくSMEの連絡先が記載されている。

沿革[編集]

レーベル[編集]

  • ALDELIGHT - 新たなメインレーベルとして2021年に設立。レジェンド・アーティストのカタログや新録音盤を扱う。レーベルのコンセプトは全ての喜びを包み込んだ音楽。命名者はいしわたり淳治
  • GT music - メインレーベル。旧名、SMDR GT music。一般販路の商品で使用。規格品番の販社コードは"MH"。
  • Sony Music Direct(ACレーベル) - アメリカのコロムビア・レコードで使用され、かつてCBSソニー → Sony Recordsでも使われていたウォーキング・アイのレーベルロゴが用いられている。旧名、ACルーム。松田聖子のソニー所属時代の旧譜及び関連商品と五輪真弓伍代夏子藤あや子が所属。規格品番の販社コードは"MH"。
  • CS RECORDS - 特販ルートのみで使用。規格品番の販社コードは"DQ"ならびに"DY"。
  • SMEJ - GT MUSIC・CS RECORDSが設けられるまで使用されていたレーベル。
  • GREAT TRACKS - アナログ盤専用レーベル。規格品番の販社コードは"MH"。
  • 来福 - 落語専門レーベル。
  • Primo Passo - 子供向け楽曲のレーベル。規格品番の販社コードは"MH"。

主な参加アーティスト[編集]

※移籍、歌手活動休止、引退・解散した者も含む。

コンピレーションアルバム[編集]

Sony Music Direct[編集]

GT music[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

外部リンク[編集]