GO-BANG'S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GO-BANG'S
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
ジャンル ロック
活動期間 1983年 - 1994年2013年(森若香織のソロユニットとして) -
レーベル SWITCH(インディーズレーベル)(1987年 - 1988年
ポニーキャニオン1988年 - 1991年
BMGビクター1992年 - 1994年)
共同作業者 朝本浩文
メンバー 森若香織(ボーカル・ギター)
谷島美砂(ベース・コーラス)
旧メンバー 富田綾子(ギター)
鈴木由花(ギター)
斉藤光子(ドラムス・コーラス)
ザ・ロッカーズ(陣内孝則
RCサクセション

GO-BANG'S(ゴーバンズ)は、日本のロックバンド1980年代中期から1990年代中期にかけて活動し、2013年5月25日から森若香織のソロユニットとなる。メンバー全員が北海道出身(ただし、インディーズレーベル所属時期を除く)のガールズバンド

メンバー[編集]

一時期ギタリストが所属していた頃もあったが、メジャーデビュー時には森若、谷島、斉藤の3人編成となっていた。

  • 森若香織(もりわか かおり、1963年12月11日 -)ボーカルギター
    • 大半の楽曲の作詞・作曲を担当。バンド結成当初はメインボーカルではなくギター担当であったが、当初のメインボーカルが抜け、後述の忌野清志郎に「君がやりたまえ。君には味がある」と言われてボーカルとなった経緯がある。[1]

解散時に在籍していたメンバー[編集]

脱退したメンバー[編集]

  • 富田綾子(とみた あやこ)
  • 鈴木由花(すずき ゆか)
    • ギター。ポコペン脱退からメジャーデビューまで在籍。
  • 斉藤光子(さいとう みつこ、1964年1月16日 -)ドラムス、コーラス。
    • 身長183cmの長身。ファッションモデルとしても活動していた。三姉妹の末っ子[4]。好きなミュージシャンは、谷島と同じくARBで、バンドを始めるきっかけにもなった。ARBの前は甲斐バンドなどをよく聴いていた[4]。ドラムを始めたきっかけは、バンドに誘われた時に「ギターとドラムしか残ってない」と言われた時に、単純に「ギターよりドラムの方が合ってそう」と思ったことから[4]。一部アルバムに収録の楽曲で作詞・作曲・メインボーカルを担当。1993年に脱退。

来歴[編集]

バンド名は、陣内孝則がボーカルのバンド「ザ・ロッカーズ」のファンだった森若が、ザ・ロッカーズの楽曲「バチラスボンブ(細菌爆弾)」の中に出てくる「Go-Bang」という歌詞から採った[5]。また、インタビューなどで頻繁に『アメリカの人気ガールズバンド「ゴーゴーズ」と「バングルス」を併せたものか?』と聞かれており、面倒くさくなり訂正しなかったため、この説も根強く広まっている(「J-ROCK80's」日経BP社より)。

札幌市立もみじ台中学校の同級生たちによって1983年に結成される。結成後、地元である札幌市を拠点として活動していたが、森若が親の転勤により東京に行くことになりバンドは自然消滅状態に。バンドは自分たちの音楽活動の記念として曲をテープに録って喫茶店レコーディングスタジオの「コーヒーハウスミルク(スタジオミルク)」に残した。このテープを、たまたまプライベートで札幌に居合わせ、同店を訪れたRCサクセション忌野清志郎が聞いた。その時、忌野が放った一言「いいじゃん!!」をきっかけに、メンバーは上京を決心する。先に東京に住んでいた森若以外のメンバーを忌野が呼び寄せるかたちで、東京での活動が始まる。まだアマチュアバンドだったGO-BANG'Sのデモテープ制作や演奏方法に、忌野をはじめRCサクセションのメンバーも色々親身になってアドバイスしたり、スタジオを使わせたりした。そこでレコーディングされたデモテープについて忌野は「このテープだったらどこのレコード会社もきっとOKだぜ!」と言い[1]、森若は後に「これがプロデビューの大きなきっかけになった」と語っている。

バンドは1985年6月に、新宿LOFTで東京でのライブデビューを果たす。その後1986年2月に、自主制作150本限定の9曲入りファーストカセット「7 DAY'S GO! GO! BOX」を発表。6月~8月に都内のライブハウスでライブを行う。 1987年にはインディーズレーベルのSWITCHに所属し、4曲入りアナログレコード「HUSTLE-BANG! BANG!」と「プリマドンナはお好き?」をリリース。後者レコードに収録された楽曲「プリマドンナはお好き?」はフジテレビ系ドラマ「オレの妹急上昇」のエンディングテーマに起用された。同曲はインディーズレーベルからのリリースであったが、後年にポニーキャニオンから発売された「The T.V.ショー」や「GO-BANG'Sベスト・コレクション:HISTORY 1988-1991」などに「コーラス追加バージョン」で収録されている。

そして1988年4月21日にファーストシングル「ざまぁカンカン娘(ガール)」でポニーキャニオンからメジャーデビュー。5月にはファーストフルアルバム『ゴーバニックランド』をリリース。シングル「ざまぁカンカン娘(ガール)」は関西ローカルバラエティ番組ざまぁKANKAN!」(読売テレビ)のオープニングテーマに採用され、関西で知名度が向上した。その後「ざまぁカンカン!TVショー」という曲でも同番組のオープニングを飾る(同曲は翌年9月発売のアルバム「The T.V.ショー」に収録)。森若は10月に、ニッポン放送の深夜ラジオ番組「森若香織のオールナイトニッポン」(火曜2部)の単独パーソナリティーに抜擢される。バンドは10月にシングル「かっこイイダーリン」、11月にミニアルバム「ピグミー・ピンキー」を発表。

1989年5月にメジャーデビュー後としては3枚目のアルバムとなる「Special “I Love You”」を発表。同アルバムはオリコンチャート最高位15位にランクインした。また、同時期に渋谷公会堂でワンマンライブを行ったり、音楽番組「夜のヒットスタジオ」に初出演したりするなど、この頃からバンドの人気に火がつき始めた。同アルバムに先行して発売されたシングル「スペシャル・ボーイフレンド」は、カルピス株式会社の清涼飲料水「フルーツ合衆国」のCM曲に起用された。

9月にはそれまでの活動の中でテレビ番組やCMのタイアップ曲として起用された楽曲だけを集めたコンピレーションアルバム「The T.V.ショー」を発表。同アルバムはオリコンチャート最高位3位にランクインし、バンドのメディアへの露出も多くなった。ちなみに、この時期に笑っていいともテレフォンショッキングに初出演している(バンド活動中の総出演回数は2回)。また、同アルバムには当時、関東圏で放送されていたフジテレビ深夜番組「チキチキバンバン」のテーマソングとして使用された「チキチキバンバン」が収録されている。この楽曲はイギリスミュージカル映画「チキ・チキ・バン・バン」の主題歌を日本語詞にしたカバー曲。同番組用の企画物として制作されたため、シングル発売はされなかったが、「The T.V.ショー」発売に合わせて「夜のヒットスタジオ」で歌唱・演奏された。同アルバムの発売前後には日比谷野外音楽堂NHKホールでワンマンライブを成功させている。

1989年12月27日発売のシングル「あいにきて I・NEED・YOU!」は、アルペンのCMソングとなったことでオリコン最高位2位、37万8千枚のセールスを記録。「歌のトップテン」に出演するなど、全国区の知名度を得る。その後1990年3月3日にアルバム「グレイテスト・ビーナス」をリリースし、オリコンアルバムチャートで2週連続第1位を記録。4月には同アルバムからのシングルカット曲「無敵のビーナス」を発売した。同曲はカップリング曲の「香港パラダイス」とともに、同時期に全国公開された東宝映画香港パラダイス」(主演斉藤由貴)の主題歌・挿入歌に起用された(同映画のサントラは廃盤だが両曲とも「Anthology GO-BANG'S Best」に収録されている)。また「グレイテスト・ビーナス」発売に合わせて全国ホールツアー「グレイテスト・ビーナス・レビュー」を慣行し、6月15日には初の日本武道館公演を行った。ソールドアウトとなった武道館公演では、ユーモアを大事にしたいというバンド(特に森若)のアイデアから、森若はブドウ(武道館とかけた)、谷島はバナナ、斉藤はメロンの衣装を着てステージに立った。同ライブの模様は後に、ビデオ「ゴールデンライブ・オンステージ」として発表されている。

1990年秋頃に、メンバー全員が揃って金融商品のテレビCMに起用された。広告主は日本信販で、商品は同社のクレジットカードNICOSカード」(現在は三菱UFJニコスの商品)。CMの内容・構成は、海外の旅先でメンバー3人がさまざまな事件や出来事に遭遇するシーンをコミカルに描き、複数カットでつないだもの。予告編を含む複数のバージョンが制作・放映された。撮影地は香港。挿入曲には森若がCM用に書き下ろした楽曲を使用。同曲は現在に至るまでレコードCDカセットなどで発売されたことはない。

11月にはシングル「ロックンロールサンタクロース」をリリースし、翌月に新宿・日清パワーステーションでクリスマスライブを慣行した。12月31日には新宿コマ劇場で開催された年越しライブにUNICORNJUN SKY WALKER(S)THE BOOMとともに出演した。年越しのカウントダウン時には森若が進行役を務め、GO-BANG'Sの演奏による「チキチキバンバン」と「恋のアメリカン・フットボール」(カバー曲)で全4バンドがステージ上で共演した。

バンドは1991年2月21日に、ニューアルバムからの先行シングル「Bye-Bye-Bye」をリリースし、3月3日にアルバム「SAMANTHA」を発表した。同アルバムのミックスダウンは、英テクノハウスバンド808ステイトレコーディングエンジニアとして知られるMichael Haasにより英国マンチェスターで行われた。また、当時のライブサポートメンバーであったKing Gang's(朝本浩文谷信雄立石和哉)が編曲レコーディングで全面的に参加している。アルバムタイトルにもなっている収録曲「サマンサ」は、米コメディドラマ「奥さまは魔女」の主人公サマンサをテーマにして作られた曲である。6月6日には、アルバム「SAMANTHA」に収録された曲のうち4曲をリミックスした5曲入りリミックスアルバム「DARRIN」をリリースした(「サマンサ」は2バージョン収録)。5曲目に収録されている英語バージョンの「SAMANTHA - Golden Present Mix」は、当時森若がファンだった英ポップシンガー/ラップアーティストBetty BooのプロダクションチームRhythm King Productionsにより制作された。ちなみに「DARRIN」は左記の「奥さまは魔女」に登場するサマンサの夫の名前である。そして6月11日には、2度目の日本武道館ライブを行った。武道館のライブは特別なものにしたいという森若の意向により、この日のためだけに髪の毛をオレンジ色に染めてステージに立った。また「サマンサ」にはラッキィ池田による振り付けがあり、ライブ、音楽番組、ビデオ「Bewitched - ゴーバンズさまは魔女」などで披露された。

1992年にレコード会社をBMGビクター(現:アリオラジャパン)に移籍し、メジャー通算6枚目のオリジナルアルバム「ワンダーフルーツ」を発表。その後、1993年にアルバム「デンジャラス・チャームス」、収録曲全曲がカバー曲のミニアルバム「ザ・リサイクル・ヒッツ」をリリースするが、ドラムスの斉藤が脱退。1994年にアルバム「BIONIC ROCK」をリリースし、解散した。

2009年1月19日放送のフジテレビ系『SMAP×SMAP』で一夜限りの再結成を果たした(当初は2008年12月15日放送の予定だったが直前で延期された)[6][7]。途中脱退した斉藤も参加し、当時同じレコード会社で現タレントのYOU(元FAIRCHILD)とも再会した。

2013年5月25日、メジャーデビュー25周年を記念するベストアルバム「スペシャル GO-BANG'S」を発売。これを機に森若は自らのソロユニットとしてGO-BANG'Sを復活させる[8]11月23日に新宿ANTIKNOCKにてガレージロックバンドBOYZBOYZBOYZをバックに率い、GO-BANG'Sとしてライブを敢行。12月4日にはGO-BANG'S名義のワンマンライブとしては94年のバンド解散以来初となるライブを渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催した。谷島、斉藤は参加しなかったが、アルバム「グレイテスト・ビーナス」を共同プロデュースした白井良明、94年解散前の後期サポートギタリスト會田茂一などがライブメンバーとして参加した。

2015年3月3日、GO-BANG'S本格再始動の第一弾を飾る“アセるほどキャッチー”な新曲の数々が詰まったミニアルバム「FAIRY BRAIN」リリース。アルバム発売に伴い、森若香織がゴーバニストなバンド女史を選びガールズバンド「Fairy Rock」を結成する。以降、盤石なバックバンドして活動中。メンバーは下記。

2018年5月30日、メジャーデビュー30周年を記念して、過去にポニーキャニオンから発表されたライブビデオ2作品「スペシャル・アイラブユー」と「ゴールデンライブ・オンステージ」を1つにまとめたDVD「GO-BANG’S ON STAGE 1989-1990」をリリースした。同DVDにはボーナス映像も収録されている。7月18日には、ポニーキャニオン時代にリリースされた全楽曲の配信を開始。これら全73曲の音源は新たにリマスターされている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • HUSTLE-BANG! BANG!(1987年5月21日)
    • インディーズレーベルSWITCHよりリリースしたファーストEP(4曲入り12インチシングル)。シングル曲はA面1曲目(A1)の「愛をこめて、もっと!もっと!」。
  • プリマドンナはお好き?(1987年10月21日、カセット発売1988年1月21日)
    • インディーズレーベルSWITCHよりリリースしたセカンドEP。シングル曲はA1の「プリマドンナはお好き?」。
  • ざまぁカンカン娘(ガール)(1988年4月21日)
    • ポニーキャニオンからのメジャーデビューシングル
    • B面「マーブル・トゥルー」は未CD化楽曲。
  • かっこイイダーリン(1988年10月21日)
  • スペシャル・ボーイフレンド(1989年4月21日、オリコン最高位55位)(カルピス「フルーツ合衆国」CMソング)
    • シングル盤のジャケットなどに特に表記はないが、アルバム「Special “I Love You”」に収録されているバーションとはミックスが微妙に異なるバージョンを収録。
  • あいにきて I・NEED・YOU!(1989年12月27日、オリコン最高位2位)(「アルペン スキー’89~’90」CMソング)
  • 無敵のビーナス(1990年4月21日、オリコン最高位8位)(東宝映画「香港パラダイス」主題歌)
    • この曲に影響され、同名の漫画作品が数作品生まれた。アルバム「グレイテスト・ビーナス」に収録されているバーションとはミックスが微妙に異なる「Remix」バージョンを収録。
  • ロックンロールサンタクロース(1990年11月21日、オリコン最高位21位)(ANB系「はなきんデータランド」エンディングテーマ)
  • Bye-Bye-Bye(1991年2月21日、オリコン最高位19位)(ANB系「ビデオあなたが主役」エンディングテーマ)
  • ちょっとだけハイカラ(1992年7月8日、オリコン最高位73位)
    • BMGビクター移籍後の第一弾シングル
  • 恋のフリフリ(1992年12月16日)(NTV系「大相似形テレビ!!」エンディングテーマ)
  • ダイナマイトガイ(1993年6月23日)(NTV系「追跡(大家族)」テーマソング)
  • キスしたい(1994年4月21日)
    • カップリング曲「紫陽花の恋」は谷島が作詞・作曲・ボーカルを担当している。

アルバム[編集]

  • 7 DAY'S GO! GO! BOX(1986年2月14日)
    • 自主制作150本限定の9曲入りファーストカセット。発売当初はバレンタインデーの発売日にちなんで、おまけでチョコレートが付いていた。
  • ハッスルはお好き?(1988年5月21日)
    • インディーズ時代にリリースした「HUSTLE-BANG! BANG!」と「プリマドンナはお好き?」(それぞれ4曲入り)のほか、未発売楽曲「エレキ天国」を追加で収録したコンピレーションアルバム。
  • ゴーバニックランド(1988年5月21日)
    • ポニーキャニオンからのメジャーデビューアルバム
  • ピグミー・ピンキー(1988年11月21日)
    • 6曲入りミニアルバム。メジャーセカンドアルバム
  • SPECIAL “I LOVE YOU”(1989年5月5日、オリコン最高位15位)
    • メジャーサードアルバム
  • THE T.V.ショー(1989年9月21日、オリコン最高位3位)
    • テレビ番組やCMに起用された未発表曲、既発曲、既発曲別バージョンを収録したコンピレーションアルバム。32ページメロ譜・歌詞集付きボックス仕様。10万枚限定の初回プレス盤はスーパーピクチャーレーベル仕様[9]
  • グレイテスト ビーナス(1990年3月3日、オリコン最高位1位)
    • 4thオリジナルアルバム。初回プレス盤のみクリアスリーブケース付き、カラーCDケース、カラーディスク仕様。
  • SAMANTHA(1991年3月3日、オリコン最高位14位)
    • 5thオリジナルアルバム。13曲目に収録の「クリームソーダ・メロンソーダ」は1991年のアニメ「どろろんぱっ!」の主題歌。初回プレス盤のみクリアスリーブケース、52ページ写真集付き。
  • DARRIN(1991年6月6日、オリコン最高位52位)
    • アルバム「SAMANTHA」に収録の4曲をリミックスした5曲入りリミックスアルバム。アナログ12インチ盤もプレスされた。SAMANTHAの英語バージョンも収録。
  • ワンダーフルーツ(1992年7月22日、オリコン最高位43位)
    • BMGビクター移籍後の第一弾フルアルバム。メジャー通算6thオリジナルアルバム
  • BESTはお好き?(1992年8月5日、オリコン最高位51位)
    • ポニーキャニオンからのベスト盤
  • デンジャラス・チャームス(1993年6月23日)
    • メジャー通算7thオリジナルアルバム。アルバムのキャッチコピーは「カッコイイGO-BANG'Sのダイナマイトサウンド」。
  • リサイクル・ヒッツ(1993年11月21日)
    • 収録曲すべてがカバー曲の6曲入りミニアルバム
  • BIONIC ROCK(1994年4月21日)
    • BMGビクターからのラストアルバム。メジャー通算8thオリジナルアルバム
  • anthology GO-BANG'S best(2002年4月17日)
    • ポニーキャニオンからのベスト盤
  • ザ・グレイテスト・ゴーバンズ(2007年12月19日)
    • レーベルの垣根を越えたベスト盤。インディーズレーベルのSWITCHから、メジャーレーベルのポニーキャニオン、BMGビクター時代までの楽曲18曲を収録。森若が選曲。
  • GO-BANG'S ベスト・コレクション(2008年7月16日)
    • ポニーキャニオンからのベスト盤
  • スペシャル GO-BANG'S(2013年5月25日)
    • メジャーデビュー25周年を記念した、ポニーキャニオンからのベスト盤。BMGビクター時代のシングル4曲も収録。全曲、2013年時点で最新のデジタルリマスタリングが施される。
  • FAIRY BRAIN(2015年3月3日)
    • 約21年ぶりにリリースの7曲入りオリジナルアルバム

トリビュートアルバム[編集]

  • GO-BANG'Sトリビュート THE GREATEST VIVA-GIRL'S(2008年3月19日)

ビデオ[編集]

発売元はすべてポニーキャニオン。

  • スペシャル・アイラブユー(1989年)- 1989年5月10日に行われた初の渋谷公会堂ライブを収録。
  • ザ・ヒット・パロディーズ(1990年)- シングル「ざまあカンカン娘」から「あいにきてI・NEED・YOU!」までのプロモビデオを収録。
  • ゴールデンライブ・オンステージ(1990年)- 1990年6月15日に行われた初の日本武道館ライブを収録。
  • Bewitched - ゴーバンズさまは魔女(1991年5月5日)- アルバム「SAMANTHA」から3曲をピックアップして制作されたプロモビデオ集。監督は高城剛、小川徹。
  • GO-BANG’S ON STAGE 1989-1990(2018年5月30日)- 上記のビデオ作品「スペシャル・アイラブユー」と「ゴールデンライブ・オンステージ」のほか、ボーナス映像を収録したDVD。

出演番組[編集]

ラジオ

書籍[編集]

ドレミのまほう[編集]

NHKみんなのうた1991年10月〜11月放送曲。詳細はドレミのまほうを参照

脚注[編集]

  1. ^ a b GO-BANG'S 復活記念スペシャルインタビュー 『GO-BANG'S 森若香織 × BOYZBOYZBOYZ AKIRA-BOYZ の秋対談』 | A-FILES オルタナティヴ・ストリートカルチャー・ウェブマガジン” (日本語). a-files.jp (2013年10月14日). 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ ゴーバンズで行こう!「追っかけGO-BANG'S」(205ページ)
  3. ^ a b c ゴーバンズで行こう!「谷島美砂 パーソナルインタビュー」(82〜96ページ)
  4. ^ a b c ゴーバンズで行こう!「斉藤光子 パーソナルインタビュー」(178〜192ページ)
  5. ^ MUSICSHELF 世界の楽屋から Vol.21 GO-BANG'Sの楽屋から
  6. ^ 本日放送『SMAP×SMAP』にて、GO-BANG'Sが再結成!
  7. ^ SMAP×SMAP・オンエア!
  8. ^ 森若香織「GO-BANG'S」宣言!
  9. ^ 告知ポスターより。通常ディスク・ジャケットが写真となっているバージョンも存在する。

外部リンク[編集]