GO-BANG'S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
GO-BANG'S
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
ジャンル ロック
活動期間
レーベル
共同作業者 朝本浩文
メンバー
  • 森若香織(ボーカル・ギター)
  • 谷島美砂(ベース・コーラス)
旧メンバー
  • 富田綾子(ギター)
  • 鈴木由花(ギター)
  • 斉藤光子(ドラムス・コーラス)

GO-BANG'S(ゴーバンズ)は、日本のロックバンド1980年代中期から1990年代中期にかけて活動し、2013年5月25日から森若香織のソロユニットとなる。メンバー全員が北海道出身[注 1]ガールズバンド

メンバー[編集]

一時期ギタリストが所属していた頃もあったが、メジャーデビュー時には森若、谷島、斉藤の3人編成となっていた。
  • 森若香織(もりわか かおり、1963年12月11日 -)ボーカルギター
    • 大半の楽曲の作詞・作曲を担当。バンド結成当初はメインボーカルではなくギター担当であったが、当初のメインボーカルが抜け、後述の忌野清志郎に「君がやりたまえ。君には味がある」と言われてボーカルとなった経緯がある。[1]
    • 著書に『妖精頭脳』(2015年4月23日発売、発売元:学研パブリッシング)がある。同書は2015年3月発売のアルバム『FAIRY BRAIN』のリンク小説。

解散時に在籍していたメンバー[編集]

脱退したメンバー[編集]

  • 富田綾子(とみた あやこ)
  • 鈴木由花(すずき ゆか)
    • ギター担当。ポコペン脱退からメジャーデビューまで在籍。
  • 斉藤光子(さいとう みつこ、1964年1月16日 -)ドラムス、コーラス。
    • 身長183cmの長身。メジャーデビュー直後の1989年1月頃からファッションモデルとしても活動していた[5]。三姉妹の末っ子[6]。幼稚園時代から背が大きく、母親の家系がみんな身長が大きいので、その遺伝だろうという本人の談である[5]
    • 好きなミュージシャンは、谷島と同じくARBで、バンドを始めるきっかけにもなった。ARBの前は甲斐バンドなどをよく聴いていた[6]。ドラムを始めたきっかけは、バンドに誘われた時に「ギターとドラムしか残ってない」と言われ、単純に「ギターよりドラムの方が合ってそう」と思ったことから[6]。元々は谷島と同じく小学1年生から高校3年生までピアノを習っており、この時の音楽の好みはどちらかと言えばクラシック志向だった[5]。ドラムを始めたばかりの頃はピアノと並行してやっていた[5]。高校生の頃は音楽大学を受験しようと、受験一か月ほど前まで音大のための受験勉強をしていたが、本人曰く、その一か月前の時点で全然勉強する気が無くなり、「こんな状態で進学してもサボってばかりなのは目に見えた」ので、しょうがないと思ってやめたという[5]
    • 一部アルバムに収録の楽曲で作詞・作曲・メインボーカルを担当。1993年8月21日にMitsuko名義でソロアルバム『Propose』を発表。1994年前半に脱退。

来歴[編集]

デビューまで[編集]

バンド名は、陣内孝則がボーカルのバンド「ザ・ロッカーズ」のファンだった森若が、ザ・ロッカーズの楽曲「バチラスボンブ(細菌爆弾)」の中に出てくる「Go-Bang」という歌詞から採った[7]。またインタビューなどで頻繁に『アメリカの人気ガールズバンド「ゴーゴーズ」と「バングルス」を併せたものか?』と聞かれており、面倒くさくなり訂正しなかったため、この説も根強く広まっている(『J-ROCK80's』日経BP社より)。

札幌市立もみじ台中学校の同級生たちによって1983年に結成される。結成後、地元である札幌市を拠点として活動していたが、森若が親の転勤により東京に行くことになりバンドは自然消滅状態に。バンドは自分たちの音楽活動の記念として曲をテープに録って喫茶店レコーディングスタジオの「コーヒーハウスミルク(スタジオミルク)」に残した。このテープを、たまたまプライベートで札幌に居合わせ、同店を訪れたRCサクセション忌野清志郎が聞いた。その時、忌野が放った「いいじゃん!!」という一言がきっかけとなり、メンバーは上京を決心する。先に東京に住んでいた森若以外のメンバーを忌野が呼び寄せるかたちで、東京での活動が始まる。まだアマチュアバンドだったGO-BANG'Sのデモテープ制作や演奏方法に、忌野をはじめRCサクセションのメンバーも色々親身になってアドバイスしたり、スタジオを使わせたりした。そこでレコーディングされたデモテープについて忌野は「このテープだったらどこのレコード会社もきっとOKだぜ!」と言い[1]、森若は後に「これがプロデビューの大きなきっかけになった」と語っている。

デビュー[編集]

バンドは1985年6月に、新宿LOFTで東京でのライブデビューを果たす。その後1986年2月に、自主制作150本限定の9曲入りファーストカセット『7 DAY'S GO! GO! BOX』を発表。6月~8月に都内のライブハウスでライブを行う。

1987年にはインディーズレーベルのSWITCHに所属し、4曲入りアナログレコード『HUSTLE-BANG! BANG!』と『プリマドンナはお好き?』をリリース。後者レコードに収録された楽曲「プリマドンナはお好き?」はフジテレビドラマオレの妹急上昇』のエンディングテーマに起用された。同曲はインディーズレーベルからのリリースであったが、後年にポニーキャニオンから発売された『THE T.V.ショー』や『GO-BANG'Sベスト・コレクション』などに「コーラス追加バージョン」で収録されている。

そして1988年4月21日にメジャーファーストシングル「ざまぁカンカンガール」でポニーキャニオンからメジャーデビュー。リリース時のキャッチコピーは「女のコのかたまりロック!!」。「ざまぁカンカンガール」は関西ローカルバラエティ番組ざまぁKANKAN!』(読売テレビ)のオープニングテーマに採用され、関西で知名度が向上した。その後「ざまぁカンカン!TVショー」という曲でも同番組のオープニングを飾る。

5月にはファーストフルアルバム『ゴーバニックランド』をリリース。また、同アルバム発売に合わせて5月20日から6月25日にかけて全国19カ所を回るライブハウスツアーを敢行した。

森若は10月に、ニッポン放送の深夜ラジオ番組森若香織のオールナイトニッポン』(火曜2部)の単独パーソナリティーに抜擢される。バンドは10月にシングル「かっこイイダーリン」、11月にミニアルバム『ピグミー・ピンキー』を発表。これらのリリースに合わせて10月~11月に学園祭公演を含む東名阪、札幌などを回るライブハウスツアーを敢行した。

1989年5月にメジャーデビュー後としては3枚目のアルバムとなる『SPECIAL “I LOVE YOU”』を発表。同アルバムはオリコンチャート最高位15位にランクインした。また同時期に渋谷公会堂でワンマンライブを行ったり、音楽番組『夜のヒットスタジオ』に初出演したりするなど、この頃からバンドの人気に火がつき始めた。同アルバムに先行して発売されたシングル「スペシャル・ボーイフレンド」は、カルピス株式会社の清涼飲料水「フルーツ合衆国」のCM曲に起用された。その後、7月8日に「Rock 'n' Roll Picnic」と題したワンマンライブを日比谷野外音楽堂で敢行した。

9月にはそれまでの活動の中でテレビ番組やCMのタイアップ曲として起用された楽曲だけを集めたコンピレーションアルバム『THE T.V.ショー』を発表。同アルバムはオリコンチャート最高位3位にランクインし、バンドのメディアへの露出も多くなった。ちなみに、この時期に『笑っていいとも!』の『テレフォンショッキング』に初出演している(バンド活動中の総出演回数は2回)。また同アルバムには当時、関東圏で放送されていたフジテレビ深夜番組『チキチキバンバン』のテーマソングとして使用された「チキチキバンバン」が収録されている。この楽曲はイギリスミュージカル映画『チキ・チキ・バン・バン』の主題歌を日本語詞にしたカバー曲。同番組用の企画物として制作されたため、シングル発売はされなかったが、『THE T.V.ショー』発売に合わせて『夜のヒットスタジオDELUXE』で歌唱・演奏された。同アルバムの発売当日には「COME ON NHK」と題したワンマンライブをNHKホールで敢行した。

「あいにきて I・NEED・YOU!」のヒット[編集]

1989年12月27日発売のシングル「あいにきて I・NEED・YOU!」は、アルペンのCMソングとなったことでオリコン最高位2位、37万8千枚のセールスを記録。同曲で『歌のトップテン』に出演(最高位3位にランクイン)するなど、全国区の知名度を得る。また同時期に前年12月から始まっていたホールツアー「GO-BANG'S in JAPAN '89-'90」の一環として1990年1月23日、24日に渋谷公会堂でライブを行った。

3月3日にアルバム『グレイテスト・ビーナス』をリリースし、オリコンアルバムチャートで2週連続第1位を記録。4月には同アルバムからのシングルカット曲「無敵のビーナス」を発売した。同曲はカップリング曲の「香港パラダイス」とともに、同時期に全国公開された東宝映画香港パラダイス』(主演斉藤由貴)の主題歌・挿入歌に起用された(同映画のサントラは廃盤だが両曲とも『Anthology GO-BANG'S Best』に収録されている)。また『グレイテスト・ビーナス』発売に合わせて5月〜10月に全国41カ所を回るホールツアー「グレイテスト・ビーナス・レビュー」を敢行し、6月15日には初の日本武道館公演を行った。ソールドアウトとなった武道館公演では、ユーモアを大事にしたいというバンド(特に森若)のアイデアから、森若はブドウ(武道館とかけた)、谷島はバナナ、斉藤はメロンの衣装を着てステージに立った。同ライブの模様は後に、ビデオ『ゴールデンライブ・オンステージ』として発表されている。

1990年秋頃に、メンバー全員が揃って金融商品のテレビCMに起用された。広告主は日本信販で、商品は同社のクレジットカードNICOSカード」(現在は三菱UFJニコスの商品)。CMの内容・構成は、海外の旅先でメンバー3人がさまざまな事件や出来事に遭遇するシーンをコミカルに描き、複数カットでつないだもの。予告編を含む複数のバージョンが制作・放映された。撮影地は香港。挿入曲には森若がCM用に書き下ろした楽曲を使用。同曲は現在に至るまでレコードCDカセットなどで発売されたことはない。

11月にはシングル「ロックンロールサンタクロース」をリリースし、翌月24日に新宿・日清パワーステーションでクリスマスライブを敢行した。12月31日には新宿コマ劇場で開催された年越しライブ「ゆく年くる年 TOBI-KIRI BATTLE ROCK 90-91」にUNICORNJUN SKY WALKER(S)THE BOOMとともに出演した。年越しのカウントダウン時には森若が進行役を務め、GO-BANG'Sの演奏による「チキチキバンバン」と「恋のアメリカン・フットボール」(カバー曲)で全4バンドがステージ上で共演した。

バンドは1991年2月21日に、ニューアルバムからの先行シングル「Bye-Bye-Bye」をリリースし、3月3日にアルバム『SAMANTHA』を発表した。同アルバムのミックスダウンは、英テクノハウスバンド808ステイトレコーディングエンジニアとして知られるMichael Haasにより英国マンチェスターで行われた。また当時のライブサポートメンバーであったKing Gang's(朝本浩文谷信雄立石和哉)が編曲レコーディングで全面的に参加している。アルバムタイトルにもなっている収録曲「サマンサ」は、米コメディドラマ『奥さまは魔女』の主人公サマンサをテーマにして作られた曲である。

6月6日には、アルバム『SAMANTHA』に収録された曲のうち4曲をリミックスした5曲入りリミックスアルバム『DARRIN』をリリースした(「サマンサ」は2バージョン収録)。5曲目に収録されている英語バージョンの「SAMANTHA - Golden Present Mix」は、当時森若がファンだった英ポップシンガー/ラップアーティストBetty BooのプロダクションチームRhythm King Productionsにより制作された。ちなみにDarrin(ダーリン)とは左記の『奥さまは魔女』に登場するサマンサの夫の名前である。そして6月11日には、2度目の日本武道館ライブを行った。武道館のライブは特別なものにしたいという森若の意向により、この日のためだけに髪の毛をオレンジ色に染めてステージに立った。また楽曲「サマンサ」にはラッキィ池田による振り付けがあり、ライブ、音楽番組、ビデオ『Bewitched - ゴーバンズさまは魔女』などで披露された。

レコード会社の移籍〜解散[編集]

1992年にレコード会社をRCAレコードに移籍し、7月にメジャー通算6枚目のオリジナルアルバム『ワンダーフルーツ』を発表。8月26日には「ワンダフル・ツアー」の一環として、東京・中野サンプラザでライブを敢行した。

1993年6月23日、シングル「ダイナマイトガイ」とアルバム『デンジャラス・チャームス』を同時発売。

11月21日には収録曲全曲がカバー曲のミニアルバム『ザ・リサイクル・ヒッツ』をリリースし、翌月21日に新宿・日清パワーステーションにてクリスマスライブ「The GO-BANG'Sクリスマスリサイタル Vol.5~かっこいいゴーバンズのホーリーナイト」を敢行した。その後、ドラムスの斉藤が脱退。

1994年4月にアルバム『BIONIC ROCK』をリリースし、5月30日に「バイオニック・ギグ」と題したライブを渋谷ON AIR WESTで行い解散した。

再結成[編集]

2009年1月19日放送のフジテレビ系『SMAP×SMAP』で一夜限りの再結成を果たした(当初は2008年12月15日放送の予定だったが直前で延期された)[8][9]。途中脱退した斉藤も参加。また過去に同じレコード会社(ポニーキャニオン)に所属していた現タレントのYOU(元FAIRCHILD)は、森若について「ただの友達なんです」と発言。森若とYOUはプライベートではよく会っていたが、テレビ番組で出演を共にするのは久しぶりであることを明かした。

2013年5月25日、メジャーデビュー25周年を記念するベストアルバム『スペシャル GO-BANG'S』を発売。これを機に森若は自らのソロユニットとしてGO-BANG'Sを復活させる[10]11月23日に新宿ANTIKNOCKにてガレージロックバンドBOYZBOYZBOYZをバックに率い、GO-BANG'Sとしてライブを敢行。12月4日にはGO-BANG'S名義のワンマンライブとしては94年のバンド解散以来初となるライブを渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催した。谷島、斉藤は参加しなかったが、アルバム『グレイテスト・ビーナス』を共同プロデュースした白井良明、94年解散前の後期サポートギタリスト會田茂一などがライブメンバーとして参加した。

2015年2月23日に公式ユーチューブチャンネル「GO-BANG’S youtube Official Channel」を開設。3月3日にはGO-BANG'S本格再始動の第一弾を飾る“アセるほどキャッチー”な新曲の数々が詰まったミニアルバム『FAIRY BRAIN』をリリース。アルバム発売に伴い、森若がゴーバニストなバンド女史を選びガールズバンド「Fairy Rock」を結成する。以降、盤石なバックバンドして活動中。メンバーは下記。

2018年5月30日、メジャーデビュー30周年を記念して、過去にポニーキャニオンから発表されたライブビデオ2作品『スペシャル・アイラブユー』と『ゴールデンライブ・オンステージ』を1つにまとめたDVD『GO-BANG’S ON STAGE 1989-1990』をリリースした。同DVDにはボーナス映像も収録されている。7月18日には、ポニーキャニオン時代にリリースされた全楽曲の配信を開始。これら全73曲の音源は新たにリマスターされている。

2020年4月10日、森若が歌とトークを発信する、新たな公式ユーチューブチャンネル『ゴーバンズTV』を開設した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 タイトル B面 規格 規格品番 オリコン
最高位
ポニーキャニオン
1st 1988年4月21日 ざまぁカンカンガール マーブル・トゥルー EP 7A-0848 圏外
2nd 1988年10月21日 かっこイイダーリン 土曜でいたい EP 7A-0903 圏外
8cmCD S10A-0171
3rd 1989年4月21日 スペシャル・ボーイフレンド ル・ララ EP 6A-1002 55位
8cmCD S9A-1002
4th 1989年12月27日 あいにきて I・NEED・YOU! ボーイハント 8cmCD PCDA-00044 2位
5th 1990年4月21日 無敵のビーナス 香港パラダイス 8cmCD PCDA-00074 8位
6th 1990年11月21日 ロックンロール サンタクロース ロックンロール サンタクロース (エジンバラMIX)
雪の降らない merry X'mas (SNOW WHITE MIX)
8cmCD PCDA-00074 21位
7th 1991年2月21日 Bye-Bye-Bye 浮気しよう! 8cmCD PCDA-00160 19位
RCAレコード
8th 1992年7月8日 ちょっとだけハイカラ 恋多き女の果てることないときめき 8cmCD BVDR-113 73位
9th 1992年12月16日 恋のフリフリ ジェットコースター・ジェントルマン 8cmCD BVDR-151 圏外
10th 1993年6月23日 ダイナマイトガイ ウエディングベル 8cmCD BVDR-182 圏外
11th 1994年4月21日 キスしたい 紫陽花の恋 8cmCD BVDR-241 圏外

EP[編集]

# 発売日 タイトル 収録曲 規格 規格品番
SWITCH
1st 1987年5月21日 HUSTLE-BANG! BANG!
  1. 愛をこめて、もっと!もっと!
  2. ハートアタックNo.1
  3. シャイリー・キャンディー
  4. バレラはおせっかち
12inch PSW-1001
2nd 1987年10月21日 プリマドンナはお好き?
  1. プリマドンナはお好き?
  2. 麗しのミス・ゴージャス
  3. Kiss Me! Kiss Me!
  4. ピンカール
12inch 15SW-4512
1988年1月21日 CT
1988年5月21日 CD 32WD-0005

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
自主制作
- 1986年2月14日 7 DAY'S GO! GO! BOX[注 2] CT 圏外
ポニーキャニオン
1st 1988年5月21日 ゴーバニックランド LP C28A-0638 圏外
CD D32A-0363
2nd 1989年5月5日 SPECIAL “I LOVE YOU” LP C25A-1002 15位
CD D29A-1004
3rd 1990年3月3日 グレイテスト ビーナス CD PCCA-00042 1位
4th 1991年3月3日 SAMANTHA[注 3] CD PCCA-00226 14位
RCAレコード
5th 1992年7月22日 ワンダーフルーツ CD BVCR-92 43位
6th 1993年6月23日 デンジャラス・チャームス CD BVCR-623 圏外
7th 1994年4月21日 BIONIC ROCK CD BVCR-662 圏外

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ポニーキャニオン
1st 1988年11月21日 ピグミー・ピンキー CD D22A-0404 圏外
セーニャ・アンド・カンパニー
2nd 2015年3月3日 FAIRY BRAIN CD SCLX-2026 圏外

カバーアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
RCAレコード
1st 1993年11月21日 リサイクル・ヒッツ CD BVCR-9201 圏外

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
SWITCH
1st 1988年5月21日 ハッスルはお好き? CD 32WD-0005 圏外
ポニーキャニオン
2nd 1989年9月21日 THE T.V.ショー[注 4] CD PCCA-00003 3位

リミックスアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ポニーキャニオン
1st 1991年6月6日 DARRIN[注 5] CD PCCA-00278 52位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
ポニーキャニオン
1st 1992年8月5日 BESTはお好き? CD PCCA-00387 51位
2nd 2002年4月17日 anthology GO-BANG'S best CD PCCA-01677 圏外
YOUTH
3rd 2007年12月19日 ザ・グレイテスト・ゴーバンズ[注 6] CD YOUTH-033 圏外
ポニーキャニオン
4th 2008年7月16日 GO-BANG'S ベスト・コレクション CD PCCS-00043 圏外
5th 2013年5月25日 スペシャル GO-BANG'S[注 7] CD PCCA-03925 圏外

トリビュートアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
最高位
YOUTH
1st 2008年3月19日 GO-BANG'Sトリビュート THE GREATEST VIVA-GIRL'S CD YOUTH-042 圏外

ビデオ[編集]

発売元はすべてポニーキャニオン。

  1. スペシャル・アイラブユー(1989年7月12日)
    • 1989年5月10日に行われた初の渋谷公会堂ライブを収録。
  2. ザ・ヒット・パロディーズ(1990年5月30日)
    • シングル「ざまあカンカン娘」から「あいにきてI・NEED・YOU!」までのプロモビデオを収録。
  3. ゴールデンライブ・オンステージ(1990年11月21日)
    • 1990年6月15日に行われた初の日本武道館ライブを収録。
  4. Bewitched - ゴーバンズさまは魔女(1991年5月5日)
    • アルバム『SAMANTHA』から3曲をピックアップして制作されたプロモビデオ集。監督は高城剛、小川徹。
  5. GO-BANG’S ON STAGE 1989-1990(2018年5月30日)
    • 上記のビデオ作品『スペシャル・アイラブユー』と『ゴールデンライブ・オンステージ』のほか、ボーナス映像を収録したDVD。

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ 収録作品
プリマドンナはお好き? フジテレビ系『オレの妹急上昇』エンディングテーマ(第1話〜第8話) EP「プリマドンナはお好き?」
ざまぁカンカンガール 読売テレビざまぁKANKAN!』オープニングテーマ シングル「ざまぁカンカンガール
スペシャル・ボーイフレンド カルピス『フルーツ合衆国』CMソング シングル「スペシャル・ボーイフレンド」
チキチキバンバン フジテレビチキチキバンバン』テーマソング コンピレーションアルバム『THE T.V.ショー』
あいにきて I・NEED・YOU! アルペン スキー'89〜'90 CMソング シングル「あいにきて I・NEED・YOU!
無敵のビーナス 東宝映画『香港パラダイス』主題歌 シングル「無敵のビーナス」
ロックンロール サンタクロース テレビ朝日系『はなきんデータランド』エンディングテーマ シングル「ロックンロール サンタクロース」
Bye-Bye-Bye テレビ朝日系『ビデオあなたが主役』エンディングテーマ シングル「Bye-Bye-Bye」
CREAM SODA・MELON SODA テレビ朝日系アニメどろろんぱっ!』オープニングテーマ アルバム『SAMANTHA』
ドレミのまほう NHKみんなのうた1991年10月〜11月放送曲 未音源化
恋のフリフリ 日本テレビ系『大相似形テレビ!!』エンディングテーマ シングル「恋のフリフリ」
ダイナマイトガイ 日本テレビ系『追跡 大家族』テーマ曲 シングル「ダイナマイトガイ」

出演番組[編集]

ラジオ

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、インディーズレーベル所属時期を除く。
  2. ^ 150本限定の9曲入りファーストカセット。発売当初は、発売日であるバレンタインデーにちなんで、おまけでチョコレート3個が付いていた。
  3. ^ 初回プレス盤のみクリアスリーブケース、52ページ写真集付き。
  4. ^ 32ページメロ譜・歌詞集付きボックス仕様。10万枚限定の初回プレス盤はスーパーピクチャーレーベル仕様。
  5. ^ アナログ12インチ盤(プロモ盤)もプレスされ、12インチ盤にはCD盤に未収録の「SAMANTHA (King of Rhythm Mix)」と「SAMANTHA (King of Rhythm Mix II)」が収録されている。
  6. ^ インディーズレーベルのSWITCHから、メジャーレーベルのポニーキャニオン、RCAレコード時代までの楽曲18曲を収録。森若が選曲。
  7. ^ メジャーデビュー25周年を記念したベスト盤。RCAレコード時代のシングル4曲も収録。全曲、2013年時点で最新のデジタルリマスタリングが施される。

出典[編集]

  1. ^ a b GO-BANG'S 復活記念スペシャルインタビュー 『GO-BANG'S 森若香織 × BOYZBOYZBOYZ AKIRA-BOYZ の秋対談』 | A-FILES オルタナティヴ・ストリートカルチャー・ウェブマガジン” (日本語). a-files.jp (2013年10月14日). 2019年11月2日閲覧。
  2. ^ ゴーバンズで行こう!「追っかけGO-BANG'S」(205ページ)
  3. ^ a b c ゴーバンズで行こう!「谷島美砂 パーソナルインタビュー」(82〜96ページ)
  4. ^ PLUM(立東社)1990年5月号 p.74 - 75「谷島美砂ソロインタビュー」
  5. ^ a b c d e PLUM(立東社)1990年6月号 p.74 - 75「斉藤光子ソロインタビュー」
  6. ^ a b c ゴーバンズで行こう!「斉藤光子 パーソナルインタビュー」(178〜192ページ)
  7. ^ MUSICSHELF 世界の楽屋から Vol.21 GO-BANG'Sの楽屋から
  8. ^ 本日放送『SMAP×SMAP』にて、GO-BANG'Sが再結成!
  9. ^ SMAP×SMAP・オンエア!
  10. ^ 森若香織「GO-BANG'S」宣言!

外部リンク[編集]