ヘドバとダビデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヘドバとダビデHEDVA & DAVIDヘブライ語: חדוה ודוד‎)は、イスラエル歌手グループ。

二人はイスラエル軍の音楽隊で知り合い、退役後の1965年デュオグループとしてプロデビューし、ファースト・アルバム『二人のフォーク歌手(מעלה דודי פטימר‎)』に収録されたグルジア(現・ジョージア)のフォークソング「ゴーゴリ・ゴーゴリ(גוגולי גוגולי‎)」が話題を集めた[1]

1970年、世界47ヶ国の代表が出場した第1回東京国際歌謡音楽祭(翌年から世界歌謡祭に改称)にイスラエル代表として出場し、ヘブライ語の楽曲
「ANI HOLEM AL NAOMI(ヘブライ語: אני חולם על נעמי‎;英語I Dream of Naomi)」を歌いグランプリを受賞。その後、二人が一週間東京に滞在している間に日本語の詞を付けレコーディングし、翌年1月25日、「ナオミの夢」のタイトルで発売、大ヒットした。1970年代後半に解散。

メンバー[編集]

ディスコグラフィー (日本で発売されたもの)[編集]

シングル[編集]

  • 幸せは夢でなく(1971年5月1日発売) 作詞:Ehud Manor/作曲:Nurit Hirsh[8] c/w イフ・ユー・ステイ
    • シングル・バージョンはヘブライ語バージョンに3コーラス目に英語によるナレーションをダビングしたもの。
    • LP『イスラエルのこころ』には1コーラス目がヘブライ語で、2コーラス目が片桐和子の訳詞による日本語詞のバージョンを収録。
  • 朝もやのなか(1971年10月25日発売) 作詞:門間裕/作曲:木森敏之[9] c/w 地球は回るよ
  • おとなの不思議な世界(1972年) 作詞:David Black, David Frasheski/訳詞:安井かずみ/作曲:Shaike Paikov[10][11]
    ( 「ヘドバとダビデとキャロライン洋子」名義) c/w サンライズ・サンセット
  • 二人だけの夢(1974年) c/w 二人だけの夢(ヘブライ語版) 作曲:Nurit Hirsh[12][13]
  • バン・バン(1974年) 作詞・作曲:Sonny Bono[14] c/w サンデー・モーニング
  • 悲しみの橋を渡る時(1975年) c/w 古い歌をもう一度

アルバム[編集]

  • ヘドバとダビデ・ファースト(1971年)
  • ヘドバとダビデ(1974年)
  • 懐かしのヒット・パレード(1974年)
  • イスラエルのこころ(1975年)

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ ヘブライ語版、および『ナオミの夢』7インチシングル盤解説(RCAビクター規格品番:SS-1987)より。
  2. ^ JASRAC作品コード 0Y1-0755-6
  3. ^ Larry Adler, Hedva & David ‎– Jerusalem, The Golden City” [ラリー・アドラー、ヘドバとダビデ ‎– 哀愁のイエルサレム] (日本語英語). Discogsデータベース. Discogs (n.d.). 2018年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月3日閲覧。
  4. ^ ヘドバとダビデ ‎– ナオミの夢 Ani Holem Al Naomi 日本語 / ヘブライ語” (日本語英語). Discogsデータベース. Discogs (n.d.). 2018年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月4日閲覧。
  5. ^ JASRAC作品コード 0I1-2515-9
  6. ^ חדוה ודוד – אני חולם על נעמי (1970)” [Hedva And David – I Dream Of Naomi ヘドバとダビデ - ナオミの夢(1970)] (ヘブライ語). stereo-ve-mono.com. Stereo and Mono (n.d.). 2018年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月4日閲覧。
  7. ^ 「ナオミの夢」復活、8・8「ヘドバと惠介」でNHK出演”. sanspo.com. サンケイスポーツ (2015年7月22日). 2018年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月3日閲覧。
  8. ^ JASRAC作品コード 0P6-1257-5
  9. ^ JASRAC作品コード 000-9271-1
  10. ^ JASRAC登録にある作曲者「Paikov Yeshayahu」は作曲者の本名である。
  11. ^ JASRAC作品コード 0A5-3992-2
  12. ^ JASRAC作品コード 0C0-8207-5
  13. ^ 2018年現在「作曲」のみ登録。作詞者登録なし。
  14. ^ JASRAC作品コード 0B0-7490-7

外部リンク[編集]