小林啓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 啓子(こばやし けいこ、1946年12月10日 - )は、日本フォーク歌手、ラジオパーソナリティ、女優。作家の小林信彦は従兄弟[1]

略歴[編集]

東京都生まれ。聖心女子学院英語専攻科在学中からプロ活動を開始。

1968年TBSラジオMBSラジオ雪印 チーズパーティーNo.1 テーマソング『ふとした時に』(井上頌一作詞/吉村英世作曲)で、石岡宏とデュエット。

1969年昭和44年)、キングレコードより『こわれた愛のかけら』でデビュー。同年NHK総合テレビの人気音楽バラエティ番組『ステージ101』のレギュラーとなり活躍する。

『比叡おろし』、『恋人中心世界』がヒット。'70年代の森山良子と並んで「日本のジョーン・バエズ」と称された。

高橋幸宏の兄・信之と結婚。

2002年平成14年)、シャンソン歌手の石井好子永六輔からの呼びかけもあり、約30年ぶりに音楽活動を再開した。2004年10月22日には27年ぶりに『明日咲くつぼみに。』(ミニアルバム)を発売している。

作品[編集]

シングル[編集]

  • こわれた愛のかけら(1969年2月)
  • さよならをいうまえに(1969年11月)
  • 比叡おろし c/w 恋人中心世界(1970年5月)
  • ひとりぼっちの午前10時(1970年9月)
  • こころあたり(1971年5月)
  • からっぽの世界(1972年)
  • レイルウェイ・ララバイ ~一枚の切符から~(1977年4月) - 国鉄による旅行誘致キャンペーン「一枚のキップから」のTV-CMソング。
  • 気分を出してもう一度(1977年9月)
  • ギターのように愛されたい(1983年7月25日) - 佐々木勉とのデュエット。

アルバム[編集]

  • GOLDEN FOLK JAMBOREE(1971年4月1日) - ビリーバンバンとの共作。
  • あげます(1971年12月)
  • かなしみごっこ(1972年12月25日)
  • ちょっと気分をかえて(1977年8月21日)
  • 明日咲くつぼみに(2004年10月22日) - 3曲+カラオケ2曲収録のミニアルバム、収録曲の中の『どうして』は永六輔とのデュエット。
  • 始まりでもなく 終わりでもなく(2006年9月)
  • BROADWAY MARKET ~この先の歌へ~(2013年9月)
  • 生きるものの歌 この先の歌へ(2015年4月)

客演[編集]

  • BUZZの1stアルバム『BUZZ』(1973年4月10日) - 『愛のナタリー』と『ウェディング・ベル・ソング』の2曲に参加。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 水戸黄門 第17部(1987年、TBSC.A.L)第13話「仇討ち阿波人形・徳島」 おその役

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小林信彦『パパは神様じゃない』 (ちくま文庫)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]