シブがき隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シブがき隊
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
活動期間 1982年 - 1988年11月2日
レーベル CBS・ソニー
事務所 ジャニーズ事務所
共同作業者 シブ楽器隊(バックバンド
メンバー 布川敏和(フックン)
本木雅弘(モックン)
薬丸裕英(ヤックン)

シブがき隊(シブがきたい)は、かつて存在した布川敏和本木雅弘薬丸裕英によるアイドルグループ。所属事務所ジャニーズ事務所

メンバー[編集]

プロフィール 愛称 イメージカラー
布川敏和
(ふかわ としかず)
1965年8月4日(51歳)、B型神奈川県川崎市出身  フックン 
イエロー
本木雅弘
(もとき まさひろ)
1965年12月21日(50歳)、A型埼玉県桶川市出身  モックン 
レッド
薬丸裕英
(やくまる ひろひで)
1966年2月19日(50歳)、B型東京都武蔵村山市出身  ヤックン 
ブルー

概要[編集]

  • 1981年4月、TBS2年B組仙八先生』に出演した3名により結成。 約7年後の1988年8月7日東京厚生年金会館で解隊宣言を発表、同年11月2日をもって“解隊”した。
  • 1982年5月、「NAI・NAI 16(シックスティーン)」で歌手デビュー。デビュー当時のキャッチフレーズは「YMF 正面突破」(YMFとはヤックンモックンフックンの略)。同期に「花の82年組」の小泉今日子三田寛子堀ちえみ中森明菜松本伊代早見優石川秀美らがいた。同年12月の『第24回日本レコード大賞』では最優秀新人賞を受賞、又『第33回NHK紅白歌合戦』にも初出場を果たした(その後紅白歌合戦は1986年第37回[1]まで、5年連続で通算5回出演)。
  • 「ZOKKON 命(LOVE)」のイントロのフレーズにアメリカのロックバンド「ナイト・レンジャー」の代表曲「Don't Tell Me You Love Me」(当時の邦題/炎の彼方)のイントロのリフをそのまま使った事が音楽雑誌等でネタにされることがあった。
  • 名前の由来は「シブい“ガキ”」を意味しており、1981年の夏に雑誌『セブンティーン』の一般公募によって『シブがきトリオ』に決定。その後まもなくして『シブがき隊』に改められた。
当時3人組は「トリオ」名が乱立しており、目立たせるため事務所の社長・ジャニー喜多川があえて「トリオ」から「隊」へ命名した。
あえて「トリオ」から「隊」とした意味を、メンバーは当時あるテレビ番組で「『たのきんトリオ』は『トリオ』だったけれど、ぼくたちは『隊』という形で(メンバーやファンなどの)みんなと連帯したい」などと答えていた。その「隊」へのこだわりは、前述のとおり“解散”という表現ではなく「『隊』がわかれるから“解隊”」とした点にも現れている。
一方で、薬丸が「メントレG」にゲスト出演した際、『トリオ』を『隊』に変えた理由として「当時、イモ欽トリオうなずきトリオがすでに人気だったので、同一視されないように『隊』に変えた」と語っている。なお、薬丸自身は同番組で「シブがきトリオ」という名称を当初はあまり好んでいなかったことも明かしている。
  • ちなみに、一般公募以前は正式名称が確定しておらず、『2年B組仙八先生』に出演していた事から「仙八トリオ」「悪ガキトリオ」などと呼ばれていた。1981年の夏に一般公募で「シブがきトリオ」に決定した後も、テレビ東京ザ・ヤングベストテン』(1981年10月6日 - )の中では「Aチーム」というグループ名で活動していた(Bチームは少年隊)。
  • 当初は薬丸がセンターの立ち位置だったが、途中から本木がセンターになった。
  • 結成当初、センターに立っていたことから、薬丸は他のメンバーに冗談ぽくリーダーと呼ばれることがあった。彼らのラジオライオンリクエスト30」でも時々、ファン、本木、布川がネタに使っていた。しかし実際には、特にリーダーは誰だということは決まっていなかった。
  • バックバンドは「シブ楽器隊」という名前であった。バンド名は事務所の社長・ジャニー喜多川が命名。
  • 1986年、同事務所から『少年隊』がデビューしその歌唱力とキレの鋭いダンスを見た瞬間、メンバーらは「こりゃ絶対勝てないな~」と思ったと言う。
  • 解散後、本木と布川はジャニーズ事務所をすぐに離れた。薬丸は残ったものの、1年後にジャニーズ事務所を離れた。
  • 解散以来、3人が公の場に揃って出たことは全くなかった。しかし、本木も布川もそれぞれ薬丸が司会の『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」にゲスト出演している。ただし、本木と布川は何回かプライベートで会ったことがあるそうで、「はなまるカフェ」でそれを知った薬丸はショックを受けていた。その後、本木主演の映画「おくりびと」が第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した際、授賞式の翌朝、同番組でロサンゼルスより生中継にて薬丸が本木にインタビューし、久しぶりの二人の出演が実現した。 また薬丸のレギュラー番組『オジサンズ11』に布川がゲスト出演し共演を果した。
  • 薬丸はシブがき隊内で浮いていたという意識が強いらしく、『速報!歌の大辞テン』に出演する際にしばしば「シブがき隊は僕と他の二人に分裂していた」という旨の発言をしていた。逆に布川は上昇志向の強い薬丸とマイペースを貫く本木の間でどう振舞うべきか困惑することが多かったという。また、薬丸はチェッカーズ吉川晃司といった続々と出てくるライバルに闘志を燃やしていたが、逆に布川や本木はチェッカーズと仲良しで、チェッカーズが住んでいた合宿所にも遊びに行っていた。それを知った薬丸は「どれだけ自分たちのファンを持って行かれたと思ってるんだ!」と憤っていた[2]
  • 2008年12月31日の『第59回NHK紅白歌合戦』に本木がゲスト審査員で出演、白組司会のSMAP中居正広からの『シブがき隊の再結成、100%ないかもね?』とのムチャ振りに対し、冗談交じりに『そうかもね?』と応えた。
  • スシ食いねェ!の曲誕生いきさつについて薬丸は、「トーク番組で間が持てないときに布川が『スシ食いねぇ!』とよく叫んだのがきっかけで歌が誕生した」と話している。[3]
  • 2010年の夏に布川が『ふっくん布川』として『スシ食いねェ!』を捩った『そば食いねぇ!』でソロデビュー。解散から22年ぶりの歌手活動である。
  • 2011年2月21日に布川がヘイヘイヘイにゲスト出演した際、当時振り付けを覚えるのが嫌いで本番では、踊りが一番上手だった本木を見ながら踊っていたため踊りがワンテンポ遅れていたと語っている。また間にいた薬丸が邪魔で本木の踊りが見えなかったという。
  • 2012年1月13日、TBS『ぴったんこカン・カン』で、スタジオゲストに薬丸裕英・VTRで本木雅弘(ドラマ運命の人の番宣で安住アナと沖縄へ)と布川敏和(妻子とともに石垣島と“シブがき島”へ)が出演と、同一番組内に解隊後初めて揃って出演となった(共演ではない)。

主な出演作品(ソロは除く)[編集]

バラエティ番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1982年(昭和57年)/第33回 100%…SOかもね! 01/22 三原順子
1983年(昭和58年)/第34回 2 挑発∞ 05/21 榊原郁恵
1984年(昭和59年)/第35回 3 アッパレ!フジヤマ 01/20 早見優
1985年(昭和60年)/第36回 4 スシ食いねェ! 02/20 河合奈保子
1986年(昭和61年)/第37回 5 トラ! トラ! トラ! 08/20 研ナオコ
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM(ソロは除く)[編集]

  • ハウス食品「リトルボール」 (1982年のグループ初CM)
  • ハウス食品「おにぎり囃子」
  • ハウス食品「コロコロリン」
  • ハウス食品「グーチョコパー」
  • 牛乳石鹸共進社「ラブジュ」
  • 牛乳石鹸共進社「牛乳石鹸」(進物用キャンペーン)
  • サクラクレパス「ふちどりMARKER・メタリック」
  • 小学館「マイアイドル」
  • 日興證券 (出演は無く、歌のみでの参加)

みんなのうた[編集]

  • スシ食いねェ!(1985年、NHK

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. NAI・NAI 16(シックスティーン)1982年5月5日
  2. 100%…SOかもね!(1982年7月21日)
  3. ZIG ZAG セブンティーン(1982年10月28日)
  4. 処女的衝撃!(ヴァージンショック)1983年2月25日)
  5. ZOKKON 命(LOVE)(1983年5月5日)
  6. Hey! Bep-pin(1983年8月8日)
  7. 挑発∞(MUGENDAI)(1983年10月13日)
  8. サムライ・ニッポン1984年1月15日)
  9. 喝!(カツ)(1984年3月30日) 
  10. キャッツ&ドッグ(1984年6月1日)
  11. アッパレ! フジヤマ(1984年7月7日)
  12. べらんめぇ! 伊達男(ダンディ)(1984年10月3日)
  13. 男意ッ気(イッキ)1985年1月11日)
  14. DJ in My Life(1985年4月3日)
  15. 月光淑女!(ムーン・ビーナス)(1985年6月29日)
  16. KILL(1985年10月2日)
  17. トラ! トラ! トラ!1986年1月22日)
  18. スシ食いねェ!(1986年2月1日)
  19. OH! SUSHI(スシ食いねェ! 英語ヴァージョン)(1986年4月10日)
  20. 飛んで火に入る夏の令嬢(1986年6月1日)
  21. 千夜一夜キッス倶楽部(アラビアンキッスクラブ)(1986年9月5日)
  22. 恋人達のBlvd.(ブールバード)(1986年11月21日)
  23. ドリーム・ラッシュ(1987年3月21日)
  24. 反逆のアジテイション1987年7月22日)
  25. 演歌なんて歌えない(1987年11月21日)
  26. PSST PSST(プス プス)1988年2月26日)
  27. 恋するような友情を(1988年7月15日)
  28. 君を忘れない(1988年10月8日)

アルバム[編集]

  1. ボーイズ & ガールズ(1982年7月1日)
  2. for'83 -We come together,we'll run together-(1982年12月1日)
  3. 夏・Zokkon -Memories For You-(1983年7月1日)
  4. Love∞MUGENDAI(1983年11月21日)
  5. “純情元年五月五日” ~LOVE from HONOLULU~(1984年5月5日)
  6. Honesty まじ(1984年12月8日)
  7. バローギャングBC ~From桑港~(1985年4月21日)
  8. エキゾティック(1985年11月21日)
  9. 5th ANNIVERSARY(1986年5月5日)
  10. 情熱的新世界 -PASSIONATE PARADISE-(1986年7月21日)
  11. HOROSCOPE ホロスコープ(1986年12月21日)
  12. NEXT STAGE(1987年5月5日)
  13. PSST PSST(1988年3月16日)

ベストアルバム[編集]

  1. シブがき隊2000BEST(2000年6月21日)他

CD-BOX[編集]

  1. シブがき隊 1982-1988(CD5枚組)(2008年6月10日)

ビデオ[編集]

  1. 88,11,2シブがき隊解隊コンサート(1988年)

補足[編集]

  1. ^ 第37回では当初、出演予定はなかったが12月29日になって北島三郎山本譲二がスキャンダルで出場辞退となり、代役に選ばれた鳥羽一郎も辞退した為、前日の30日に代役の代役として急遽出演が決まった。ハワイで休暇中に代役出演の連絡が入り、急遽帰国した。
  2. ^ 2011年5月4日放送「ファミ☆ピョン」を始め、多くのバラエティー番組で語られている。
  3. ^ 日本テレビ 人生が変わる1分間の深イイ話より島田紳助からの質問より(2009年10月19日放送)

外部リンク[編集]