錦野旦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
錦野 旦
出生名 金 明植
別名 錦野 明(本名)
にしきの あきら(旧芸名)
スター錦野
生誕 (1948-12-14) 1948年12月14日(72歳)
出身地 日本の旗 日本 大分県大分市
学歴 大分県立芸術短期大学附属別府緑ヶ丘高等学校
(現・大分県立芸術緑丘高等学校)卒業
ジャンル 歌謡曲
ムード歌謡
職業 歌手
タレント
担当楽器
活動期間 1970年 - 現在
事務所 にしきのあきら企画
公式サイト にしきのあきら企画ホームページ

錦野 旦(にしきの あきら、1948年12月14日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。本名・錦野 明(読み同じ)。

旧芸名はにしきの あきら、父・母・弟・妹の5人家族。血液型A型。

概要[編集]

アイドル歌手として1970年代初めから半ばにかけ、その精悍せいかんな風貌と抜群の歌唱力を武器に10代から30代の女性に人気を博す。特に芸能人大運動会(水泳大会含め)では、同期(1970年)デビューの野村真樹(野村将希)と共に抜群の運動神経を披露していた。1970年代後半は東映映画やドラマ等で活躍した。

1990年代以降はバラエティ番組で知られ、特に『『ぷっ』すま』では、常人には全く食べられないハチャメチャな料理をいとも簡単に平らげてしまうことから「鉄の胃袋の持ち主」の異名を得ている。

国籍[編集]

1961年、家族と共に韓国籍から日本に帰化[1]

アイドルとして人気絶頂にあった1972年、自身が帰化した韓国系日本人であることを週刊誌で公表している。「全アジアはひとつだと思っているし、秀吉の侵略以来自分たちは被害者なのだから、なぜ隠すのかよくわからない、隠す必要もないしわざわざ言うこともない、普通にとってくれればいい」と言う。

その一方で「過去、文化的に優位にあった朝鮮半島の出自であることに優越感を感じる」とも[2]

1970年山村政明(帰化した早稲田大学学生)の焼身自殺は、直後に起きた三島由紀夫の死よりも衝撃だったと言う。錦野自身は帰化について、その国で生まれ、仕事をし、その国で死んでいくつもりなら、当然すべきことであると考えている[2]

経歴[編集]

大分県大分市出身。大分県立芸術短期大学附属別府緑ヶ丘高等学校在学中は体操オリンピック選手を夢見て血のにじむような練習に励んでいたが、体格が体操に相応しくないことを悟り、1967年春の卒業と同時に社交ダンスの先生である父に紹介された別府ナイトクラブ『ナポリ』でトランペット第三奏を吹いたり、コンボ編成のベースを奏いたり、時折唄っていたりもした。

そんなある日、森進一を発掘した鹿児島市天文館の『キャバレー・エンパイア』の創業者であった吉井勇吉[3]がたまたま『ナポリ』へ遊びに来ており、美川憲一の『柳ヶ瀬ブルース』を唄い終わった明に『うちへ来て歌わないかね?』と持ちかける。『エンパイア』の専属になって3ヶ月後には音楽家の浜口庫之助を紹介され上京、赤坂にあった浜口の自宅マンションで住み込みの運転手をしながら猛レッスンを積む。やがて浜口の事務所であるミュージック・ショップに籍を置き、1970年5月1日、「にしきのあきら」の芸名でCBSソニーより浜口の作詞・作曲による「もう恋なのか」で、男性アイドル歌手としてデビューした[4]

デビュー後は世田谷区駒沢の今村マネージャー宅の4畳半で下宿生活を始める[5]。歌手デビュー当時は、レコード会社と所属芸能事務所の方針により実年齢より3歳若い昭和26年(1951年)生まれとされていた。そのデビュー時称されたキャッチフレーズは、「ソニー演歌の騎士(ナイト)」であった[6]。同曲は1970年末放送のTBSテレビ第12回日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞。さらに同日、大晦日放映のNHKテレビNHK紅白歌合戦」(第21回)にも初出場を果たす。ブロマイド年間売上実績で第1位を獲得。翌1971年には「空に太陽がある限り」が、オリコンチャート週間最高3位(同年年間29位)の大ヒット、自身の代表曲とも成った。

以後も高いアイドル人気を保持しヒット曲を放つものの、1976年にそれまで連続出場していた紅白歌合戦に落選。翌1977年10月15日、ポルノ女優から大麻を譲り受けた疑いによって大麻取締法違反で逮捕された(後に不起訴[7]。さらにマネージャーが勝手ににしきの名義で多額の借金を作り失踪。一転して波乱の芸能生活を送る。

長髪から短髪へ[編集]

1979年に『戦国自衛隊』で演じた陸上自衛官役で、らしく見せるためにそれまでのトレードマークであった7:3の長髪スタイルからスポーツ刈りに短く髪を切り、それ以来自衛隊スタイルの髪型を貫いている。

1990年代になって、アニメ『ちびまる子ちゃん』の「まるちゃんブロマイドをなくす」で注目を浴びたことでバラエティ番組に再出演するきっかけとなり[8]、ドラマ『雪の蛍』(東海テレビ)に出演して俳優としても開花する。それを皮切りに『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』で意外な注目を集め、その後『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』では、福澤朗から裏スターとしていじられ(その際の本当のスターは神田正輝)、これを契機に「スターにしきの」のキャラクターで再び脚光を浴びるようになってゆく[9]

2000年、芸名を「錦野旦」と改め、テレビ番組映画舞台で活躍。

結婚を二度経験。1980年に女優武原英子と結婚、2人の女児を授かるが武原は1996年12月18日乳癌により他界(享年50)。その後2000年3月3日、元客室乗務員で錦野の個人事務所の専務をしていた力丸ヒロ子(通称:力丸専務)と入籍・再婚(公表は8月)。

2013年8月15日の第68周年光復節中央記念式典で歌を歌った[10]

2015年、第16回ベストスイマー賞を受賞[11]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ミュージカル[編集]

CM[編集]

その他の番組[編集]

他多数

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1970年(昭和45年)/第21回 もう恋なのか 16/24 西田佐知子
1971年(昭和46年)/第22回 2 空に太陽がある限り 2/25 ピンキーとキラーズ
1972年(昭和47年)/第23回 3 嵐の夜 4/23 渚ゆう子
1973年(昭和48年)/第24回 4 はじめは片想い 14/23 天地真理
1974年(昭和49年)/第25回 5 花の唄 15/25 あべ静江
1975年(昭和50年)/第26回 6 赤い恋のバラード 9/24 森昌子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
にしきのあきら 名義
CBS・ソニー
1 1970年
5月1日
A面 もう恋なのか 浜口庫之助 森岡賢一郎 SONA-86110
B面 今夜は恋空
2 1970年
9月21日
A面 愛があるなら年の差なんて 有馬三恵子 海老沼裕 SONA-86146
B面 夜は夢の世界 浜口庫之助
3 1971年
2月10日
A面 空に太陽がある限り 小杉仁三 SONA-86166
B面 恋の旅路
4 1971年
6月1日
A面 熱い涙 SONA-86187
B面 君のために
5 1971年
9月21日
A面 心に火をつけて 阿久悠 浜口庫之助 SONA-86201
B面 恋にドン・タッチ 宴ゆり
6 1972年
1月21日
A面 愛をありがとう 阿久悠 葵まさひこ SONA-86211
B面 夢をもう一度
7 1972年
4月21日
A面 マミー・ブルー 長恭子 H.Giraud SOLA-18
B面 オー・シャンゼリゼ 【歌唱:南沙織
8 1972年
5月1日
A面 嵐の夜 浜口庫之助 小杉仁三 SOLA-20
B面 青空の夢
9 1972年
8月21日
A面 夢ならさめて 山上路夫 鈴木邦彦 SOLA-44
B面 今日からは 田山雅充 青木望
10 1972年
11月21日
A面 城ヶ島慕情 山上路夫 鈴木邦彦 SOLY-9
B面 朝もやに消える
11 1973年
3月21日
A面 僕はおまえが好きなんだ 浜口庫之助 竜崎孝路 SOLB-8
B面 雨の夜の花びら
12 1973年
4月13日
A面 ピポピポ旅行 山上路夫 かまやつひろし 馬飼野康二 SOLB-42
B面 いいじゃないか
13 1973年
7月1日
A面 僕はもう泣かない 浜口庫之助 SOLB-48
B面 愛の木蔭に
14 1973年
9月1日
A面 はじめは片想い 馬飼野俊一 SOLB-67
B面 さよならの海 田山雅充 青木望
15 1973年
12月5日
A面 太陽への挑戦 糸山英太郎 川口真 SOLB-91
B面 明日の日記
16 1974年
3月1日
A面 青春の条件 なかにし礼 SOLB-115
B面 君にしあわせを
17 1974年
7月1日
A面 花の唄 千家和也 井上忠夫 高田弘 SOLB-158
B面 海の見える窓 田辺信一
18 1974年
11月1日
A面 愛のぬけがら 藤公之介 増田豊 竜崎孝路 SOLB-192
B面 愛の糸
19 1975年
5月1日
A面 罪の色 山口洋子 平尾昌晃 森岡賢一郎 SOLB-258
B面 白い貝がら
20 1975年
9月21日
A面 赤い恋のバラード 浜口庫之助 高田弘 SOLB-304
B面 俺はひとり わだじゅんこ 浜口庫之助
21 1976年
1月21日
A面 悪人志願 阿久悠 井上忠夫 あかのたちお SOLB-359
B面 反逆のブルース
22 1976年
6月21日
A面 風の街 吉田健美 杉本真人 06SH-21
B面 都会
23 1976年
10月21日
A面 遠い灯り ジュン南原 06SH-67
B面 帰郷
24 1977年
5月21日
A面 がんばれ元気 小池一夫 小林亜星 高田弘 06SH-157
B面 元気のロード
25 1977年
10月21日
A面 黄昏みたいに暗い朝 阿久悠 井上忠夫 あかのたちお 06SH-222
B面 夜曲
26 1981年
5月21日
A面 想い出のブルー・レイン 塚田茂 宮川泰 馬飼野康二 07SH-1000
B面 白いスーツ 岡田冨美子 馬飼野康二
27 1982年
6月21日
A面 ビギン・ザ・ビギン 有川正沙子 C.Porter 服部克久 07SH-1173
B面 夜曲 阿久悠 井上忠夫 あかのたちお
日本コロムビア
28 1994年
3月21日
01 ヨコハマ・ワルツ 高村圭 山崎一稔 桜庭伸幸 CODA-400
02 ほろ酔い天使
キングレコード
29 1998年
6月26日
01 熱い炎 岡田冨美子 泉盛望 桜庭伸幸 KIDX-391
02 夏の果実
30 1999年
3月26日
01 月の庭 高須晶子 馬飼野康二 KIDX-439
02 過ぎた日々に さいとう大三 泉盛望
錦野旦 名義
31 2002年
6月26日
01 Latin Lover 高柳恋 H.Andersson
M.Ankelius
P.Johansson
久保田邦夫 KICM-9
02 月の庭
(ニューヴァージョン)
高須晶子 馬飼野康二 桜庭伸幸
ポニーキャニオン
32 2009年
12月16日
01 情熱のスタア・ディスコ 松井五郎 THFJ 羽島亨 PCCA-70266
02 ガラスの部屋 G.Amendola
R.Murolo
G.Amendola
E.Leoni

デュエット・シングル[編集]

発売日 デュエット 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1985年
4月21日
チョン・スラ A面 VIVA KOREA 佐藤順英 金在日 石田勝範 07SH-1631
B面 愛に萌える花 杉紀彦 金喜甲

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 備考/規格品番
CBS・ソニー
1st 1971年4月1日 '71の太陽 SOND-66049
2nd 1972年 愛をありがとう SOLJ-10
3rd 1972年 愛への出発 SOLL-10
4th 1972年 郷愁のうた SOLL-25
5th 1973年 僕はおまえが好きなんだ SOLJ-64
6th 1974年7月 青春の光と影 SOLL-77
7th 1974年 はじめは片想い SOLJ-83
8th 1975年 罪の色 十二章 SOLL-146

ライヴ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 備考/規格品番
CBS・ソニー
1976年 にしきのあきら オン・ステージ 25AH-133

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ
1973年 ピポピポ旅行 TBS系テレビドラマ「走れ!ケー100」主題歌
いいじゃないか TBS系テレビドラマ「走れ!ケー100」挿入歌
1977年 がんばれ元気 ラジオドラマ「がんばれ元気」主題歌
1994年 ヨコハマ・ワルツ NEC「スピークス」CMソング
2010年 情熱のスタア・ディスコ テレビドラマ「やつらは多分宇宙人!」主題歌

脚注[編集]

  1. ^ 官報第10355号 昭和36年6月28日
  2. ^ a b 野村進『コリアン世界の旅』第一章[要文献特定詳細情報]
  3. ^ 自己紹介 エンパイヤ代表
  4. ^ 以上は『近代映画』1970年9月号、近代映画社、 80-81頁。
  5. ^ 『近代映画』1970年12月号、近代映画社、 36-37頁。
  6. ^ 『近代映画』1970年7月号、近代映画社、 132頁。
  7. ^ 『明治・大正・昭和・平成 事件・犯罪大事典』東京法経学院出版、2002年、217頁。ISBN 4-8089-4003-5
  8. ^ “錦野旦「漫画に出させていただいて感謝の言葉しか”. 日刊スポーツ. (2018年8月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808290000201.html 2019年3月9日閲覧。 
  9. ^ この番組では数々のドッキリにハメられ、レギュラー出演者であった勝俣州和曰く「全力で仕事をやるため、ドッキリだと疑うことが全く無かった」、「ドッキリ直後は怒るが、自分の曲が流れると熱唱して、怒っていたことも忘れていた」。この事について錦野は「仕事を頂ける事に感謝をしているのでドッキリだと疑うことはしない」とコメントしている。
  10. ^ ◆第68周年光復節中央記念式典開催”. 在日本大韓民国民団東京地方本部 (2013年8月15日). 2017年5月15日閲覧。
  11. ^ 錦野旦、マスターズ水泳で金獲得 妻の一言で出場決意”. ORICON (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  12. ^ “3時のヒロイン、フラメンコに挑戦!情熱的に振付指導する錦野旦さんと息ぴったりのダンスを披露!!”. PR TIMES. (2021年5月24日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000053696.html 2021年5月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]