中村あゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 あゆみ
生誕 (1966-06-28) 1966年6月28日(56歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
学歴 明治大学付属中野高校定時制中退
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 1984年 - 1998年
2004年 - 現在
事務所 株式会社Lady.A
共同作業者 高橋研
(1984年 - 1987年・1995年・2004年)
古村敏比古
(1988年 - 1990年)
鎌田ジョージ
(1990年 - 1993年・2004年 - 2018年)
吉田健美
(2005年)
公式サイト AYUMI NAKAMURA OFFICIAL SITE

中村 あゆみ(なかむら あゆみ、1966年6月28日 - )は、日本シンガーソングライター大阪府出生、福岡県出身[1]。株式会社Lady.A所属。

明治大学付属中野高校定時制中退[2]。明大中野高校時代の同級生には、シブがき隊少年隊石川秀美奥居香パパイヤ鈴木三田寛子などがいた。

略歴[編集]

大阪で生まれる。出生後すぐに福岡県福岡市に転居するが、中村が4歳の時に両親が離婚し、父親と共に生まれ故郷の大阪に再度移り住む。その後、東大阪市の高校で1年過ごした後、福岡の母親宅に戻り、福岡県筑紫野市の九州産業大学付属九州産業高校へ転校するが、半年後に上京。定時制高校に通いながら、昼はOLをして自活。OL退職後は道路工事の仕事をし、真夜中はディスコなどで遊びまくるというハードな生活を送っていた。そんな中、「面白い子がいる」と噂になり、大手芸能プロダクションから声がかかったこともあるが、デビューするまでには至らなかった。当時は歌手ではなく、女優を目指していた。また更にその前は、貿易会社の社長やインテリアコーディネータになりたいと思っていた[2]

その後、当時住んでいた自宅に泥棒が入ったため、困り果てて知り合いの飲食店に駆け込んだところ、後のプロデューサーである高橋研と出会う。この出会いがデビューのきっかけとなった。

高橋と知り合うまでまともに音楽は聴いたことはなく、それまでレコードは1枚も持っていなかったという[3]。高校3年の1984年9月5日に高橋研プロデュースによるシングル「MIDNIGHT KIDS」でハミングバードレコード(現・ワーナーミュージック・ジャパン)よりデビュー。翌1985年4月21日にリリースした3枚目のシングル「翼の折れたエンジェル」が日清カップヌードルCMに起用されて大ヒットを記録する。

1985年8月31日日比谷野外音楽堂REBECCAとジョイントライブをしたのをきっかけに毎年8月31日は「AYUMIDAY」とし、日本武道館などでスペシャルライブを行った。

代表曲には、「翼の折れたエンジェル」のほかに、翌1986年ちょっとやそっとじゃCAN'T GET LOVE」、1989年ともだち」などがある。その他、プロレスラー鈴木みのるに入場曲「風になれ」を提供している。

1987年にはデビュー期からのプロデューサーである高橋の元を離れ、自作曲を発表するようになる。

1994年、結婚し、1997年に離婚。翌1998年に再婚し、1999年の出産を機に音楽活動を休止したが、2004年に2度目の離婚を経て、加山雄三のイベントにゲスト出演をしたことを契機に歌手活動を再開した。

独特のハスキーボイスの持ち主で、「デビューするに至り、自ら喉を潰した」などと言及されることが多々あるが、中村自身は生まれながらのものと語っている。

AYUMIDAY[編集]

1985年8月31日日比谷野外音楽堂REBECCAとジョイントライブを開催したことをきっかけに毎年8月31日は「AYUMIDAY」とし、日本武道館などでスペシャルライブを行っていた。

Rock Alive[編集]

現在所属する㈱Lady.Aへの移籍を契機に、本格的なワンマンLIVEの活動を再開。ショーアップされた演出で、本格的なロックバンド編成での年に1度の中村あゆみ祭として、恒例行事になっている。

  • 2016年12月4日 「Rock Alive 2016」川崎CLUB CITTA’
  • 2017年6月24日 「Rock Alive Birthday Special!!!」名古屋ReNY limited
  • 2017年10月7日 「Rock Alive 2017」川崎CLUB CITTA’
  • 2018年8月12日 「Rock Alive 2018」渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール
  • 2018年11月24日「Rock Alive 2018 in 大阪」サンケイホールブリーゼ

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 最高
順位
登場
週数
主なタイアップ
1st 1984年9月5日 Midnight Kids/Million Nights  不明 毎日放送テレビドラマやさしい闘魚たち』主題歌
2nd 1984年12月16日 ぼくのスノビズム/悲しみのセンセイション[5] ビタワン」CMソング
3rd 1985年4月21日 翼の折れたエンジェル/100粒の涙 4 22 日清食品カップヌードル」CMソング
4th 1985年10月21日 A BOY/涙のTwistin' Heart 7 7 (12インチ・シングル)
5th 1986年2月16日 真夜中にラナウェイ/朝が来るまでRock'n Roll 17 10
6th 1986年4月16日 ちょっとやそっとじゃCAN'T GET LOVE/Three Time Looser  2 13 カネボウ'86夏キャンペーンCMソング
7th 1986年11月21日 ONE HEART/SAVE ME 13 13 TBS『世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマ 
8th 1987年3月21日 Rolling Age/Wild Child Boundのテーマ 24 6
9th 1987年10月21日 Still/R&BにWoo...NASARETE 17 8 テレビ朝日系ドラマ『風呂上がりの夜空に』テーマソング
10th 1988年3月30日 Precious friend/Take Me To The Kids Night 16 9
11th 1988年10月19日 Only You/フェンスの向こうへ 12 8
12th 1989年4月12日 ともだち/ボクのガールフレンド 6 18 '89カナダドライジンジャーエール」CMソング
13th 1989年7月19日 メインストリート/19 BLUES 19 7
14th 1990年1月31日 LIKE A FIRE/長い夜(INSTRUMENTAL) 13 7
15th 1990年5月2日 It's All right/パラダイス 8 7 テレビ朝日系ドラマ『ザ・刑事』テーマソング
16th 1990年7月25日 BROTHER/We Will Get Together 23 14 MIZUNOスーパースターCMソング
17th 1991年3月27日 HERO/LIVE LIVE LIVE 13 8 MIZUNOスーパースターCMソング
18th 1992年9月23日 Jin Jin Jin/夜明けのLove Song for You 13 10 MIZUNOメガヘルツCMソング
19th 1993年1月27日 LADY BOOGIE/Tears of Diamonds 33 6 TBS『世界・ふしぎ発見!』エンディングテーマ
20th 1993年6月23日 MIDNIGHT HALLELUJAH/やせっぽっちのジョニーE.(Live Version) 96 1 CAPCOM SFC用ソフト
ファイナルファイト2』CMソング
21st 1994年8月24日 空飛ぶ魔法のジュータン/ナチュラリスト 77 1 VOLVO850」CMソング
22nd 1994年12月19日 Shining Love/I Can't Get You Off My Mind 63 3 TBS『楽珍!スポーツ共和国』エンディング曲
23rd 1995年5月10日 キライになれない/雨の日の花のように 16 9 テレビアニメ魔法騎士レイアース』第2期オープニング曲
24th 1995年9月1日 風になれ(限定発売) 鈴木みのる選手入場テーマ曲
25th 1996年1月25日 エデン/ジェットコースター 第一製薬CMソング
26th 1997年2月5日 ラブリインカーネーション/Virgin Celebration/ LOVE REINCARNATION(Trance Take) TBS『ウェディングベル』エンディング曲
27th 1997年4月23日 Venus/螺旋 TBS愛の劇場『あした吹く風』主題歌
28th 1998年6月17日 I'm NUDE/Day&Tears エステティックサロン「IBC」CMソング 晏由美名義
29th 2004年11月13日 風になれ/where is my Hero(限定発売) 鈴木みのる選手入場テーマ曲
30th 2005年9月21日 Sa-ah!/Glory way (財)日本バレーボール協会公式応援ソング
32nd 2012年10月3日 勝利の女神が舞いおりた!!/Dreamer 千葉ロッテマリーンズ公式サポートソング
33rd 2013年1月4日 風になれ〜I have to be a lonely warrior,tonight〜(限定発売) 鈴木みのる選手入場テーマ曲
34th 2013年11月22日 愛しき君へ(限定発売) NHKラジオ第一放送(全国)『午後のまりやーじゅ』『「NHKガイド』2013年11月度エンディング曲
35th 2018年6月23日 風になれ~The King to the World 鈴木みのるのデビュー30周年を祝し制作された楽曲

アルバム[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  1. Midnight Kids(1984年10月21日)
  2. Be True(1985年5月21日)
  3. FAIR CHILD(1986年3月21日)
  4. Smalltown Girl(1987年4月21日)
  5. INNOCENT TEARS(1988年5月18日)
  6. KIDS BLUE(1989年6月24日)
  7. BROTHER(1990年8月29日)
  8. Calendar Girl(1991年8月21日)  
  9. Dreams(1993年2月24日)
  10. Be Natural(1994年8月24日)
  11. Cry Baby(1995年7月12日)
  12. Yes(2005年7月20日)
  13. グレープフルーツムーン(2006年4月26日)
  14. AYUMI ON!(2013年6月26日)
  15. Chameleon(2015年2月25日)

ベスト・アルバム[編集]

本人公認・本人が制作に関わった作品のみ掲載(非公認ベストは記載しない)。

  1. HEART of DIAMONDS(1987年11月21日)
  2. HEART of DIAMONDS II(1992年7月29日)
  3. rocks(2004年8月4日)
  4. BEST COLLECTION HUMMING BIRD YEARS '84-'93(2012年9月12日)
  5. Ayumi of AYUMI〜30th Anniversary All Time Best(2014年9月3日)
  6. A BEST〜Rolling 50(2016年12月7日)
  7. Ayumi of AYUMI〜35th Anniversary Best 完全版(2019年7月31日)

企画アルバム/ミニ・アルバム[編集]

  1. Holly-Night(1986年12月16日)
  2. 1966628(2011年7月23日)
  3. 「風になれ」 完全版20周年ベスト〜鈴木みのるテーマ曲集 (2015年9月30日)[6]

カバー・アルバム[編集]

  1. VOICE(2008年2月3日)
  2. VOICE plus(2008年11月26日) ※「VOICE」に1曲追加したもの。
  3. VOICE II(2009年6月24日)
  4. VOICE III 〜青春の光と影〜(2010年4月28日)
  5. Enter (2021年3月14日) Jazz カバーアルバム

ライブ・アルバム[編集]

  1. Decade-Ayumi Live-(1993年11月24日)
  2. LIVE WITH LIZ(1998年12月24日)晏由美名義

先行配信楽曲[編集]

  1. ひまわり(2011年4月27日)
  2. 愛してるよNiPPON(2011年5月19日)
  3. 同じ空の下で(2011年6月29日)
  4. 愛しき君へ(2013年11月6日)

映像作品[編集]

  1. THE WILD CHILD BOUND(1986年)
  2. HEART of DIAMONDS(1987年)
  3. It's All right(1990年)
  4. 恐竜は生きていた(2005年)
  5. LIVE! LIVE! LIVE! OH! CARNIVAL(2006年)
  6. Ayumi of AYUMI 〜30th Anniversary PREMIUM BEST LIVE at ReNY 20140919(2015年)

楽曲提供[編集]

書籍[編集]

その他[編集]

  • なみだ(2007年3月29日発売)PlayStation 2用ソフト「北斗の拳 〜審判の双蒼星 拳豪列伝〜」(セガ)エンディングテーマ曲。特典DVDにのみMV収録。

参加作品[編集]

発売日 アーティスト タイトル 備考
1986年 高橋研 ハイウェイ#99とヴァガボンド・ムーン アルバム「Freedom」収録。
1993年7月25日 HIROSHIMA'93 PEACE BIRDS ALL-STARS 青空の下のHEAVEN
2009年4月22日 つるの剛士 WINDING ROAD アルバム「つるのうた」収録。
つるの、TAKESkoop On Somebody)と歌唱。
2009年10月28日 稲垣潤一 悲しみは雪のように アルバム「男と女2」収録。デュエットで参加。
2015年9月30日 SHOW-YA Rock Love アルバム『PROGRESS』に収録。
杏子相川七瀬土屋アンナGacharic Spin(はな、オレオレオナ)、石田ミホコ稚菜とともにコーラス担当[7]
2015年10月28日 相川七瀬 BOMBER GIRL カバーアルバム「Treasure Box -Tetsuro Oda Songs-」に収録。
寺田恵子SHOW-YA)、杏子とともにゲストボーカルとして参加[8]

出演[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

テレビ[編集]

他多数

映画(声優)[編集]

ラジオ[編集]

  • KITCHEN-TALK CLUB(NACK5
  • 中村あゆみとアジアの海賊たち(2008年1月 - 、AIR-G'
  • 中村あゆみRockin`mama(NACK5)

舞台[編集]

  • MISSING BOYs〜僕が僕であるために〜(2009年)ヨーコ役

音楽番組(1990年代まで)[編集]

  • レッツゴーヤング(NHK)
    • 1985年1月27日:Midnight Kids
  • ポップジャム(NHK)
    • 1995年8月4日:キライになれない
  • 夜のヒットスタジオ(フジテレビ)
    • 1985年5月22日:翼の折れたエンジェル
    • 1985年6月19日:翼の折れたエンジェル
    • 1986年12月24日:ONE HEART
    • 1987年1月14日:ONE HEART
    • 1987年3月25日:Rolling Age
    • 1987年5月27日:Tokyo City Serenade
    • 1987年7月8日:Tokyo City Serenade
    • 1987年12月30日:やせっぽちのジョニー.E
    • 1988年4月13日:Precious friend
    • 1988年11月2日:Only You
    • 1989年5月17日:ともだち
    • 1990年8月15日:BROTHER
  • ミュージックステーション(テレビ朝日)
    • 1990年4月13日:It's All right
    • 1990年8月3日:BROTHER
    • 1991年3月22日:HERO/Smalltown Girl
    • 1991年8月23日:ベイエリアの少年
    • 1992年10月16日:Jin Jin Jin
    • 1993年2月12日:LADY BOOGIE
    • 1993年10月15日:翼の折れたエンジェル → BROTHER
    • 1995年6月9日:キライになれない
  • ザ・ベストテン(TBS)
  • 3曲がランクイン。合計25週のベストテン入り
    • 1985年7月25日:翼の折れたエンジェル
    • 1986年5月8日:ちょっとやそっとじゃCan't Get Love
    • 1986年5月15日:ちょっとやそっとじゃCan't Get Love
    • 1989年4月27日:ともだち
    • 1989年5月18日:ともだち
  • トップテンシリーズ(日本テレビ)
    • 1985年7月22日:翼の折れたエンジェル
    • 1986年5月5日:ちょっとやそっとじゃCan't Get Love
    • 1986年5月12日:ちょっとやそっとじゃCan't Get Love
    • 1986年6月9日:ちょっとやそっとじゃCan't Get Love
    • 1989年5月22日:ともだち
    • 1989年6月5日:ともだち

イベント[編集]

その他、加山雄三や南こうせつなどが主催するイベントにも数多く参加している。

脚注[編集]

  1. ^ 公式プロフィールでは福岡県福岡市出身となっている。実際には大阪府出身であるが、幼少時代に福岡に移り住み、高校時代まで福岡で暮らし、後に上京。2009年1月25日放送 NHK衛星第2テレビジョン大阪発疾走ステージ WEST WIND』での本人の発言。
  2. ^ a b 『昭和40年男』2017年12月増刊号(クレタパブリッシング)p.130 - 131
  3. ^ 『元気印の女たち 筑紫哲也対論集』(筑紫哲也編集、すずさわ書店1987年刊、103-109頁)。
  4. ^ このライブのチケットが発売数分後にSOLD OUTしたため、同年12月に追加公演として日本武道館にて「Live! Live! Live!サンタが街へやってきた」を行う。
  5. ^ 公式ディスコグラフィーでは「悲しみのセンセイション」がA面扱いとなっているが、発売当時は「ぼくのスノビズム」がA面扱いであった。
  6. ^ 中村あゆみ「「風になれ」完全版20周年ベスト~鈴木みのるテーマ曲集」 - ワーナーミュージック・ジャパン 2021年11月30日閲覧
  7. ^ “SHOW-YAの30周年アルバムに安室奈美恵、秋元康ら参加”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年8月28日). http://natalie.mu/music/news/158363 2015年8月28日閲覧。 
  8. ^ 全ナンバー織田哲郎作曲!相川七瀬カバー集、つるの剛士や大黒摩季ら参加”. 音楽ナタリー (2015年10月28日). 2015年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]