日本クラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本クラウン株式会社
NIPPON CROWN CO., LTD
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-8573
東京都品川区北品川6丁目5-27
御殿山ビル3F
設立 1963年9月6日
業種 情報・通信業
法人番号 6011001047726
事業内容 1.音楽ソフト・コンテンツの制作・販売・配信
2.楽曲の制作
3.アーティストの発掘と養成
4.アーティストの興業その他出演に関する業務
5.楽曲の管理と出版業務
6.上記に関わる一切の業務
代表者 代表取締役社長 和田康孝
主要株主 株式会社第一興商
外部リンク http://www.crownrecord.co.jp/
テンプレートを表示

日本クラウン株式会社(にっぽんクラウン、Nippon Crown Co., Ltd.)は、日本の総合音楽企業。商標名はクラウンレコードで、1973年から1990年の間は、正式社名もクラウンレコード株式会社としていた。

沿革[編集]

1963年9月、日本コロムビア常務兼レコード事業部長だった辣腕プロデューサーの伊藤正憲が、有田一壽若松築港社長、後に新自由クラブ参議院議員)と三菱電機の支援を得て独立。馬淵玄三五木寛之の連作小説[1]のモデルになった同社文芸部ディレクター)、斎藤昇(同ディレクター、後に社長~会長)、星野哲郎(作詞家)、米山正夫(作曲家)、北島三郎水前寺清子らが伊藤を慕い行動を共にした。

日立グループの日本コロムビアから三菱グループへの鞍替えには困難が伴い、北島の楽屋を訪れた斎藤と星野が脱藩の決意を眼力だけで訴えたという経緯は、盃事に脚色した『兄弟仁義』に昇華、レコード・映画化され大ヒットし同社の礎を築く[2]

日本クラウンは、追って創立されたミノルフォンと共に、自前の工場を持たず制作とプロモーションに特化してアーティスト主導の業務内容を打ち出した日本初のレコード会社で、プレスは、プレス専業社のヤンマー音響東洋化成等に外注する形を採っていた[3][4][5]。1970年代後半まではミュージックテープはポニー(現:ポニーキャニオン)が生産する場合があった。

1967年に長寿ラジオ番組『クラウンレコード千円クイズ』(後の1万円クイズ、ラッキープレゼント)を開始。1970年2月、日本テレビとの共同出資でユニオン映画を設立し、映像部門にも進出。1972年には市川昭介(作曲家)を専属に迎え入れる等、布陣拡充を図ったが、主力の演歌市場の停滞に伴い経営は悪化し、三菱グループ側が保有株式をカラオケ大手の第一興商へ徐々に譲渡した結果、第一興商の持分会社化・連結対象化し、三菱グループから離脱して現在に至る[6]

1998年まで、当時自前の流通網を持たなかったエイベックス・ディー・ディー(現:エイベックス・グループ・ホールディングス)の販売を受託していた。その後、共に第一興商傘下に入った日本クラウンと徳間ジャパンコミュニケーションズ(ミノルフォンの後身)は、2002年以降、販売部門を統合している。2016年には日本クラウンと徳間ジャパンコミュニケーションズの本社を東京都渋谷区から東京都品川区へ移転した。

レーベル[編集]

所属アーティスト[編集]

演歌・歌謡曲 (CRCN-)[編集]

J-POP/ロック (CRCP-)[編集]

かつて所属したアーティスト[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2001年07月25日 THE BEST OF JAPANESE HIP HOP REMIX & ORIGINS CRCP-20277
2002年02月21日 THE BEST OF JAPANESE HIP HOP REMIXES & ORIGINS Vol.2 CRCP-20288
2003年04月02日 THE BLUE HEARTS SUPER TRIBUTE CRCP-40032
2003年07月24日 ルパン・ザ・カヴァー CRCP-40035
2003年08月21日 UNITY CRCP-40036
2003年10月22日 東北6県ロール!(トウホク・ロッケンロール) CRCP-40045
2003年12月21日 INDIES FESTIVAL 1987 LIVE CRCP-40052
2003年12月21日 琉球魂~マブイ~ CRCP-40051
2004年02月25日 CANNONBALL Vol.1 CRCP-40057
2005年03月02日 AOSORA~FOR SEASON~ CRCP-40102
2005年06月22日 CANNONBALL vol.2 CRCP-40113
2006年08月23日 姫スカ!"PRINCESS SKA"COMPILATION ALBUM CRCP-40154
2007年08月08日 「元気でSKA~!?」~DRAMATIC SKA~ CRCP-40181
2007年08月08日 「元気でSKA~!?」~春夏秋冬~ CRCP-40182
2008年08月06日 萌レゲェ CRCP-40209
2008年08月06日 IRIE IRIE~J-Reggae DIVA Compilation~ CRCP-40208
2008年12月10日 shibuya NUTS presents 「This is...」 CRCP-40214
2009年02月04日 涙レゲエ CRCP-40229
2009年04月08日 YOU KOBAYASHI presents CHOPIN HOUR CRCP-40236
2009年07月15日 FIGHTERS KAMAGAYA SONGS CRCP-575
2009年12月02日 涙レゲエ2 ~talkin' blues~ CRCP-40261
2010年09月08日 涙レゲエ3 ~HOPE~ CRCP-40280
2011年01月19日 36.5℃ CRCP-40288
2011年04月13日 SOUL JAMMIN' Presented By Jazzy Jam Dancehall CRCP-40292
2011年07月20日 涙レゲエ~HIKARI~ CRCP-40298
2011年10月05日 I LOVE TOKYO ~FOR ANIME MUSIC LOVERS~ CRCP-40303
2012年09月26日 BabyPod VocaloidP×歌い手 collaboration collection CRCP-40329
2012年11月07日 ちとせげっちゅ!! CRCP-40333
2013年06月05日 ラブラブラブラブラブソング CRCP-40342
2014年03月26日 Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~ Night Walking CRCP-40366
2014年05月28日 Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~ The Last Match CRCP-40369
2016年08月03日 ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016トリビュート CRCP-40473
2016年10月05日 楽曲派! -GAKKYOKUHA- selected by マーティ・フリードマン CRCP-40480

業務提携[編集]

子会社[編集]

関連団体[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 艶歌の竜』=高円寺竜三シリーズ
  2. ^ サブちゃん物語 第五話北島音楽事務所
  3. ^ ヤンマー音響は日本ビクター(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)等からも、東洋化成はキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)フォーライフ・レコード(現:フォーライフミュージックエンタテイメント)等からも受請。後者はカッティング・マスタリングも受請していた。
  4. ^ 関西発レコード120年 埋もれた音と歴史 第7部神戸新聞1999年1月28日
  5. ^ 誰か昭和を想わざる 昭和ラプソディ(43年・上)
  6. ^ 日本クラウンが第一興商の子会社となったのは2001年7月である。
  7. ^ 新レーベルe-stretch RECORDS発足のご案内
  8. ^ 1980年代の数年間はクラウンを離れ東芝EMIに在籍していた。
  9. ^ 1980年代の数年間はクラウンを離れRVCに在籍していたが、その後クラウンに復帰。
  10. ^ 1970年代に数年間ビクターレコードに在籍。
  11. ^ http://crown-gc.com/introduction.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]