陽はまた昇る (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陽はまた昇る
監督 佐々部清
脚本 西岡琢也
佐々部清
原作 佐藤正明
『映像メディアの世紀』
製作 高岩淡
出演者 西田敏行
渡辺謙
緒形直人
真野響子
夏八木勲
江守徹
仲代達矢
音楽 大島ミチル
撮影 木村大作
編集 大畑英亮
配給 東映
公開 日本の旗 2002年6月15日
上映時間 108分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4.2億円[1]
テンプレートを表示

陽はまた昇る』(ひはまたのぼる)は、2002年に公開された佐々部清監督による日本映画

VHSの開発プロジェクトの実話を脚色した物語。日本ビクター(のちのJVCケンウッド)、ソニー松下電器産業(のちのパナソニック)など会社名がそのまま出ている[注 1]。登場人物は実在の人物と多少名前を変えてあるが、松下幸之助のみ実名のままとなっている。

あらすじ[編集]

高度経済成長の最中の日本。カラーテレビも完成した当時、ビデオ事業は当たれば5000億円のビジネスになると言われ、家庭用VTRの登場が待ち望まれていた。当時業界8位、弱小メーカーと呼ばれていた日本ビクターもビデオ事業に乗り出した。しかし日本ビクターのVTR事業部は不良品続きで返品が多く、不採算部門でいつ事業の解散が行われてもおかしくない状態だった。「部長就任はクビを言い渡されたようなもの」そんな噂すら流れていた。そんなビデオ事業部に異動することになったのは加賀谷静男(西田敏行)。加賀谷はビデオ事業部の有様を見て愕然とする。しかし、加賀谷は内に情熱を秘め、新しい家庭用VTRを開発することを胸に誓う。そんな中、当時大学生の就職人気No.1の巨大企業であるソニーが革命的な家庭用VTRであるベータマックスを開発。国内で発売することを発表した……。

キャスト[編集]

日本ビクター

横浜工場ビデオ事業部

  • 加賀谷静男(事業部長):西田敏行 モデルは高野鎮雄(VTR事業部長)[2]
  • 大久保修(事業部次長):渡辺謙 モデルは上野吉弘(VTR事業部次長)[2]
  • 江口涼平(システム開発課員・後に松下に転職):緒形直人
  • 小野俊夫(システム開発課長):加藤満 
  • 服部一義(システム開発課員):田山涼成
  • 平井友輝(ビデオ開発課長):中村育二 モデルは廣田昭(開発課長)もしくは白石勇磨(開発部長)[2]
  • 新田泰介(ビデオ開発課員):蟹江一平 モデルは梅田弘幸(機械設計技術者)[3]
  • 大木良弘(ビデオ開発課員):崔哲浩 モデルは大田喜彦(電気技術者)[3]
  • 小島孝志(ビデオ開発課員):永倉大輔

幹部

加賀谷家
  • 加賀谷圭子(静男の妻):真野響子 モデルは高野智恵子
  • 加賀谷猛(静男の長男):樹音
  • 加賀谷勇次(静男の次男):石田法嗣
横浜工場近くの人々
  • 門脇光蔵(下請け会社「門脇工業」社長):井川比佐志 モデルは門間貞雄
  • 村上雅恵(居酒屋「きのや」の女将):倍賞美津子
その他

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 佐々部監督がトークショーで語ったところによれば、脚本段階では「実在のメーカー名は仮名とする」こととなっていた。ところが、プロデューサーの「やはり、実名でないとリアリティが出ない」という方針により、関係各社と交渉したところ、いずれからも快諾が得られた、とのことである。[要出典]

出典[編集]

  1. ^ 「2002年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報』2003年(平成15年)2月下旬号、キネマ旬報社、2003年、 140頁。
  2. ^ a b c d e f g h i Hi wa mata noboru : Eizō media no seiki. Masaaki Satō, 正明 佐藤. 文藝春秋. (2002). ISBN 4-16-763903-3. OCLC 675412540. https://www.worldcat.org/oclc/675412540 
  3. ^ a b Template:PageTitle” (日本語). シミルボン. 2021年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]