西岡琢也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

西岡 琢也(にしおか たくや、1956年5月27日 - )は、日本脚本家京都府出身。関西大学法学部卒業。

略歴[編集]

大学在学中に井筒和幸監督と出会い、ピンク映画の現場で助監督・シナリオを担当した。

1979年、『暴行魔真珠責め』でシナリオライターとしてデビュー。『ガキ帝国』『TATTOO<刺青>あり』などの話題作を執筆、日本を代表する脚本家となる。

テレビの仕事も多く、特にテレビ東京とは同局初の2時間ドラマ枠「女と愛とミステリー」の立ち上げに協力するなど親密な関係にある。

鬼太郎が見た玉砕〜水木しげるの戦争〜」(2007年)にて文化庁芸術祭テレビ部門ドラマの部優秀賞・ギャラクシー賞最優秀賞等を受賞。また、「秋深き」(2009年)と「沈まぬ太陽」(2010年)で、おおさかシネマフェスティバル脚本賞を2年連続受賞している。

現在、日本シナリオ作家協会理事長、大阪芸術大学映像学科教授を務める。

作品批評など、鋭い指摘はシナリオ作家協会刊行の月刊シナリオに詳しい。

主な脚本作品[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

テレビ作品[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

1時間ドラマ[編集]

2時間ドラマ[編集]

アニメーション作品[編集]

  • 金田一少年の事件簿 雪夜叉伝説殺人事件ファイル(1)(2)(3) (1998年・YTV)
  • 金田一少年の事件簿 明智少年の華麗なる協奏曲ファイル(1)(2) (1999年・YTV)
  • 金田一少年の事件簿 明智少年の華麗なる剣技ファイル(1)(2) (2000年・YTV)

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]