積木くずし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

積木くずし』(つみきくずし)は、1982年桐原書店から出版された、実話を基にした穂積隆信による体験記である。副題は「親と子の二百日戦争」。映画化、テレビドラマ化されている。

概要[編集]

ある日突然不良少女となった実娘・穂積由香里との200日間の葛藤を描いた作品であり、日本国内で300万部を出版。続編として『積木くずし あとさき悩める親からのアドバイス』『積木 その後の娘と私たち』『積木くずし(続)』『積木くずし崩壊 そして…』『由香里の死 そして愛 積木くずし終章』が出版されている。「積木くずし」出版後、由香里の再度に渡る補導や穂積の妻との離婚、後に大麻所持の容疑で由香里は再逮捕された。

著者はいずれも穂積隆信。

社会問題となっていた非行を、著名な俳優の家庭環境として描いたことは、反響を呼び、テレビドラマ化もあいまって、穂積自身も「積木くずし」関連の仕事や講演が急増した。

著書の出版の1年後の1983年から1984年にかけて、東宝によりテレビドラマ化、映画化、舞台化された。中でも1983年からTBSで放送された最初のテレビドラマ版である『積木くずし・親と子の200日戦争』は全7回で放送され、高い視聴率を獲得した(作中で穂積に該当する人物を演じた前田吟は、「男はつらいよ」で穂積と実兄弟役で共演)横浜銀蝿の音楽が流れる中、わらべ高部知子が主演、高部は第2の大竹しのぶと目される注目株となった。最終回の視聴率は関東地区で45.3%、関西地区で34.6%であった(ビデオリサーチ調べ)。関東地区の45.3%は、民放で1977年以降に放送された連続ドラマとして、2013年時点で歴代1位の記録である(総合ではNHKで放送された「おしん」が最高、奇しくも当作品と同年放送である)。

1983年の11月には東宝企画製作の映画版『積木くずし』が東宝系列で公開された。主演は当初テレビ版と同じく高部知子が予定されていたが、高部のスキャンダルによる芸能活動自粛により、代役に渡辺典子が立てられた。穂積家と親交の深かった島倉千代子が主題歌を、横浜銀蝿の弟分バンドの紅麗威甦(グリース 俳優の杉本哲太がボーカル)が挿入歌を担当している。

1984年3月には東宝の制作により舞台版が上演された。

1985年には仙道敦子主演によるドラマの続編の放送が決定していたが、穂積由香里が覚醒剤取締法違反で逮捕された為にさまざまな影響を考慮して制作が白紙となった。その代替作品が「'85年型家族あわせ」である。

その後の穂積は妻と離婚し、由香里はたびたび逮捕を繰り返した。そのことは主として続編に描かれている。

2004年に実質完結篇となった『由香里の死 そして愛 積木くずし終章』はそれまで明らかにならなかった真実などが書かれており、これを基に出版から約1年後の2005年9月に「積木くずし真相 〜あの家族、その後の悲劇〜(フジテレビ)」というタイトルで舘ひろし杉田かおる安達祐実主演によってドラマ化された。前編はいじめによって非行に走る娘と両親の戦いの日々を描き、後半は積木くずしの大ブームと社会的影響。娘の逮捕、両親の離婚、母の自殺、そして娘の突然死を描き、高視聴率を獲得した。

2012年には、穂積が「積木くずし終章」の後日談を書き綴った『積木くずし 最終章』(2012年3月、駒草出版 ; ISBN-10 4905447070 / ISBN-13 978-4905447078)を発表した。同年にはテレビドラマ版が中村雅俊・石野真子・高島礼子・成海璃子主演でフジテレビ系列にて放送された(本作で穂積に該当する役を演じた中村は、本格デビュー作品となる「われら青春!」(1974年放送)で、穂積が教頭として勤務する私立高校の新人教師役を演じている)

テレビドラマ[編集]

積木くずし 〜親と子の200日戦争〜[編集]

  • 1983年2月15日 - 3月29日
  • 毎週火曜日 20:00-20:54
  • 視聴率
    • 第1回24.0%、最終回45.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
    • 第1回16.5%、最終回34.6%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)
  • 全7回

キャスト[編集]

幼少期に重病を患う。父が不在がちに加え、母から溺愛を受けたことなどもあり、幼少期には内向的で、我が儘な面がみられた。公立の中学校に入学。剣道部に所属していたこともあるが、病気で赤く変色した髪を理由に、他校の生徒に因縁をつけられ、負傷させられて以来、非行化(髪の色に関しては、入学直後に担任の先生から黒く染める様に指導を受けているが、父が却下した様子)不登校・別の公立中学校への転校の末に家出・シンナー吸引・集団暴走行為などにのめり込んでゆく。竹村からのカウンセリングを受けた直後、両親の態度が変化したことに戸惑い、家庭内暴力に及んでしまうが、最終回で若干、心境に変化が発生。自らの意思で暴走族を脱退し、短い時間ではあるが登校する様になる(ラストの場面では、再び不登校となり、シンナーを再開したという文字が表記されている)
香緒里の父で俳優。香緒里の教育等を妻の三枝子に任せっきりにしてしまったり、世間体を気にする面は見られるが、家族への愛情は持ち合わせている。
警視庁本庁内に所属するカウンセラー。穂高から相談を受け、アドバイスをおこなう。
幼少期の香緒里の言動を見て心配していた。のちのちも時折、穂高家を訪れ、三枝子の相談に乗る。
香緒里が中学入学直後に親しくなった友人。香緒里と共に家出騒動を起こしたこともある。
  • 他校の不良少女-鈴木真代
香緒里に対して因縁をつけ、顔に負傷させる。のちに香緒里とマミから報復を受ける。
  • 吉田葉子
  • 丸山千景
  • 桜井ゆうこ
  • 町田真一
  • 香緒里の恋人-川原田新一
香緒里とは遊び友達だったが、次第に恋愛感情を抱く様になり、暴走族を脱退後にトラックドライバーとして働き始める。
香緒里が入学した中学校の教諭。香緒里の問題行動を理由に、親友のマミとクラスを別にすることを提案。
出頭して来た香緒里を保護。事情徴収ののち、家に電話をするが、迎えに来ない母に疑念を抱く。
本人役。5話で穂高家を訪問した際に、香緒里から借金を申し込まれる。最終回でコンサートに訪れた香緒里から花束を受け取る。
香緒里の母。病弱な香緒里に対して負い目を持ち、甘やかしてしまっていた。竹村からのアドバイスに戸惑いながらも、香緒里を更正させるべく立ち上がる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

TBS 火曜20時台
前番組 番組名 次番組
積木くずし 〜親と子の200日戦争〜

積木くずし崩壊、そして…[編集]

キャスト[編集]

中学入学直後に非行化。やや更正の兆しがみられた時期に、父の出版した著書によってプライバシーを暴露されてしまう。のちに自身が薬物関連で逮捕され、直後に両親が離婚。母と同居を決意する。
ひかりの父。娘の非行歴等を書き綴った著書がベストセラーになるが、大金を手にしたことでトラブルに巻き込まれ、借金を抱えた上で離婚。本来の職業の俳優に加え、声優なども引き受けながら一人暮らしを開始する。
ひかりの母。ひかりの非行に悩んだ直後、泉の著書がブームになったことから生活が一変。散財をしてしまう。のちにひかりを連れ、家を出る形で離婚。
カウンセラー。ひかりの非行に関して、両親から相談を受ける。

スタッフ[編集]

積木くずし真相 〜あの家族、その後の悲劇〜[編集]

キャスト[編集]

舞台をメインに活躍する俳優で朋美の父。朋美の非行歴を綴った本を出版するが、最終的に家庭崩壊を招いてしまう。朋美の死後、杉原から真実を知らされた事もあり、己の過ちを悔いた上で続編を執筆する。
中学1年生の頃に不良グループから性的暴力を含む嫌がらせを受け、非行化。父の出した本がベストセラーになった直後、薬物関連で補導される。両親の離婚に伴い、母と同居。経済的破綻・週刊誌へのヌード披露・母の自殺などを経験したのち、サチと再婚した父と同居を開始。石塚の店でアルバイトをしながら、介護士の資格を取得するが、幼少期からの持病の悪化により30代半ばで死去。やや脆い面も見受けられたが、基本的には前向きな性格で友人も多く、両親への愛情を抱いている。
朋美の母。自身の持病を理由に朋美を出産したことを後悔したり、無理解な態度だったこともある。稲場と離婚後、朋美の過去を売りにしたナイトクラブを経営していたが、田宮に騙された末に借金を抱え閉店。のちに手首を切る形で自殺。朋美を号泣させるが、直後に朋美への深い愛情を綴った遺書が発見される。
朋美が死の直前まで働いていたカフェの経営者。朋美の理解者となる。葬儀の際に、朋美が周囲から慕われていたことを稲場に伝えている。
事業を開始した稲場家に接近した会計士。稲場と離婚した静子にナイトクラブの経営を勧め、不正行為で財産を搾取。落ちぶれた静子と朋美を罵倒し去ってゆく。ヤクザとの繋がりを朋美が突き止めている。
稲場が駆け出し俳優だった頃から交流を持つ美容師。小さい頃からを知る朋美を心配する。物言いは直球で厳しいが、明るくさばけた性格で面倒見が良い。静子の死から数年後、稲場の後妻となる。同居していた朋美が病死した際、第一発見者となり、その死にショックを受ける。
カウンセラー。朋美が非行化した時に稲場夫妻から相談を受け、アドバイスをおこなう。のちに稲場が本を出したことで引き起こされた状況を目の当たりにして唖然とする。朋美の葬儀の際、献花をした様子(花輪に名が確認出来る)
出版社社員。朋美とは以前から面識があり、参列した葬儀で稲場と出会う。その直後に稲場に対して、朋美を売り物にしたと痛烈な批判をおこなうと同時に、朋美から託されていた日記を手渡す等、自分なりの言動で贖罪と供養を求めた。
医師。朋美が幼少期に発病してから、亡くなる直前まで主治医として接し、理解者となる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

積木くずし 最終章[編集]

2012年11月23日21:00 - 22:52JST)と11月24日21:00 - 23:10(JST)の2夜連続で、フジテレビ系列で放送された[1][2]

キャスト[編集]

駆け出し俳優だった頃、ロケ先の旅館で知り合った美希子とスピード結婚。のちに娘の灯の非行歴を綴った本を出版するが、結果的にさまざまな不幸を招いてしまう。出版したことを後悔する日々の中、美希子の秘密を知って愕然。友人の白石と共に、過去を辿る旅に出るが、のちに灯への愛情を確信する。
安住夫妻の娘。本来は前向きな性格で、中学校入学直後、剣道部に入部していた。しかし、幼少期の病気による髪の変色・父が俳優という事による周囲からの特別視などを理由に他校の生徒から因縁を付けられたことと、両親への反抗心から不良仲間と交際をする様になる。佐竹のアドバイスなどもあり一旦、更正の兆しがみられ、高校にも進学するが(卒業出来たかは明言されていない)父による著書出版などで状況が変化。再び不良仲間と接触を持つ様になり、薬物関連で補導。テレビニュースなどで報道されてしまう。両親の離婚後、週刊誌でのヌード披露、母とナイトクラブを経営したり、自身の離婚歴を経て、父と後妻の祥子と同居。時折、母の世話をしながら介護士の資格を取得。勤務先も決まるが、父が地方で舞台を上演中に急死。母が自殺した際には、すべての処置をひとりでおこなっている。
安住家の近所で美容院を経営。明るい性格で面倒見が良く、何かと一家の相談などに乗って来た。離婚した安住の後妻となるが、灯の死からしばらく経った頃、脳梗塞で半身不随となり、介護施設に入居(灯が生前、採用の内定を受けた施設でもある)次第に状態が悪化してゆく。
美希子が安住との結婚前後から関係を持っていた消費者金融の社員。灯が生まれた時も、美希子の兄と偽り、病院へ出入り。灯が自分の子ではないかと強請りをかけていた。安住が本を出した直後、会計士として美希子に接近。安住との離婚の頃、美希子に対して安住が所有していた一軒家などの売却・預金の持ち逃げ・ナイトクラブの開業などを嗾す。再会した安住と殴り合いの喧嘩を展開した数年後、行方をくらます。自殺を決意する直前の美希子の前に現れた事がセリフで描かれている。
灯が生まれた頃、安住が行きつけだった居酒屋のママで、息子と二人暮らし。安住と愛人の様な状態で、美希子に離婚を要求するも、負けを認め、突然、閉店する様な形で安住と連絡を絶つ。息子が結婚した頃、再会した安住に真実を伝えている。
警視庁本庁舎に所属するカウンセラー。安住から相談を受け、アドバイスをおこなう。
安住と祥子の共通の友人で俳優仲間。安住が美希子の秘密を疑った際に、旅に同行。やや豪放な性格で、何かと安住の理解者となる。
安住の妻。貧困を理由に母により、愛人として売られるが、働いていた旅館で安住と知り合い結婚。しかし周囲への見栄などから借金を重ねた結果、金融業者の黒沼の接近を許してしまうことになり、灯に関して重大な秘密を抱え、妊娠中に流産しようと入水したことがある。安住と離婚から数年後に黒沼に全財産を持ち逃げされる。独居を開始した頃、自身の離婚による生活苦から同居を申し出た灯を「甘えてはならない」と突き放したこともあるが、のちに灯への臓器移植を決意と黒沼から逃れる為にと、安住と灯への愛情を書き綴った遺書を遺し(この遺書が疑惑と騒動の原因となる)頸動脈を切る様な形で自殺。
美希子の生まれ育った地区に住んでおり、安住と白石の訪問を受ける(玄関に「大山」という表札が確認出来る) 

松下洸平中山優貴松島庄汰立石涼子菅田俊鳴海剛奥田達士池田愛兎本有紀氏家恵七枝実ほか

スタッフ[編集]

映画[編集]

積木くずし[編集]

1983年公開。製作は東宝企画、配給は東宝

過去にVHSビデオリリースされたが、2012年現在、DVD化等はされていない。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

由布子の父で職業は俳優。妻の美智江とは不仲に加え、愛人との交遊を由布子に目撃されてしまったことがある。しかし由布子の非行化で、家族を気に掛ける様になり、美智江と共に竹田からアドバイスを受けたり、転校先を探した。のちに暴走族仲間に詫びる形で由布子を救出。
由布子の母。高介に愛人がいる事を知っており、夫婦仲は冷えかかっていた。しかし由布子への愛情は持ち合わせている。
中学1年生の夏頃、髪の色と父の職業を理由に上級生グループから暴力を振るわれた事をきっかけに非行化。のちに母に対して若干の歩み寄りを見せ、加入していた暴走族から脱退を決意。ヤキを入れられそうになるが、同時に父の捨て身の言動に心を打たれる。
穂波夫妻が相談をしたカウンセラー。
由布子の友人。由布子と一緒に上級生から嫌がらせを受けている。
由布子が加入した暴走族のメンバー。リーダー格。
  • 森山峰子:杉浦一恵
  • 由美:弓恵子
穂波家の隣人。
幼少期、由布子を担当した医師。
由布子が越境で入学した公立中学校の校長。非行化した由布子を邪魔として、転校を勧める。
由布子の担任だった教諭。
由布子が転校した公立中学校の校長。押しつけられたとして不快感を抱く。
由布子の転校後の担任だった教諭。
  • 明生中学校校長:矢島高人
私立中学校の校長。穂波夫妻からの転入依頼を一蹴している。
  • 仙北中学校校長:横沢祐一
穂波夫妻が二度目に訪れた私立中学校の校長。由布子の受け入れに関しては少し待って欲しいと返事。

ほか

主題歌[編集]

舞台[編集]

東宝の制作で1984年3月に名鉄ホールで上演。松山善三の演出によりミュージカルタッチの作品となった。長門裕之が穂積をモデルとした貝谷隆一を、妻の光子は中村玉緒、娘の百合子はオーディションで選ばれた平野英美が演じた[3][4]

書籍情報[編集]

積木くずしのパロディが登場する作品[編集]

  • オレたちひょうきん族 - 1983年4月16日放送のOPで山田邦子が扮していた。タイトルは「積木くずれ」。その後同年5月7日放送の「タケちゃんマン」コーナーで、「ミュージカルだよタケちゃんマン〜サウンド・オブ・ミュージッくずし〜」と題し、ミュージカル仕立てでパロディした。
  • 大江戸捜査網 - 左文寺右京(松方弘樹)時代の第491話(1983年)で、「父が叫ぶ! 非行少女暴走絵図」というパロディを放送。ここでは吸引したのはシンナーではなくアヘンだった。
  • ドリフ大爆笑 - コント「けんと聖子の5分間劇場 積木くずれ」志村けんが不良少女、松田聖子が母親に扮していた。
  • オヨネコぶーにゃん - アニメ版の第75話「積木くずれっぱなし」としてパロディ化。ヒロインであるゆでたたまごが突如不良化し、続いてぶーにゃんとパパも不良化してママを手こずらせる。
  • パーマン - 「不良少女ガン子」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「2夜連続スペシャルドラマ 積木くずし 最終章」公式 Web ページ
  2. ^ 2012年11月23日は金曜プレステージ、11月24日は土曜プレミアムでそれぞれ放送。
  3. ^ 中日新聞』1984年1月25日付夕刊
  4. ^ 『中日新聞』1984年3月10日付夕刊