恋人も濡れる街角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋人も濡れる街角
中村雅俊シングル
B面 ナカムラ・エレキ・音頭
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
レーベル BLOW UP/日本コロムビア
作詞・作曲 桑田佳祐
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン[1]
  • 1983年度年間24位(オリコン)
  • 週間2位(ザ・ベストテン
  • 1982年年間88位(ザ・ベストテン)
  • 1983年上半期20位(ザ・ベストテン)
  • 1983年年間42位(ザ・ベストテン)
  • 週間4位(ザ・トップテン
中村雅俊 シングル 年表
君の国
1982年
恋人も濡れる街角
1982年
燃える囁き
1983年
テンプレートを表示

恋人も濡れる街角」(こいびともぬれるまちかど)は、中村雅俊の17枚目のシングル。 1982年9月1日発売。発売元はBLOW UP/日本コロムビア

背景・リリース[編集]

本作のシングルジャケットは同品番(AH-256A)で2種が存在する(1種はジャケットにタイアップが『蒲田行進曲』のみ記載、もう1種は『蒲田行進曲』『おまかせください』の2タイトルを記載)。

制作[編集]

作詞・作曲・ヴォーカル・ディレクション[2]サザンオールスターズ桑田佳祐が担当し、表題曲「恋人も濡れる街角」は横浜馬車道をフィーチャーしたエロティックできわどい内容の歌詞が特徴で、ムード歌謡的な楽曲である。

きっかけは「心の色」のヒット当時、テレビのランキング番組(主にTBSザ・ベストテン』、日本テレビザ・トップテン』)で1位の座を争っていたのがサザンの「チャコの海岸物語」であった。しかし、これが縁でサザンの桑田が「恋人も濡れる街角」を中村のために書き下ろした。

桑田はこの曲を内山田洋とクール・ファイブの「恋は終わったの」をイメージして作ったと述べている[3]

中村雅俊のシングルで、週間オリコンチャート及びザ・ベストテン等で10位以内にランクインされたヒット・ソングは、現時点で本楽曲が最後となっている。

『蒲田行進曲オリジナルサウンドトラック』に収録版の歌詞は、シングル版から一部変更されており、シングル版では「横浜」となっている箇所が、『蒲田行進曲』版では「この場所」に変更されている。

チャート成績[編集]

オリコンチャートの登場週数は32週、チャート最高順位は週間5位、累計47.7万枚のセールスを記録した[1]

収録曲[編集]

  1. 恋人も濡れる街角
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:桑田佳祐・八木正生
    映画『蒲田行進曲』主題歌。また、中村主演のフジテレビテレビドラマおまかせください』『おまかせください、オレの女房どの』挿入歌。公共広告機構(現:ACジャパン)「子どもワクチンキャンペーン」イメージソング。
    2010年8月22日放送の「TheサンデーNEXT日本テレビ)」で、埼玉県の「ファミリーレストラン馬車道」の社歌に中村雅俊公認で使われていることが紹介された。毎朝、朝礼にて社長が歌っている[4]
  2. ナカムラ・エレキ・音頭
    (作詞・作曲・編曲:桑田佳祐)
    フジテレビ系テレビドラマ『おまかせください』『おまかせください、オレの女房どの』主題歌。

カバー[編集]

セルフカバー[編集]

後に桑田も複数回この楽曲をセルフカバーしているが、いずれもライブでの披露や自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)の弾き語りのみで、後述の『がらくたライブ』での替え歌を除けば正式発売されたものは無い。これについて桑田は「雅俊のライブ行けよ〜」と発言している。

1998年のAct Against AIDSイベント『Act Against AIDS '98 桑田佳祐 オール リクエスト ショー』のアンコールの一曲目にセルフカバー[5]

2004年のサザンオールスターズの年越しライブ『暮れのサナカ』でセルフカバー[6]

東日本大震災を機に開設された中村の故郷である宮城県女川町の臨時災害放送局女川さいがいFMが2016年3月29日に閉局することに伴い、2016年3月26日女川駅2階にある日帰り温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」の特設会場から『桑田佳祐のやさしい夜遊び』を生放送した際に歌唱。また、桑田は中村に女川を訪れた事をメールで報告した旨を語っている[7][8]

同年の年越しライブ『ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~』では「Yin Yang」の前フリとしてAメロのみ歌唱。この時の歌詞は原曲通りだった[9]

2017年8月6日の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』に桑田が出演した際には、この曲のAメロのメロディーに乗せてその前および別日に出演したミュージシャンとトリである自身を比較したうえで「二日目の今日大トリにジジイが出る」「ゆずとかB'zとかサカナクションとかRADWIMPS…、そっち見た方がいいと思うけどね」と自虐する内容の替え歌を行った[10][11]

2017年の『がらくたライブ』では「Yin Yang」の前フリとして歌詞を月亭可朝の「嘆きのボイン」に変えて歌った[12]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、549頁。ISBN 978-4-87131-088-8
  2. ^ 「ニッポンのうた漂流記~ロカビリーから美空ひばりまで」飯塚恆雄 pp.181-182 河出書房新社 2004 ISBN 4-309-01659-6
  3. ^ TOKYO FM「桑田佳祐のやさしい夜遊び」2015年11月14日放送分より
  4. ^ 2010年8月22日放送 8:00 - 9:30 日本テレビ TheサンデーNEXT ケーザイNEXT 年商160億!女経営者に密着、TVでた蔵。
  5. ^ Act Against AIDS '98 桑田佳祐 オール リクエスト ショー SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  6. ^ サザンオールスターズ 年越しライブ2004-2005 暮れのサナカ SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  7. ^ 桑田佳祐、宮城県からレギュラーラジオ番組を公開生放送 OKMusic
  8. ^ サザン桑田佳祐が被災地女川でサプライズFM生放送 日刊スポーツ
  9. ^ 福来たる!還暦・桑田佳祐が体現した聴衆との逢瀬。圧巻の年越しライブの模様をWHAT's IN? tokyo 2017年1月1日 2020年10月4日閲覧
  10. ^ 【ライブレポート】「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017」二日目の大トリは桑田佳祐。15年振りの登場に「4時間くらいやってやろうかと思ってさ!」WWSchannel 2017年8月14日 2020年10月4日閲覧
  11. ^ 桑田佳祐/ゆず/THE BAWDIES/OKAMOTO'SらROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 2日目レポ(後編) billboard JAPAN 2017年8月15日 2020年10月4日閲覧
  12. ^ 『がらくた』ツアーを観て改めて気づかされた、自由な地平に立つ桑田佳祐の現在とこれからspice2018年4月13日 2020年10月4日閲覧
  13. ^ 宝塚OGによるカバーアルバム第2弾発売決定 昭和の歌謡名曲が男役歴代トップスター達によって蘇る”. Billboard Japan. 2015年4月23日閲覧。

関連項目[編集]