次郎長背負い富士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

次郎長 背負い富士』(じろちょう せおいふじ)は、2006年6月1日から8月31日まで、NHK木曜時代劇で放送された時代劇ドラマ(全10回)。山本一力作の清水次郎長を主人公にした時代小説『背負い富士』を原作とする。

概要[編集]

従来通りに次郎長を人情深い親分として描いている反面、単なる勧善懲悪時代劇にせず、次郎長がヤクザの世界に入り、黒駒勝蔵との雌雄を決する戦いまでを次郎長を一人の人間として描いているのが本作品の特徴。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1回 2006年6月01日 春の嵐 富沢正幸
第2回 2006年6月08日 涙の別れ
第3回 2006年6月29日 次郎長一家旗揚げ
第4回 2006年7月06日 心意気
第5回 2006年7月13日 浮世双六(うきよすごろく)
第6回 2006年7月20日 蝶に雪 佐藤峰世
第7回 2006年7月27日 石松代参
第8回 2006年8月03日 撃て、都鳥 陸田元一
第9回 2006年8月24日 義理と人情 佐藤峰世
最終回 2006年8月31日 荒神山の対決

外部リンク[編集]

NHK 木曜時代劇
前番組 番組名 次番組
次郎長背負い富士